This Archive : 2011年11月

ヒキガエルの世話まとめ(4年目の11月)

カエルのサイズ(月初めに測定・ヒキガエル成長記録2にグラフあり)
B約13cm、232g。P約14cm、231g。
エサやり
2~3日おきにコオロギ2-4匹ずつ。
他に週1回程度、ミミズ、ワラジ、ミルワーム、スイミー、パックマンフードなど。
ただし、ぴょんちゃんの食べる量は普段の5~6割程度。
飼育ケース
一時期は水入れ以外を除去。床材にキッチンペーパー。
土容器
一時除去。土の代わりに水槽用ウールやタオルなど使用。
シェルター
一時除去。元に戻してからも、投薬などのため頻繁に取り外す。
お風呂
少しでも汚れたら水交換。ぴょんちゃんは別に毎日薬浴。
脱皮
ぼんちゃん週1回程度。ぴょんちゃん4~7日に1回、若干残り多め。
フン
ぼんちゃん週1回程度。ぴょんちゃん1~2週に1回程度。
掃除
ほぼ毎日。水拭き、ケース丸洗い、寝床の中身をすすぐなど。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。ピタリ適温はぴょんちゃんが体調崩してからほぼ使用せず。室温14-26℃、ケース内16-27℃。
急にぴょんちゃんの具合が悪くなり、鳴いて激しくおなかを掻くようになりました。
一時期はケース内を水入れだけにしたりバケツに隔離したりしていましたが、ストレスが掛かっているようだったので、元に戻して土だけ除去した状態に。
原因不明で病院に通い続けています。なお、ぼんちゃんは至って元気です。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ : 両生類
ジャンル : ペット

UserTag:まとめ  / Trackback:0  / comment:0 

ふわふわウール

おっとっと、落ちる~タオルを抱えたり、おなかを擦りつけたり

寝床には土の代わりにハーフサイズのタオルを2枚濡らして入れていました。あまり厚みがなくて足が届かず入りにくそうです。いったん入ってしまえば出てこないので、それなりに気に入っているようでしたが……。

コーナンのウールツノガエルに使っているようなウールマットはどうだろう、とホームセンターへ。大きな袋で柔らかそうなものを選んで買ってみました。

開けてみると手芸用?と思うようなふわふわの綿。よく見ると『ウール』だけど『マット』じゃないのね。

ぴょんちゃんの掻く動きが気になるぼんちゃん

タオルを一枚敷いた上に、濡らして軽く絞ったウールを敷き詰めました。ぴょんちゃんは最初入ろうとせず、屋根に登っておなかを掻いていました。

ふんわりお布団その後、気が付いたら寝床の奥に潜り込んでいました。タオルと違って体を埋めることができるので落ち着くようです。

土の時と違い、ぼんちゃんは寝床に全然入ろうとしません。痒そうなぴょんちゃんがいるからなのか、土以外のものが入っているのが嫌なのかはわかりません。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:0 

再び専門病院へ

脱皮も水中でぴょんちゃんの状態は良くありません。以前はバケツの中で掻かなかったのに、最近は更に水に浸かってないと掻きむしります。

いったん治まったかに見えた赤みもまた出たり引っ込んだりの繰り返し。ずっと水浸しのせいか手足の指が白っぽいピンク色に。食欲も少々落ちてきました。

独りはつまんないDr.の指示で、プラケに水を張るなどいろんな状態を試しました。周りが見えない狭い容器で水に浸けると掻かないみたい。だけど、暴れたり鳴いたりとあまり嬉しくなさそう。

殺風景になったプラケに残されたぼんちゃんもぺちゃっとして元気がありません。こちらは餌を見るとシャキーンとなるので、体調が悪いわけではなさそうですが……。

ちょうどフンが出たので検査もあって、また病院へ行ってきました。前回は家族に車で送ってもらいましたが、今回はバスと電車。念のためペットボトルに水を用意しましたが、移動の間は水なしでも掻きませんでした。乗り物から降りて歩くと、揺れが怖いのか小さな声で鳴き続けていました。

Dr.とはメールで何度もやり取りしているので話が早いです。診察室でこれまでの状況を整理しました。なぜ掻くかではなく、なぜ掻かないか、を考えると、『強いストレスを感じている時は掻かない』のでは、という結論になりました。

これまで、掻くから赤みがひどくなる・余計に痒くなると思って、出来るだけ掻かない状況を作ってきました。でも、掻かなくても赤みが消えたわけではありません。これでは解決にならなかったのです。無理矢理、普段と違う環境にしてかえって負担を掛けてしまっていたようなのです。

赤みがあるということは、何らかの炎症が起きているのは確かです。その原因は今のところわかりません。大きい動物に比べ、いろいろ検査すると負担が掛かりすぎるのです。便の検査では寄生虫などの異常は特にありませんでした。雑菌の感染ならそろそろ薬浴で治まるはず、カビの場合はもう少し時間が掛かるかもしれないが、感染症にしてはただれが少なくその割に痒みがひどい、通常の皮膚病ではなく皮膚だけの問題ではない可能性も、とのことでした。

お薬いろいろ追加の薬として、背中に垂らして吸収させるタイプの抗生剤と抗真菌薬、肝臓の薬やビタミンなどを混ぜた飲み薬をいただきました。足の皮剥けも繰り返してますが、薬浴や抗生剤が効くので塗り薬はなし。

便検査もして薬もたくさん出されたのに治療費は良心的、4000円台でした。

久し振りに戻りました家に帰ってから、ストレスを減らすため出来るだけ以前のレイアウトに戻しました。ただ土は皮膚の状態が見えなくなってしまうので、代わりに濡らしたキッチンペーパーを、その後ほじくってボロボロになり、濡れタオルに交換しました。

ぴょんちゃんは5時間以上鳴いて掻き続けました。見ているのもつらかったですが、その間に薬を背中に垂らしました。それから少しずつ落ち着いてきて、飲み薬を染みこませた鯉の餌を何度も失敗しながらようやく食べてくれました。

夜になると嘘のように静かになり、丸めたタオルを抱えるようにして寝そべりました。目は開いてても眠っているようです。このまま良くなってくれるのでしょうか。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:6 

なぜ痒い?

皮が剥けて痛々しい日曜日は痒みがひどく、足の出っ張りが擦れて皮が剥けてしまいました。><

その後、薬浴の効果が出てきたようでおなかの赤みはずいぶん減りました。ただし暴れたり汚れたりするとまたすぐ赤くなります。

痒みはまだ治まりません。相変わらずバケツの中では平気なのに、プラケに戻すと掻くという謎の状態です。
薬浴2日目、お尻の方が赤い薬浴3日目、赤みが目立たなくなりました111122medicine1.jpg

プラケの置き場所を変えたり、布を被せて暗くしたり、ぼんちゃんを隔離したり、私が少し離れてみたり、いろいろ試しましたが変わりません。メールで「ダニがいるのでは?」と指摘してくださった方もいて、それまで水洗いだけだったプラケを石鹸で洗って天日干ししてみましたが、やっぱり同じです。

皮膚の状態の割に痒がり方がひどく、赤みが引いても掻く行動が治まらないのも不可解な点です。最初に電話した病院で指摘されたように、体の内部の問題が隠れている可能性も考えています。

今のDr.とはメールで何度もやり取りし、いろいろな病気を想定しながら慎重に治療していくことになっています。毎回丁寧なお返事をいただいて、再診料も掛からないのに申し訳ないです。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:2 

エキゾチックペット専門病院へ

昨日の朝、ぴょんちゃんは脱皮しました。背中はぴかぴかつやつや。おなかの赤みも薄まり、一見どこも悪くないように見えます。でも、バケツからプラケースに移してみるとやっぱり痒がるのです。

予定通りエキゾチックペットの専門病院へぴょんちゃんを連れて行きました。完全予約制でしたが、週末だったせいか少し混んでいました。待っている間、詳しい問診票を書きました。入手方法、ケージレイアウト、食餌内容など。うちの前に3組いて、40分ほど待ってから診察室へ。

先生はぴょんちゃんをプラケースに入れて様々な角度から眺め、写真を何枚も撮りました。前回のお医者様と同様、出血もなく皮膚の状態はそれほど悪くないと言われました。手足が擦れて赤くなっていたのも大したことないらしく一安心です。皮膚病は免疫力の低下が原因、ステロイド投与で免疫が落ちてしまったため薬を飲んだ後に悪化したのではないか、とのことでした。

ケーズペットクリニックの消毒薬まずは消毒薬での薬浴で様子をみることに。また、食餌内容の見直し、ビタミンサプリの追加、土の交換頻度を上げるなど、飼育方法のアドバイスをいろいろといただきました。詳しくは後日書こうと思います。

これで改善しない場合は肝臓に働きかけて免疫をアップする薬もあるなど、この先の治療についてもお話があって安心できました。初めてということでじっくり話を聞いてくださり、気が付いたら30分も話し込んでしまいました。

この後はメールのやり取りで、動画や画像を見てくださるとのこと。ちょっと遠くて通うのは大変なので非常に助かります。

特にその場で治療はなく、ぴょんちゃんの痒みが治まったわけではありません。検査で痒みの原因を突き止めたわけでもありません。でも今回の受診は、飼い主の不安を取り除くという点で絶大な効果がありました。初診登録料2100円は高めですが、相談料としてそれだけの価値があったと思います(薬代は別途)。こちらの病院は町田市・鶴川のK's Pet Clinicです。

疲れた~薬浴するヒキガエルたち

帰りは寄り道したので少々遅くなりました。ぴょんちゃんも疲れたようです。手のひらの赤くなっていた部分はかさぶたのように茶色くなっています。

お留守番のぼんちゃんは脱皮して水入れにはフンが。汚れた水に触っていたせいか、彼女もおなかが少し赤くなっていました。心配なら一緒に薬浴してもよいと言われていたので試してみました。

1時間の薬浴が終わって、水気を拭き取ってプラケに戻してみました。残念ながらやっぱりまだ痒いみたいですね。鳴きながら掻いていました。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:動画 鳴き声 病気 ノウハウ  / Trackback:0  / comment:0 

小康状態

もうちょっとで出られるはずぴょんちゃんのバケツ生活は続いています。バケツの中ではじっと座っているか、よじ登ろうとするかのどちらかで、特に痒がる様子は見せません。ところがプラケに戻すと、途端にまたおなかを掻き始めるのです。

プラケはきれいに拭いて水入れしか置いてない状態。ヒーターはoffのまま。特に痒くなる要因は見当たりません。バケツでは「外に出たい」と気を取られて、痒みを忘れているのかもしれません。

お風呂で寝ましたプラケに入れるとすぐお風呂に行くことも。水曜日には朝から8時間入りっぱなしでした。落ち着いた?と期待したのですが、水から出るとまた鳴きながら掻き掻き(泣)

昨夜もずっと水の中。出てきた時が心配だけど、徹夜で見張るわけにもいかず……。
はぁ、何だか落ち着くかも~重いじゃないの、どいてよ!

朝起きて覗くと、ぴょんちゃんはぼんちゃんの上。水から出たばかりのようです。

先日痒みが一番ひどかった時は、ぼんちゃんの上に載ったままでぼりぼり掻いていましたが、今回はじっとしています。それでも下になったぼんちゃんは重くてたまりません。ぴょんちゃんを振り払って行ってしまいました。

おなか掻き掻き床に降りたぴょんちゃんはしばらく放心状態。その後また掻き始め、様子を見ていると次第に掻き方が激しくなり、結局またバケツに戻しました。

ただちに命に関わる状況ではなさそうですが、飼い主としては、泣き叫ぶ声と掻きむしって床に響く音が続くのを聞いているとかなり精神的に参ります。もう一度生食で塩水浴させた方がいいのか、いっそ土に戻したら落ち着くのではないかなど、これからのケアも迷うところです。

前回の病院よりも更に遠くにある、エキゾチックペットの専門病院に予約を入れました。明日行ってくる予定です。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:0 

生理食塩水

※注意!
お医者様より食塩水で脱水を起こす可能性があると指摘されました。塩浴は食塩4~6gに対して水1リットルを混ぜ、一日一回、一回5~10分だそうです。なお、塩浴には体液の循環・代謝を高め、老廃物等の排泄を促す効果があるそうです。


痒くて痒くてどうしたらいいのやら!日曜日、土のない状態で丸一日過ごしたところ、ずっと落ち着かず掻き続けていました。おなかはお尻側を中心に赤みが差し、手足も擦って赤く腫れてしまいました。このままでは皮が剥けてしまいます。

水に浸かっている間はほとんど掻かないので、バケツで強制的に水中で過ごさせることに。ただ、地上棲のヒキガエルがずっと水中にいると、水分を吸収しすぎてバランスが崩れるのでは?と心配です。

そこで、バケツの水は生理食塩水にしました。カエルの場合は0.65%、水1リットル弱に食塩6.5gです。濃いと脱水してしまうので若干薄めに作りました。お尻が浸かる程度の水量なので溺れることはないと思います。

数時間毎に様子を見ましたが、外に出すとまたすぐに掻きむしります。その都度水を作り直し、結局食事の時以外ほぼ入れっぱなしになりました。

塩水浴半日後、おなかと手足が痛々しい出してよ~

一日経ったところで見た目にあまり変化はありませんが、今朝は水を捨ててもすぐに掻かずに大人しくしています。塩分が残らないように真水でさっと流してから水分を拭き取った状態です。まだ本当に痒みが治まったかどうかはわかりません。ケースには戻さず、バケツ(水なし)のまま少し様子を見ます。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:0 

副作用?

ぼーっとしてました昨日、外出して帰ってきたらぴょんちゃんが屋根の上に。口の周りが泥だらけでまた脱皮したようです。まだ痒みは治まらないようで、少し掻き掻きしてからまた寝床に戻りました。

寝床の中で3回目の薬を服用。それからしばらくすると、「きゅうん、きゅん」と鳴きながら激しく土を蹴って痒がり出しました。

水で洗っても痒い!
外に出てきたところを見ると、おなかの赤みが強くなり、両足の瘤状の部分(6本目の指に見えるところ)が赤く擦りむけたようになっています。

土を水で洗い流しても状況は変わりません。半ば悲鳴のような声で一晩中鳴きながらおなかを掻いていました。土容器と床に敷いた紙は取り除きました。

今朝、病院に連絡して、薬は中断することにしました。抗生物質が合わなかった可能性もあるとのこと。出血まではしていないので緊急の処置はせず、少し様子を見ることに。

その後もつらそうな状態は続いています。本当にこのままでいいのか迷います。

痒いよーお尻に赤みが
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:鳴き声 飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:5 

お薬

寝床の中でお薬今日は寒いので寝床から出てきませんが、お薬はきちんと飲んでます。薬付きミルワームには、多少変な顔をしますが残さず食べてくれます。

薬について気になった点をいくつかDr.に問い合わせたところ、丁寧に回答していただけました。

薬の種類は抗生物質とステロイドの混合で、特に眠くなるような副作用はないそうです。昨日すっ転んだのは疲れていたせいでしょうか。
(あるいは、いつも通りドジなだけかも……)

ステロイドには賛否両論ありますが、私は正しく使えば怖くない薬だと思っています。炎症を抑え、痒みを取り除く効果、カエルにも期待できるのですね。

1日一回一週間という処方でしたが、普段の食事は3日に一度くらい。毎日飲ませるべきかを伺うと、薬の代謝を考えてもできれば2日に一回は服用した方がいい、症状が落ち着けば中止しても構わないとのことでした。

ミルワームではなかなか満腹にはならないので、今のところは毎日食べてくれそうです。途中で飽きてしまったら別の方法を考えなくちゃね。

ぷんぷくり~ん><ぼんちゃんはきっと、ぴょんちゃんばっかり毎日何か食べてずるいと思ってるでしょ。

ぴょんちゃんが治るまで、ぼんちゃんにはいろいろご迷惑お掛けします。申し訳ないけどしばらく我慢してね。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:0 

病院に行きました

土の中では大人しい痒みが治まったかのように見えたぴょんちゃんですが、ごはんの時に出てくるとまだダメ。ひいひい鳴きながら引っ掻くのです。土に潜っている間は気持ちが落ち着くせいか、ほとんど痒がらないのですが……。

見た目はうっすら赤くなる程度ですし、食欲もあるので様子を見ていましたが、脱皮後もすっきりせず、お医者様に診てもらうことに。

まずは市内で両生類も診てくれるという病院に電話してみました。丁寧に話を聞いてくださいましたが、痒がっているように見えても体の内部の違和感かもしれない、診断が難しいので、と断られてしまいました。

近隣地域でエキゾチックアニマル対応という動物病院を見つけ、少々遠いですが行ってくることにしました。バスと電車を乗り継いで、初めてのおでかけです。

プラケースは寒くないようカイロと一緒に中綿入りのトートバッグに入れて運びました。途中で私が道に迷ってうろうろすると、ぴょんちゃんも心配そうに「こっこっこっ」と鳴いてました。病院に着いた時には、下に敷いていたキッチンペーパーがちぎれて絡まった状態。何も入れない方がよかったですね。

バッグの中にプラケを入れて敷いた紙がぼろぼろに

ばしゃばしゃDr.はおなかの様子を診て、痒み止めの飲み薬を出してくださいました。気になる料金は約3000円、そのうち半分は薬代でした。高いけど保険効かないから仕方ないですね。

帰ってきたら水に入ってもぞもぞ。時々「きゃっ」と甲高い声を上げます。う~ん、やっぱり痒いのかあ。

微妙に赤みが粉のお薬一週間分
薬付きミルワームぼんちゃんをバケツに隔離してから、ぴょんちゃんに薬を与えます。

薬は粉末で、好きな餌にまぶして食べさせるとのこと。ミルワームはつるつるして粉が絡みにくいので、少量の水で練ってなすりつけました。

お顔がまっくろけ!薬を飲み終わったらまた水に。びしょ濡れのまま、屋根に登って寝床に入ろうとしたら足を滑らせて、顔から突っ込んでしまいました。

土まみれの顔でしばらく呆然。その後は潜って寝ています。痒み止めって、もしかして眠くなるのかな。お薬効いてくれるといいね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:鳴き声 病気  / Trackback:0  / comment:3 

痒い!

最近はピタリ適温を点けていて、寝床の土がカラカラに乾燥。昨日の朝、ぴょんちゃんがお風呂に入っている間に少し湿らせてあげようと、寝床に水を掛けました。

狭いんだけどその後私は外出して昼頃帰ってきてみると、ぴょんちゃんが寝床に戻らずに何だかご機嫌斜め。ぼんちゃんが寝ていたお皿に無理矢理入り込んでいます。

あれれ、濡らしたのがそんなに嫌だったの?
乾き過ぎよりいいと思うけど。奥の方はまだ乾いていますよ。

この土、何か変!言い聞かせていたら、しぶしぶ寝床に戻っていきました。が、やっぱり気にくわない様子。

しばらく土を蹴り蹴りしていたと思ったら、外に飛び出してきました。そして「うっ…んっ…」と鳴きながらおなかを掻き始めました。

どうしたの!?
慌ててお風呂に入れても治まりません。

おなかの見た目には特に変わりはありませんが、手足を交互に使ってぼりぼりと掻きます。かなりつらそうです。



寝床に触ると妙に暖かかったです。温まりすぎてやけどしてしまったのでしょうか。水分で汚れが染み出してきたのかも。土は全部新しく交換し、ピタ適はOFFに。

お風呂の水もきれいに替えて、また入れてやりました。息をする度に泣きじゃくるように「ひっひっ」とかすかな声を上げながら水に浸かっていましたが、次第に落ち着いてきました。

まだ痒い~夜になると、新しい土に半分潜りました。今日もずっとそのままです。土は雑菌が心配ですが、精神的にリラックスできるようで無理に出すのもためらわれます。

完全に治まったわけではなく、時折思い出したようにもぞもぞおなかをこすりつけます。昨日に比べて回数は減っているので、このまま少し様子を見ようと思います。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:動画 鳴き声 飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:6 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート