This Archive : 2013年03月

ヒキガエルの世話まとめ(5年目の3月)

カエルのサイズ(月初めに測定・ヒキガエル成長記録2にグラフあり)
約13cm、212g。
エサやり
毎日〜2日おき。コオロギ1〜3匹、スイミー1〜2粒。たまにワラジムシ。
飼育ケース
先月に向きを変えたままの状態。
シェルター
手前に入口を向けて中が見える状態。大体いつも中に入っている。
お風呂
ほぼ毎日数時間ずつ。
脱皮
週1回程度? ほとんどが気付かないうちに済ませている。
フン
月に1回、水中、そこそこの量。
掃除
タオルは数日おきに水洗い。しばらく外したままにする時も。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に保温シートとアルミシートはそのまま。日が当たる時は少し窓を開ける。夜間も何も被せない。ピタリ適温で加温、サーモスタットで21℃設定。ケース内15-30℃。
時々寒い日もあるものの、ずいぶんと暖かい3月でした。
大分食欲が増し、スイミーも食べるようになりました。
先月と違ってシェルターを自分で動かすこともなく、落ち着いて過ごしています。
飼い主が忙しいのでほぼ放置状態です。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ : 両生類
ジャンル : ペット

UserTag:まとめ  / Trackback:0  / comment:0 

たるんでる!

あちこち垂れ下がってますふと見たら、ぴょんちゃんがたるんでたんです。精神的に、じゃなくて皮膚が。

おなか空いてたんだよね〜。でもたるむのはおなかの皮だけじゃないんですね。全身たるたる。

筋肉はしっかり付いているのに柔らかい。カエルの体って不思議です。

押しつけた腕が変形ここ一週間、飼い主は異常な忙しさで連日徹夜。手が掛かる動物や幼児がいたら絶対無理な生活でした。

いろいろ不満はあったでしょうが、カエルも人間の子もほったらかしで済み、本当に助かりました。

今日はご飯あげるからね!

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:0 

ぐるぐる

2枚目、ぐるっと回って1枚目、ここからスタート。これで2周目です
3枚目、正面向きました
4枚目、さらに回って
すご〜くおなかが空いたぴょんちゃん。一番大きなコオロギを選んであげたら、ぱくりと一呑み。

ところがその後、何度かしゃっくりのような音を立ててお口をぱくぱく。どっか引っかかっちゃった?

と思っていたら、その場をゆっくり回り始めました。ぐるぐるぐる……。

3周ほど回ったらおなかが落ち着いたみたい。さらにおねだりされたのでコオロギを2匹追加。私が外出している間に2匹とも食べたようです。

カエルは満腹感が分からないので、どんどん餌を与えると死んでしまうと聞いたことがあります。でもぴょんちゃんは、おなか一杯の時は舌が伸びず、反射的に食べようとしてもほぼ失敗します。無茶食いはしない子なので、好きなだけ食べさせてます。

5枚目、逆向きに6枚目、この後さらに後ろ向きになります
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:0 

アカガエルのオタマジャクシ

水がなくなり泥だらけに残ったわずかな水の中にオタマがぎっしり
130321akagaeru-ta2-1.jpg5日振りに里山へ行ってみると、最初にアカガエル卵塊を見つけた池が大変なことに!
水がほとんど干上がって、残った水たまりにオタマたちがひしめき合っていました。

ここは湿地帯の窪みに水が貯まっただけなので、雨が降らないと簡単に水がなくなってしまうようです。日曜は雨の予報ですがそれまで持ってくれるでしょうか……。

130321akagaeru-ta2-2.jpg幸いアカガエルたちは他の場所でも繁殖しています。陽当たりの良い田んぼの水路ではオタマが大分大きく育っていましたし、新しく産まれた卵もありました。あちこちで生き残って、無事にカエルになってくれることを祈ります。
3/2 水路に沈んだ卵塊こちらは池と同じ日に水路で見つけた卵塊です。明るい場所で観察しやすく、卵が胚になりだんだん姿を変えて成長する様子がよく見えました。

水面に近い卵にはアメンボが何匹もたかっていました。動けないうちはこうやって他の生き物の餌になってしまうのですね。
13/6 卵が水面に浮いてきました3/9 尻尾が伸び始めました
3/10 大分尻尾が伸びて盛んに動いていました3/11 胚が孵化して卵の外へ
3/16 卵塊から離れて固まっています3/21 バラバラに泳ぎ回っています

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:0 

春うらら

何かちょうだい暖かくなりました。よそのカエルさんたちが次々と冬眠から目覚めてきているようですね。そろそろまたカエル池の様子を見に行きたいなあ。オタマジャクシ泳いでいるかしら。

野生のヒキガエルはそろそろ繁殖行動を終えて春眠に突入しているかもしれませんが、ぴょんちゃんは元気いっぱい。冬の間とは餌への反応がまるで違います。たくさん食べて今年はもっと大きくなってね。
満腹でご機嫌あくびが出ちゃう
何だか頭が重いなー目の前のコオロギは食べたけど、まだ背中に残ってますよ
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:0 

巨大ミミズの恐怖

先日、里山の帰りにでっかいミミズに遭遇。里山の中は動植物の採取が禁じられていますが、ちょうど外に出たところなので問題なし。ぴょんちゃんへのお土産として持ち帰りました。

何これうわっ
このミミズ、長さはぴょんちゃんの体長を優に超え、太さは以前にうちの前で拾った極太ミミズより更にぶっといんです。さすがにでかすぎ?

暖かくなって食欲旺盛、スイミーもコオロギもぱくぱく食べているぴょんちゃんなら、ちょっとくらい大きくても大丈夫かな、と思ったのですが……。

カエルのくせにミミズが怖いんですか。これヘビじゃないですよ〜。

こういうのやめようよ先端がドリルのようで怖い
屋根の上に避難中
どよ〜ん翌日になっても、ぴょんちゃんは困ったように何度もこちらを見て、ミミズから逃げまくります。

その後、気分悪そうにうずくまっていたので、数日そっとしておくことに。ミミズは黒土の中に入れておきました。

せっかくの大物、もったいないなあ。もしかしておなか空いたら食べるとか??
びくびく"うわ、動いた
そんなに嫌な顔しなくても数日後、ミミズを掘り出してみると何だか縮んでいます。若干太くなってますけどね。

ほらほら、このサイズならどう?と、見せてもやっぱりダメでした。しつこく勧めちゃってすみません。

結局ミミズは庭に逃がしてやることにしました。ぴょんちゃんには代わりにコオロギをあげるからね。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:2 

カエル池のヒキガエルたち2

つかまり立ちするヒキガエルガマ合戦は夜じゃないと観察できないかな、と思っていましたが、Twitterで「産卵が始まれば昼間でもOK」と教えていただいたので、三日間連続で行ってきました。

二日目(3/10)のカエル池は賑やかでした。カエルたちの数は前日に比べて増え、何組もカップルが出来ていました。動きも活発で、ちょっとした小競り合いも見られました。

カメラを近づけても逃げる様子はなく、むしろだんだん寄ってきて顔を出します。かわいい〜♪

写真のペアはしばらく同じ場所にいました。もしかしたら産卵中? 水が濁って産むところは確認できませんでしたが、池の底にはうどんのような卵が転がっていました。

ダブルデートずっと一緒
近くに来たのでカメラを向けたらこちらを向いてくれました
泳ぐカエルたちと卵泥まみれで最初は何だかわからなかった
池の中よりも、周りからヒキガエルの鳴き声が聞こえてきます。辺りを探してみると、池の水が流れ出す小川の中にもカエルたちが。岩陰や橋の下にも何匹も隠れていました。彼らはこの後池に行くのかな?

せせらぎの中で流されそうそこは水の中じゃないけどいいの?
そして急に気温が下がった三日目(3/11)。カエル池は打って変わって静かで、もうカエルたちの姿はありません。大量の卵だけが残されていました。今年は終了でしょうか。

半分池からはみ出して、泥の上を引きずっている卵を発見。写真を撮ってから水の中に入れておきました。無事にオタマになってね。

池の底に卵がいっぱい半分白い卵が並んでいます
しばらくすると、小川の方から鳴き声が。まだ数匹がばらばらに残っていました。雌を呼んでいるのか盛んに鳴いていましたが、もう遅いんじゃないかなあ。第二弾があるといいけど。

前日は大勢折り重なるように隠れていた岩の下も1匹だけ大声で鳴いていたのはこの子
テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:5 

カエル池のヒキガエルたち

近寄ってきて顔を出しました何を見てるのかな
水深が浅いのでぎりぎり足が付くようですぽかぽか陽気が続く中、また里山の様子を見に行ってきました。これまで生き物の気配がなかったカエル池ですが、水底の泥の中をつつーっと何かが動くのが見えました。

じっと見ていると泥の塊が近づいてきて水面に浮かび上がり、ヒキガエルが姿を現しました!

野生ガマをこんなにじっくり見たのは初めてです。ちょっと潜ってまた顔を出すと、しばらくじっとしています。さすがヒキガエル、野生動物なのに写真が撮りやすくて助かります。

幸せそうなカップル辺りを見回すと、カップルを一組発見。

にぎやかなカエル合戦を期待していたのに、鳴き声も水音も全く聞こえません。

周りにいるのはあぶれた雄のようですが、誰も彼女を奪いに行こうとはしないのです。みんな静かに陸地の方を見上げています。ただ待っているだけでいいの?本格的な活動は夜になってからなのかな。
ぼんやり外を眺めるあぶれ者たちいつまでも動かないカエルたちでしたが、私が立ち上がると慌てて潜り、泥の中に消えていきました。

その後はしばらく経っても、もう出てくる様子がありません。池の周りをぐるっと歩いても、どこにカエルがいるのやら全くわかりません。もしかして、さっき姿を見られたのはとてもラッキーだったのかも。

次に来た時には卵があるといいなあ。
木の枝をかき分けて顔を出します上を向こうとしたら頭ぶつけちゃった
テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:3 

早咲き桜

ピンクの蕾がきれい五分咲きくらい?

もう5月並? 暑いくらいの陽気です。カエルも金魚たちも活発に過ごしています。でも予報では明日以降また気温が下がるようで、この不安定さが春らしいですね。

外出先で街路樹の桜がきれいに咲いていました。ソメイヨシノではなく、早咲きの品種のようです。
テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

Trackback:0  / comment:0 

振り向けば

じーっ……もしかしてそうやってブログ読んでる?
すぐ目の前に君がいます。びっくりするじゃないですか。

椅子の背もたれの向こうに何か用?
別に寂しくなんかないもんお風呂の位置が私の席のすぐ近くになったので、後ろを見ると目が合っちゃうんですよね。

以前はこんなふうにこっちを見るの、ぼんちゃんだけだったなあ。ぴょんちゃんもひとりになったらちょっぴり人恋しいのかもしれませんね。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:0 

反転

シェルターの入口をこちらに向けました向こう側に隠れてしまうぴょんちゃんの姿が見えるよう、鏡を置いたりいろいろやってみましたが、どうもうまくいきません。

結局、シェルターの向きを変えることにしました。元々の配置とは左右が反転した形になります。

余計なことするなー
「僕はあのままでよかったんだけど」
すみませんねえ、わがままな飼い主で。

今のところシェルターをずらすこともなく、普通に中に入って寝ています。私の席からよく見えて安心ですが、本ガマのストレスにならないよう気を付けようと思います。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

アカガエル卵塊

天気予報通りに暖かくなり、金曜夜には雨も降りました。各地でヒキガエルの産卵が見られたようです。

近所の里山の様子を見に行ってきました。前回の池以外にも、地図に載っていない池や田んぼがいくつもあるようなので、あちこち歩いて探し回りました。途中でぬかるみにはまってどうしようかと……。防水のガーデニングシューズ買っておいてよかった〜。

残念ながらヒキガエルの気配はありませんでしたが、山の反対側の池でアカガエルの卵発見!

昨日今日産んだばかりではなさそうです。大分発生が進んでいるもの、既に孵化したものもありました。まだ本格的なオタマジャクシの姿ではなく、底に沈んでほとんど動かずにいました。

木陰にあるカエル池よりも、こちらの方が陽当たりがよく暖かそう。ヒキガエルも来るかなあ。ここは要チェックですね。

池の縁近くに卵塊数個、発生段階がそれぞれ違う少し離れたところにも
まだ丸い卵の状態だるま胚を過ぎて尾芽胚へ
既に孵化した卵塊とオタマたちまだ泳げないのかな〜
テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:2 

逆転の発想その後

飼い主なんて無視!先日、カエルケースの向きを逆にして手前側に来たぴょんちゃん。ごはんを用意してあげたのですが、食べようとしません。その晩遅くなると、どよ〜んとした様子でその場にうずくまってしまいました。

もしかして脱皮? こんな狭いところで大丈夫??

こちらの心配をよそに、さっさと脱いで全身きれいになりました。終わった後はお疲れのご様子ですね。
脱ぎ脱ぎ近いのでよく見えます
脱皮完了〜ぐったり
そして、翌朝になってみると……。シェルターが斜めに曲がっています。そう来たか〜!

これでは横から覗くこともできません。中でぺちっと音がして、入れてあったコオロギを食べたみたいですが、見えないので確認のしようもありません。飼い主としては心配です。

完全に隠れていますこっち見んな!
その後、シェルターの向きだけはまっすぐに戻させていただきましたが、ぴょんちゃんは中に入ったままで、手前の隙間には来なくなってしまいました。脱皮中にじろじろ見られて、嫌だったのでしょうか。

う〜ん、元に戻した方がいいかも。いいアイデアだと思ったんだけどなあ。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 脱皮  / Trackback:0  / comment:2 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート