テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2009/09/21 Mon

スーパー特大ケース

鈴木製作所スーパー特大ケース以前から気になっていたスーパー特大ケース、先月通販の3000円で送料無料セールの時に他の物と合わせて買っちゃいました。

これでカエルたちのおうちが少し広くなる……と思ったのですが、実はまだ使っていません。

今使っている特大ケースと同じシリーズなので、ただ大きくなっただけかと思っていたら、使い勝手がずいぶんと違うのです。

090918case10.jpg蓋を留めるツメが角際にあるため、固くてとても外しにくいのです。なお、上の写真ではツメは両脇3箇所ずつに見えますが、届いた商品では2箇所ずつでした。

実はお店のレビューでも「ツメが固い」という意見がたくさんあったのですが、これほどとは思いませんでした。

090919case1.jpg今使っているプラケースのツメも結構固いのですが、角から離れているので引っ張れば広がって、そこまで開けづらくはありません。

090918case2.jpgこちらの窓はスライド扉だったんですね。お店の商品ページの写真では透明の窓がよく見えなかったのと、今のケースと同じと思いこんでいたため、実際に買ったものが届くまで全然気が付きませんでした。

窓を開けると前に出っ張るし、全開にすると外れてしまうので、ちょっと使いづらい気がします。窓の大きさは今とあまり変わらないようです。

090919case2.jpg今のケースの窓は上開き。開けた時は少々ぐらぐらしますが、ストッパー付きでしっかり閉まります。

090920case1.jpgそれから、新しいケースには、真ん中で仕切る板を立てる溝(板の角が当たる部分だけ)が付いています。

これはお店の説明にもあったので納得して購入しましたが、汚れが溜まりそうで、できればない方がありがたいかな。ほんのちょこっとですから邪魔になるほどではありませんが。

ちなみに写真の丸く見えるところはプラケの足です。大きいので四隅だけじゃなく真ん中にも足が必要なんですね。

窓がスライド式なのは、慣れればまあ何とかなるでしょう。
問題は蓋のツメが固いこと。そんなに頻繁に付け外しするわけではありませんが、必要な時にうまく開けられず、蓋を壊してしまったら困ります。

どこかのツメを折ってしまおうかと思っているのですが、なかなか踏ん切りがつかなくて。
そうこうしているうちに、お店を覗いたら私が買った時よりも300円くらい値下げしているではないですか! う~ん、ショック。

鈴木製作所特大ケースこちらが今使ってる特大ケース。去年買った時よりも大分値下がりしていました。大きいのにとっても安くておすすめです。

窓が二つあるので仕切れるのかと思っていましたが、こちらには溝がないので仕切り板は付けられません。その分すっきりしていて使いやすいですよ。

9/24追記:連休中はセールで特に安かったみたいですね。通常価格に戻ってもやっぱり去年より安いです。そこらのホームセンターではもっと小さくてもこれより高いので、送料払っても通販はお買い得だと思います。
関連記事

コメント

水槽サイズ

昆虫ケースで、60センチの水槽サイズがあればと思います。
鈴木プラスチックケースは、高さが真っ直ぐでなく正確な寸法でなく残念です。
メーカーは、工夫したのかと思いましたが、フタの窓は一枚板が良いですね。


60センチの水槽サイズが、プラスチックケースであればとても便利です。

水槽のような真っ直ぐな形だとアクリル製になって、重くて手軽に扱えないし、値段も10倍以上。
やっぱりプラケースが便利なんですよね。

でも大きなサイズは他では売っていなくて選択肢がありません。
お店で表示している寸法は外寸なので蓋や底足の高さも含んでいます。
横幅50cmも縁の部分を含んでいますし、底面積はそれほど広くありません。
本当にもっと大きなのもあればいいのに!
蓋は仕切って使う場合と兼用なんでしょうけど、窓を一つにしてもっと大きく開くと絶対便利ですよね。

でも売っていないということは、残念ながら需要が少ないのでしょうね。
見た目にこだわってビバリウム飼育している人たちは安っぽいプラケースなんて買わないだろうし。
こだわらない人は衣裳ケースでも満足しちゃうでしょうし。
両爬飼育の人口がもっともっと増えればとも思うけど……。
去年も爬虫類用品の有名メーカーが倒産しているような状況ですからねえ。
せめて、鈴木製作所さんがこのサイズのプラケースを作り続けてくれることを祈ります。
非公開コメント(返事不要のメッセージに)