キアシナガバチ

2010年8月14日8月半ば、窓の日除けの内側に蜂の巣を発見。しばらく前からぶんぶん羽音がうるさくて、カリカリと引っ掻くような音で巣作りしてるのに気付きました。アシナガバチです。

毛虫とか捕ってくれる益虫なんですよね。怖いけれど窓さえ開けなければ衝突することもなさそうなので、駆除せず冬になって蜂がいなくなるのを待つことにしました。

100820bee1.jpg100823bee1.jpg100827bee1.jpg100902bee.jpg
100907bee1.jpg100918bee1.jpg100929bee1.jpg101012bee1.jpg
101027bee1.jpg101101bee1.jpg101110bee1.jpg101119bee1.jpg

猛暑の中、ハチたちは肉団子を運び、頭を巣穴に突っ込んで、せっせと幼虫の世話をしていました。次第に巣は大きくなりハチの数も増えていき、9月末から10月半ばにはハチの塊で巣が見えなくなるほどでした。

10月末になると急に数が減り、巣から離れるものも。辺りをうろうろしてるので写真が撮りづらかったです。その後はじわじわと減っていきました。

101207bee2.jpgキアシナガバチ拡大してみると、このハチは背中に黄色い筋が4本あり、キアシナガバチだと思います。比較的大型の種類です。
キアシナガバチの巣
12月の初めにはまだ数匹残っていましたが、3日の朝の嵐が通り過ぎた後、ようやくハチの姿を見かけなくなりました。

そして、本日ついに蜂の巣を取り外しました。長かった~!

育房は約230個で直径7-8mm、全体の大きさは19cm×10cm。狭い場所に作られたせいか少々いびつです。手に取ると軽くて和紙のよう。初めて見る上側は黒っぽくツヤがあります。

良くできてると思うけど、あんまりキレイじゃなさそう。お手入れするハチがいなくなってしばらく経つからでしょうか。しばらくはベランダに飾っておきます。

蜂の巣、育房蜂の巣、背面
関連記事
テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
ジャンル : ペット

Trackback:0  / comment:2 

Comment

泉|
2010.12.20 Mon 10:48  #wLNCXdQo Edit
随分、大きくなるまで見守ったんですねぇ~?
蜂は益虫・・・わかっているのですが・・・、
やっぱり怖いので巣が小さいうちに駆除してしまいます。

でも、気付かずに冬になって「あれ?」って思う事も多いです。
・・・・・育房6個くらいのって何なんでしょうねぇ?
女王蜂に何かあったんでしょうか?
そんなのをよく庭で見かけます。
あねもね|
2010.12.20 Mon 21:57  #auyQKGwQ Edit
益虫だ害虫だ、っていうのは人間の勝手な言い分なんで、大した意味はないですけどね。
網戸さえ閉めていれば大丈夫な場所だったし、観察してみたかったというのもあります。
ファーブル昆虫記でハチの話が多かったので興味あったんですよ。
でもやっぱり怖くてじっくり見るのは無理でしたが。

本当は、ハチと対決する勇気がなかったというのが一番の理由かも。
気付いた時点でもうそれなりの数がいたので……。

庭で虫取りする時に接近遭遇するのには困りました。
カエルにあげようとした芋虫を目の前でさらわれて、むかっ!
次に見かけたら早めに撤去するかなあ。

アシナガバチのことはいろいろ調べたんですけど、
女王が単独で営巣中に事故などで死亡して廃巣になる割合はかなり高いらしいです。
50%以上、中には9割近くと書いてあるサイトもありました。
厳しいんですね~。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート