テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2012/09/08 Sat

ウォーターベッド

ぴょんちゃんの症状はなかなか治まりません。更に皮膚が茶色くぼろぼろになってきました。どうやらこれはステロイドの副作用のようです。カエルの皮膚は敏感だから薬の影響も出やすいのでしょうね。

効果が不十分なのに副作用だけなんてかわいそうに……。でもまあ副作用があるなら薬は吸収されていると言うことなので、もう少ししたら楽になるかもしれません。

※これまでのステロイド使用と皮膚の変化との関係性から薬の副作用と判断しておりましたが、お医者様より、副作用が皮膚に出るのはもう少し時間が掛かるので、薬のせいではなく病状の進行によるものであろうというご指摘がありました。

一緒に入ると水が深いねぶくぶくぶく
目を覚ましてぼんやりZzzzzz

最近は水によく入っています。水中でも鳴いたり掻いたりしますが、外にいる時より多少はましな様子。落ち着いている時は、うとうと眠ったりもします。

水棲カエルじゃないのに完全に頭まで潜って寝てしまうので、溺れるのではないかと心配になっちゃいます。見ていると、時々目を覚まして顔を上げますね。起きるとまたしばらく辛そう……。

ずっと水に浸かっていると、皮膚の色が溶け出したように水が茶色に染まります。水中で掻きむしって細かくちぎれた皮がたくさん浮いているせいでしょうか。

お薬吸収中ひとりだとゆったりできるわね

ぼんちゃんは相変わらず粘液を出し続けてだるそうです。それでも一時期に比べると多少動けるようになってきました。
関連記事

コメント

非公開コメント(返事不要のメッセージに)