This Archive : 2013年09月

ヒキガエルの世話まとめ(6年目&1年目の9月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録3にグラフあり)
ぴょんちゃん約13.5cm 221g(9/16)、約13.5cm 213g(9/28)。
きみちゃん5.1cm 11g(9/16)、6.3cm 25g(9/30)。
エサやり
P前半は1〜2日おき、コオロギL1〜2匹、スイミー数粒。
月半ばにミミズ1匹、月末にコオロギMを強制給餌。
KコオロギMを4〜8匹/日。他にメイガ幼虫、フタトガリ幼虫、ウリハムシ、ワラジムシなど。
飼育ケース
P先月と同じ。
KプラケースLサイズに変更。石と水苔は撤去。床はガラス保温シートを敷く。
シェルター
P紙箱に変更。
Kコンビニデザートの入れ物に変更。
お風呂
P気分が悪い時は入らない。
K背筋を伸ばして座って外を見ていることが多い。
脱皮
P5〜8日に1回程度。前半は問題なし。後半は全体に張り付いて残りが多い。
K9/17に一回確認。
フン
P前半2回、後半5回。軟便と固形を交互に。月末はタオルの上で水状の下痢。
K2〜4日おき、水中で気付くとドロドロになっていることが多い。
掃除
P水入れに脱皮殻が浮くので入る度に洗う。タオルは数日おきに水洗い。
K水入れ・シェルターは毎日水洗い。数日おきにシートを貼ったままプラケを丸洗い。
置き場所・温度管理
P居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート。窓を開け、カーテンで遮光。ケース内23-35℃。
K洗面所、金魚水槽の上。ケース周辺22-32℃。
ぴょんちゃん前半は食事控えめで調子よく過ごしていましたが、後半は下痢が続きおなかが痛そうです。一度、透明の液体を吐きました。
鳴いておなかを掻く様子は去年までの病気と一緒だったので、動物病院に連絡して薬をいただきましたが、今回は消化器系の問題のようです。
食欲がなく、10日以上食べなかったため強制給餌をしてみたら、症状を悪化させてしまいました。
安静にして様子を見ています。

きみちゃんよく食べておなかがまん丸です。
いろんな虫を食べるようになりましたが、ミミズはうまく食べられません。
おしっこの量が増えて臭うので、水苔は止めて、掃除をまめにするようにしています。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ : 両生類
ジャンル : ペット

UserTag:まとめ  / Trackback:0  / comment:0 

カエルのおうち・きみちゃんNewバージョン

プラケ大サイズを使用今のところ余裕です
体半分出てますきみちゃんぐんぐん大きくなってます。大分きつくなったので、先日おうちをバージョンアップ。

ぴょんちゃん達の時は2匹でしたから、夏にはもうこのプラケを使っていました。当時はいろいろ入れてましたが、きみちゃんのおうちはスカスカです。

お風呂はゆったり広くなりました。プラスチック箱のシェルターは引き続き入れましたが、もう完全にはみ出していて、ほとんど役に立ちません。

覗かないで!もう一つ別の箱も入れました。こちらはぴょんちゃん達も使っていたもの。奥行きがあってちょうどいいサイズです。

屋根の下、植物の陰など、日によってお気に入りの場所は違うようです。何にもない部屋のど真ん中に堂々と陣取っていることも。

もう怖がりじゃなくなったのかな、と思って見ていると、いきなりカエルジャンプで逃げようとしたり、目を逸らしてうつむいたり。まだまだ慣れきってはいないようです。
ちょっとこれを動かしてこの隅っこがいい感じ

ワイドビューBLACK(大)(380×230×250mm) プラケース 飼育容器 昆虫 カブトムシ クワガタ 関東当日便

←同じタイプの色違い。ちょうどこのサイズです。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 成長  / Trackback:0  / comment:2 

気分悪い

ぴょんちゃんの調子、よくありません。

先週は鳴いておなかを掻きむしる症状が続きました。ただ、去年のように一日中ということはなく、長くても半日でいったん落ち着いていました。

週末にはじっと動かなくなり、週明けには脱皮。一見きれいに剥けたように見えていましたが、実際はほとんど皮が取れないまま薄く張り付いていたようです、水に入るとふわふわと浮いてきます。

脱皮の後も食欲がなく一日中寝ていました。

火曜日、おなかを掻いた後に鳴きながら下痢をしました。便が出ておなかが落ち着いたかな、と思ったのですがそれからしばらくすると、急にけぷけぷとしゃっくりのような動きをして、透明の唾液?をこぼすように吐きました。

おえっぐったり

ちょうどこの時、シェルターを紙箱から100均で買った木箱に変えてみていました。何度か洗って乾かしていたものの、木の匂いは多少残っています。吐き気とは関係ないかもしれませんが、心配なのでまたその後は紙箱に戻しました。

吐いたのは1回だけですが、その後も軟便が2回出ました。食欲は全くなく、コオロギの動きはちらっと見るだけ、ピンセットを近づけると嫌そうに顔を背けます。

先週ミミズを食べてから、もう10日も経っています。こんなに長い間何も食べないで過ごすことは、これまでありませんでした。カエルってどのくらい餌なしで平気なんでしょう? おなかが緩いので無理に食べない方がいいのでしょうけど……。特に痩せたようには見えませんが、体重は10g減りました。

固めの皮ですそうこうしているうちに、がたがたと音がして今週二回目の脱皮。今回も皮が大分残っています。ただ、前回と違って割としっかりした皮で、水中で引っ張るとするすると剥けました。

脱皮の後は、またおなかを掻くようになってしまいました。水に入っている間は落ち着いていますが、出るとダメみたいです。

先週はステロイドを1回しか使いませんでしたが、辛そうなので再開することに。少しは効いてくれるといいのですが。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 排泄 飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:2 

食べ方がわからない

何コレ?すごくおいしそうてちっ、てちっ、何でダメなの?
先日、きみちゃんに小振りのミミズを与えてみました。興味津々で追いかけていくと、早速「てちっ!」……あれれ、当たったはずなのに食べられないよ〜。

水苔に潜っていくミミズに何度も舌でアタックしますが、どうすることもできません。こういう大物は直接飛びついてぱくっと食いつかないとダメなんですよ。

食べたいなあでもどうすればいいの?
ミミズが隠れないように水苔と石を取り除いてみました。見やすくなったけれどやっぱり手が出せないきみちゃん。とってもとっても気になるのに食べ方がわかりません。

ぴょんちゃんやぼんちゃんはこの時期、普通にミミズ食べてたはずなんですけどねえ。どうやってやり方教えればいいんでしょうね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:3 

ガマガマしい

小さなシンクイムシ発見そーっと近づいて
食べたよ!覗き込むと相変わらずびくっとしますが、最近はやたらと隠れようとはしません。堂々と屋根の上に座っていたり、床で伏せていたり。虫を見て遠くからじりじりとにじり寄る姿はもう立派なヒキガエル。

ちょっと無理かな、と思うサイズのコオロギも怖がらずにどんどん飲み込むようになりました。

よく食べて、日に日に大きくなっていくおなかは実にガマガマしい!
9/16 立派なガマ体型ですね9/22 更に一回り大きく、更に偉そうです
先日は久し振りに脱皮する姿も見られました。小さなカエルは新陳代謝が激しそうにも思いますが、どの程度の頻度で行っているのでしょうね。脱皮自体は珍しくも何ともないはずなのに、きみちゃんのはすぐに終わってしまうせいか、滅多に観察できません。こうやってガマらしく脱いでいるところを見ると何だか嬉しくなっちゃいます。

じっと手を見るぐい〜ん
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 脱皮  / Trackback:0  / comment:3 

シェルター変更

17日午後から辛そうな状態のぴょんちゃん。ただ一日中ずっと泣き叫んでいるわけではありません。19日は塩水浴で多少気が紛れたようで、夕方からは壁にもたれてずっと静かに寝ていました。

壁に寄りかかって休憩夜中には熟睡
涙目になって苦しそう昨日今日は朝目を覚ましてから昼過ぎまではダメですが、症状の激しさは若干治まった様子。午後からは大人しくしているのでほっとします。

昨日、クール便で動物病院からの薬が届きました。でも食欲がないのか飲み薬が飲めていません。食欲増進を期待して、ステロイドの滴下薬を使ってみます。

昨年はステロイドの効果がほとんど見られず、皮膚の副作用が強く出てしまいましたから、今年は症状を抑えられなくても短期間の使用に留めるつもりです。

シンプルな白い箱です病気との関連はわかりませんが、少し環境を変えてみようかと思いました。最近ウレタンマットのシェルターがぼろぼろになってきたところ。カケラが口に入ると困るので取り外すことに。

試しに代わりにボール紙の空き箱を入れてみました。急な変化にびっくりするかと思っていたら、意外にも全然平気。当たり前のように登り、中に入っていきました。
ここが苦しいの顔は見えるので安心
気に入ってくれたのはいいのですが、紙の箱なので長持はしません。粗相して汚れてしまったら終わりですね。これはとりあえずの間に合わせ。濡れても大丈夫な材質の別の箱を探してみようと思います。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:0 

持病再発

きれいに脱皮しました夏バテでしばらく不調だったぴょんちゃん。8月末からはおなかの調子もよくなり、ほっと一息。脱皮もきれいに済ませているようで、夜中にふと見たら色白になっていました。

台風の翌日、さわやかな秋晴れです。昼頃、庭に出たらミミズがたくさん捕れました。早速何匹かぴょんちゃんに与えると、目で追うもののなかなか食べません。脱皮の後でちょっと疲れているのかしら。

一番大きいミミズがぴょんちゃんのおなかの下に潜り込むと、気持ちが悪いのかおなかを掻き掻き。でも、ちゃんと食べることができました。

ミミズをぱくりここまではよかったのですが…
一匹食べたら満腹になったのか、他のミミズは無視するので庭に逃がしました。もっと食べればいいのに、と思いながらぴょんちゃんを眺めていると……。

急に「ひっ、ひっ」と鳴き出して、またおなかを掻き始めました。それがだんだんと激しくなり、鳴き方も「ひいっ!」と叫ぶような悲鳴に変わってきました。

ミミズを食べたせい? でも食べる前も掻いていたよね。これは……2年前からの病気が再発してしまったようです。2011年の11月から翌年3月頃、2012年8月末から11月半ばまで、おなかの奥が苦しそうに掻きむしったり床に押しつけたりという症状がありました。はっきりとはわかりませんが、秋になると何かのバランスが崩れてしまうのでしょう。

うろうろ落ち着きませんその後も夕方まで激しく掻き続けました。夜はしばらくじっとうずくまっていましたが、遅くなると立ち上がったり屋根に登ったりと落ち着かず、また鳴きながら掻くように。

辛そうです
今朝は落ち着いていましたが、午後になってまた症状が出てきました。動物病院の先生にはメールでお薬を送ってくださるようお願いしました。

カエルの病気に飼い主が出来ることと言えば、金魚と同様に0.5%食塩浴くらい。脱水が心配なのでちょっとの間ですが、塩浴中は場所が変わって気が紛れるのか大人しくしていました。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:鳴き声 病気  / Trackback:0  / comment:0 

4〜5ヶ月目の変化

130731kimi_size12.jpg7/31
130815kimi_size1.jpg8/15
130831kimi_size1.jpg8/31
130916kimi_size1.jpg9/16
8月からは月2回の測定。排便前後でおなかの大きさはかなり変化します。特に最近は出る量が増えたので……。

8月半ばまではコオロギとモンシロ青虫をたっぷり食べて、順調に成長。その後は、きみちゃんにちょうどいいサイズのコオロギが少なく、成長が鈍り気味。でもまあ、どっしりガマ体型なので安心でした。

エサが足りないかとワラジムシを追加。食べるところは確認していませんが、数が減っているから少しは食べたのかな。

8月末にはコオロギが1.2cm程度に成長して、ようやく餌不足解消。更に、プランターのブロッコリーにはシンクイムシ(ハイマダラノメイガの幼虫)が発生。1cmちょっとの小さな芋虫で、ちょうどいいおやつでした。

9月に入って体が大きくなったきみちゃんは、いろんな虫を怖がらずに食べられるようになりました。庭でたくさん捕れるウリハムシやフタトガリコヤガの幼虫など、どうせならコオロギ不足の時に食べて欲しかったんですけどね〜。

9月半ばには、1.5cm超のコオロギを続けて4,5匹飲み込むようになりました。体長は5cmを超え、体重も10gの大台を超えました。見た目の割に軽いような気もしますが。

大分ヒキガエルらしい貫禄が出てきましたね。ぴょんちゃん達はちょうどこの時期に急成長しましたので、今後の変化が楽しみです。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:成長  まとめ  / Trackback:0  / comment:2 

ようやくここまで

怖がりきみちゃん、ピンセットを近づけるとうつむいて目を逸らします。でもちょうど今はコオロギ不足で空腹気味。つまんだコオロギが暴れるのを見て、「あれ?餌かな?」と顔を上げるようになりました。

びくびくっん?これおいしいもの?
じたばた動くコオロギを首をかしげて見つめます。じぃっ——。

左からじーっ右からじーっ
あと一息、というところで「やっぱ怖い〜」と後ずさって行きました。(^_^;)

やっぱダメ、逃げろ〜ほとんど逆立ち
この日は結局食べてくれませんでしたが、その翌日には舌を伸ばしてぱくり!
やったあ!ヽ(*´∀`)ノ

その後、一日一回くらいはピンセットから生きたコオロギを食べてくれるようになりました。でも、まだコオロギの動きに反応しているだけで、『ピンセット=餌』という認識はないようです。

やっとここまで来ましたが、もう少し頑張らないと。生き餌を追いかけるカエルを見るのが好きなので、毎回ピンセット給餌にするつもりはないのですが、いざというときのために慣れさせておかないとね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:6 

モンシロチョウ羽化

カエルケースから逃げ出したモンシロチョウ、先日無事に羽化しました。

バケツに付いた蛹を発見したのが8/15、多分蛹になったのはその前日です。日に日に蝶の姿に変化していき、8/20の昼間には黄色かった羽が、夜には白地に黒紋付きに。その晩11時半頃に羽化しました。

130816monshiro1.jpg130819monshiro1.jpg
130820monshiro1.jpg130820monshiro2.jpg
130820monshiro3.jpg130820monshiro4.jpg
130820monshiro5.jpg130820monshiro6.jpg
130820monshiro7.jpg130820monshiro8.jpg
蛹から出て5分ほどで羽が伸びてきれいなチョウチョに。室内で夜中に飛び回られると困るので小さなプラケースに移し、翌朝外に放しました。

今回20匹ほどいた青虫は、半分をカエルの餌に、残りはそのままブロッコリーの葉の上に残しておきましたが、多分スズメの仕業で全滅しました。蝶になれたのはこの1匹だけです。

終齢幼虫になってすぐにカエルケースに入れたので、最後はほとんど餌がなく、小さなままで蛹になってしまいました。モンシロチョウとしてはちょっと小振り、でも元気に飛んでいってほっとしました。
テーマ : 庭の昆虫
ジャンル : 趣味・実用

Trackback:0  / comment:0 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート