病院に行きました

土の中では大人しい痒みが治まったかのように見えたぴょんちゃんですが、ごはんの時に出てくるとまだダメ。ひいひい鳴きながら引っ掻くのです。土に潜っている間は気持ちが落ち着くせいか、ほとんど痒がらないのですが……。

見た目はうっすら赤くなる程度ですし、食欲もあるので様子を見ていましたが、脱皮後もすっきりせず、お医者様に診てもらうことに。

まずは市内で両生類も診てくれるという病院に電話してみました。丁寧に話を聞いてくださいましたが、痒がっているように見えても体の内部の違和感かもしれない、診断が難しいので、と断られてしまいました。

近隣地域でエキゾチックアニマル対応という動物病院を見つけ、少々遠いですが行ってくることにしました。バスと電車を乗り継いで、初めてのおでかけです。

プラケースは寒くないようカイロと一緒に中綿入りのトートバッグに入れて運びました。途中で私が道に迷ってうろうろすると、ぴょんちゃんも心配そうに「こっこっこっ」と鳴いてました。病院に着いた時には、下に敷いていたキッチンペーパーがちぎれて絡まった状態。何も入れない方がよかったですね。

バッグの中にプラケを入れて敷いた紙がぼろぼろに

ばしゃばしゃDr.はおなかの様子を診て、痒み止めの飲み薬を出してくださいました。気になる料金は約3000円、そのうち半分は薬代でした。高いけど保険効かないから仕方ないですね。

帰ってきたら水に入ってもぞもぞ。時々「きゃっ」と甲高い声を上げます。う~ん、やっぱり痒いのかあ。

微妙に赤みが粉のお薬一週間分
薬付きミルワームぼんちゃんをバケツに隔離してから、ぴょんちゃんに薬を与えます。

薬は粉末で、好きな餌にまぶして食べさせるとのこと。ミルワームはつるつるして粉が絡みにくいので、少量の水で練ってなすりつけました。

お顔がまっくろけ!薬を飲み終わったらまた水に。びしょ濡れのまま、屋根に登って寝床に入ろうとしたら足を滑らせて、顔から突っ込んでしまいました。

土まみれの顔でしばらく呆然。その後は潜って寝ています。痒み止めって、もしかして眠くなるのかな。お薬効いてくれるといいね。
関連記事
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:鳴き声 病気  / Trackback:0  / comment:3 

Comment

mako|お大事に
2011.11.10 Thu 22:58  #.nWnN0oM Edit
ぴょんちゃん、初めてのお医者さんお疲れ様。

カエルは肌から色々吸収するから、カユカユになりやすいのかなあ。
こういう時、哺乳類と両生類は体のしくみが違うんだなあ…って思っちゃいますね。
動物病院も、両爬を診てくれるところは少ないですしね。

ぴょんちゃん、お薬しっかり飲んで早く良くなってお母さん(?)を安心させてあげてね!
江戸青蛙|よかった!
2011.11.11 Fri 00:31  #s.5XaDgQ Edit
無事よくなるといいですねー。

動物病院てやはりお高いですね><

あねもね|
2011.11.11 Fri 18:38  #auyQKGwQ Edit
> makoさま

外に連れ出してストレスが心配でしたが、いつも通りマイペースでした~。
動物病院はたくさんあるけど、両爬対応は少ないですね。
専門のところじゃないと、診てくれてもあまり詳しくなさそうですし。
こちらの先生はトカゲやカメを飼育してらっしゃるようなので、ちょっとは安心かな、と思いました。
ぴょんちゃんは今日もお薬ちゃんと飲んで、いい子にしてます (*^_^*)

> 江戸青蛙さま

人間が3割負担だと考えると、診察料は妥当だと思うのです。
むしろ安いくらい。
でも薬が高い~。ほんの少量なのに。
調剤の手間なんでしょうかねえ。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート