This Archive : 2012年07月

ヒキガエルの世話まとめ(5年目の7月)

カエルのサイズ(月初めに測定・ヒキガエル成長記録2にグラフあり)
B約13cm、234g。P約13cm、218g。
エサやり
ミミズ、コオロギ、スイミーなどを1〜4日おき。
他にワラジムシ、青虫、コガネ幼虫、アオドウガネなど。
飼育ケース
先月と同じ。
土容器
先月と同じ。土の代わりにタオルとウール。
シェルター
先月と同じ。
お風呂
ぼんちゃんの粘液がすぐに腐るので頻繁に水替え。
脱皮
2匹とも週1回程度。
前半は残り多め、ぴょんちゃんは皮が固く、ぼんちゃんはぬめりで滑ってうまく脱げなかった様子。
後半はぴょんちゃん問題なし、ぼんちゃんも多少残るがすぐに取れる。
フン
2匹とも月1回。水中。
掃除
寝床の中身は頻繁に水洗い。汚れがひどい時は捨てる。
寝床ケース、シェルター、ウレタンマットは時々取り出して水洗い。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓にアルミマットで日除け。窓を開けるかエアコン使用。時々上に保冷剤を載せる。ケース内26-32℃。
暑いです。飼い主が世話をさぼりがちで餌の間隔が不規則に。ミルワームはダニが湧いて捨てました。パックマンフードは古くなったのでコオロギの餌です。
ぼんちゃんは相変わらず卵由来(?)の粘液を排出。時々出ない日もあり、先月よりは気分が良さそうです。たまに水中ではなく、おしっこと一緒に床に出してしまい、掃除が大変です。
前半ふたりとも皮膚の状態が悪くて心配でしたが、次第に落ち着いてきました。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ : 両生類
ジャンル : ペット

UserTag:まとめ  / Trackback:0  / comment:0 

仲良しだよね?

このミミズ、僕の〜!そこはぼんちゃんの顔の上です

最近ぼんちゃんが大人しいからって、ぴょんちゃん図に乗ってませんか?
餌はひとりで全部食べちゃうし、しょっちゅう上に座ってるし。

こしょこしょまあ、それでも仲はいいんですよね。何やら内緒話かな。

飼い主は夏バテでぐったり。カエルたちはそれなりに元気で過ごしてくれて助かります。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:3 

恥ずかしい

頭隠して…ませんねここ2日ほど寝床に引っ込んでいたぴょんちゃんがゆったりお風呂。暑いもんねー、と見ていたら目が合った途端、急に「きゃっ!」と鋭い悲鳴を上げて頭を水に突っ込みました。

あのお、それ全然隠れてませんけど……。
カエルの入浴シーン、覗いたらダメなんですか?
飼い主でも??

「恥ずかしいじゃないか!!」
そうですか、失礼しました〜。

角度を変えても丸見えですプライバシーの侵害だよ!
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:鳴き声 日常  / Trackback:0  / comment:4 

今年の青虫2

ブロッコリーは双葉も濃い緑ちょっと大きくなったらすぐにモンシロチョウが産卵
一番茂っていた頃。幼虫もこの後ぐんと大きくなりました青虫が育って葉っぱがなくなってきました

双葉の上の卵先日、今年2回目のモンシロ青虫を育ててカエルたちに与えました。

食草はブロッコリー。葉っぱの色が濃くて栄養ありそう。本葉が出かかるとすぐにモンシロチョウが来ました。ブロッコリーも幼虫も成長が早くて、産卵から9日で終齢に。
モンシロチョウ終齢幼虫2.5cm程度と少々小振りですがもう食べ頃。試しに数匹そのまま残しておきましたが、翌日には姿を消しました。どこかで蛹になったのでしょう。

カエルたちふたりともおいしそうにいただきました。ちょっと物足りなかったかもしれませんが。

青虫が通り過ぎそうもう食べちゃった

ぺちっぼんちゃんが食べるところを撮ろうとして失敗です。気付いた時にはもう遅い。

それでは、とデジカメの連写モードで撮影してみたけれど……。辛うじて、食べ損ねた時の舌がブレブレで写っている程度。ヒキガエルの捕食の素早さに対応するのはやっぱり無理でしたね。
狙ってばくりごっくん
あーん〜ごちそうさま
テーマ : 昆虫など小さないきもの
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:2 

頭から

頭が完全に沈んでいますこのままじっとしています

お風呂に入っていったぼんちゃん。頭から突っ込んで動かなくなりました。

うるさいわねえ、これくらい平気なのよカエルは肺呼吸だよ!
それじゃ息できないよ〜!!

五分くらいしてやっと顔を上げました。
ああよかった。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:6 

ぬるぬる

ぼんちゃんが屋根の上で脱皮。前回から3日しか経っていません。あちこち残って、特におなかと脇腹は薄汚れたようになっていたので、これでキレイになるかな?

と思って見ていたら様子が変。いつもにも増して体がぬるぬるで周りはびっしょり。足下が滑って立ち上がれません。カエル足でじたばた動く度にずるりと剥ける皮を口に入れることもできず、そのうちずるずると滑り落ちてしまいました。

足が滑って脱皮の姿勢がとれません何か頭の上がうるさいんだけど?
落ちる瞬間。慌てていたのでピンぼけですずる剥けの皮を残して頭からずずっと落ちていきました

下敷きになったぴょんちゃんも迷惑そう。ぼんちゃんを掴んで水に入れると、またお尻からもやもやをぴゅー。とろとろの皮はまるでもずくかとろろ昆布。

体のぬめりで水が泡だらけちょっと触っただけで手にべったり

ぴかぴかつやつやその後洗面所に連れて行き、剥がれた皮と粘液を洗い流してさっぱりしました。模様もくっきり。

ついでにぴょんちゃんもさっと洗うと、こちらも大分すっきりきれいになりました。

ふたりとも次の脱皮はうまくいってくれるといいのですが。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:0 

がさがさ

疲れちゃった前回に引き続き、今週の脱皮でも手足の皮が残ってしまったぴょんちゃん。以前のように皮が薄くなったのではなく、厚めの皮がこびりついてうまく剥がれません。手足ががさがさと硬くなって、まるで怪獣。両生類とは思えない皮膚です。

どっこいしょ

翌日はぼんちゃんが脱皮。途中で疲れたのか、へたり込んでしまいました。こちらもところどころ中途半端に残っています。

ちゃんと浸かってないよカエル専用風呂

自分でふやかして剥がしてくれればいいのですが、どうもうまくいかない様子。洗面所で水浴させながら取ってやることに。カエルの洗面器かわいいでしょ。

まずはぼんちゃん。水に入れた途端におしりからぴゅーと薄茶色の粘液を出してびっくり(写真は水を替えた後なので写っていません)。軽く擦ったら手足の指先にこびりついていた部分が取れました。おなかがシミのようにまだらになっていますが、ここは次回きれいになることを期待しましょう。

次にぴょんちゃん。手で触る度にふんふん鼻息を出したり悲鳴を上げたり大騒ぎ。



少しずつピンセットで引っ張りましたが、結局この日は取り切れずに中断。今日は朝からお風呂に浸かってようやく足一本分がするっと剥けました。残りも早くすっきりしたいね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 動画 病気  / Trackback:0  / comment:4 

カマタマ

昨年秋のハラビロカマキリの卵上の方がぼさぼさに

昨年の10月末、玄関の壁の高い位置にハラビロカマキリの卵を発見。それが五日後には上半分がぼさぼさの傷物に。鳥がつついたか動物が囓ったのだと思いますが……。屋根があるところで垂直の壁に留まれる生き物ってなんだろう。この場所でヤモリは時々見かけるけど動かない卵を食べるかなあ?

孵化した痕跡結局犯人は分からずじまい。卵はそのまま年を越し、八ヶ月が過ぎました。7月に入っても変化がなく、やっぱり駄目になってしまったのかな、と思っていました。

先日ふと見てみると、もじゃもじゃした抜け殻がくっついていました。少しは生き残って無事に産まれたんですね。捨てちゃわなくてよかった〜。

ちびコカマこちらは庭にいたカマキリの赤ちゃん。コカマキリのようですね。まだ1cmちょっとですが、結構しっかりしてきています。

あの卵から生まれたハラビロカマキリ達も元気でいるといいな。玄関付近でそのうちひょっこり会えるかもしれませんね。
テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
ジャンル : ペット

Trackback:0  / comment:2 

上野動物園

6/30に浅草かえるアート展を見た後、ついでに上野動物園へ行ってきました。両生爬虫類館の存在とハシビロコウが飼育されていることを知り、機会があったら行きたいとずっと思っていたのです。上野は久し振り。特に動物園はカンカン・ランランを見て以来〜(^_^;

パパパンダ、リーリー日陰に引っ込む猿の親子

せっかくだからとまずはパンダ。ちょうどこの日から妊娠のためシンシンの展示が中止でリーリーだけ。食事時間ではなかったのでごろごろしてました。

次は子どものリクエストでお猿さん。この日はとっても暑くてサルたちもしんどそう。岩の隙間のわずかな日陰で身を寄せ合っていました。

その後は橋を渡って西園へ。小獣館やカバやキリンを見ながらぐるっと回って、いよいよ本日一番の目的、両生爬虫類館へ。

オオサンショウウオの顔入口を入ってすぐの大きな水槽にはオオサンショウウオ。隠れてるのかと思っていたら、手前側で堂々と寝てました。大きい〜!

その先は広い温室で、熱帯の自然環境を再現したビバリウムになっています。日差しが明るい!

大口開けたイリエワニ

暑いせいか、ワニたちがみんな口を開けてました。イリエワニの水槽は鋭い爪で白く傷だらけ。写真のこの子は、左手の先がありませんでした。ケガしたのかな。

植物は見事なジャングル状態、大きな水槽にはアロワナやハイギョなどの魚たちもいました。

目付きが悪いロココヒキガエル小型哺乳類も食べちゃうようですね
滝に打たれるミツヅノコノハガエルきれいなマダラヤドクガエル
ぺったんこピパピパ
小型水槽が並んだところでは、世界の両生類・カエルたちが集まっていました。

迫力サイズのロココヒキガエルは極悪そうな面構え。やっぱり日本のヒキガエルの方がかわいいなあ。

カエルは写真の他、イエアメガエル、チョウセンスズガエル、マルメタピオカガエル、ベルツノガエルなどがいました。サビトマトもいると聞いていたのですが見逃したー。

草を食べるガラパゴスゾウガメ爬虫類では、ガラパゴスゾウガメやオオアナコンダなどの大物、肺魚と一緒に泳ぐスッポンモドキ、鼻先の尖ったテングキノボリヘビ、盛んに舌を出すミズオオトカゲなどが印象に残りました。

真っ赤なトッケイと緑のヤモリは隣り合わせで対比がきれい。イグアナ、レオパ、フトアゴなどもペットショップとは違った雰囲気でいいですね。

温室を出たところで、先に進んでいた子どもが「30分以上も待たされた」とぷんすかしてました。悪い悪いと出口に向かおうとすると、横の展示室に「日本の両生類・爬虫類」コーナーが!
関東地方に生息するもの中心に、サンショウウオ、イモリ、カエルなどの両生類、ヘビ、トカゲ、ヤモリ、カメなどの爬虫類がずらっと並んでいます。

葉っぱに隠れたトウキョウダルマガエルスマートなヤマアカガエル
地味なツチガエルアズマヒキ、女の子かな?
緑がきれいなシュレーゲルアオガエルアマガエルのおなか!
もちろんアズマヒキも♪
斜めに立て掛けた木の枝に3匹のモリアオが並んでおり、その根元に少し潜るように隠れていました。奥ゆかしい。

写真は失敗したけど、他にカジカもいました。鳴き声が聞けなくて残念。

特定外来生物、ウシガエルカエルコーナーを見終わったところで、子どもが「もう虫は見なくていいでしょ」と。
昆虫なんていたっけ?と思ったら、次にいたのはマムシ。ムシじゃないよ〜!

部屋の出口近くには外来種のウシガエルとミシシッピアカミミガメ。生態系への影響について、簡単な説明がありました。どうせならもっと巨大で凶悪そうな個体を展示すればいいのに。

憧れのハシビロコウさん!両生爬虫類館を出てまっすぐ進むと、大人気のハシビロコウさんがいます。思わずさん付けしたくなるほどCool!
テレビで見たのは金色の目でしたが、こちらは水色。年を取ると黄から青に変わるらしいですね。

手前の子は時々顔の向きを変えるだけで動かず、奥にいた子は歩いたり羽繕いしたりしてました。柵の向こう側にもう一羽いて、羽ばたきしたりくちばしをカタカタ鳴らしたり。これはもっと近くで見たかったな。

動いていても動かなくてもやっぱり素敵。憧れのハシビロコウに会えて満足です。

近くで見ると大きい〜立派な羽ですね

上がユビキタスコミュニケータ、下がマルチレシーバ今回、動物情報が見られる専用端末(ユビキタス・コミュニケータ)を事前に申し込んで借りてみました。動物の檻の前にあるICタグに、白いレシーバをかざすと画面にその動物の説明が表示されるというもの。動画や音声もあります。操作はタッチパネル中心、一度見た情報は履歴に残って後から見直すことができます。

少々ごつくて首に掛けると結構重い。機能も操作性も一昔前の機械という感じ。でも、普段あまり動物に興味がない子どもがポケモン図鑑みたいと面白がり、時々出題されるクイズも楽しんでいました。

それは良かったのですが、直接動物を見るよりもICタグを探して情報取得が目的に……。炎天下の動物園を隅々まで歩き回り、滅茶苦茶ハードな一日となりました。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:4 

お手伝い2

久し振りに一緒にお風呂水に入ると相変わらずもやもやを排出するぼんちゃん。でも少しは元気になってきたかな?

お薬はここ数日サボりがちですが、ぴょんちゃんの掻き掻きは治まってきたみたい。先月よく食べていたパックマンフードを少し控えてみています。カエル専用の餌とは言えツノガエル用、ヒキガエルにはちょっと重いような気もしますので。栄養補給にはいいと思うんですけど。

頑張ってるんだけどねえねえ、聞いてよー うるさいわねえ

ぴょんちゃんが脱皮で端っこを口に入れるのを失敗。おええ〜と一生懸命やっても皮が飲み込めません。手足で擦り落として大体剥けたのが、脇腹に張り付いた状態。

仕方なくお手伝い。指でつまんで取ってやると、頭突きをして怒る怒る。水で洗ってやる間もひいひい文句を言ってました。

ケースに戻してしばらくすると、ぼんちゃんにべたべたと甘えてました。無理矢理取られたのが嫌で言いつけてるのね。

ふう…脱皮終わったからいいよね? しつこーい!

翌日はぼんちゃんが脱皮。こちらもちょっと脇に残ってしまっています。取ってやろうと思っていたら、またぴょんちゃんがくっついて離れません。脱皮中だけは遠慮していたようですが……。あんまりぎゅっと締め付けるとぼんちゃんが苦しいってば。

ぐったり…昨夜、ぴょんちゃんが力を入れる度にもがいていたぼんちゃん。ようやく振り切って今朝は疲れ切った様子で隅っこにうずくまっていました。

ぴょんちゃんは奥でつまらなそうな顔をしています。まあ、しょうがないよね。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:4 

第4回浅草かえるアート展

先日行われた浅草かえるアート展に出かけてきました。主宰は「かえるのトンネル」の作者、田村さん。他にもTwitterでいつもお世話になっているカエル好きの方々が参加されるということで気になっていて。外出が苦手で滅多に遠出をしない私ですが、うん十年振りに上野動物園も見たいということもあり、今年は中学生と一緒に頑張って行って参りました。

※今年は6/29〜7/1までで終了しました。毎年開催されていますので、気になった方は次回是非。
 詳しくは田村さんのかえるの友ブログでご確認ください。


かえるアート展看板1 かっこいいヒキガエルさんかえるアート展看板2 元気一杯ですね

地下鉄の駅を出て、アサヒビールとスカイツリーを横に見ながら水上バス乗り場のすぐ手前、隅田公園リバーサイドギャラリーへ。入口には立派なヒキガエル、更に階段を降りると色鮮やかなイラスト看板がお出迎え。

ここは公共のギャラリーなので雑貨やキャラクターグッズの販売はなく、アート作品の展示のみ。細長い地下のスペースに、小さなお子さんからプロまで様々なアーティストによるカエル作品が一緒に並んでいました。イラストだけではなく、ぬいぐるみやジオラマなどの立体的な作品もありました。

個人的に嬉しかったのはヒキガエル率の高さ。しかもリアルなイラストが多い!
やっぱりガマは絵になりますよね〜♪

すみません、タイトル忘れました大変体左:酢蛾さんの作品
浅草にヒキガエルはよく似合います。乗り物??(笑)


右:6個さんの作品
艶やかに変態したヒキガエル。
透明感があって幻想的。

ずんぐりむっくり左:あっしょさんの作品
鳥とカエルのコラボシリーズの一つ。
ウズラとヒキガエルってぴったりね。

ニヒル

右:マクボルさんの作品
ボールペンで精細に描かれています。すごい!

微笑(志麻子像)哀愁(志麻子像)

田村さんによるヒキガエルお嬢さんの肖像画。うちの子たちも描いてもらいたいな。

GAMA左:江戸青蛙さんの作品
ガマTシャツとカエル手ぬぐい。通販したら売れそう。ステッカーありがとうございます。

池袋の森カエルマンションの住人たち

右:ひきがえるさんの作品
池袋の森の写真です。写真集にして欲しい〜。

子どもサイズ?カエルの顔出し看板。うちの子、小顔なのでちょうど良かったですもちろん緑のカエルさんもいろいろ♪
カエルの顔を描くコーナーもあったのですが絵心がないのでパスしちゃった……。

写真が今イチですみません。実物はみんなもっともっと素敵でしたよ。こういうイベントって参加するともっと楽しいんでしょうけど、残念ながら不器用で制作できるものがないのよねえ。何か出来ないかなあ。

この後、バスより地下鉄が早いと教えてもらって銀座線で上野へ。両生爬虫類館は最高でした〜。長くなるのでまた後日。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:4 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート