花子さん逝く

140527hanako3.jpg一昨日、片目金魚の花子さんが急に亡くなりました。朝は元気に餌をねだり、昼頃までは特に変わりなかったのに。暑さのせいでしょうか。夜になって気付いた時にはもう……。

つい先週水替えをして、ブクブクが弱くなったポンプを買い換えたばかりです。それまで少し大人しかったのが、ポンプを換えてからは、毎日ビュンビュン泳ぎ回り、これで元気になったと安心していたところでショックです。

2005年の夏に金魚すくいでもらってきた金魚です。11年の飼育中、この子はこれまで何度も体調を崩しながらも復活してきました。2007年の夏には一緒にいた大きい金魚につつかれて、片目を失いぐったりと倒れたものの、食塩浴+薬浴で回復。この時、口が歪んで開けづらくなりましたが、成長と共に目立たなくなりました。

年に1〜2回くらい、水替えをサボっては、体中に白いもやもやが現れて元気がなくなるのを繰り返し。これは水を替えればたちまち消えて、ほぼその日のうちに治っていました。

2011年以降は毎年冬から春にかけて不調。浮き袋がおかしいようで、転覆して浮かんだり底に沈んだままだったり。うまく餌も食べられず栄養状態が悪化したせいか、いつの間にか尾の付け根の骨が歪んでいました。まあ、動きに支障はなさそうでしたが。

140527hanakosick1.jpg150210hanako1.jpg
120112hanako2.jpg150220hanako1.jpg
160116hanako1.jpg去年の11月から今年4月頃にかけては、底に沈んで動かない日が続きました。さらに尾びれや背びれに白い斑点が出ました。白点病のような粒々ではなく、曇ったようなぼんやりしたものです。

今までも体調不良でヒレに曇りが出ることはあったので特に治療はせず、まめに水替えをして様子を見ていました。その後、横に倒れたり斑点が増えることもなく、例年通り気温が上がってくると活発に泳ぎ回るようになってきました。

11年経ってもまだまだ寿命という感じではなかったので残念です。具合が悪くなったときにすぐ気付いていたら何とかなったのかもしれません。

これで残っている金魚は36cm水槽の一太郎のみ。花子の目玉を取った犯人です。今のところ至って元気ですが、夏の暑さに油断は出来ませんね。気を付けていきます。

160818taro2.jpg160818taro1.jpg
関連記事
テーマ : 金魚飼育
ジャンル : ペット

Trackback:0  / comment:2 

Comment

チロリ|大往生ですね
2016.08.20 Sat 14:38  #092D6xp6 Edit
金魚の花子さん、片目になっても転覆して沈んでいても、いつも復活していてすごいと思っていました。(生命力に勇気もらいました)

私も以前ダルマメダカを沢山飼ってましたが、白いモヤモヤが出たり、気温が下がる時期に転覆しはじめた子は大抵回復しませんでした。
なので、いつも花子さんを復活させているあねもねさんはすごい飼育者だなぁと感心していたのです。

直前まで元気だったのなら人間で言うところのポックリだと思います。
花子さんも頑張って生ききってくれましたね。感謝です。
あねもね|> チロリさん
2016.08.27 Sat 10:01  #auyQKGwQ Edit
いつもありがとうございます。
大往生、と思えば少し気が楽になりますね。

メダカは小さいから体力もなくて難しいでしょうね。
花子さんは本当に強い子でした。
私の飼い方はかなり乱暴だったんですよ〜。
小さな水槽に押し込めて成長を抑制したり、カルキ抜きもせずに浄水器の水を使ってたり。
何度も復活したのは私の手柄じゃなくて彼女自身の力です。

暑さでここしばらくは自分自身もぐったりです。
そちらもお気を付けて。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート