かさぶた

140101kimi2.jpg最近は覗き込むとじっとこちらを見つめてくれるようになったきみちゃん。かわいいです〜。

一応元気ですが、気になるのは11月末から続くまぶたの赤み。治りかかったところが脱皮で剥がれてまた赤くなるの繰り返しです。

出血するほどのひどい傷ではないものの、年明けには少しじくじくしてきました。カエルの皮膚は弱いので細菌感染が心配です。

131230kimi1.jpg140107kimi1.jpg

140112kimi12.jpg試しに人間の薬を塗ってみました。眼科用で目に入っても大丈夫な「ネオ・メドロールEE軟膏」、ステロイドと抗生剤が配合されています。炎症を抑えつつ、細菌感染を防ぐというものですね。

指に軟膏を取り、まぶたに触ろうとしたら、きみちゃん怒って頭突きしてきました。お陰で思った以上にべったり! まあ、特に気にする様子はなかったのでいいか。塗って2,3日で赤みが消えてかさぶたっぽくなってきて、念のためもう一回追加しました。

その3日後に脱皮。今回は皮は落ちていませんでしたが、あちこちまだらに残っています。まぶたの部分、前の皮が残っているのか薬が中まで浸透していたのか、脱皮後もまだべたべたしています。

傷はすっかり黒くなって、ほぼ治っているようです。その後べたべたも少しずつ取れてきています。やっぱり薬ってカエルにも効くんですね。もっと早く塗ってあげればよかったなぁ。

140114kimi1.jpg140114kimi2.jpg
関連記事
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 外傷  / Trackback:0  / comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート