--/--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2009/02/18 Wed

最近のお食事

最近のエサやりは、相変わらず レプトミンがメインです。

以前から育てているミルワームは蛹寸前でみんな動かなくなりました。どうせ動かないならおいしそうな蛹の方を与えていますが、蛹になるのは1日1匹くらいずつです。新しく買ったミルワームはまだ痩せていて食べられません。

庭のワラジムシはまだ小振りなのが多くて、ここで取り尽くしてしまうのも心配で控えめ量(週1~2回十数匹ずつ)にしています。たまに大きいのを捕まえると、おなかに卵を抱えてたりするのでそれは逃がしてやります。暖かくなれば取り放題なので、それまでは我慢です。

ナメクジは結構いて、先月頃たくさん卵を産んで更に増えています。ただ、カエルたちの反応がイマイチ鈍いので飽きないように週1程度しか与えていません。一度に食べるのはせいぜい2匹、昨日は久しぶりにぴょんちゃんも1匹食べました。

レプトミンを与えていると微妙に粒の大きさが違っていて、大きいものには反応しても小さいものは無視されたり、かなり時間を掛けないと食べてくれなくなってきました。そこで最近は何粒かいっぺんにやるようにしていますが、なかなか難しい。

何粒かを練り合わせてダンゴにしようとしたらまとまらないんですよね。針金で挿すと砕けてしまいます。今は、粒の周りが多少粘つくのを利用して針金に挿した粒にくっつけています。ただ、うまく食べてくれないとバラバラに飛び散ってしまいます。

針金ではなくスプーンに載せてみると、ぼんちゃんは非常に疑り深い目つきでしばらく眺めた後、ようやく食べてくれましたが、半分くらい下に落ちてしまいました。落ちたものを掬うのも大変で、これもイマイチだなーと思いました。

とりあえずは今のくっつけるやり方で食べてもらって、次に買う時は 大きい粒のレプトミンにしようと思っています。

大きなスティックタイプだとこれくらいのサイズ。太さは同じで長くなっているようです。今だったら、この長めのを半分に切ればちょうどいい感じ。




関連記事

コメント

長いレプトミン!驚きです。スプーンで食べさせるときにはガマちゃんたちはぱくっとくわえて私がスプーンを抜き取る食べ方を普通だと思って食べさせてきました。時々遅れると口から枝が出て手で払おうとしています(笑)

パッケージではよくわからなかったのですが、こうやって見ると長いですよねー。
がまちゃんずは「てちっ!」じゃなくて「ぱくっ!」なんですか?!
人間みたいにスプーンを使うんですね~。びっくり!

生餌が切れていたりサイズが合わないときって 本当に困りますよね。
ねこたもカメのえさに頼っています。
ねこたはお店でもらえる小さいプラのスプーンにのせて 食べさせていたりしますねえ。
スプーンが大きすぎるときは反対の持ち手のはしっこに ふやかしたエサをのせて食べさせたり。
でも食べてくれる子とくれない子といます・・

やっぱり皆さんスプーン使ってるんですね。
少し練習しようかな。
針金に挿したエサは自由な角度で与えられるけど、スプーンは傾けると落ちるのでなかなかうまくやれなくて。
ぱくっと食べてくれるなら、スプーンの方が楽そうですね。
非公開コメント(返事不要のメッセージに)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。