水の生きものとペットの慰霊祭2

150918nagisa2.jpg先週9/18の朝は激しい雷雨、しかもチリ沖地震の影響で津波注意報が出ていました。こんな時に海岸に行くなんて……と思いつつも、ぴょんちゃんの供養のため新江ノ島水族館の「水の生きものとペットの慰霊祭」へ向かいました。

幸い、家を出た途端に雨がやみ、時々日が差してきました。駅から海岸沿いに出て、えのすいの入り口を通り過ぎ、地下駐車場の出入り口の更に先にあるのが、会場の「なぎさの体験学習館」です。

150918irei1.jpg式典の内容はぼんちゃんの時とほぼ同じ。参列者は水族館職員、近隣2つの幼稚園の園児と保護者、他に一般参列者が数人です。4名のお坊様がお経を上げて、この一年間に亡くなった動物たちの霊を慰めると共に、えのすい来館者の安全、水族館での研究と事業の発展、人々の幸福など、さまざまなことを祈って下さいました。

今年水族館で亡くなったのは、魚とクラゲたちの他、バンドウイルカのシェリルとオタリアのデコ、幼稚園ではザリガニとメダカたちだそうです。ぴょんちゃんとぼんちゃんの写真を眺めながら、お坊様や館長さんのお話を伺っていました。ぴょんちゃん、ぼんちゃんとずっと一緒だね。

法要が終わり、園児達の献花の後にご焼香させていただきました。えのすいの皆様ありがとうございました。

150918nagisa1.jpg150918katase1.jpg
関連記事
テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:2 

Comment

チロリ|お彼岸ですね
2015.09.24 Thu 11:37  #092D6xp6 Edit
雨の中、ご供養に行かれたのですね。こういう慰霊祭があると少し心の区切りがつきますよね。亡くなった動物達について考えること、お祈りをすることは幼稚園児達にも良い経験になると思いました。

ぴょんちゃんの訃報を知った夕方、スーパーで2つ入りのあんこときな粉のおはぎを見て不覚にも涙が出そうになったのを思い出しました(笑)
ぴょんちゃんとぼんちゃんは相思相愛だったから、きっとおはぎのように仲良くくっついてるんじゃないかなぁって思っています。

そして、最新記事のきみちゃん
お外より自分のお家がいいなんて。飼いガマも堂に入るとはこのことですね!
あねもね|お彼岸&動物愛護週間です
2015.09.24 Thu 16:13  #auyQKGwQ Edit
普段まるで無信心な人間なので、せめてこういうイベントには参加しておこうと。
園児だけでなく大人にとっても、やはりきちんと考えるよい機会だと思います。

あんこときな粉! 確かにそっくりです。
いずれはきみちゃんも加わって三色おはぎになるんでしょうが、それまではふたりっきりでずっとぴったりくっついているんでしょうね。

きみちゃんはこのところ、本当にヒキコモリガエルになっちゃって。
動かなくてもおなかは空くようです。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート