ウォーターベッド

ぴょんちゃんの症状はなかなか治まりません。更に皮膚が茶色くぼろぼろになってきました。どうやらこれはステロイドの副作用のようです。カエルの皮膚は敏感だから薬の影響も出やすいのでしょうね。

効果が不十分なのに副作用だけなんてかわいそうに……。でもまあ副作用があるなら薬は吸収されていると言うことなので、もう少ししたら楽になるかもしれません。

※これまでのステロイド使用と皮膚の変化との関係性から薬の副作用と判断しておりましたが、お医者様より、副作用が皮膚に出るのはもう少し時間が掛かるので、薬のせいではなく病状の進行によるものであろうというご指摘がありました。

一緒に入ると水が深いねぶくぶくぶく
目を覚ましてぼんやりZzzzzz

最近は水によく入っています。水中でも鳴いたり掻いたりしますが、外にいる時より多少はましな様子。落ち着いている時は、うとうと眠ったりもします。

水棲カエルじゃないのに完全に頭まで潜って寝てしまうので、溺れるのではないかと心配になっちゃいます。見ていると、時々目を覚まして顔を上げますね。起きるとまたしばらく辛そう……。

ずっと水に浸かっていると、皮膚の色が溶け出したように水が茶色に染まります。水中で掻きむしって細かくちぎれた皮がたくさん浮いているせいでしょうか。

お薬吸収中ひとりだとゆったりできるわね

ぼんちゃんは相変わらず粘液を出し続けてだるそうです。それでも一時期に比べると多少動けるようになってきました。
関連記事
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート