This Archive : 2011年04月

ヒキガエルの世話まとめ(3年目の4月)

カエルのサイズ(月初めに測定・ヒキガエル成長記録2にグラフあり)
14cm弱、B233g、P258g。
エサやり
基本2日おき。コオロギ2-5匹ずつ。
他にワラジ・ダンゴ、ミミズ、芋虫、ミルワームなど。
飼育ケース
先月と同じ。
土容器
時々注水。ぼんちゃんもほぼ毎日一緒に入るように。
シェルター
先月と同じ。
お風呂
先月と同じ。
脱皮
週1回程度。ぴょんちゃんが一度脱皮残り多め。。
フン
月2回ずつ。ぴょんちゃんも水中でするように。
掃除
先月と同じ。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。加温なし。夜はフリースを被せる。
室温15-25℃、ケース内17-28℃。
暖かいのにぴょんちゃんは出てこない、ぼんちゃんもずっと土で寝ています。
ぴょんちゃんが迷ってる時は、ケースにフリースを掛けておくと出てくることも。
食欲旺盛ですが、ぼんちゃんはワラジ&ダンゴを食べ残すようになりました。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ : 両生類
ジャンル : ペット

UserTag:まとめ  / Trackback:0  / comment:0 

いろいろ考えるヒキガエル

考えるヒキガエルぴょんちゃん、いつもの指を組んだポーズで何やら考え込んでます。

何かいいことありそうな気がするの

ぼんちゃんはじっと上を見つめ真剣な表情。考えているのは……やっぱりごはんのこと?
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:4 

ヒキガエル本7―カエルの鼻

カエルの鼻 たのしい動物行動学 表紙カエルの鼻 たのしい動物行動学
石居進/著
八坂書房 1997年 192P A5変型・上製


この本では、まず仮説を立てる、それを検証するのに必要な実験をデザインする、結果を統計学的に検討する、という科学の研究の手順を、ヒキガエルの話を例に取って分かりやすく解説しています。動きを追う装置は手作りの糸巻き、中学レベルの方程式でヒキガエル出現率を計算するなど、シンプルな方法でアイデアを駆使して謎に迫る過程はわくわくする面白さです。

著者の専門は「比較内分泌学」? 聞き慣れないので調べてみたら、動物の進化・適応の過程を直接観察することはできないため、様々な動物のホルモンや関連する遺伝子を比較することで解明していこう、という学問らしい……。なるほど~。

カエルの鼻 たのしい動物行動学 88-89p元々は繁殖行動とホルモンとの関係の研究をしようとしていて、そこでヒキガエルが池を見つける方法がまだわかっていないことを知り、調べることになったそうです。

カエル観察の描写は客観的で淡々としています。ホルモン抽出のために多数のヒキガエルを殺すときも、「かわいそう」などの感情的な表現はなく、ただ翌年以降も研究を続けるために繁殖数に出来るだけ影響のない方法を選んでいます。

それでいて、端々にカエルへの優しさを感じます。特に、図表の一部に使われている写真。今回借りた本は旧装丁ですが、裏表紙の3枚組写真なんて最高です♪
(本文中には同じ写真がモノクロで、その前のシーンも合わせて載ってます)
また、著者はカエルグッズの収集家で、それに関するエピソードも楽しいです。

八坂書房の許可を受けて画像を掲載しています。


カエルの鼻―たのしい動物行動学




新装版の表紙。
池袋の森 観察日記さんの写真が使われているそうです。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:5 

コオロギぱくぱく

ぴょんちゃんがコオロギを食べた後はちょっと苦しそう。少し上を向いて喉を膨らませて、何度も口をぱくぱく。1匹食べる毎にしばらく休憩です。外で食べても同様ですから、土が付いているせいではなさそう。

アズマヒキガエルとフタホシコオロギコオロギをぱくり!
上手く飲み込めたかなぷはっ

ぼんちゃんは食べてもあまり表情を変えず、たまに軽く口を開ける程度。目の前のコオロギを立て続けに飲み込んでいきます。

食べてもけろっとしてますおいしいわー

あむっむぐぐ
お口がねばねば
柔らかくて食べやすいかと小さいコオロギにしたら、食欲をそそらないようで無視するし。

あまり気にしなくていいのかな。まあ無理せず好きなように食べてくださいな。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:5 

ワラジまみれ

もうちょっと前に詰めてよ最近はぼんちゃんも一日の大半を寝床で過ごしています。とは言っても、お風呂やトイレやお食事など必要な時はちゃんと出てくるからいいのです。

食事に出てきたヒキガエル

ヒキガエルと芋虫

それに引き替え、ぴょんちゃんはこもりっきり。仕方ないので寝床にエサを入れてやっています。

今日はツバキの花に付いていた芋虫、スギタニモンキリガの幼虫です。丸々太っておいしそうでしょ。

食べる時に一歩前に出たら、餌皿にぼんちゃんの食べ残したワラジムシとダンゴムシが載っているのに気付きました。久々に外に飛び出してぱくぱく。いつもコオロギの時は眺めているだけなのですが、他の虫だと目先が変わっていいみたい。

食べていたらワラジムシが体に登ってきました。見ているこっちがくすぐったい~。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 動画  / Trackback:0  / comment:5 

春の花

咲き零れる桜今年は桜の開花が遅くて4月に入っても蕾のままでしたが、急に暖かくなって一気に開きました。花の重さで枝がしなりそうです。

今の時期、近所の空き地は素敵なタンポポ野原に。これを見ると春だな~と感じます。在来種のカントウタンポポです。セイヨウタンポポと違って、初夏には姿を消してしまいます。

タンポポがいっぱい大株のタンポポ
タンポポとベニシジミタンポポの花にベニシジミがやって来ました。強い風に倒れそうになりながら蜜を吸っていました。

この空き地にはこれから秋までいろんな虫たちが集まります。うちのヒキガエルたちの食料調達に貴重な場所です。住宅分譲地ですからいずれは家が建って、なくなってしまうのでしょうね。

開き過ぎのチューリップうちのプランターのチューリップは既に開ききって、何だかわからない花になってしまっています。

庭のあちこちで、シャガやフリージアが咲いています。ほとんど野生化していますね。ムラサキケマンなどの雑草もかわいいです。
小さくてもゴージャスなシャガ香りの良いフリージア

Trackback:0  / comment:4 

おせっかい

毎日ぼんちゃんがこちらを見つめているのに気付いていましたが、忙しいからごめんねーと言い訳して待たせていました。やっと時間が出来て数日振りにごはんを準備。コオロギをお皿に入れました。

ところが、ぼんちゃんが屋根の上から見ているだけでなかなか食べにきません。あんなに食べたそうにしてたのに、と持ち上げて餌皿の前に移動させると、大きなコオロギを2匹ぱくぱく。ほら食べるじゃん。でもなんか動きが鈍いです。

後ろ肢は投げ出したままだし、食べた後はおなかをぐりゅぐりゅさせてちょっと難しい顔してるし。そのまま見ていると背中を丸めて立ち上がり……あ、脱皮ですか~!

脱皮直前で食欲なかったのに強引に勧めてしまいました。それでも食べるところがぼんちゃんすごい。前にも似たようなことやっちゃったのに、学習能力の低い飼い主でごめんなさい。

幸い脱皮は滞りなく済みましたが、無理に食べたのであまり気分が良くないようで。寝床に引っ込んでしまい、丸二日出てきませんでした。

ちょっと怒ったヒキガエルすっきりしないわー

心配していたら、先程ようやく外に出てきました。真っ先にお皿のところへやってきたということは、またおなか空いたのよね? 今度こそおいしく食べてもらいましょ。

とことこお皿のところへさあ、ごはんでしょ?

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 脱皮  / Trackback:0  / comment:0 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート