2008/04/17 Thu

おたまじゃくし飼育

下の子が学校に遊びに行って、なかなか帰ってこないので迎えに行きました。途中の道でしゃがみ込んでいるのを見つけて近寄ると、何やら一生懸命に拾っています。

よく見るとオタマジャクシ! プラスチックの綿棒ケースに入れて持ち帰ってきたようですが、水がほとんどこぼれて辺り一面に数十匹のオタマジャクシが散らばっています。慌てて一緒に拾いましたが、小さくて道路に張り付いてしまっているのもいて、半分くらいしか容器に戻せませんでした。急いで家に帰ってプラケースに移すと、水もなく指でつままれた過酷な状況にもかかわらず、連れてきたオタマジャクシはみんな元気に泳ぎ出しました。

学校のビオトープでお友達と一緒に掬ってきたようです。生き物採ったらいけないんじゃなかったっけ。でも持ってきちゃったものは仕方ないので家で飼うことに。黒くて小さいので、ヒキガエルのオタマジャクシのようです。

虫かごとして使っていた一番小さいサイズのプラケースに、金魚の水を5cmほど入れてやりました。
関連記事

コメント

非公開コメント(返事不要のメッセージに)