スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性腎不全

病院に行くカエル日曜日、ぴょんちゃんを連れて動物病院へ行ってきました。家族に車で送ってもらい2時間弱。彼はぺちゃっと座って大人しくしていました。

診察室に入り、ぴょんちゃんの様子を見た先生が「今までの経過を考えると、おそらく腎臓が……」と話し始めたところで、ぴょんちゃんがおしっこ。すぐさま尿検査を行いました。検査は出来ないだろうと思っていたのに偉いぞ、ぴょんちゃん。

その結果、比重が極めて低いことが確認されました。両生類の尿は哺乳類よりも薄いのですが、それにしても薄すぎるとのこと。これで腎臓病確定です。この夏のヨダレ・下痢などの消化器症状、体重減少、皮膚や粘膜の赤み、足の傷の治りの悪さ、体に溜まった水など、全てが腎機能の低下によるものと考えれば辻褄が合います。

足に塗った抗生剤軟膏の副作用ならば、薬を止めれば回復するのでは……と期待したのですが、そうではなく、年齢と共に少しずつ弱ってきた「慢性」の腎不全だろうとのこと。一度失った腎機能は二度と回復しないのだそうです。今後は病気の進行を出来るだけ遅らせて、少しでも長生きできるように「介護」していくことになります。

まずは点滴代わりの塩水浴で老廃物の排出を促すこと。通常は0.5%のところを0.6%に上げて、ただし時間はきちんと5-10分で切り上げるように。他にも、薬による治療、食餌内容や与え方、足の傷のケアなど、事細かな指示をいただきました。腎臓病の薬としては、この夏に発売されたばかりの新薬(猫用ですが)を使うことに。カエル用の療法食は存在しませんから、練り餌とサプリを組み合わせて対応していくことになります。

腎臓病のカエルしばらくぴょんちゃんの顔を眺めていた先生がふと仰いました。
「この子、本当の体重は150g程度でしょ」

手足の筋肉や顔立ちからして、現在180g前後の体重は違和感があるとのこと。確かに、この夏に150g台まで体重が減り、その後に練り餌を食べて体はふっくらしてきたものの、細くなった手足が戻らないことは気になっていました。

太ったように見えたのは「むくみ」、胸や他の部分に溜め込んだ水分が20-30gあるだろう、ということです。針を刺して水を抜くような処置はしませんでした。薬が効いて塩浴で代謝が高まれば、浮腫は治まってくるはずです。

痩せた後、無理やりたくさん食べさせたのが負担になり、浮腫の原因になったのでは……と後悔する私に対して、先生は「そのままでは亡くなっていたはず、今生きているのは今までのケアがあったからこそ」と仰ってくださいました。

この病気の原因は「老化」だそうです。ぴょんちゃんは満6歳、ヒキガエルは野生でも10年くらい生きる個体があることを考えて、まだまだ若いと思っていたのですが……。

診断結果にショックを受けながらも、とにかく毎日やることが山積み。何とか無理なく介護を続けていけるよう、いろいろと考えなくてはいけませんね。

140914pyon2.jpg140913toads1.jpg
関連記事
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 病気 外傷  / Trackback:0  / comment:6 

Comment

えどあおがえる|お大事に。
2014.09.16 Tue 23:35  #qt6fsLso Edit
腎臓でしたか。。
ウチの年中片足に浮腫をおこすアマ♀もそうかもしれないですね。
若い個体ではなさそうだし,,。
両目白内障でヨロヨロの♀もいるのですけど、その子もここ一年衰えたなぁ、て感じがします。
ピョンちゃんにも長生きしてほしいです
あねもね|>えどあおがえるさん
2014.09.17 Wed 23:22  #auyQKGwQ Edit
アマもヒキも原始的な種類のカエルなのに水から離れて暮らすから、腎臓の負担が大きいのかも……。
年取るとあちこち弱ってきますね。
カエルは視力が頼りだから、白内障も気の毒ですね。

ぴょんちゃんはまだまだ若いと思ってましたが、以前から病気がちだったから老化が早いんでしょうかねえ。
今年の春頃から急に声が低くなって、今にして思えばあれも年のせいだったのか〜。
慢性の病気だから、落ち着けば長く付き合っていけるはず。
まずは早く足の傷を治して、感染症の心配をなくしたいです。
メカ・ミムラ|
2014.09.18 Thu 08:29  #-
診て下さるお医者さんも少ないし、体も小さいし、大切にしてあげたいですね。
あねもねさんのぴょんちゃんへのケアには、ほんとうに頭が下がる思いです。
老化はいずれはやってくる問題ですね。うちの子たちは、ここ3年前からオタマや卵から育てた子がほとんどなので、まだ先のような気がしていましたが、今からいろいろ勉強させていただいています。
ぴょんちゃん、具合が落ち着くといいですね。お大事に!
あねもね|> メカ・ミムラさん
2014.09.19 Fri 17:36  #auyQKGwQ Edit
大きな立派なガマに育てることばかり頭にあって、老後のことまで全然考えてませんでした。
どんな生き物でもいずれは年を取るんですよね。

人間や犬猫のようにはいきませんが、出来るだけのことはしてあげたいですね。
ただ一日に何度も薬だの塩浴だので、ゆっくり休めなくて気の毒です。
足の傷がふさがれば、少しは楽になれるのですが。
脱皮すると傷口開いちゃうんですよねえ……。
えどあおがえる|かえる介護
2014.09.20 Sat 15:52  #qt6fsLso Edit
その両目白内障になっていた老アマガエル♀が先日なくなりました。
夜メンテの時に土の上でのびきっていて、、。
白内障に気づいてから一年半、けっこう長生きした方だと重います。
うちにきてから5-6年?たつでしょうか。
まだアマが8匹シュレが二匹いるので色々大変ですが、お互いカエル生活がんばりましょう
あねもね|>えどあおがえるさん
2014.09.23 Tue 21:50  #auyQKGwQ Edit
目が悪いカエルさんを一年半も、お疲れ様でした。
アマガエルの寿命は5年程度と聞いたことがあります。
きちんとお世話すれば長生きできるのですね。
小さいとは言え、合計10匹はなかなか大変そう。
うちも頑張りまーす。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。