This Archive : 2014年07月

小さすぎ

140718kimi1.jpg家の中に虫が迷い込んできた時、カエルたちに処理をお願いすることがあります。

今回は初齢コオロギサイズの羽アリ。ヒキガエルは割と小さめの餌を好みますが、さすがにこれは小さすぎたようです。動いているのは気になるけれど結局食べてくれませんでした。

まあアリンコよりも、コオロギがいっぱいいるんでそっちを食べて欲しいです。ちょっと増やし過ぎちゃって持て余してるんですよね〜。

ぴょんちゃんはおなか壊してしまって、しばらくまた絶食の予定です。本ガマが食べたいって言うから一週間ぶりに食べさせてみたんですけど、やめておけばよかったなあ。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 病気  / Trackback:0  / comment:2 

ヒキガエルの世話まとめ(7年目&2年目の7月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録にグラフあり)
ぴょんちゃん約13.3cm 198g(7/16)。
きみちゃん約12.9cm 208g(7/16)。
エサやり
P前半は1〜2日おきコオロギ1〜2匹、他にスイミー、モンシロチョウ青虫。後半は週1回コオロギ1〜2匹。
K月初は1日おきにスイミー8〜15粒、その後は1〜2日おきコオロギ1〜6匹と青虫類(モンシロ・フタトガリ・ワタノメイガ・ルリタテハ幼虫)数匹。他にミミズ、コメツキムシなど。
飼育ケース
先月と同じ。
シェルター
P大小シェルターどちらかにこもって動かない。
K後半は上を歩き回りプラケ窓にジャンプ。
お風呂
P自分で入らない日は掃除のついでに強制的に水に入れる。
K後半は慌ただしく出入りを繰り返し水をこぼす。
脱皮
P5〜6日に1回。皮残り多め。
K週1回程度、残りなし。
フン
P7/5水中ガス多め小、7/9床軟便、7/15床下痢、7/20床軟便、7/24床軟便、7/28床下痢、7/29床下痢少量。
K7/9タオルの中軟便、7/19水中、7/27屋根軟便大量。
掃除
下痢や軟便で汚すことが多く、ほぼ毎日タオル交換とシェルターを洗って天日干し。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、棚にアルミ保温シート。暑い日はエアコン28-29℃。ケース内27-34℃。
ぴょんちゃん、月半ばからおなかゆるめで痛そうにしています。ちょくちょくよだれ・鼻水も出ます。
普段はシェルターに引っ込み、週1回程度出てきてコオロギに飛びつきます。食べると下痢気味に。

きみちゃん、前半は食欲旺盛で何でもパクパク。
後半は脱走しようと大暴れ。食欲は落ち着いてきました。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ : 両生類
ジャンル : ペット

UserTag:まとめ  / Trackback:0  / comment:0 

だるだる

ぴょんちゃん、どうもすっきりしません。ちょくちょくヨダレを垂らしていたり、喉をたるませてぼーっとしたり。だるそうで気分悪そうです。

フンの前は多少おなかが痛そうな素振りもしますが、それ以外は大人しくしています。食欲はそこそこあって、コオロギや青虫など時々食べてます。便が多少緩めなので、食べる量は控えめにしています。

140708pyon1.jpg140716toads1.jpg
140719pyon1.jpg140721pyon1.jpg
140724toads1.jpg最近暑いし夏バテでしょうかねえ。きみちゃんも一緒になって寝てる日もありますね。

エアコン点けて少し涼しくして様子を見ています。元気になってくれるといいな。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:2 

休ませて

140708toads1.jpg140708toads2.jpg
140715toads1.jpgぴょんちゃんの上で脱皮するきみちゃん。わざわざ狭いところで二段にならなくてもいいのに。

最近ぴょんちゃんが出てこないと思ったら、どうもまたおなかの具合がよくないようです。時々足で掻いたり手でさすったり。餌への反応はあるので、それほどひどい状態ではないと思います。

まあ、しばらく休んでください。と言いたいのだけど、踏まれてたらおちおち休めないよね。

きみちゃん、もう少し病カエルをいたわってあげてね〜。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:0 

薄翅蜉蝣

140714usuba1.jpg裏のブロック塀に細長い虫が止まっているのを発見。最初はイトトンボ?と思いましたが、トンボと違って羽が大きくて触角が長めで目が小さいです。

クサカゲロウに似ているなあと思って、調べてみたらやっぱりウスバカゲロウ。蟻地獄の親です。

全然動かないので捕まえてカエルの餌にしようかとも考えたのですが、腹の足しにもならなそうなのでそのまま放置。本来のカゲロウとは違って、肉食で噛む虫だそうですしね。

ウスバカゲロウと言えば、思い出すのはどくとるマンボウ昆虫記。『薄馬鹿下郎』という呼び名はひどいよねー。(笑)
テーマ : 庭の昆虫
ジャンル : 趣味・実用

Trackback:0  / comment:0 

とげとげ2

今年2回目のルリタテハ幼虫が発生。トゲトゲの芋虫毛虫です。今度こそカエルたち食べてくれるかな?

ぽとりと目の前に落としたら、きみちゃんがじーっと見てぱくり。トゲが喉に引っかかるのか、しばらくもごもごしましたが大丈夫だったようです。2匹目以降は写真を撮る間もなくぺろり。

全部きみちゃんが食べちゃったので、ぴょんちゃんの反応はわかりません。でもまあ、餌のバリエーションがひとつ増えたということですね。

140705kimi1.jpg140705kimi2.jpg
140705kimi3.jpg140705kimi4.jpg
テーマ : 両生類
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:0 

ヒキガエルとウシガエルの比較

カエルの話をしていると、ヒキガエルとウシガエルが同じものだと思っている方が多くて驚きます。外来種のオオヒキガエルと在来種のヒキガエルを混同する方もいるようで気になります。

これらの違いが一覧比較できるサイトなどを探していましたが、いいのが見つからないので自分で作ることに。ちょうど図書館から詳しい図鑑を借りたところなので表にまとめてみました。


アズマヒキガエル
ニホンヒキガエル
オオヒキガエルウシガエル
別名ガマガエルケイントード食用ガエル
学名Bufo japonicusBufo marinusRana catesbeiana
原産地日本中南米北米
国内分布北海道〜九州(沖縄を除く)小笠原諸島、石垣島など日本全国
生息環境地上棲。林、畑、公園など地上棲。サトウキビ畑など半水棲。草の茂った広い水辺
大きさ4〜18cm(地域による)
在来種では最大
9〜16cm
海外では巨大な記録も
11〜18cm、時に20cm超
国内最大のカエル
色・柄黄、赤、茶、黒褐色など変異大。多くは脇に帯状の模様茶褐色。♂は喉が黒い
♀の背には黒っぽい模様
緑色または灰褐色に茶の斑点。腹部に黒いまだら模様
皮膚乾燥した肌に大小のイボ乾燥した肌に大小のイボ
♀は背に2列大きなイボ
湿り気があり、鮫肌状
横幅が広い
耳腺は細長い
目の周りにゴツい骨質隆起
耳腺は巨大で菱形
鼻先突き出る、口が大きい
♂の鼓膜は巨大
ないない上あごに細かい歯
強い、滲み出る程度強い、分泌量が多く被害大
1m近く飛ばすことも
ない
食性昆虫、ミミズ、サワガニなど地上で動く小さな生き物昆虫からネズミやヘビまで、地上性の小型動物。匂いに反応して動かない餌も食べる口に入る動物ならほぼ全て
国内のカエルで唯一、水中の獲物も捕食できる
後ろ足短い、小さな水かき比較的短い、小さな水かき太く長い、発達した水かき
ジャンプ力弱い、跳ねるより歩く弱い、ぴょこぴょこ跳ねる強力、小鳥も捕らえる程
泳ぎ繁殖期以外は水に入らないニホンヒキよりはマシ?得意。常に水辺で過ごす
鳴嚢なし喉にある喉にある
鳴き声クックックッ…と小さな声ボボボボボ…
ドラムを叩くように響く
ウオー・ウオー
牛に似た太い不気味な大声
冬眠土や落ち葉の中高温地域なので冬眠しない泥や水中、時々起きて活動
繁殖期早春の一週間程度一年中5~9月の長期にわたる
紐状、1500〜14000個紐状、8000〜17000個以上水面に広がる大きな塊、6000〜40000個
オタマジャクシ3〜4cm、全身真っ黒2.4cm、体は黒く尾が透明
塩水混じりでも生育可能
12〜15cm、緑〜灰褐色に白黒の細かい斑点。幼生越冬
変態直後0.6〜1cm0.6〜1.2cm4〜6cm
法的扱い特になし特定外来生物、飼育・生きたままの運搬など禁止特定外来生物、飼育・生きたままの運搬など禁止

アズマヒキはニホンヒキの亜種なので合わせて記載しています。両者の違いについてはまた別の機会に。

アズマヒキガエル
140630toads2.jpg140708kimi1-2.jpg
うちの子たちのお食事動画はこちら。
>>ヒキガエル捕食シーン - YouTube

オオヒキガエル
Marine_toad_Bufo_marinus_USGS_Photographsized.jpgcane-toad-162752_800.jpg
cane-toad-274591_800.jpgBufo_marinus_1.jpg
2010年の東京国際映画祭で「そのカエル、最凶につき」というオーストラリアのオオヒキガエルを主役にしたドキュメンタリー映画が上映されました。映画の公式サイト(英語)にはトレーラー動画やギャラリー、オオヒキガエル情報などもあってなかなか面白いですよ。
>>Cane Toads: The Conquest ※サイト閉鎖されました。>>動画・写真はFBページへ


ウシガエル
768px-Lithobates_catesbeianus_Desoto1.jpgfrog-50404_800.jpg
Bullfrog_-_Rana_catesbeiana_800-3.jpgBullfrtadpole.jpg
ウシガエルの凄さはこちらの動画を見るとよく分かります。
>>National Geographic ウシガエルのお食事 - YouTube

主な参考資料
  1. 前田・松井 (1989) 日本カエル図鑑. 文一総合出版
    ※大きさ・蔵卵数は本書の数値を採用。一部は端数を四捨五入
  2. 国立環境研究所 侵入生物データベース
  3. 環境省 外来生物法
  4. 北海道ブルーリスト
  5. 大阪府立環境農林水産総合研究所 大阪府の外来生物
  6. 那覇自然環境事務所 オオヒキガエルとシロアゴガエルについて
  7. ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト

オオヒキガエルおよびウシガエルの画像は、パブリックドメイン、CC0のものを使用しています。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:雑学  / Trackback:0  / comment:2 

ぺちぺち

140703kimi1.jpg140703kimi2.jpg
140703kimi3.jpgピンセットで餌やり。でも最初に狙うのは飼い主の手です。てちっ!

痛くはないけれど、べたつく舌の感触が……。ヒキガエルが歯のないカエルでよかった〜。

ようやく餌に気付くと次々にぺちぺち。これまではスイミー7〜8粒で満腹、次第に舌が伸びなくなってきましたが、先日試してみたら、20粒食べても勢いが衰えません。さすがに食べ過ぎなのでそこでストップ。おなか壊さないでね。


テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常   / Trackback:0  / comment:0 

ぷぷぷ

2日前に脱皮を済ませたぴょんちゃん。ずっと寝ていたのが起きてきたのでコオロギあげました。食欲はありそうなんだけどちょっと動きが鈍い。どうしたのかな。

2匹目のコオロギには舌をのばしたものの失敗。そのまま諦めて、のたのたとお風呂の方へ。

お風呂の中でしばらくもぞもぞしていたと思ったら、おなかがふにゅっと動いて、お尻から泡がぷくぷくぷく……。おならですね。

ぷくぷくぷくぷくぷく……。
ずいぶん長いなあ。最近スイミーもちょこちょこ食べるので、ガスが溜まりやすかったのかしら。おなかが張って動きづらかったんでしょうね。カエルのおなら、こんなにじっくり見るのも珍しいかも。

終わったかな、と思ったらまたおなかに力を入れて、今度はもっと細かい泡がぷぷぷぷぷ……。5分以上出し続けて、最後に小さなフンの塊が出てようやくおしまい。

140705pyon1.jpg140705pyon2.jpg
お水替えるからね、とタオルの上にぴょんちゃんを載せると、体を起こしてまたおなかをふにゅふにゅっ。今度はおしっこですか〜。

フルコースで全部出て、大分おなかがすっきりしました。時間は掛かりましたが、鳴いたり苦しそうな様子はなく、特に調子は悪くないようですね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄   / Trackback:0  / comment:2 

瞬間移動

140701toads1.jpg140701kimi1.jpg
きみちゃんがこっちを見ていたので写真を1枚。次の瞬間……。「うわっ!」

向こうにいたはずのきみちゃんが目の前に来ているじゃないですか。びっくりして叫んじゃった。カメラを取り落としそうになりましたよ〜。のんびり屋のヒキガエルらしからぬ動きです。

最近、動くものへの反応がスゴイです。カメラはもちろん、カーテンが揺れても、人が歩いていても、ばっとそちらを向きます。カエルケースの側で身動きするたびに、きみちゃんの視線を感じて、飼い主はびくびくしてしまいます。

おねだりではなくて、明らかに獲物を狙う目付きなんですもの。肉食動物怖いよー。((((;゚Д゚)))
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:2 

大増量

140610pyon1.jpg140623toads1.jpg
140623kimi1.jpg6月はガンガン食べて、ふたりとも大分むっちりしてきましたね。ガマガマしい体型です。

月末の体重測定前に大量に出てしまったので、大して増えていないのかもと思っていましたが……。

きみちゃん、何と240g!
つい半月前の測定時の4割増しですよ〜。

むちむちヒキガエルは可愛いけれど、こんなに急増したら体に悪そうですね。飼い主も食われそうな勢いで睨まれるものでついつい餌を追加してました。少しセーブしなくては。
140626kimi1.jpg140626kimi2.jpg
140630kimi1.jpg140630toads1.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 成長  / Trackback:0  / comment:0 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート