ヒキガエルの世話まとめ(6年目&1年目の12月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録3にグラフあり)
ぴょんちゃん約14.2cm 183g(12/1)、約14.4cm 214g(12/14)、
約14.6cm 208g(12/31)。
きみちゃん10.2cm 106g(12/1)、11.1cm 130g(12/14)、11.6cm 179g(12/31)。
エサやり
P月前半は1〜2日おきにコオロギ1匹またはスイミー1〜2粒。月後半は週1回に減らす。
K前半は毎日〜1日おき、後半は2〜3日おきにコオロギL1〜4匹またはスイミー4〜8粒。他にオンブバッタなど。少しずつ量を減らすように。
飼育ケース
PK先月と同じ。
シェルター
PK先月と同じ。
お風呂
PK先月と同じ。
脱皮
P5〜7日に1回。皮残り少なめ、水中ですぐに剥がれる。
K月3回確認。毎回皮の塊が床に落ちている。少し皮残りあり。
フン
P12/13水中で固形。12/18軟便、12/25下痢。
Kなし。
掃除
PK先月と同じ。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、窓とプラケの間にフリースを2枚。棚にアルミ保温シート。特に寒い日はエアコン使用。ケース内18-30℃。
PヒートウェーブネオM+サーモ21℃設定で保温。
K晴れた日中を除き、ピタリ適温プラス2号で保温。
ぴょんちゃん月前半はちょこちょこ食べて、たまに軽くおなかを掻いていました。
その後食べるとおなかが緩くなるように。皮膚もぺたっとした感じで不調気味。
餌をぐっと減らすと、おなかの症状は治まってきました。

きみちゃん寒くなってきて目を閉じて寝ていることが増えました。でも餌を見れば飛び起きます。
先月の脱皮からまぶたの赤みがひきません。治り掛かっても脱皮の時にまた悪化するようです。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
関連記事
テーマ : 両生類
ジャンル : ペット

UserTag:まとめ  / Trackback:0  / comment:2 

Comment

えすぞー|
2014.01.17 Fri 13:21  #-
こんにちは( ´ ▽ ` )ノ毎日チェックしてます、笑

ぴょんちゃん……まだ成長するんですか!?
実物が見てみたいです!!!!


質問なのですが、あねもねさんは、スイミーとレプトミン、
どちらの方がカエルに適していると思いますか???

勿論生き餌がベストなのは心得てはおりますが……
コオロギのキープが下手で下手で、、涙
生き物好きの自分にはコオロギに申し訳なくて、、、


あねもね|
2014.01.18 Sat 10:28  #auyQKGwQ Edit
> えすぞーさん

受験生なのに余裕ですね〜♪

ぴょんちゃん、気付いたらちょっと背が伸びていたんですが、先日測ったらまた少し縮んでました。
カエルの体は弾力性があるので1cmくらいは誤差の範囲みたいです。

スイミーとレプトミン、栄養的にはレプトミンでしょうね。
タンパク質もカルシウムもレプトミンの方が多いはずです。

ただ、スイミーは丸くてちょうどいいサイズなんですよ。
ぴょんちゃんはなかなか食べてくれないので、少しでも食べやすい方がいいのです。
あくまでも補助食のつもりですし、多少栄養価が劣っていても食べないよりマシです。

それにうちの場合、コオロギの餌兼用なのでレプトミンじゃもったいない〜。
スイミーの方が量が多くて安いですからね。
カエルだけが食べるなら、割高でもレプトミンの方が新鮮なうちに食べ切れていいのではないかと思います。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート