テーマ:金魚飼育 - ジャンル:ペット
2017/01/25 Wed

やっぱり転覆

最後の一匹になってしまった金魚の一太郎くん。他の子を追い回すせいでもともと隔離してひとりきりだったので、彼の環境には特に変化ありません。人が近づけばバシャバシャと跳ね回って、元気に餌をねだる毎日です。

花子さんの水槽より一回り大きいからか、窓際にあって緑の藻が生えやすいからか、彼の水槽はとても安定しています。フンはほぼ分解され、冬場は一ヶ月以上水替えしなくても全然平気。さすがに見た目が汚らしくなるので、適当なところで掃除します。

170125fish1.jpg170125fish2.jpg
170125fish3.jpg掃除してきれいになった翌日の晩。寝る前に金魚水槽を覗くと、一太郎くんが逆立ちした状態で隅っこにいました。花子さんは冬場になるとよく転覆していましたが、彼は初めてです。

おしりの方が浮き上がってますね。おなかがぷくっと膨れて空気が入っているようです。人の顔を見ると慌てて動き出しますが、うまく泳げずにジタバタ暴れていました。

翌朝になると、ひっくり返ってはいませんが、体を少し横に傾けて水面に浮かんでいました。背中が少し出てしまっています。人に見られていることに気付くと、また慌ててよたよたと泳ぎ出しました。

花子さんは毎年転覆して何年も過ごしていましたし、命に関わるようなことはないと思います。ただ泳ぎにくいのは気の毒ですね。老化なんでしょうかねえ。少し餌を控えめにして様子を見ます。
170125fish5.jpg170125fish4.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント(返事不要のメッセージに)