2008/11/01 Sat

食事2

メインは相変わらずワラジムシです。
最近はナメクジを食べるようになりました。ボリュームがあって腹持ちが良さそうです。我が家の庭にはナメクジがやたらと多いので処理してくれると助かります。ただ、口の中がネバネバするのが気になるらしく、1~2匹食べるとその後は無視。ナメクジを食べた後にはベロの粘着力が落ちるので、しばらくは他の虫もうまく捕まえられなくなります。

ぼんちゃんはミミズが大好き。かなり太くて長いのも平気。麺類をすするようにして食べちゃいます。
クモも大好きであの動きを見ると目の色が変わります。ただ、ハエトリグモは素早すぎて目で追えなくて、入れてやってもいつも逃げられてしまいます。
ぴょんちゃんもミミズやクモは割と好きですが、あまり大きいものには手(舌)を出しにくいようです。自分の方に向かってくると怖がって逃げ出すこともあります。

ちょっと前まではカメムシがよく採れて、2匹とも喜んで食べていましたが、庭のアサガオが枯れてしまうとカメムシもいなくなってしまいました。
フヨウに付くアオムシも次第に減ってきて、10/29に最後の2匹をぼんちゃんが食べました。

まだまだたくさんいる虫はオンブバッタ。以前、カマキリを飼っていた時は12月半ばまで採れましたから。
あまり食欲をそそらない動き方が難点ですが、ちょうど良いタイミングで前を横切ってくれれば食いつきます。大きな雌でもぴょんちゃんはひと飲みです。最近はぼんちゃんも時々反応しますが、口に入れると相変わらず吐き出してしまいます。苦いのか舌触りが悪いのか。

冬眠してしまえばしばらくエサは食べないと思いますが、室内なので完全な冬眠は難しいかもしれません。外で取れる虫が減ってきたので、念のためミルワームを買ってきました。コオロギよりはずっと世話が簡単です。ぐねぐね動いて気持ち悪いのも、見慣れてくると結構かわいく見えてきて。でもやっぱり直接触りたくはないです。
ミルワームはあんまり栄養価が高くないので、しばらく太らせてから与えることにします。パン粉にカルシウム剤を振りかけて、金魚のエサを混ぜてやりました。
関連記事

コメント

非公開コメント(返事不要のメッセージに)