--/--/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2011/02/21 Mon

ヒキガエル本3―かえるよ!カエル

ドキドキワクワク生き物飼育教室3 かえるよ!カエル 表紙ドキドキワクワク生き物飼育教室3 かえるよ!カエル
アトリエモレリ/作・絵
久居宣夫/監修
リブリオ出版 2001年 48P B5判


現在、品切・重版未定だそうです。

小学校3年生から大人までを対象とした飼育実践本です。全6巻で他にアゲハ、ザリガニ、カイコ、メダカ、ホタルがあります。「かえるよ!」と「カエル」を掛けているわけではなかったんですね~。

作者のアトリエモレリは博物画を描く図鑑作家集団のようです。あとがきによると、ヒキガエルを見てスケッチするだけではなくて実際に卵から大きく育てたそうで、その経験からの注意点なども本に書かれています。

この本に出てくるカエルはほとんどがアズマヒキガエル。卵の採り方、飼育容器や餌の準備、世話の仕方など、図が大きく説明が丁寧です。もちろんここにあるだけが正解ではありませんが(うちの飼育法なんて全然違うし)、水や土の量も具体的でとてもわかりやすいです。

カエルたちが大きくなってからこの本のことを知ったので、今更飼育本は……と今まで読んでなかったのですが、今回図書館で借りてみて、手元に置きたくなってしまいました。というのは、実物大または一回り大きいリアルなヒキガエルの絵がいっぱいで素敵なのです。愛らしいポーズが満載で、キュンキュンしちゃいます!!

ドキドキワクワク生き物飼育教室3 かえるよ!カエル 16-17pこのシリーズの監修は「カエル合戦」の著者、久居宣夫氏です。その他にも多くの専門家の指導の下、ヒキガエルの生態や体のつくりが解説されてます。特に卵から上陸までの変化は事細かに描かれています。

オスメスの違いなど「カエル合戦」にも同じことが書いてありましたが、こちらはカラーでより良くわかります。

リブリオ出版の許可を受けて画像を掲載しています。

ネット書店には若干在庫が残っているところもあるようです。
>>楽天ブックスの商品ページ
>>Amazonの商品ページ

これからヒキガエル飼育する人におすすめ。重版されたら自分も買おうかな。
関連記事

コメント

非公開コメント(返事不要のメッセージに)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。