--/--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2013/11/30 Sat

ヒキガエルの世話まとめ(6年目&1年目の11月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録3にグラフあり)
ぴょんちゃん約13.7cm 204g(11/14)。
きみちゃん9.8cm 88g(11/14)。
エサやり
P月初めに強制給餌で薬付きスイミー+コオロギ、その後一週間絶食。月半ばから1〜3日おきに食事。ミミズ、コガネ幼虫、ワラジムシ、コオロギ、スイミーなど。
KコオロギM〜L4〜5匹またはスイミー4〜6粒/日。他にミミズ、ワラジ、オンブバッタなど。
飼育ケース
PK先月と同じ。
シェルター
P先月と同じ。
K100均で購入した木製ラックに変更。
お風呂
Pほぼ毎日。
K毎日数回入り、中で排尿。
脱皮
P3〜8日に1回。皮残り多めだが水中ですぐに剥がれる。
K11/15皮が床に落ちている。11/30脱皮中に顔の数ヶ所から出血。
フン
P11/6ガスと軟便、11/21固形大きめ、11/27柔らかめ少量。
K月1回、床の上、固形大量。
掃除
P水入れは入る度に洗う。タオルは数日おきに水洗い。
K水入れは入る度に洗う。シェルター、プラケ全体は月に数回丸洗い。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート。棚にアルミ保温シート。ケース内21-30℃。
PヒートウェーブネオM+サーモ21℃設定で保温。
K深夜から朝に掛けてピタリ適温プラス2号で保温。
ぴょんちゃん強制給餌でコオロギを追加したら、またおなかの調子が悪くなりしばらく絶食。
その後は落ち着き、少しずつ食べるようになりました。
おなかを掻く症状はほぼ治まってます。目を閉じて寝ていることが多いです。

きみちゃん食欲落ちる気配がありません。がっつきすぎて食べるの失敗することも。
最近、人間に対しても体を膨らませて威嚇するようになりました。強気ですね。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
関連記事

コメント

非公開コメント(返事不要のメッセージに)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。