テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2012/09/12 Wed

おやすみ、ぼんちゃん

在りし日のぼんちゃん、ふっくらして可愛かったねコメント欄などでお知らせした通り、9/12の朝、ぼんちゃんは永眠いたしました。今は庭の片隅で眠っています。

まさか彼女の方が先に逝ってしまうなんて……。でもこの3ヶ月間頑張っていたんだよね。おそらくホルモンの異常による粘液の排出。もう体力の限界まで来てしまったのでしょう。ずっとだるそうにしていたけれど、痛いとか辛いとかいう様子は一切見せませんでした。

もっと早い段階でホルモン治療に踏み切っていれば……という後悔はあります。でも、彼女自身は苦痛を伴う治療を望んでいなかったような気もします。結局通院は間に合いませんでしたが、ほんの数日前まで食餌は摂れていたのですから、ここで強制給餌をしても負担を掛けるばかりだったのかもしれません。夕方ラッシュ時の小田急線に乗せるのも不安でしたし……。

いつもの場所で亡くなる前日、まともに動けない状態でもケースの中をぐるっと一周したがり、お気に入りの屋根の上ではしっかり顔を上げて座りました。その様子はまるでお別れを言っているかのように見えました。

そして最後はぴょんちゃんの側へ。一緒にいたかったんだよね。

ヒキガエルとしては、幸せな一生だったのかどうかわかりません。不自然な環境だったことは事実ですし、ホルモン異常はそのせいかもしれません。

ただ、飼い主はあなたがいてくれてとても幸せでしたよ。そして多分ぴょんちゃんもね。本当にありがとう。ゆっくりおやすみなさい、ぼんちゃん。
関連記事

コメント

ぼんちゃんおやすみなさい。
急変を見てからまさかと思ってましたが・・・
生き物と暮らすって事はこうゆうことがついてくるのはわかりますが悲しいですね。
心よりご冥福を祈ります。

とっても悲しいです。
ぼんちゃんの分までぴょんちゃん長生きしてくださいね。
そして可愛がってください。
自分が飼ってるヒキガエルも里山に返そうかと思います。
色々と教えてもらいありがとうございました。

「えっ!うそでしょ!?」
前記事のコメントを読んで、思わず口に出てしまいました。

今は、あねもね様にかける言葉が見つかりません。

ぴょんちゃん、寂しくなっちゃったね。
妹でお姉さんで彼女で家族だったものね。

ぼんちゃん、パソコンのこちら側に居る私達まで笑顔にしてくれてありがとう。
お疲れ様、ゆっくりしてね。

お悔やみ申し上げます。

残念です。非常に残念です。

ぼんちゃんの優しい瞳が好きでした。

心より

お悔やみ申し上げます。
つい先日、こちらへ伺うようになって、過去記事を読ませて頂きながら、色々勉強させて頂きつつ癒やされていました。

まさか、こんな事になろうとは…

あねもね様、気を落とされないでくださいね。

ぼんちゃんもきっと幸せな生涯を送れたに違いありません。

ぼんちゃんが安らかに眠れますように。

合掌

ぼんちゃん、本当に可愛い子でした。
私の知っているヒキガエルの中じゃダントツでしたよ。
クリクリのお目々で。

ぼんちゃん、ありがとう。安らかに眠れますように。

それには、ぴょんちゃんによくなってもらわなくちゃ。
ぼんちゃん、心配で眠れないよね。

あねもね様、気の利いた言葉が言えなくてごめんなさい。
胸中、お察しします。
ぴょんちゃんの具合も心配で大変でしょうけど、頑張ってください。

ご冥福をお祈り致します。

こんばんは、マンボーと申します。

この度はご愁傷様でした。
ぼんちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

あねもねさんの愛情の下で幸せに暮らせたことと思います。
ブログを都度拝見させて頂いておりましたが、なみなみならぬ愛情を注がれていると感じておりました。
きっと、ぼんちゃんはあねもねさんに「ここまで育ててくれて有難う」との気持ちで一杯だったと思います。

お悔やみ申し上げます

自分も猛暑続きで夏バテですが、カエルにも影響は出てるんだと思います。同じ生き物なので。

私も、とても寂しい気持ちでいます。

でも、外界は危険が一杯なので、ここまで長生きできたのは、飼われて保護されたことと、深く細やかな愛情によるものと思っています。

上手く言葉では伝えられず、申し訳ありません。

皆様ありがとうございます

上の写真、以前ブログに載せたものですが、「何だか遺影みたい」と思っていました。
本当に遺影としてこんなに早く使うことになるとは……。

改めて見て、ぼんちゃんって可愛かったですよね〜。
小さい頃は頭でっかちで、正直、不格好な子だと不憫に思っていたものですが……。
いつの間にかキラキラおめめの美ガマに育っていました。

よくTVやPCの画面を覗き込んでいました。
アルミマットで覆った窓も飽きずに眺めていました。
光るものが好きだったのかもしれませんね。

何でも食べてくれる彼女がいないと不便です。
増やしすぎてしまったコオロギも少し減らさないと。

ひとり残ったぴょんちゃんは頑張っています。
元気になるまでには長く掛かりそうですが、ようやく光が見えてきました。
皆様これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ぼんちゃんのこと、とても残念に想います、、

ぼんちゃんが天国で幸せでいられますように。
ぴょんちゃんはぼんちゃんの分まで幸せに生きられますように

つつしんでお悔やみ申しあげますm(_ _)m

ぼんちゃん残念でしたね、、
ぴょんちゃんも相変わらず辛そうで心配です><
うちのひょんな事からまたカエルが増えてしまい、
あたふたしてますが、ぴょんちゃんの事陰ながら応援してますよ〜

コメントの他、メールなど大勢の方々からメッセージをいただいております。
皆様本当にありがとうございます。
非公開コメント(返事不要のメッセージに)