--/--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2008/10/31 Fri

ヒキガエルの世話まとめ(1年目の10月)

カエルのサイズ(月初めに測定・ヒキガエル成長記録1にグラフあり)
5-8cm、20-30g。
エサやり
ほぼ毎日、昼頃。大雨の日はナシ。
ワラジムシ中~大10-20匹。他に、アオムシ大、バッタ小~大、ミミズ、カメムシ、ナメクジなど1~2種類。食事2の記事を参照。
ぼんちゃんは針金で レプトミンの餌付けに成功。
飼育ケース
先月と同じ。
土容器
水苔と植木鉢撤去。昆虫マットに黒土を混ぜる。端の方にアイビーを植える。
シェルター
カップ焼きそば容器を切ったもの(13×6×8cm)。土に埋め込んで使用。
写真はカエルと土の記事を参照。
お気に入りの洗剤スプーンは小さくなって撤去。デザート容器はそのまま。
お風呂
1日1~数回。
フン
数日おき。紙の上、お風呂の中など。フンの写真はこちらの記事を参照。
掃除
2~3日おき。ついでに日光浴。
置き場所・温度管理
北側洗面所。15-20℃。加温なし。
寒くなったせいか、朝のうちは2匹とも寝ていることが多くなりました。ぴょんちゃんは以前よりエサへの反応が鈍くなったが、量は食べています。たまに脱皮不全気味。ぼんちゃんはレプトミンを食べて急成長。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
関連記事

コメント

非公開コメント(返事不要のメッセージに)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。