テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2013/03/01 Fri

逆転の発想その後

飼い主なんて無視!先日、カエルケースの向きを逆にして手前側に来たぴょんちゃん。ごはんを用意してあげたのですが、食べようとしません。その晩遅くなると、どよ〜んとした様子でその場にうずくまってしまいました。

もしかして脱皮? こんな狭いところで大丈夫??

こちらの心配をよそに、さっさと脱いで全身きれいになりました。終わった後はお疲れのご様子ですね。
脱ぎ脱ぎ近いのでよく見えます
脱皮完了〜ぐったり
そして、翌朝になってみると……。シェルターが斜めに曲がっています。そう来たか〜!

これでは横から覗くこともできません。中でぺちっと音がして、入れてあったコオロギを食べたみたいですが、見えないので確認のしようもありません。飼い主としては心配です。

完全に隠れていますこっち見んな!
その後、シェルターの向きだけはまっすぐに戻させていただきましたが、ぴょんちゃんは中に入ったままで、手前の隙間には来なくなってしまいました。脱皮中にじろじろ見られて、嫌だったのでしょうか。

う〜ん、元に戻した方がいいかも。いいアイデアだと思ったんだけどなあ。
関連記事

コメント

ぴょんちゃん

はじめまして。先日はじめてこのブログを知りました。カエル可愛いですね。東京では数日前、とても暖かくなり雨も降ったので多くのヒキガエルが冬眠から目覚めてました。こんな危険な場所でどのように生きているのかいつも気になっています。クルマに轢かれているヒキガエルをもいてとても悲しくなったのですが、ぴょんちゃんの画像を見て癒されました。

いらっしゃいませ

MP40-12Cさん、はじめまして♪
ヒキガエルをかわいいと言ってくださる方がまたひとり、うれしいです!

今は繁殖期だから、みんな危険を顧みず頑張ってるんですよね。
ドイツではカエル専用の通路が作られているそうです。
そこまでは難しいにしても、一年のうちのほんのわずかな期間、何か対策をとれないでしょうかねえ。
人間にとっても事故防止は重要だと思うのですが。

ヒキガエルって本当に平和な生き物で、見ているとほのぼのしますね。
これからもぴょんちゃんをどうぞよろしく。
非公開コメント(返事不要のメッセージに)