再び専門病院へ

脱皮も水中でぴょんちゃんの状態は良くありません。以前はバケツの中で掻かなかったのに、最近は更に水に浸かってないと掻きむしります。

いったん治まったかに見えた赤みもまた出たり引っ込んだりの繰り返し。ずっと水浸しのせいか手足の指が白っぽいピンク色に。食欲も少々落ちてきました。

独りはつまんないDr.の指示で、プラケに水を張るなどいろんな状態を試しました。周りが見えない狭い容器で水に浸けると掻かないみたい。だけど、暴れたり鳴いたりとあまり嬉しくなさそう。

殺風景になったプラケに残されたぼんちゃんもぺちゃっとして元気がありません。こちらは餌を見るとシャキーンとなるので、体調が悪いわけではなさそうですが……。

ちょうどフンが出たので検査もあって、また病院へ行ってきました。前回は家族に車で送ってもらいましたが、今回はバスと電車。念のためペットボトルに水を用意しましたが、移動の間は水なしでも掻きませんでした。乗り物から降りて歩くと、揺れが怖いのか小さな声で鳴き続けていました。

Dr.とはメールで何度もやり取りしているので話が早いです。診察室でこれまでの状況を整理しました。なぜ掻くかではなく、なぜ掻かないか、を考えると、『強いストレスを感じている時は掻かない』のでは、という結論になりました。

これまで、掻くから赤みがひどくなる・余計に痒くなると思って、出来るだけ掻かない状況を作ってきました。でも、掻かなくても赤みが消えたわけではありません。これでは解決にならなかったのです。無理矢理、普段と違う環境にしてかえって負担を掛けてしまっていたようなのです。

赤みがあるということは、何らかの炎症が起きているのは確かです。その原因は今のところわかりません。大きい動物に比べ、いろいろ検査すると負担が掛かりすぎるのです。便の検査では寄生虫などの異常は特にありませんでした。雑菌の感染ならそろそろ薬浴で治まるはず、カビの場合はもう少し時間が掛かるかもしれないが、感染症にしてはただれが少なくその割に痒みがひどい、通常の皮膚病ではなく皮膚だけの問題ではない可能性も、とのことでした。

お薬いろいろ追加の薬として、背中に垂らして吸収させるタイプの抗生剤と抗真菌薬、肝臓の薬やビタミンなどを混ぜた飲み薬をいただきました。足の皮剥けも繰り返してますが、薬浴や抗生剤が効くので塗り薬はなし。

便検査もして薬もたくさん出されたのに治療費は良心的、4000円台でした。

久し振りに戻りました家に帰ってから、ストレスを減らすため出来るだけ以前のレイアウトに戻しました。ただ土は皮膚の状態が見えなくなってしまうので、代わりに濡らしたキッチンペーパーを、その後ほじくってボロボロになり、濡れタオルに交換しました。

ぴょんちゃんは5時間以上鳴いて掻き続けました。見ているのもつらかったですが、その間に薬を背中に垂らしました。それから少しずつ落ち着いてきて、飲み薬を染みこませた鯉の餌を何度も失敗しながらようやく食べてくれました。

夜になると嘘のように静かになり、丸めたタオルを抱えるようにして寝そべりました。目は開いてても眠っているようです。このまま良くなってくれるのでしょうか。
関連記事
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:6 

Comment

江戸青蛙|心配ですね><
2011.11.27 Sun 01:19  #s.5XaDgQ Edit
小さい生き物だからヒトと同じような治療は難しいし、、難儀ですねぇ。ぴょんちゃんが良くなってくれる事を祈ります
レイコ|
2011.11.27 Sun 02:03  #-
はあもお、なんか泣きそうになります… (;_;)
かわいそうに、そんなに長くかいて…
かあちゃん、どんなにか胸が痛いかお察しいたします。。
外からと内側からと、お薬、効きますように!!
あねもねさまも、元気だしてくださいね(T_T)

あねもね|
2011.11.27 Sun 19:40  #auyQKGwQ Edit
> 江戸青蛙さま

検査で客観的データが出せないと、なかなか確定診断はできませんね。
薬も粉薬だと薬包紙の隅に残ってしまう微量な誤差が危険だとか……。
小さい生き物の治療は人間や犬猫とはずいぶん違う。
やはり、経験豊富な専門病院じゃないと難しいということがよくわかりました。

> レイコさま

バケツにいるのが良い状態とは思えなかったのですが、泣き叫ぶ様子に耐えられず……。
Dr.に納得いくまで相談して、ようやくプラケに戻す勇気が出ました。

まだ赤みが引いたわけではありません。
薬浴のために外に出したりすると、その後はまたしばらく掻き続けます。
治療は手探り状態で始まったばかりなんですよねえ。ε=(ー。ー)ふぅ
これから気長に頑張ります!
けろり|
2011.11.28 Mon 07:43  #-
本当に心配ですね。
原因が分からないということでもどかしいですよね。
早くぴょんちゃん元気になってほしいです。
あねもねさんのことも心配になってきます。
大変ですが頑張ってくださいね。
mako|
2011.11.28 Mon 09:11  #.nWnN0oM Edit
本当に小動物、特に哺乳類ではない動物って難しいんですね。
我が家も、ミドリガメを病院に連れて行った時に痛感しました。

ぴょんちゃん、ぼんちゃんと一緒のおうちに戻って、リラックスして落ち着くといいですね。

心配でついついこちらを覗いてコメントしてしまいますが、返信とかお気になさらないでくださいね。
ブログを覗いているだけの私がこんなに心配なのだから、あねもねさんの心痛はどれほどかと思うと…。

そしてこんな時になんですが、前回の記事のぴょんちゃんのお腹写真、むっちりでめちゃくちゃ可愛かったです~(*´д`*)
あねもね|
2011.11.29 Tue 09:19  #auyQKGwQ Edit
> けろりさん
> makoさん

お気遣いありがとうございます。
お返事と言うより記事の補足でコメントしておきます。
経過を後で見直すのにブログはとても役立つのですが、記事にまとめるのは手間が掛かってなかなか書ききれないので。

昨日は前日に比べてあまり掻きませんでしたが、赤みの様子は変化なし。
夜に脱皮したのでそれでだるかっただけ?
脱皮間隔は4-5日おきと短く、よくない状態です。

薬餌は最初2日間なんとか食べましたが、昨日は脱皮前のせいか反応なし。
舌の伸ばし方が弱くて何度も失敗します。
コオロギ相手だともう少し動きが良く、餌の好みの問題もありそう。
ただコオロギも数日に1匹がやっとで、食欲自体あまりないようです。

寝床の中身を替えました。薬浴の間に掃除しています。
ケース内の温度は18-20℃前後。
通常なら20℃切ったところでヒーターを入れますが、今はほとんど使っていません。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート