ヒキガエル卵2017

3/28にカエル池でヒキ卵塊を1本発見、その後もちょくちょく出かけては様子を見てきました。

170330hiki01.jpg170330hiki02.jpg
3/29は変化なし、3/30には少し卵が増えていました。やったね!

170403hiki01.jpgその週末はみぞれ交じりの冷たい雨が降り、もう4月とは思えないほどの寒さでした。カエルは来なかっただろうなと思いつつ、週明けの4/3に見に行くと卵の位置が若干変わっていました。数は増えた、のかな?

端がちぎれて水面に出かかっている卵ひもがあったので、水中に入れようと棒で突いたら、くるっとひっくり返って裏側が見えました。まだ半分白いです。産んでから間もないのか低温で発生が止まっているのか。
170403hiki02.jpg170403hiki03.jpg
その後は暖かい日が続き、次に出かけたのは4/6。カエル池に近づくと何か大きな生き物が……。

170406kamo01.jpg170406kamo02.jpg
170406kamo03.jpgカルガモが一羽、水底にくちばしを突っ込んで餌を探していました。お願い、卵は食べないで〜。

手が届きそうなくらい近づいてもカモは平然とお食事続行。まあ野生動物に危害を加える気はないけど、馬鹿にされてる?

田んぼの方には水草も生えてるしタニシもいっぱいいるよー。あっちに行けばいいのになあ。

170406hiki01.jpg170406hiki02.jpg
170406hiki04.jpgカモがいったん岸に上がったところで池の中を確認。泥が引っかき回されて形は崩れていますが、卵は残っているようです。ぼこぼこに変形した卵ひももあるけれど、外に胚は見当たりません。

全部食べられちゃったのかと焦りましたが、試しに1本すくい上げてみるとまだ紐の中に胚がありました。神経胚期でしょう、いびつな丸に唇のような溝が見えました。孵化するまではまだ数日ありそうです。

カモから保護するために持ち帰ろうかと真剣に悩みましたが、結局卵は池に戻しました。そこそこ生き残っているようだし、家に入れたら絶対返したくなくなっちゃうもの。

170410hiki01.jpg170410hiki02.jpg
170410hiki03.jpgそして週末はまた雨。今回は暖かくて、Twitterなどで遅い時期の産卵報告を何件か見かけました。

少し晴れ間の出た昨日4/10、ここでは残念ながら新しい卵はありませんでした。卵ひもはだいぶ減り、水底にヒジキのような胚がばらばらに沈んでいました。

今日4/11は冷たい雨で真冬の寒さに逆戻り。胚はそのまま動かないでしょう。次に見に行く頃にはオタマジャクシになって泳いでいるかなあ。
関連記事
テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可(質問不可・返事不要のメッセージに)
 ※メールでのご連絡、コメント投稿出来ない場合などはご連絡フォームへ。
最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート