月別 : 2008年10月
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2008/10/31 Fri

ヒキガエルの世話まとめ(1年目の10月)

カエルのサイズ(月初めに測定・ヒキガエル成長記録1にグラフあり)
5-8cm、20-30g。
エサやり
ほぼ毎日、昼頃。大雨の日はナシ。
ワラジムシ中~大10-20匹。他に、アオムシ大、バッタ小~大、ミミズ、カメムシ、ナメクジなど1~2種類。食事2の記事を参照。
ぼんちゃんは針金で レプトミンの餌付けに成功。
飼育ケース
先月と同じ。
土容器
水苔と植木鉢撤去。昆虫マットに黒土を混ぜる。端の方にアイビーを植える。
シェルター
カップ焼きそば容器を切ったもの(13×6×8cm)。土に埋め込んで使用。
写真はカエルと土の記事を参照。
お気に入りの洗剤スプーンは小さくなって撤去。デザート容器はそのまま。
お風呂
1日1~数回。
フン
数日おき。紙の上、お風呂の中など。フンの写真はこちらの記事を参照。
掃除
2~3日おき。ついでに日光浴。
置き場所・温度管理
北側洗面所。15-20℃。加温なし。
寒くなったせいか、朝のうちは2匹とも寝ていることが多くなりました。ぴょんちゃんは以前よりエサへの反応が鈍くなったが、量は食べています。たまに脱皮不全気味。ぼんちゃんはレプトミンを食べて急成長。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
スポンサーサイト
2008/10/29 Wed

カエルと土

涼しくなってきて、カエルたちの動きが鈍くなってきました。

本当はケース全体に土を入れた方が良いのでしょうが、メンテナンス性を考えて、床はキッチンペーパーを敷き、土を入れたタッパーを置いています。
小さい頃は土に潜って寝ていたのですが、最近はプラスチックのシェルターに入っているか、キッチンペーパーの上に直に座り込んでいることが多くなっていました。
洗剤の計量スプーンで作ったシェルターは2匹ともお気に入りでしたがもう小さ過ぎ。ぼんちゃんが入るとぎゅうぎゅう、ぴょんちゃんはおしりしか入れません。

080925toad.jpgこれは9月末頃のぴょんちゃん。この時点で既にはみだしてます。今では、ぼんちゃんもこれよりもう少し大きいくらいになっています。

土の外は温度変化が激しいので、こんな状態では冬が越せないでしょう。それにお肌が乾燥するようで、このところ脱皮不全気味なのがとても心配です。先日もぴょんちゃんの皮が残りまくりでお風呂に入れて皮むきを手伝ってやりましたし。

やはり土の中で寝て欲しいと思い、無理矢理土の上に載せていたら、しぶしぶ潜るようにはなってきました。土にプラスチックのコップを埋め込んで屋根を作ってみたところ、ぼんちゃんは気に入って2日ほどその中に入っていました。でもこれだと1匹しか入れません。
そこで、カップ焼きそばの入れ物を使って大きめシェルターを作ってみました。保温性もあり、上に登ることもでき、なかなか良かったようです。二匹とも土で寝るようになってくれました。

081029toad.jpg081031toad.jpg
2008/10/14 Tue

体重測定2

10/14現在、ぼんちゃんは体長約5cm、体重16g。ぴょんちゃんは体長約7.5cm、体重30g。2匹ともこの3週間で1.5倍のサイズに。スゴイ成長です。

081007toad2.jpg081007toad.jpg
左)正面から見るとトカゲっぽいぴょんちゃん
右)目が大きくて子どもっぽい顔のぼんちゃん

081005toad.jpg上から見ると体型がずいぶん違います。頭がちょこんとくっついたひよこ饅頭みたいなぴょんちゃんに対して、ぼんちゃんは頭でっかち。もしかしたら将来的にはぼんちゃんの方が大きくなるのかもしれません。


081013toad.jpgミミズを食べるぼんちゃん。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。