ヒキガエル本2―カエル合戦

カエル合戦 福音館の科学の本 表紙カエル合戦 福音館の科学の本
久居宣夫/著 吉崎正巳/画
福音館書店 1984年 72P 22×18cm
小学校中級~高校むき


この本も残念ながら絶版です。

表紙だけ見ると絵本のようですが、中身は港区白金台の自然教育園で行われたヒキガエルの研究をまとめた読み物です。平易な文章で小学生でも読めますが、大人でも充分楽しめる内容です。

当時ほとんど知られていなかったヒキガエルの生態を調査するため、10年以上チームを組んで、合わせて約2800匹のヒキガエルに個体識別番号を付けて毎月記録していったとのこと。夜暗い中で探して捕まえるのも大変だったことでしょう。こういう地道な作業のお陰で多くのことが判明したわけです。日常の行動、オスメスの成長の違い、産卵の条件など……。

カエル合戦 福音館の科学の本 28-29pヒキガエルの行動を調べるにはカエルに発信器を背負わせています。右のページに大きなアンテナを抱えて電波の方向を調べている写真が載っています。今だったらもっと楽にできるでしょうねぇ。
なお、国立科学博物館のサイト内の「私の研究」というコーナーに久居氏のページがあり、発信器を付けたヒキガエルの写真も見られます。

番号を付けたカエルの数から園内すべてのヒキガエル生息数を推定する方法、卵の重さや1匹のメスが産む卵の数の調べ方など、やり方が子どもにもわかるように説明してあります。夏休みの自由研究とかでデータを取るのに応用できそう。

別の環境では暮らし方が異なることや、まだ解明されていない謎なども示されていて、自分も研究してみたい!という気にさせられました。

福音館書店の許可を受けて画像を掲載しています。
関連記事
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート