テーマ:動物園と水族館 - ジャンル:旅行
2019/02/27 Wed

葛西臨海水族園

せっかく写真もいっぱい撮ったので水族園の記事も上げておきます。

水に囲まれたドームの向こうは広い海カウンターにヒキガエルとアカハライモリの水槽
ぺちゃんこになってますイモリの餌やりを見せてくれました

ドーム入り口から水槽が並ぶ1階に降りる途中に、講演会を行ったレクチャールームがあり、その横にある情報資料室ではヒキガエルとアカハライモリが展示されていました。この資料室、図鑑や事典が自由に見られたり、スタッフが常駐して質問に答えてくれたり、小さいながらもなかなか充実してました。

存在感のあるバローウィングアネモネ小さくてかわいいストロベリーアネモネ
カラフルなウメボシイソギンチャクの仲間、この奥にもストロベリーアネモネがびっしり世界の海コーナーであちこちに「○○アネモネ」を発見。イソギンチャクの英名が「Sea Anemone」なんですね。何だか親近感が湧いてしまいました。

大きなマグロたち餌はプールに投げ入れるので、ここにいたら食べられないよ

マグロ大量死からもう4年。ドーナツ型の大型水槽には立派なマグロたちが泳いでいました。

水族館にしては珍しく、イルカやアザラシなどの哺乳類はいないし、ショーの類いはやっていません。ペンギンプールは外にあり、ペンギンの数が半端なく群れをなしていて、お食事シーンは大混雑でした。

アオリイカってきれいなのねこういう裏側が見えるのってワクワクします
小松菜かな魚たちの餌、メニュー豊富でなかなか豪華

東京の海コーナーはキャットウォークに上がると、水槽が上から観察できて、ろ過槽などの設備や飼育員さんの作業する様子が見られます。

水中にいるニセカエルウオ岩にへばりつくタマカエルウオ

「小笠原の海」水槽のカエルウオ。横に書いてある解説を読むと、岩の上にいるのがタマカエルウオで水中がニセカエルウオらしいのですが、表示してあるイラストはタマが黒っぽくて、ニセは茶色に斑点があります。この黒っぽいの、ニセカエルウオで合ってる?と迷っていたら……。

隣にいた小学校低学年くらいの男の子が、親に向かって説明しているのが聞こえました。
「これはニセカエルウオであっちにいるのがタマカエルウオ。ニセカエルウオはどこにでもいるけど、タマカエルウオは小笠原にしかいないんだよ」

おお、そうなんだ! 詳しい人の解説はありがたいわ〜。

全体にカラフルな水槽も多いのですが、魚屋さんに並ぶような魚も結構多くいるんですね。最近では他の水族館もいろいろと工夫しているので、それに比べると少々地味かもしれません。でもシンプルで見やすい展示だと思います。

コウノトリさん、風が強くて寒そうでした外に出て、メダカのいる小さな田んぼや水鳥コーナーの横を通り過ぎると、カエルたちがいる淡水生物館があります。小さな建物の割にはいろんな種類の生物が展示されていました。

アズマヒキガエルは3匹。写真だとわかりませんが、きみちゃんより二回りくらい小さい子たちでした。

カエル展示コーナー手前にいたのは細身の男の子
頭に土のかけら載ってるよ奥の子は赤い体に黄色い喉で派手だね
ニホンアカの周りに目立たないツチガエルシュレーと一緒にトウキョウサンショウウオがいたはずだけど…
ちびっ子イモリひっそり隠れているカジカガエル
関連記事

コメント

No title

毎日毎日あのマグロの水槽ふいてましたなぁ

1匹だけの時もあったし

フロントのアカハライモリ 何代目なんだろ

掃除の親玉で嫌な奴がいて 時給1200円のバイト 5-7時だったけど 一昨年の6月に発光生物の機械壊してクビになりましたので それ以来臨海に行ってませんから アネモネさんのレビュはありがたいです。

> 初心者28号さん

ニュースでしか知りませんが、マグロ一時期は1匹だけになってましたよね。
もう展示やめちゃうのかと思ってました。
復活して良かったです。
非公開コメント(返事不要のメッセージに)