ぺちゃんこ

140423kimi1.jpgGW中は少しお休みしていたきみちゃんですが、休み明けからまた毎日どたばた暴れ回っています。

大暴れの翌日は、ぺちゃっと潰れて寝ていることがあります。すご〜くお疲れのようですね。

写真ではそれほどぺちゃんこには見えないかもしれませんが、この日は通りかかった家族がみんな「このカエルどうしたの?」と心配するくらい平たくなっていました。
140502kimi1.jpg140502kimi2.jpg
140502kimi3.jpgカエル泳ぎのように手足を広げて、床に敷いたタオルをぐちゃぐちゃにしちゃいます。お布団代わりに中に潜り込んでいる時も。

たまに屋根の上でぺちゃんこになっている時もありますが、これは寝ているわけではありません。なぜわざわざ高いところでするんでしょう?

べちゃべちゃではなく、しっかり形があるからまだいいですが、臭いと色が染み付いちゃうよ〜。
140425kimi1.jpg140514fun1.jpg
関連記事
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常 排泄  / Trackback:0  / comment:11 

Comment

miyukael|
2014.05.17 Sat 03:12  #Q81HzREU Edit
初めまして。
近所の爬虫類カフェで生まれて初めてヒキガエルを触ってから虜になってしまい、こちらにたどり着きました。
猫とラットがいるのですぐに飼うことは叶いませんが、カエルってとても可愛いんですね。
虫以外の動物は大抵大好物なのに、カエルはずっと怖くて見るのも嫌でした。
でも実際触ってみたら、ヒキガエルって利口そうな顔をして、体のボリュームもいい感じで、本当に忘れられなくなってしまいました。タオルで飼育されているのを見て、完全にいままでのカエルイメージがいい意味で崩れ、夢中になっております。
また来ます。
あねもね|
2014.05.17 Sat 17:41  #auyQKGwQ Edit
miyukaelさん、初めまして。
爬虫類カフェにヒキガエルもいるんですか、行ってみたいなあ。

猫とラットってすごい取り合わせですね。
ラットは実験用のを見たことありますが、大きくて賢くてかわいいんですよね〜。
ヒキガエルも意外とかわいいでしょ♪
こっちは本当に賢いかどうかはわかりませんが、見た目はいろいろ考えてそうで。

以前は土を入れていたのですが、病気になってお医者様の指示で土を諦めました。
カエルとしては乾燥に強いし、乾いたら自分でお風呂に入って調整するから特に問題ないです。

ではこれからもどうぞよろしくお願いしますね。
羅漢撃|
2014.05.18 Sun 10:39  #-
きみちゃんかわいい。これは癒されるなー。
そしてブログの壁紙が季節ごとに変わっていることに気がついた。
前までは桜だったのに、チビガエルになっとるー。
あねもね|
2014.05.18 Sun 12:29  #auyQKGwQ Edit
羅漢撃さん、初めましてかな。
かわいいでしょ〜☆
お布団被ってうとうとなんて抱きしめたくなっちゃいます。

壁紙気付いてくださいましたか♪
たまに気が向いた時に差し替えてます。
お絵描き下手なので、あちこちから拾ってきた素材でタッチがばらばらですけど。
今回のちびガエルは半分はきみちゃんのシルエットなんです。
あれから1年経ったんだな〜としみじみしてます。
初心者|ちびガマ飼育中
2014.05.18 Sun 22:58  #-
はじめまして。
こどもが取ってきたオタマが上陸して、半月ほどたちます。先輩と後輩と名付けた二匹が、なんとか死なずに大きくなってきたのは、このブログのおかげです。アブラムシ・土壌生物・キジラミなど与えてます。ワラジ虫を探しましたが、ダンゴ虫しかいないので、ダンゴ虫繁殖を計画中です。ベビーダンゴでも問題なく食べてくれるでしょうか?
奇人|
2014.05.18 Sun 23:06  #-
うちのひーちゃん、元気なんですがて
時々、餌と指を間違えて指にアタックしてきます。

城冶にゃ|はじめまして(長文ですみません)
2014.05.19 Mon 15:47  #-
今年の3月に、子供たちと初めていった公園で、ヒキガエルの卵をみつけ、生でヒキガエルを見たことのない私は、数日考え、20センチくらい卵を失敬してきました。
全部で106匹のおたまになり、足が生えたら、じょうりくしたら、と、少しずつ池に返し、今12匹のちびガエルちゃんがおります。
全部飼うのは難しいので、今度は、梅雨になったら数匹、自然にかえさないとなぁと考えて、さみしいきもちになっております。。。
そんなわけで、はじめてヒキガエルに興味をもち、こちらのサイトにたどりついたのです。
毎日アブラムシやワラジムシとったり、休みは運河へトビムシとりにいったり、毎日エサのことで頭がいっぱいです(笑)
頭数が多いので仕方ないのですが、私もあねもねさんのようにタオルしいて、とか、きれいに飼えたらなぁと思いつつ、えさの心配があるので、60㎝水槽に自然と似たような環境をつくってあげることしかできずにいます。
伺いたかったのは、上に病気になってお医者様にいわれ土をあきらめた、とありますが、サイト内に記述があったら、2度手間で申し訳ないですが、土飼育はあまりよくないのでしょうか??今後、数が減ったとき、参考にさせてもらいたいです。
ちなみに、我が家の人以外の家族は、猫(城冶さん)ヒキガエルっち、カブトムシの幼虫、ダンゴ虫です。。
まく
2014.05.19 Mon 17:10  #-
ドタバタさんざんあばれた後にぺちゃっとつぶれてるの、
すごくよくわかります!うちでもメスが同じようにぺちゃ~と
平たくなってましたw
しかもぐったりした顔つきで。めちゃくちゃかわいかったです(^ω^)


城冶にゃさん
私のヒキガエル達も今現在あねもねさんの飼育を参考にタオル生活なんですが、かつては黒土をしいていました。
自然と同じような環境に…と考えてのことだったのですが、
飼育をしていくうちに自然には敵わないんじゃないかな~と思うようになりました。
たとえばカエル達がおしっこや便をして、
自然の下だったならば土壌菌や微生物、
虫や太陽の光(紫外線…とか?)等の力をかりて土もよい状態になっていきそうですが
室内のケースの中だとそういうこともなく悪い菌がはびこっていきそうで…。

とはいっても、これは私が勝手にそう考えて土をやめただけなので正しい見解とは限らないと思います。



あねもね|
2014.05.20 Tue 14:34  #auyQKGwQ Edit
PCの調子が悪くて少し遅くなってしまったら、珍しくコメントがいっぱい!
サブマシンはキーボードが使いづらいよー。ヽ(;´Д`)ノ


> 初心者さん

少しはお役に立てたようでうれしいです♪
ダンゴムシ、大丈夫だと思いますよ。
ワラジに比べるとちょっと動きが鈍いのと、たまに口の中で丸まって飲み込みにくいかもしれませんが。
うちの子たちはワラジもダンゴもどっちも食べました。


> 奇人さん

ひーちゃん、食欲旺盛でいいですね!
きみちゃんもついこの間までそうだったんですけどねえ。
最近は気が向いた時にコオロギしか食べてくれません。


> 城冶にゃさん

60cm水槽にちびガエルなら、余裕があっていいですね。
それなら自然に近い環境でいいんじゃないでしょうか。
まだ大して汚さないでしょうしね。
狭いプラケに大きなヒキガエルだと、土の自浄作用も期待できなくて掃除が大変です。

土をやめた話はぴょんちゃんの病気でバタバタしていた頃なので書き漏らしたかもしれません。
次の記事で書いておきますね。


> まくさん

あら、どなたかと思えば……。
いろいろフォローありがとうございます。

カエルアルバム見ましたよ〜♪
みんなかわいい☆
ぺちゃんこのチョコちゃん、そっくり同じですね。
城冶にゃ|ありがとうございます。
2014.05.21 Wed 13:01  #-
 

まくさん

すぐに回答していただいていたみたいで、ありがとうございます!

汚れや菌の問題だったのですね。たしかに太陽に当てることはないですね。。

これから自然に返す子たちもいるので、今はこの自然のように葉っぱや土の中からエサを探しだして食べるスタイルにして、残った子たちは、少し大きくなって、エサの管理も楽になったらきれいなお部屋で育てていけたらと思います!

あねもねさん

やっぱり土の自浄作用なんですね。ぜひあねもねさんの見解とゆーか、お話も伺いたいので、次の記事楽しみにしています。
ありがとうございます。

また質問になってしまって申し訳ないですが、まだ小さいと性別を見分けるのはむりですよね。。
本読んでみても、ある程度おっきくなったとき、顔が丸いとメス、鳴けばオスというのは、しったのですが。。
はっきりはわからなくても、長年の勘とゆーか、こんなかんじだとメスかなぁ、など、もしあればでよいので、教えてもらえたらうれしいです。

あねもね|
2014.05.22 Thu 21:03  #auyQKGwQ Edit
私の考えはまくさんと同じ、「自然には敵わない」です。
水槽の中で自然を再現するビバリウムという飼育方法もありますけどね。
ヤドクガエルとかならともかく、ヒキガエルのサイズでは相当の広さがないと難しいのではないかなあ。

性別の見分け方、実はあんまり自信ないです。
うちではこれまで3匹しか見ていないので経験不足なんですよ〜。
きみちゃんは未だに鳴かないから一応メスのつもりでいますが……。
どうも最近、顔を見てると男の子っぽいなーという気もしてきました。
ぼんちゃんは明らかに女顔だったんですけどね。
どこを見るかのポイントはまたそのうち記事にしようと思います。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート