--/--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2012/05/31 Thu

ヒキガエルの世話まとめ(5年目の5月)

カエルのサイズ(月初めに測定・ヒキガエル成長記録2にグラフあり)
B約13cm、237g。P約13cm、212g。
エサやり
パックマンフード、スイミー、コオロギ、ミルワーム成虫などを1〜2日おき。
他にミミズ、ワラジムシ、カメムシなど。
飼育ケース
床の段差を減らすため、ウレタンマットで底上げする。
土容器
先月と同じ。土の代わりにタオルとウール。
シェルター
先月と同じ。
お風呂
大人しく浸かっている。
脱皮
2匹とも週1回程度。一度ぼんちゃんが少し残りあり。
フン
2匹とも月1回、水中。
掃除
寝床の中身は1日おきに水洗い。ケース床の紙は取り除き、時々水拭き。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓にアルミマットで日除け。加温なし。夜中以外は窓を開ける。ケース内21-28℃。
動きは活発ですが、暴れたりせず落ち着いて過ごしています。
健康診断に連れて行き、今のところ2匹とも大きな問題はありませんでした。
ぴょんちゃんは治療終了。今月分の肝臓薬と栄養剤を使い切ったらおしまいです。
ぼんちゃんは肘関節が弱いらしく、今後は負担を掛けないように要注意です。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
関連記事

コメント

こんにちは(o^o^o)

パックマンはやはり与えた方がいいんですか?
スイミーは1日に数粒与えています。

でも、ミルワームやダンゴムシが動かしてくれてたまたま一緒に口に入るみたいな感じです。

パックマンも同じようにして与えるんですか?

昆虫だけだとタンパク質が全然足りない、とうちの主治医は言ってます。
野生のヒキガエルは動くもの何でも食べるので、昆虫だけではないはずだそうで。

とにかく餌にはバリエーションが必要でいろいろ与えるように、ということ。
パックマンフードは確かにバランスいいけど、単食じゃないからこれにこだわることもないみたい。
一番栄養あるのはピンクマウスだそうだけど、ちょっとねえ。(^_^;)

パックマンを練ると重くてぺたぺたして転がらないので、ピンセットで与えています。
でもぴょんちゃん、ピンセットあまり好きじゃないのよねー。反応が鈍い。
ぼんちゃんは時々ちらっと上を見て私の手を確認するけど、それでも食べてくれます。
非公開コメント(返事不要のメッセージに)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。