水の生きものとペットの慰霊祭

新江ノ島水族館で行われた「水の生きものとペットの慰霊祭」に参列してきました。旧・水族館の頃から動物愛護週間に毎年行われている行事で、この一年間に亡くなった水族館の飼育動物と共に、家庭や学校などでペットとして飼育され亡くなった全ての動物たちの供養を行うというもの。

水族館職員と近隣の幼稚園児のほかに、誰でも参加できます。カエルは水族館にあまりいないので場違いだろうかと心配でしたが、動物の種類は問わないようでした。

法要会場入口会場は水族館に隣接する、なぎさの体験学習館(無料施設)。入口に立つ職員の方に声を掛け、案内していただきました。建物を通り抜けて外のウミガメプール前の広場に、祭壇が置かれ、椅子が並んでいました。一般参加者は数名程度、幼稚園児たちの後ろの空いている席に座らせてもらいました。

平成24年度追悼動物一覧

館長さんのお話では、今年の暑さでは例年以上に多くの生き物が亡くなったそうです。追悼動物の一覧にはイルカ、アシカ、ペンギンなど名前の付いた動物たちが目立ちました。6月に辻堂海岸で保護されて亡くなったアザラシもいましたね。

約30分の法要の間は、手を合わせる園児たちやのんびり泳ぐカメたちをぼんやりと眺めていました。お坊さんのお経は、動物たちが湘南の青い海を越えて仏様の元へ行かれるように、など小さな子にも分かりやすい表現もあって、心に沁みました。園児たちが持ち寄った花を献花して退席した後、一般の参加者がそれぞれお焼香させてもらいました。

ぼんちゃん、大勢のお友達が一緒だからきっと寂しくないよね。お彼岸になったら、ぼんちゃんにそっくりなおはぎでもお供えしましょうね。

えのすい今回はえのすいはパス。すぐ近くなのに、家族があまり興味を示さないので意外と行く機会がないんですよねー。ひとりなら気軽に行けるので、そのうち暇になったらパスポート買って入り浸ろうと思ってます。
関連記事
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:2 

Comment

ぷちとまと|お久しぶりです
2012.09.20 Thu 18:20  #-
水の生きもの慰霊祭があったのですね・・ウサギ関係では、参列しましたが初めて知りました。

また、遅くなりましたがぼんちゃんに心よりお悔やみ申し上げます。
東レプで見た大きいお口のぼんちゃんが忘れられません。
今一度、ぼんちゃんの大あくび拝見して戻ります。
あねもね|
2012.09.20 Thu 21:00  #auyQKGwQ Edit
もう30年以上毎年行われていたらしいのですが、私も今回初めて知りました。
水族館なので「水の生きもの」メインではありますが、飼育動物全てが対象らしいです。
幼稚園のカブトムシも供養されていましたし、犬猫の飼い主もいたのかもしれません。

ぼんちゃんは物怖じしない子だったので、写真や動画も撮りやすかったですね。
もっときれいな動画が撮れるカメラが欲しいと思っていましたが、今はもうそんな気にもなれません。
ただぴょんちゃんの治療のために記録としてしっかり撮っておこうと思います。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート