スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショウリョウバッタの子

壁にバッタ頭にバッタ

こちらも今が旬。4-5cmのショウリョウバッタはちょうど食べ頃。夏の終わりには10cmを超えて固くなって、もう口に入りません。

ただ、バッタはじっと動かないかと思うとぴょんと跳ねて天井に登ってしまうので、餌としてはちょっと食べにくいです。
関連記事
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:3 

Comment

hiro@azumahiki|まさに旬の食事ですね
2010.07.25 Sun 18:55  #-
最近我が家も朝に蚊にかまれながらも必死で虫取りをしています。3~4cmのバッタで大きな脚を外して食べさせます。味の違いなどどれだけわかっているのかわかりませんがやはり出来れば少しでも旬のものを食べさせたい気がしますよね。ところで茶色と緑のバッタってどう違うのかご存知ですか?単なる色違いでしょうか?
gamabonz|ピンクのバッタもネ
2010.07.26 Mon 00:29  #mQop/nM. Edit
幼齢カマキリは意外と頭が良くピクリとも動かずにガマとにらめっこをしていたのを思い出だしました。
バッタは人間も食べているもんだし・・・って、イナゴとの違いはなに?
あねもね|
2010.07.26 Mon 11:59  #auyQKGwQ Edit
>hiroさま

バッタは草食だから、肉食コオロギよりも味は良さそうに思えます。
ただ、そそられる動きではないし、反応は今イチですね。大しておいしくないのかなー?
飼いガマは食べるものが限られてしまうので、栄養が偏らないよう出来るだけいろいろ食べさせたいですよね。

バッタの色違いはカエルのように同じ個体が色を変えるんじゃなくて、生まれつきみたいですよ。
図鑑に同じ種類で緑色型・褐色型とか載ってます。
色が違うだけで同じバッタみたいですね。

>gamabonzさま

ピンクのバッタ、たまにいますよね!
自分ではピンクっぽい程度のしか捕まえたことないですが、鮮やかなどピンクのを写真で見ました。
緑や茶色だったら保護色になるのに、ピンクでは目立って仕方ないと思うのですが。

イナゴはバッタの一種?
頭が丸くて小振りで佃煮の原料になるヤツ。
似たような形でも、トノサマバッタみたいに大きいのはイナゴとは呼ばない、とか。
でもたまに捕まえるツチイナゴなんかは結構大きくてバッタっぽいし、違いは良くわからないですね。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。