This Archive : 2015年07月

ヒキガエルの世話まとめ7月(7才2ヶ月・2才3ヶ月)

カエルのサイズ
ヒキガエル成長記録に記載、グラフあり。
エサやり
P練り餌に薬、毎日1回、7/26以降は毎日2回、大豆〜小豆粒大。
K週に1〜2回コオロギ4匹ずつ。他に練り餌、スイミー、青虫、ワラジムシなど。
シェルター
P小シェルター、月末は大シェルター奥。
K時々小シェルターをひっくり返す。
お風呂
P毎日1〜2回0.5%塩浴。
K毎日数回給水。
脱皮
P4〜7日に1回。薄皮が張り付くときも。
K週一程度、特に残りなし。
フン
P7/2床小、7/9床中、7/13少量下痢、7/19床固形、7/23水中ガス+軟便。7/17ガスのみ。
K7/2床大ゆるめ、7/9屋根大。
置き場所・温度管理
居間の窓辺、梅雨明け後は居間壁際の床に移動。31℃を超えたら保冷ボックスまたはエアコン使用。
初めは梅雨寒が続き、一転して真夏並の暑さ、台風で大雨、梅雨明け後は猛暑、と大荒れの一ヶ月。
飼い主は偏頭痛とめまいでふらふらの毎日でした。

ぴょんちゃん、7/14から胃薬追加、げっぷは治まりましたが鼻水は悪化しました。
おなかの張りもますますひどくなり、鳴いて掻きむしるように。
便が続けて出て体重は減りましたが、その後もおなかが異様に膨れてきました。
7/26から抗生剤追加。塩浴回数を増やしても効果なし。尿の出も悪くなりました。
7/29に嘔吐を繰り返し、7/30の朝亡くなりました。

きみちゃんはいつも通りです。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ : 両生類
ジャンル : ペット

UserTag:まとめ  / Trackback:0  / comment:0 

さよなら、ぴょんちゃん

PhotoFunia-1438232597.jpg2015年7月30日の朝、ぴょんちゃんは永眠いたしました。7才2ヶ月の生涯でした。

クリーム色の体と金色の眼がとてもきれいで、こここっと高い声が可愛らしいヒキガエルでした。控えめで泣き虫で、野生では生きていけなかったのでは、と常々思っていました。
150727toads4.jpg2011年の秋に体調を崩して以来、数ヶ月単位で悪化と寛解を繰り返してきました。一生のうち半分が闘病生活だったのです。

オタマの頃から一緒だったパートナー、ぼんちゃんを先に失った痛手から何とか立ち直り、少し落ち着いた頃にきみちゃんがやってきました。天真爛漫な彼女の存在はぴょんちゃんの支えになっていたと思います。

昨年夏からは自力で食事が摂れなくなり、腎不全と診断されました。それでもずっと頑張って精一杯生き続けてきました。
PhotoFunia-6c5635_2015.jpg庭のぼんちゃんと同じ場所に埋葬しました。3年近くも待たされて、ぼんちゃんびっくりしていたかもね。

ぴょんちゃん、長い間本当にお疲れ様でした。ぼんちゃんと一緒にゆっくりお休みなさい。



この続きはかなり生々しい話になるのでご注意ください。
...more
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気 トラブル 連絡  / Trackback:0  / comment:9 

嘔吐と消化不良

抗生剤が届く少し前から、ぴょんちゃんのおなかの膨らみが激しくなりました。手触りはふにゃふにゃ、とても柔らかくて中身はガスなのか水なのかわかりません。

届いたお薬には抗生剤の他に去痰剤や炎症止めも混ざっています。おなかの方はあまり変わりませんが、鼻水はだんだん治まってきました。ぽたぽた垂れるくらいだったのが、わずかに鼻の周りが濡れる程度に。自分で水に入る様子も見られ、少しは良くなってきているように見えました。

病気で風船のように膨らんだカエル150727toads1.jpg
150727toads2.jpg150727toads3.jpg
ところが昨日、薬を飲ませようと覗いたところ、「うううっ!」と聞いたことのない呻き声を上げてぴょんちゃんが嘔吐しました。黄色っぽい液体を2回吐き、とても苦しそう。体をどかしてみると、おしりの下も少量の下痢で汚れていました。

嘔吐するヒキガエル1嘔吐するヒキガエル2
薬を飲むカエル慌てて体を洗い塩浴だけして様子を見ることに。すると2時間ほどして、激しいしゃっくりのような音と共に固形物を吐き出しました。昨夜与えた薬入り練り餌が未消化でそのまま出てきたようです。

練り餌も受け付けない状態だったとはショックです。お医者様に相談したところ、抗生剤はまだ続けた方がよいとのことで、薬だけスポイトで投薬することにしました。

150729pyon3.jpgカエルケースに戻してみると隅っこでうずくまり、そこへきみちゃんがやってきて容赦なく踏んづけるので、取り出して塩浴の容器に隔離することにしました。水は入っていません。シェルター奥に引っ込まれると様子がわかりづらいですし、嘔吐してもこれならすぐに対応できますから。

透明なところだと落ち着かないでしょうから毛布を被せました。見た目は暑苦しいですが、彼自身が熱を発するわけではありませんし、エアコンで27℃くらいに調整しているので暑くはないと思います。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:5 

風邪ヒキガエル

150716pyon1.jpg150724pyon-face1.jpg
150725toads1.jpg先日の記事で書いたように、今月初めからぴょんちゃんの調子がよくありません。時々よだれと鼻水で顔がぐしょっとなったり、おなかが張って苦しそうです。

今月半ばから胃薬を飲み始めて、げっぷとよだれは治まってきましたが、鼻水はひどくなりました。餌やりの時に持ち上げて、おなかを見ようとひっくり返すと、鼻ちょうちんがぶわっと出ます。

よだれが鼻に回っているのかと思っていたのですが、そういうわけでもなさそうです。塩浴して洗い流してやればしばらく治まりますが、またいつの間にか鼻ぐずぐずしています。
150725pyon1.jpgおなかの張りもすっきりしません。おなか痛いらしくてちょくちょく鳴いては掻きむしるのがかわいそう。下痢ではないんだけど便の回数が多めで、そのせいかここ一週間で体重が減ってきたのも心配です。

お医者様に状況を報告すると、風邪かもしれないとのこと。カエルも風邪引くの!?とびっくりしましたが、つまりは呼吸器感染症で、それで腸内にガスが溜まることもあるそうです。
抗生剤を送ってもらうことにしました。お薬効いてくれるといいな。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:0 

どったんばったん

7月に入ってからは、きみちゃんお通じがよくなってすっかり体が軽くなりました。毎日のように大暴れです。梅雨明け直後の暑い日はさすがにしばらくおとなしくしていましたが、ちょっと涼しくなるとまたどたばたしています。

150703kimi1-2.jpg150703kimi2.jpg
150715kimi1.jpg小さいシェルターはひっくり返すし、大きいシェルターは動かして隙間に入り込むし、やりたい放題。

ダン!ダン!と騒がしいのは、プラケ窓に向かっての垂直カエルジャンプ。動画は去年の夏に撮影したものですが、今年は更にパワーアップ、何度も何度も繰り返します。スライド開閉窓は下から押しても開かないはずですが、気をつけないと少しずつずれて数センチ開いていることも。危ない危ない。
150704kimi1.jpg150719kimi2.jpg


そのほかにも、キュキュキュと壁をこすりながら、シェルター屋根からドッタンと飛び降りたりして、毎日とてもうるさいです。まあ、元気なのはいいんですけどね。

150719kimi1.jpg150719kimi4.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常 動画  / Trackback:0  / comment:0 

手作り冷房装置

150720toads1.jpg今日は雨で温度が下がってますが、梅雨が明けて一気に猛暑がやってきました。30℃を超えても元気にどだばたしていたきみちゃんも、32℃近くなるとさすがにかったるそう。

アズマヒキガエルは日本のカエルですからある程度の暑さ寒さには耐えられます。とは言え、逃げ場のないプラケースの中ですから、できるだけ20〜30℃の範囲内に収めておきたいところです。

最近の夏の暑さではエアコン必須ですよね。ただ、今の時期ってまだあんまりムシムシしてなくて、窓を開ければいい風が入ってくることも。閉め切ってエアコン点けっぱなしにするよりも、自然の風を通した方が快適だったりします。

でも風が涼しいのはあくまでも体感温度。プラケに風を当てても周囲の気温と同じ温度になるだけです。人が涼しいからと油断していたら、カエルたちには危険な状態になってしまうかもしれません。

そこで、最近話題の100均のクーラーボックスと保冷剤で作る簡易冷却装置を試してみました。先週くらいからTwitterで広まっていますが、多分オリジナルはこちらのブログだと思います。
>>対牛猫用非電動冷却装置 : うしねこ日記

150720cooler2.jpg作り方は簡単、発泡スチロールの保冷ボックスの蓋と側面に穴を開けて、中に保冷剤を詰め込むだけ。側面の穴から冷気が噴き出してきます。オリジナルは丸い穴でしたが、箱が小さくて高さがないのでスリット状にしてみました。

犬猫なら吹き出し口からの冷気に直接当たることができますが、カエルの場合はプラケ越し。横から冷やすのは効率がよくありません。この装置は蓋の上に載せることに。

150721cooler1.jpg最初のうちは勢いよく冷風が吹き出ます。斜めに遮って冷気を下側に流し込むと、プラケ内は周囲に比べて3-4℃も下がりました。でも、中身が溶けかかってくると急に勢いが弱まります。手をかざせばまだまだ冷たいけれど、プラケの中まで冷気が届かず、だんだん温度が上がってきました。

結露で溜まった水を捨てて保冷剤を入れ替えれば復活するものの、保冷剤の数にも限りが。溶けた保冷剤を冷凍庫に戻して再凍結させても、1-2時間では芯まで冷えません。最初に比べて冷気の勢いも弱いし、すぐにまた溶けてしまいます。

150720cooler1.jpgそこで、箱を倒して冷気の出口を下に向けてみました。こうすると冷気が直接下に降りていくので、溶けかかった保冷剤でも結構冷えます。冷たい水滴がぽたぽた垂れますが、カエルなら多少濡れても大丈夫なはず……って、これだと保冷剤直置きとあまり変わりないかも。

エアコン代わりに丸一日使うのではなく、短時間・補助的な利用がオススメ。エアコン使用をちょっぴり抑えるのには充分役立ちそうです。

※8/7 追記

最近ちょっと冷えが悪いです。何度も使って箱にヒビが入ったせいかも。

最初に下向きにして、プラケ内の温度をある程度下げてからキープさせるようにしています。ずっと下向きだと冷えすぎるので起こして、冷えが悪くなったらまた下に向けて。時々保冷剤を入れ替えながらそれを繰り返します。面倒なときはさっさとエアコン使用しちゃいます。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 ノウハウ  / Trackback:0  / comment:3 

おなかが張ります

おなかが膨らんだヒキガエル150627pyon2.jpg
150627gas1.jpg6月半ば過ぎから、妙にぴょんちゃんのおなかが膨らんで気になっていました。ガスが溜まって苦しそうにもぞもぞ。塩浴中にぷぷぷぷぷ…と大量のおならが出ると、いったんは落ち着くのですがどうもすっきりしません。

もともと、練り餌はコオロギなどの生き餌に比べてガスが溜まりやすいようですから、餌の量を減らしたり、外で運動させたりして様子を見ていました。


動画の中でかすかに聞こえる「トッ…トッ…トッ…」と何かを叩くような音は、ぴょんちゃんが喉を鳴らして(?)います。体調が悪いとき、よくこういう音を出すようです。もっと調子が悪くなると、「ぷぅ…んっ…」と壊れた玩具のラッパのような甲高い悲鳴になりますね。

その後、7月に入ると状態が悪化してきました。嘔吐はしないもののげっぷしたり、鼻水やよだれで顔がぐしゃぐしゃになっていたり……。便の回数は増えたのにおなかの張りがひどくなりました。おなかが痛いらしく掻きむしって鳴くようになってしまいました。

150707pyon1.jpg150707pyon2.jpg
1月頃の胃腸炎が再発したようです。慌てて動物病院に連絡して胃薬を送ってもらいました。薬を飲み始めて約一週間、一時は下痢気味だったのが、今朝は固めの便が出ました。少しは薬が効いているのだろうと思います。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 鳴き声 動画 病気  / Trackback:0  / comment:2 

お先に!

150626toads2.jpgぴょんちゃんのお薬の時間です。シェルターを外してぴょんちゃんを外に出そうとしたら……。

「ごはんでしょ?」
いえ、あなたじゃないんですが〜。

「早くしてね☆」
仕方ないなぁ。ぴょんちゃんへの気遣いよりも食欲が勝ってしまうきみちゃんでした。
150626toads3.jpg150626toads5.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:0 

心配なんです

150620toads1.jpg150620toads2.jpg
150620toads3.jpgぴょんちゃんがうずくまっていると、きみちゃんがやってきて様子をうかがいます。最近は時々気分悪そうにしているから、心配なんですよね。

皮膚の状態もおなかの具合もすごく悪いというわけではないけど、何かすっきりしない日々が続いています。飼い主が触ると余計にダメージ与えちゃうし、カエルの看病って難しい。きみちゃんの見守りが効果あるといいな。
150627toads2.jpg150627toads3.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:0 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート