ヒキガエルのオスメスの見分け方

きみちゃん、未だに掴んでも鳴かないし、指にタコもない。女の子だと思うんですよ。ただね……。

先日、窓の外を眺めているきみちゃんの喉の奥から、かすかに「きゅるきゅるきゅる」という音が聞こえてきました。ぴょんちゃんの声とは明らかに違って、本当に小さな音で動画に撮ってみても全く聞こえない程度。だから鳴き声なのかは怪しいですが、一応オスメスの判別はもうしばらく保留にしておきます。

ヒキガエルの性別の見分け方、一部は以前紹介した本「かえるよ!カエル」にあります。ちょっと見づらいですが、ちょうどそのページの画像を出版社の許可を取って載せてますので、参考にどうぞ。
(再掲の許可取るのは面倒なので、上のリンクから記事を見てくださいね)

ただ、これは野外で多くのヒキガエルを観察する時の方法だと思います。うちではたった3匹しか見ていないので、個体差が大きい部分はあまり当てになりません。それに、飼育した場合、うちのように冬眠させてないと繁殖期は曖昧です。

他にも飼育していて気付いた点やいろいろ調べた雌雄の違いも合わせて、ここで紹介しておきます。

1)鳴き声

オスは鳴く、メスは鳴かない。鳴いたらオスは確定ですが、鳴かないからメスとは限りません。未熟で鳴けないのか、鳴きたくないのか、声が出づらい個体なのかも。なお、日本のヒキガエルは他のカエルのような鳴嚢(鳴き袋)を持たないので、小さな可愛らしい声しか出しません。

ぴょんちゃんを見ていると、他の子に踏まれた時や人に脇腹を掴まれた時に「こっこっこっ」とリリースコールをするほか、フンが出た時やおなかが痛い時に「きゅー!」と玩具のラッパのような声で鳴きます。たまに何もない時に「きゅきゅっ」とちょっとだけ鳴くこともあります。同じように掴んでもなかなか鳴かない時もあれば、手を近づけただけで触ってないのに「ひぃー」と悲鳴を上げることも。ぼんちゃんは「ふしゅー」と鼻息だけで、亡くなるまで一切声は出ませんでした。

ちなみにぴょんちゃんの初鳴きは上陸した年の11月半ばでした。室内飼育では成長が早いので、野生のカエルではもっと後になると思います。

2)抱きダコ(婚姻瘤)

オスの両手、内側の3本の指には黒っぽいタコが出来ます。メスの背中に抱接するとき、両手の甲で挟むようにするので、滑り止めになるらしいです。タコがなくてもメス確定にはなりませんが、ぱっと見てわかりやすく、オスの判別におすすめの方法です。
090412toad.jpg
ぴょんちゃんの場合は指2本ずつですが、1歳直前の4月に出来ました。これも野生の場合、もっと後になるのでしょう。

「かえるよ!カエル」には「夏から秋の初めにはありません」とありますが、ぴょんちゃんは夏でも多少色が薄くなるものの残っていて一年中見られます。もしかしたら本来の繁殖期には、もっとはっきり黒くなるものなのかもしれませんね。
3)横から見た顔の形

「かえるよ!カエル」によると、「メスの鼻先はほとんどのびておらず、ほぼ直角に落ちていて、丸く見えます。メスの口はオスの口より大きくさけているので、耳の後ろまであります」「オスの鼻先は少し前にのびて、とがったように見えます」だそうです。

過去にぴょんちゃんとぼんちゃんの横顔を比較した記事がありますが、そこまではっきりした違いはないような……。比べればぼんちゃんの方が丸っこいかなという程度です。
>>1年目(0歳)の11月
>>4年目(3歳)の5月

140523kimi1.jpg140523kimi2.jpg
140524kimi1.jpgそれでもってきみちゃんの最近の横顔を見ると、結構鼻先長いんですよ。3月頃まではもっと丸顔だったのに痩せましたからねえ。

でもちょっと角度を変えると丸っこく見えますし、う〜ん、顔で見分けるのは難しいと思います。

更にぴょんちゃんは年々鼻先が短くなってきているような……。やっぱり分かりづらいです。
140323pyon2.jpg140524pyon1.jpg
※コメント欄に書きましたが、正面から見た方が違いが分かりやすいかもしれません。

4)腕の太さ
100918toad3.jpg
オスの前足はがっちりたくましく、特に肘から先がぶっといです。ぴょんちゃんの場合、2歳の夏を過ぎた頃から特にはっきりしてきました。

顔立ちよりは見分けやすい特徴だと思います。ただ、比較対象がいないと分かりづらいかも。それに痩せると腕も少し細くなります。

5)成長の違い

見分け方としては役に立ちませんが、オスの方が成熟が早く、2〜3年で繁殖に参加できるようになります。メスはそれより1年くらい遅れます。最終的にはメスの方がオスより大きくなるようです。

ただ成長速度は栄養状態や個体差が大きいと思います。きみちゃんはやたらと成長早かったですね。ぴょんちゃんとぼんちゃんでは1年目はぴょんちゃんの方が若干早く大きくなりましたが、その後は交互に食欲が落ちたり体調を崩したりで抜きつ抜かれつ。ぼんちゃんがずっと元気でいれば、ぴょんちゃんより大きくなったのでしょうか。

6)イボの大きさ

メスのイボはぼこぼこと出っ張り、オスの方が小さめで数も少ない。特に繁殖期にはオスのイボが消えてぬるっとした感じになるらしいです。

※ニホンヒキはアズマヒキと異なり、繁殖期のオスもイボが残るそうです。
100212toad.jpg
ぴょんちゃんとぼんちゃんが並んでいるのを見ると、ぴょんちゃんの方がイボが目立ちませんでした。ただ、脱皮の時などはちょっと膨らんで見えます。それに若い頃の方がイボがくっきりしていたような……。

きみちゃんのイボは大きめだけど、形はぼんちゃんのように丸いものばかりではなく、ぴょんちゃんのように細長いものも。うーん、微妙。

7)婚姻色

普段の体色は個体差が大きく、周りの環境などによっても多少変化します。「いのちのかんさつ2 カエル」によると、「オスは抱接のときに体の色が明るく黄色っぽい色に変わる」そうです。ただ、変わらないものもいるし、途中で急に色が変わったりもするとのこと。

よそのブログなどでカエル合戦の写真を見ると、やたら黄色く目立つことがありますね。我が家では繁殖行動は取らないので、ぴょんちゃんは婚姻色になりません。彼のおなかが黄色っぽいのは元々の色です。
関連記事
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:容姿 鳴き声 雑学  / Trackback:0  / comment:5 

Comment

城治にゃ|こんにちは。
2014.05.27 Tue 14:36  #-
早速の記事ありがとうございます!

かえるよ!カエルって本、私も図書館で延長×3で借りてます(笑)

実際は大きくなっても見分けるのは難しいんですねー。

チビちゃんたちじゃ尚更むりですね。

どうも私は女の子に縁がないみたいで、子供たちもネコもみーんな男の子で。。

せめてカエルさんだけでも女の子がいたら嬉しいなーなんておもっていたので。
色々参考になりました!

そうそう、ぴょんちゃんの身体の色すごく鮮やかで綺麗だなーといつも見とれております☆
うちの子も今は黒っぽい子がほとんどなので、成長するにつれてどう変わっていくか楽しみです♪
あねもね|
2014.05.28 Wed 13:30  #auyQKGwQ Edit
「かえるよ!カエル」すご〜くいい本ですよね。
同じ方が後から書いた「いのちのかんさつ2 カエル」も内容が一部被ってますがオススメです。

きみちゃんは多分メスだと思ってるんですよ。
ただ、きゅるきゅる音が気になったので,間違っている可能性も一応考えておこうと思って。

ちびっ子は無理だけど、夏を越した辺りで、ぴょんちゃんみたいに正面顔がトカゲっぽい子は多分オス。
でもカエルらしい顔の子がみんなメスなのかは、私にはよくわからないです。
顔立ちは個体差大きいので、決定打にはならないと思うんですよね。

スマホ版だとありませんが、このブログのPC版右上にランキングバナーと一緒にぼんちゃん・ぴょんちゃんの正面顔の写真を載せてます。この2匹の場合、横顔より正面の方が、違いがはっきりしてますね。

まあヒキガエルの場合、オスでもメスでも大抵みんな仲良し。
飼い方に違いはないので、うちはどっちでもいいんです。繁殖も考えてないし。
どっちかな〜?と迷う方が楽しいです。(*^_^*)
城冶にゃ|
2014.05.28 Wed 22:07  #-
正面写真すんごくわかりやすいですー!

たしかにぴょんちゃんはとかげっぽい!

顔がとがってみえるとゆーか。

たしかにカエルちゃんはオスでもメスでも変わりないですよね(^^+;)
なんか気分とゆーか。。
私がチョイスするとすべてがオスになりそうで(笑)

ま、どっちでも、頑張って育てて、かわいくて仕方ないのは変わらないので、
私も1年(でわかるかな?)迷いを楽しもうと思います♪

「いのちのかんさつ2 カエル」すごい読んでみたいです☆
今度図書館行ったらさがしてみます。楽しみが増えました♪

また何かおすすめがあったらぜひおしえてください。
ありがとうございます。

初心者|
2014.06.02 Mon 21:08  #-
こんにちは。

待望のダンゴ虫ベビーが孵り、ちびガエルがぱくぱく食べています。メダカとエビもタマゴを産み始め、カマキリとハムスターもいるし、なんでこんなに生き物ふやしちゃったんだろう・・・好きだからなんだけど・・・

ところできみちゃんの横顔って、口元が隈取りみたいで、歌舞伎顔ですよね?
あねもね|
2014.06.03 Tue 15:31  #auyQKGwQ Edit
ちびガエルさんたち、カルシウム豊富なダンゴ虫ベビーをたっぷり食べて、元気に育ちそうで良かった♪

ちっちゃい生き物いっぱいなんですね〜。
エビの赤ちゃんってゾエア幼生でしたっけ。卵が孵ったらなかなか大変そう……。

きみちゃんの口元、小さい頃はもっと黒い模様がいっぱいあって、あんこべったりに見えました。
だんだん減って口角のところだけ残って、確かに隈取りみたいですね!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート