コオロギ飼育:孵化の後

フタホシコオロギの卵が孵化してからの、うちでのやり方です。

幼虫で真っ黒状態振り落とします袋の隅に溜まります

孵化した初令幼虫(ピンヘッド)はティッシュ表面にびっしりくっついてます。袋の上から軽く掴んで幼虫を振り落とし、反対の隅に集めてから飼育ケースの上で口を開けて袋を逆さにすれば滑り落ちます。

フタホシコオロギ孵化直後の飼育ケースしばらくは100均のプラケで育てています。つるつるの壁は登れないので、最初は小さい容器でOK。しばらくはフンも脱皮殻も少なく、あまり掃除しなくて済みます。

水はペットボトルの蓋(周りのギザギザが足がかりになる)にティッシュを詰めて与えています。乾いてくると水分を求めて隙間から奥に潜り込むので注意。水分は野菜からも摂れますが、与えすぎはフンがべちょべちょになるのでほんのひとかけらです。他の餌は、小麦フスマ、米ぬか、ドッグフードや金魚のエサなど。

以前大量の卵が孵った時は、大きい幼虫がいるケースに一緒に入れていました。
「多少は大きい幼虫に食われても構わない、餌代浮くし(笑)適当に数が減れば一石二鳥」と思ったので~。
でも……すごく後悔しました!

大きい幼虫たちはフンも脱皮殻も大量に出すし、共食いの残骸から汁が出て、掃除しないとすぐ臭くなります。ところがピンヘッドサイズはゴミに紛れて、つぶさないように選り分けるのがとっても大変。掃除がめちゃくちゃ面倒ですので、3-4mmを超えるまでは別にしておいた方が楽でした。

全体は乾いた状態で、ティッシュの水切れに注意していれば大量死は避けられると思います。無防備な脱皮中に他の幼虫に襲われるものもいますが、全部が育たなくてもいいのであまり気にしません。

育つ途中で足が取れたものなどからカエルに与え、元気なものを残して種親にし、次の親が育ったらカエルの餌に。最終的に10匹前後が随時入れ替わっていくのが目標です。
関連記事

UserTag: ノウハウ  / Trackback:0  / comment:2 

Comment

gamabonz|ちょうど現在時分
2010.07.04 Sun 23:34  #Bd8h3BbA Edit
やたらでかくなってくるし、雨降るたびに暴れるし
餌の餌まで気にかけて・・・そりゃ忙しいこの時期
想い出しながら苦労を共感しております。
蒸す季節に負けズ頑張って!ください。
あねもね|暑いです~
2010.07.06 Tue 08:57  #auyQKGwQ Edit
この暑さでコオロギも元気で育ちすぎて困るくらい。
日中は「カエルさんたちがかわいそうだから」と言い訳しながらクーラーつけてます。
最近、彼らがぴちゃぴちゃ水を跳ね散らかす音がうるさくて、大きくなったんだなーと実感します。
共感ありがとうございます!
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート