ガマへの想い

学研 原色学習ワイド図鑑私は子どもの頃から虫やトカゲが好きでしたが、ヒキガエル(ガマ)には特に興味はありませんでした。身近にあまり見かけなかったせいでしょう。

愛用の動物図鑑には「後肢は短い」とあり、不格好な印象を持っていました。

よく見かける黒い小さなオタマジャクシ=ガマだということは知っていました。子どもがオタマを持ち帰ってきた時、改めてガマについていろいろ調べました。

まずは、家にあった生き物ガイドブック。「ひきがえるのくらしとかいかた」が3ページにわたって載っています。

●カエルのなかでは、飼いやすく、よくなれる。20年も生きるので大人になってもくらせるよ。

カエルが慣れる?! しかも長生き!
気になるけど、私は両爬飼育の経験ゼロだし……。

次に、実際に飼育してらっしゃる方々のブログをいくつか読みました。

……かわいい!
仕草が妙に人間くさいし、食べ方はカメレオンのようで面白い。餌も庭に大量にいる虫で済みそう、足りなくなればコオロギを買えばいい。
これは、飼えるかもしれない!!

ということで、子どもそっちのけで一人で盛り上がってしまった私は、飼育を始めることにしました。本当はビオトープの生き物を持ち出してはいけない、元いた場所に返さなくては、と思いながら。

飼い始めてみると、世間のガマに対する思い込みが結構間違っていることに気付きました。毒のことを必要以上に恐れられたり、ゲロゲロうるさい・池の金魚を食べてしまうなど他のカエル(?)の仕業まで、ガマのせいにされていたり。
見た目気持ち悪いと感じる人がいるのは仕方ありませんが、誤解が元で忌み嫌われているのは悲しくなりました。

しばらくして同じ神奈川県での生態調査のレポートを知り、興味深く読みました。
県指定天然記念物「山北町岸のヒキガエル集合地」におけるアズマヒキガエル繁殖個体群の生態

これによると、成体の年間生存率は約50%だそうです。上陸してようやくある程度大きくなってからも毎年半数は命を落としていく、ガマは長生きだと思っていたので結構ショックでした。

気が付けば、オークションでガマが売られています。ほとんどが野生のガマを捕まえているようです。買ってでもガマを飼いたいと思う人たちの気持ちはよく分かります。ただ、そのガマが必死に生存競争を生き延びてきたことを忘れずに、どうか大切に飼って欲しいと願います。

オタマを自然に返さなかった私に、ガマを捕ることを責める資格はありません。それどころか、ブログで愛らしさや飼育の楽しさを強調して、ガマを欲しがる気持ちを煽っているのかもしれません。

せめて、ガマへの無知と無関心を減らしたいのです。根こそぎ駆除されたり、繁殖環境を失ったりは、捕獲されること以上に影響が大きいでしょうから。

また、私と同じような飼育初心者の方々を応援したいです。飼育方法は人によって異なると思いますが、皆さんがご自分に合ったやり方を編み出す手助けとして、少しでも参考になれば幸いです。

まあ何だかんだ言っても、ガマたちがかわいくて仕方ないのでこうやって親バカブログを書いているんですね♪
関連記事
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:連絡  / Trackback:0  / comment:11 

Comment

鬼家(オニイエ)雅雄
2010.07.16 Fri 23:20  #-
こんばんは。
私は横浜生まれの横浜育ちで、30年前この土地を購入するまでガマガエルを見たことはありませんでした。
その後池で色々なガマガエルの生態を見ましたがそれほど関心を示さなかったのです。
モリアオガエルが我が池で産卵してからカエルに興味をもちました。
ヒキガエルも今年からオタマジャクシから育てています。
あなたのヒキガエルの育て方も参考にしています。
私の飼育の先輩として学習させて下さい。
れいん|こんにちは。
2010.07.17 Sat 21:03  #/3WEEAIQ Edit
いつも楽しく見させてもらってます!

あねもねさんのブログの影響で、カエル成体の成長具合を観察するのが、凄く楽しみになりました。
雨の日などは仕事帰りでも夜にわざわざ傘さしてカエルを探す程です!

今年のカエルは現在2匹確認してます。まだまだアマガエル以下の大きさですが、着実に大きくなってます
そして去年のカエルも先月発見しました!大人ガエルの半分サイズのヤツを発見。可愛かったなぁ。

環境変化にも母のばらまく除草剤にも負けず、地道に頑張ってるヒキガエルには生きる活力をもらってる気がします!

あねもね|
2010.07.17 Sat 23:08  #auyQKGwQ Edit
>鬼家さま
そちらのお庭のような環境で暮らすのが、野生動物にとっては一番幸せなんでしょうね。
でも生き物への理解を深めるには、手元で飼育してみることも大切かな、と思います。
飼う前と後では、同じカエルを見ても興味の持ち方が全然違いますものね。

>れいんさま
雨の夜、傘を差しながらカエルを探す姿を想像してしまいました(笑)
知らない人が見たら、何だと思うでしょうね~。
私も先日の夜、大人の半分サイズに遭遇しましたよ。
チビガエルとはまた違った可愛さで、頑張ってここまで育ったんだな、と思うと嬉しくなりますよね。
れいん|
2010.07.18 Sun 18:53  #/3WEEAIQ Edit
度重なる返信失礼します。

改めて読み直して思い出した話があります。

10年以上前のある春の日、当時飼ってた犬の散歩中でした。
家の近所の公園にたまたま立ち寄った際、どこかで聞いた鳴き声が。
瞬時にヒキガエルと分かりましたが姿がどこにも見えず。
声のする方を探していたらカップル3組と単体の2.3匹ものヒキガエルがなんと公園のゴミ箱に!!
勝手に入れる訳ありませんから、どこか近所に池があるお宅があって、そこに合戦しに来た蛙が嫌で捨てたのでしょう…。
あわてて家に全部持ち帰り池に放しましたが、怒りを通り越して悲しい気持ちになったことを今思い出しました。

やはり見た目なんでしょうか、人間に直接悪さはしないのに嫌われる存在なんですね。


ウチに今いる蛙も当時の彼らの子孫もいるのかな…。


PS 昨日「借り暮らしのアリエッティ」見てきました。テーマが似ていてとても考えさせられる映画でした。
あねもね|ひどい!
2010.07.20 Tue 10:32  #auyQKGwQ Edit
生き物をゴミ箱に捨てるなんて、本当に悲しくなります。
嫌いなら敷地から追い出すくらいは仕方ないと思いますが。

こんなにかわいいんだから、とか、悪さをしないんだから、とか言っても、生理的に受け付けない人というのは、どうしてもいるでしょうね。
わざわざ危害を加えずに適当に距離を取ってくれればいいのに、難しいのかな……。
hiro@azumahiki|これからも楽しみにしております。
2010.07.21 Wed 00:22  #-
ガマの飼育のすばらしさは出合って気がついた私ですが、画面をとおしてガマを飼育できなくても楽しめる。そして、実際であった人たちが正しい飼育の参考に出来るアネモネさんのブログはすばらしいです。私もそんな気持ちで書いておりました。命の大切さ。あねもねさんのあたたかさが伝わってまいります。これからも楽しみにしております!
あねもね|ありがとうございます
2010.07.22 Thu 07:54  #auyQKGwQ Edit
hiroさんを目標に、ガマ好きな皆さんが楽しめるブログを目指します!

今年は国連の定めた国際生物多様性年ということで、各地で様々なイベント等が行われているようです。
難しいことは分かりませんが、多種多様な生物が存在する世界って不思議で面白い。
ヒトもガマも虫たちも、みんなうまく共存していけたらいいな♪
J|素晴らしい記事です
2013.07.23 Tue 07:03  #zQHIT1rU Edit
こんにちは。はじめまして。

日本に来て10年くらいになるドイツ人です。

いろんな生き物(鸚鵡・鸚哥・リクガメ18匹・ヌマガメ2匹・メダカなど)を
部屋で飼育しています。リクガメ飼育は20年近くになります。

両生類はか弱いようなイメージがずっとあり、よく通っている
エキゾチックアニマルの店でカエルやイモリのような生き物はみるけども
生き餌を与える事に抵抗がある事、か弱そうだと言うことで飼ったことは
ありませんでした。

しかし、ショップの知人と話していて今は練り餌があるということなどを
聞いて興味をもっていたところ、ショップに持ち込まれたヒキガエルの
子供を眺めていたらだんだん可愛いなと思うようになり、無責任に
飼育したくないのでいろんな人のブログを見て回っていましたら
こちらのブログにたどり着きました。

ヒキガエルは堂々としていてカワイイですね!
リクガメたちと同様に大事に育てて行きたいと思います。

がまへの想いというこの記事を読んでいて、とても心打たれました。

自分も昔、日本に来た頃に本当は何十年も生きるリクガメが飼い主の
無知・無覚悟・金さえ出せば次が買える通販の状況・低価格販売などで
「消費され続けている」と言うことを日本の飼育者たちに
「それでいいのか」と訴えたことがありました。

ガマガエルはカワイイのに、気持ちが悪いという人がたくさんいます。
イボがイヤだとか、毒があるとか、悪いイメージのせいでしょう。

自分もこれから、アネモネさんのようにガマガエルの飼育ブログを
リクガメブログ・鳥ブログと共に書こうと思っています。
いろんな悪いイメージが減れば良いなと思います。
あねもね|ありがとうございます
2013.07.26 Fri 21:30  #auyQKGwQ Edit
Jさん はじめまして。
素敵なコメントをいただけて、とても嬉しいです。

この記事は元々ある人に伝えたかったことを記したものです。
その人にはメールも届かず、この記事も結局見てもらえなかったのかもしれません。
それでもこうやって理解してくださる方がいて、やっぱり書いておいてよかったと思えます。
本当にありがとうございます!

うちでは生き餌がメインですが、人工飼料だけで育てている方もいらっしゃると聞きます。
そちらのヒキガエルちゃんに餌付けが成功するといいですね♪
長年生き物を飼育されている方なら、きっと必要になれば生き餌の準備くらい難なくこなすと思いますけど。
かわいいヒキガエルが登場するブログ、期待してま〜す。

そうそう、ドイツといえば、繁殖期のヒキガエルに優しいことで有名ですよね。
車に轢かれないよう道路を一時通行止めにしたり、専用通路やトンネルを設置していると聞きます。

日本でも場所によっては「カエル注意」の道路標識があるようですが……。
普通の珍しくもないヒキガエルのために、それ以上のことはなかなか難しいんだろうな。
絶滅寸前の希少種になれば保護されるかもしれませんが、それでは遅いんですよねえ。
J|動物を愛する気持ち
2013.07.27 Sat 09:24  #zQHIT1rU Edit
こんにちは。アネモネさん。

ドイツは人間と自然環境のよりよい境界線を模索している国です。
共存は元々無理なのだ、たから彼らの生存区域を侵さないいう努力は
できると考えて、小さい頃から人にも環境にも生き物にも優しく。
そういう教育を受けます。


例えば洗剤にしても、フロッシュのような物も良い例ですよね。
http://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/frosch/frosch.html


Mahatma Gandhiの言葉に

"Die Größe und den moralischen Fortschritt einer Nation kann man daran messen, wie sie die Tiere behandelt"

(国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る)
という言葉があります。


日本は動物愛護精神では先進国中ワーストに入るそうです。

悲しいですが、これが日本の現状ですね。
人の生活・自分の生活範囲のこと以外に無関心。


繁殖期になると道路を命がけで渡り車に次々と踏みつぶされてしまう
沖縄のオカガニ、ヒキガエル、ショップで売買されるたくさんの生き物たち
これはアネモネさんがおっしゃるように当たり前のこと、あっていいこと
じゃありませんよね。

オカヤドカリのように飼育者が結束して、保護運動を社会展開したりも
してますし、ヒキガエル・は虫類飼育者もそうなっていくとよいなと思います。


あねもね|
2013.07.29 Mon 09:54  #auyQKGwQ Edit
Jさんいろいろ教えてくださってありがとうございます。

> 共存は元々無理なのだ

これ、すごいカルチャーショックです!
日本人にこういう意識ってほとんどないような……。

人間と自然との関わりについて、改めて考えさせられました。
残念ながら今は考えをまとめる余裕がありません。
いずれ時間を取って、きちんと記事として書きたいと思います。
いつかきっと……。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート