This Archive : 2012年03月

ヒキガエルの世話まとめ(4年目の3月)

カエルのサイズ(月初めに測定・ヒキガエル成長記録2にグラフあり)
B約13cm、222g。P約13cm、193g。
エサやり
コオロギ、ミルワーム、スイミー、ワラジムシなど1〜2日おき。 スイミーの食べ方は、ぴょんちゃんはミルワームと一緒に、ぼんちゃんはピンセットで。
飼育ケース
先月と同じ。
土容器
先月と同じ。土の代わりにタオルとウール。
シェルター
水浴後は屋根に登って過ごす。
お風呂
のんびり浸かっていることが多い。時々2匹一緒。
脱皮
ぼんちゃん5〜7日に1回、すっきり。
ぴょんちゃん4〜5日に1回、薄皮が茶色く浮く時もあるが、次第にほぼきれいに剥がれるように。
フン
2匹とも月1回、水中。
掃除
寝床の中身は1日おきに水洗い。ケースは5〜6日おきに床の紙交換。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓にアルミマット。ピタリ適温で加温。夜中はフリース2枚を掛ける。エアコンなし。ケース内16-28℃。
ぴょんちゃんのステロイド中断、月半ばに一度掻き掻きして1回投与しましたが、その後は特に症状なし。
体調悪い頃には白っぽくなっていた指の抱きタコが少しずつ色付いてきました。
暖かくなるにつれて2匹とも皮膚の調子がよくなり、動きも活発、食欲も復活です。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ : 両生類
ジャンル : ペット

UserTag:まとめ  / Trackback:0  / comment:2 

ガマの眼

これは昨年ぴょんちゃんが具合悪くなる直前に書いた記事です。当時はそれどころではなくて、そのまますっかり忘れていました。ようやく公開します。



以前、ガマの足について書いた時に「ガマ・パーツ・シリーズ」をもっと続けたくなりました。実際に飼育して身近で見ていると、ヒキガエルの体ってこんな風になってるんだ、という発見があって面白くて。なおサンプルはうちの2匹だけなので、よそのカエルとは多少違うこともあるかもしれません。では、今回は「眼」で行きます!

きらきらおめめ両目は正面少し外向きに付いています。かなり視野が広そうですが、どこまで見えているのか不明。興味があれば正面に向き直って見つめます。首をかしげて角度を変えて眺めたりも。動かないものはほとんど見ないうえに、大きく素早い動きにもついて行けず。ちょろちょろアリが歩く程度が一番見やすいのかな。

目が引っ込むと別の生き物みたい
カエルと言えば突きだした目玉が特徴ですが、触るとカタツムリみたいに引っ込みます。カエルは視力に頼っているので、目が傷ついたら大変ですものね。ものを飲み込むときにはぎゅっと目をつぶります。引っ込めた目玉で口の中のものを奥に押し込むのだとか。
ぼんちゃんの大きな目、虹彩はオレンジ色ぴょんちゃんの目は瞳が小さめ、虹彩は金色
眠そうな目目の大きさも虹彩の色も個体差いろいろ。うちの2匹だけでもこんなに違います。

虹彩は目尻と目頭に黒っぽい部分があり、特に眠くなった時など瞳が縮まって横一列の線に見えます。NARUTOに出てくるガマたちも瞳が細くなっていますよね。猫と同じで周りが暗いと瞳が丸くてかわいいです。
しっかり閉じた状態ちょっと薄目

きゅっと目をつぶっても、だんだん薄目になって瞬膜だけ閉じた状態に。目玉が大きいからかしら?

2012.7.19追記
目を開け閉めする時の動き、動画を用意しておいたのすっかり忘れてました〜。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:容姿 動画 雑学  / Trackback:0  / comment:3 

さっぱりしたね

どよ~ん隅っこでじっとしてます。そろそろ脱皮ですね。脱皮が近づくといつも憂鬱そう。前回残った古い皮で全身赤茶けてるから、余計に元気なさそうに見えます。

変な脱ぎ方

翌朝、何だかだらしない脱ぎ方……。胸から上はきれいになってますが、背中からおなかに掛けてはそのまま。腰から下は脱いだものが丸まって脇腹にくっついてます。

皮の色が溶け出した?水が茶色くなりました
きれいになって、しゃきーん!
お風呂に入って足で擦ったら大分剥がれました。背中に少し残ってるけどね。肌の色も表情も明るくなって、脱皮前とはまるで別カエルのようです。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮  / Trackback:0  / comment:4 

お互い様

ちょっとそこ止めて~その手を放しなさい~

お風呂でたっぷり吸水した後は、屋根に登って体を乾かすカエルたち。そこに誰かがいてもお構いなしに登っていきます。

ぼんちゃんの上に乗っかったぴょんちゃん。足下が不安定で、ぼんちゃんの脇腹にしがみつきました。ぷにぷにおなかに指先がめり込んでます。さすがにこれは苦しそうですよ。

ぼんちゃんぷるぷる震えて抗議しましたが、ぴょんちゃんはちょっと位置をずらしただけ。女の子のぷるぷるは控えめで声も出ません。あまり通じないようですね。

その後、逆にぴょんちゃんの上にぼんちゃんが乗っかりましたが、ちょっと背中に触っただけで大騒ぎ。ぴょんちゃんは「ここここっ」と大声で鳴きながらガクガクと振り落としそうな勢いで震えます。でもぼんちゃんは平然とそのまま乗っています。

リリースコールって女の子には効果ないんだっけ。まあ、さっきは君もどかなかったし、お互い様でしょ。我慢しなさいね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常 鳴き声  / Trackback:0  / comment:0 

一喜一憂

先週の土曜日、久し振りに寝床の中からパタパタという音が聞こえました。覗いてみると、ぴょんちゃんがまたおなかを掻いたり撫で撫でしたり。苦しそうな鳴き声はなかったけれど。

ここしばらく調子がいいと喜んでいたのに気分は急降下。ステロイドを投与して様子を見ています。今のところそれ一回限りのようですが、大丈夫かなあ。

脱皮がうまくいかないよへろへろ~

翌日は普通に動いて食欲もありました。その後、月曜から火曜の夜中に脱皮。今回はきれいに剥けず、途中から疲れたのか横になってしまいました。う~む……。

コオロギ気になる、食欲はあるよよくなってきたかと期待したら、また後戻りしてがっかりの繰り返し。季節の変わり目だから仕方ないのかな。早くスッキリして欲しいものです。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:0 

ヒキガエル本10―いのちのかんさつ2 カエル

120319book1.jpgいのちのかんさつ2 カエル
中山れいこ/著
アトリエモレリ/制作
久居宣夫/監修
少年写真新聞社 2012年 48P B5判
日本図書館協会選定図書


アズマヒキガエルを題材にした理科の本。漢字にはふりがなが振ってあり平易な文章ですが、内容はびっくりするほど専門的。子どもだけでなく生物学に興味がある大人にもオススメです。2月に出版されたばかりの新刊で、著者は「かえるよ!カエル」と同じ、アトリエモレリの中山れいこさん。今回も久居宣夫氏が監修しています。

120319book2.jpg産卵の様子、受精卵から胚・オタマジャクシ・カエルへと次第に変化する体の仕組みなど、写真では分からないような部分まで精細なイラストで詳しく解説されています。

カエルの舌がどんな風に動いて餌を食べるのか、私もこの図を見て初めて納得♪です。勉強になるうえにリアルなカエルたちの表情が何とも愛らしく、カエル好きにはたまりません~。

飼育方法についても載っていますが、できるだけ屋外で放し飼いをすることを推奨するというスタンス。ビオトープなどでカエルが暮らせる環境を整え、その地域の「命のつながり」を守っていくことの大切さを訴えています。

卵やオタマジャクシは流れのある川では生きられないこと、変態したばかりのヒキガエルは水に放すと溺れてしまうこと、外来種やツボカビ症の問題など、カエルのことをよく知らない人にこそ読んでもらいたい話もいっぱい。学校の図書室などにぜひ置いて欲しい本だと思います。

少年写真新聞社の許可を受けて画像を掲載しています。

アゲハ (いのちのかんさつ)



カエル (いのちのかんさつ)



同じシリーズで他にアゲハとメダカがあります。
(メダカは3/21発売予定)
出版社HPの詳細ページには目次と見開き画像があります。
そちらから直接購入もできます。
>>詳しい内容のページ
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:7 

経過良好

お手々ぶらぶら、お口に水滴屋根から降りようかどうしようかと迷っていたら、背中に垂らした栄養剤がつつーっと流れてきて口元に。「やっぱりやーめた」と上に戻っていきました。

ぴょんちゃん、このところ足取りが軽やかで調子いいです。まあ、ヒキガエルですから他のカエルのようにぴょんぴょこ動き回るわけではありませんが。

ようやくぴょんちゃんも復活でしょうか。今まで何度もぬか喜びを繰り返してきて油断は禁物。とは言え、元気そうな姿を見ると本当に嬉しいです。

じーっと狙っておいしかった~♪
これ私の分?最近は餌皿にミルワームを入れておくと、自分で寝床から出て食べに行ったりもします。これで、以前のようにコオロギを入れたバケツを見ただけで出てくるようになれば完璧かな。

この日は、ぼんちゃんが脱皮後、ぴょんちゃんが脱皮前であまり動きたくないとのことで、無精して寝床でお食事。ふたりともミミズ1匹ずつね。

お風呂ですっきりぴょんちゃんの脱皮間隔は短めですが、ずいぶん皮がしっかりしてきました。多少ちぎれて残ってもべったりと張り付くようなことはなく、少し経てば取れてきます。

脱ぐのもお風呂で残りを落とすのも、ちゃんと自分でやってくれますから、本当に手が掛からなくなってきました。いい子だね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:3 

ひとりでできるもん

ぴょんちゃんの脱皮はずっと週一のペースで、きれいに剥けずに茶色く皮が残ることがしばしば。お医者様に古い皮はできるだけ取り除いた方がよいと言われていたので、塩浴させながらピンセットで引っ張っていました。

でも、ここ一週間はいじらずそのままにしました。何となく、彼が「自分でやるからいいよ」と言っているような気がしたものですから。

ボロボロの皮を脱ぎましたノーズシャドウ?

6日の夜明け前。前回の脱皮から4日しか経っていません。前回は中途半端で終わっていたので、残りを脱いだだけなのかも。まずそうな古い皮は、食べずに足下に丸めてポイでした。

顔の真ん中がちょっと残っちゃったけど、この後何度か手で擦って取れました。

一見きれいになったようですがあちこち残ってますね

その次は10日の朝。またまた4日目です。皮に厚みが出てきた感じ。通常、脱皮間隔が短いのはよくないことですが、自分で脱げてるし調子は良いように思えます。

脱皮の後は目の下にクマができて疲れた顔してると思ったら、残った皮でした。頭のてっぺんも黒々と残って変な顔。

ちゃんとできたよ翌日、自分でお風呂に入って残った皮を落としてすっきり。ひとりでちゃんときれいにできたね。

最近は明るい表情が増えて、体調が落ち着いてきたようです。一時期に比べると食欲は落ちましたが、動きは悪くなく、触った時の鳴き声も力強いです。体重も190-200g前後で安定しています。

お食事は2~3日に一回、コオロギを1匹、後はミルワーム&スイミーを少々。これまでが異常に食べ過ぎていたので、まあちょうどいいのではないかしら。この時期は平常時もあまり食べなかったはずだし。

ステロイドを中断して10日経ちますが、今のところ特に症状は出ていません。今度こそ、このまま治まってくれますように!
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:3 

ぼんちゃん復活

脱皮ぐにゅぐにゅお肌つやつや、おめめぱっちり

ずっとてらてらと濡れた皮膚だったぼんちゃんですが、週末に脱皮して元通りになりました。その後、昨日まではくたっと寝てたのが、今日はしゃっきり。食欲も戻って久し振りにコオロギをぺろり。元気になってくれて嬉しいです。

すっきりしません一方、ぴょんちゃんは相変わらず。こちらも週末脱皮して、前回同様にまだらに残った状態です。

最近コオロギに飽きちゃったのか反応せず、薬が飲めないのが困ったものです。ミルワームやワラジムシなど小さなものはちょこちょこ食べているのですが……。

今年は閏年なので3月5日の今日が啓蟄、外の虫や蛙たちがそろそろ起き出す頃。今日は冷たい雨ですが、明日は暖かくなりそうです。庭に出て何かおいしいものを探してみましょうね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:6 

Facebookページが変わりました

facebook_top.jpg今月末からFacebookページが新デザインに移行するとのことで、一足先に変更しました。これまで、いいね!を押してない方に最初に表示していたご挨拶がなくなり、全員「タイムライン」表示になりました。

Facebookを利用していない場合、右上にアカウント登録を促すメッセージとボタンがありますが、無視してそのままご覧になれます。

なお、左側に投稿フォームがありますが、今のところ利用者からの投稿は無効にしています。書いても何も起こりません~。

タイムライン」では、このブログの更新情報やお知らせの他、ヒキガエルに関する話題などを時々紹介しています。本当に時々ですけど。

その他に、我が家の生き物たちの飼育歴を記した「うちの生き物年表」や成長グラフ&表をまとめた「ヒキガエル成長記録」などのページもありますので、よろしかったらたまに覗いてくださいね。


テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:連絡  / Trackback:0  / comment:0 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート