頑張れぴょんちゃん

床におなかを押しつけていますここしばらく、ぴょんちゃんの症状はかなり辛そうなものでした。一日の大半は鳴き叫んでおなかを掻きむしり……。

変色した皮膚で茶色くなった水

一応、食餌は摂れていましたが、おなかが痛くなるようでたくさんは食べられません。かわいそうに。

ステロイドを使い始めてから2週間。今後は過剰投与のリスクを冒して増量するか、効果の高い注射に切り替えるかなどと検討していました。

気味が悪いほど静かでしたぼんちゃんが亡くなった日、午前中は苦しそうにしながらもコオロギを食べていました。そして、午後になるとぴたっと動きが止まりました。

やっと薬が効いてきたのかとほっとしたのも束の間、夜になるとどうも様子が変です。目が虚ろになってきて、何だかぐったりしています。ぼんちゃんがいないことに気付いたのでしょうか。

ぴょんちゃんはつかむといつも大暴れするのに、試しに持ち上げてみると、座った姿勢のまま固まっています。水に入れても、出して床に降ろしても、ほとんど動きません。冷蔵庫から出したばかりの冷たい栄養剤を背中に垂らしても無反応。いつもだったら嫌がってすぐに蹴り飛ばすのに……。

体がしぼんだような気がして、体重を量ってみると数日前より大分減っていました。ぼんちゃんほどひどい痩せ方ではないものの、春夏で増えてきた体重が、具合の悪かった冬の時期と同じくらいに戻ってしまっています。

その晩は、ぴょんちゃんもぼんちゃんの後を追っていなくなってしまうのではないかと、本当に心配でした。

しゃっきりしてきました翌朝、ぴょんちゃんは水の中にいました。最初はぼんやりしていましたが、次第に顔をしっかり上げ、目に力が戻ってきました。

ちょうどそこにお薬の追加分が宅配便で届き、飲み薬をスイミーに染み込ませてピンセットで目の前に差し出すと、ちゃんと食べてくれました!

ちょび髭みたいその後は順調にコオロギも食べました。夕方になると少し鳴いておなかを掻き始めましたが、これまでのような激しさはなく、しばらくすると治まりました。

塩浴させながら古い皮を剥いてやると、元気に怒って大暴れ。ほとんど全身きれいになりました。鼻の上など一部残った分も、後から自分でタオルになすり付けて落としました。

食べようかな今日も薬を飲み、コオロギも食べました。午前中に少し鳴いて掻きましたが、それ以外は穏やかに過ごしています。

活発に動くわけではなく、体重もまだ少なめです。ステロイドで症状が抑えられても、病気が治ったわけではありません。これからが本格的な闘病生活の始まりです。

これまで全然効果が感じられなかったお薬が急に効いてきたのは、もしかしたらぼんちゃんが守ってくれたのかな。早く元気になろうね、ぴょんちゃん。
関連記事
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート