カテゴリ : その他生き物
テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2019/03/09 Sat

産卵まだかな

早咲きのサクラはもう満開3月に入ってから雨が続き、大分春めいてきました。里山の谷戸は水温が低いので、まだかなーと思いつつも様子を見てきました。

去年はアカガエルの卵が見つからなくて心配していたのですが、いつもの池で無事に発見。泥まみれでわかりにくいですが、まだそれほど発生が進んでいないようです。

いつもの池に卵塊2つまだ黒丸状態

ヒキガエルはこれからですね。月曜は雨の予報で暖かくなりそうなので、その辺りと予想してます。ちょうど見に行けるといいんだけど。
テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2017/07/05 Wed

殺虫剤

玄関にあるミニプランター、数年前に種をまいたブロッコリーがひょろひょろとまだ生きています。青虫を呼び寄せるためなので、しょっちゅう虫食いでぼろぼろ状態。今年も花を咲かせた後、ようやく少し葉っぱが生えてきたと思ったら、いつの間にかほぼ丸坊主に。

プランターの側面にモンシロチョウの蛹を発見。こいつが大部分をかじったのでしょう。そのままにしておいたら、次に見たときにはもう中身が羽化していなくなった後でした。

170622sanagi01.jpg170630sanagi01.jpg
170630caterpie01.jpgその他にもまだ小さい青虫が3匹いました。葉っぱが足りないだろうとプラケースで飼育することにして、冷蔵庫にあった白菜を与えました。ところが青虫たちは白菜をちょっとだけかじると、体が黒ずんで次々に死んでいきました。

3匹とも脱皮の途中で具合が悪くなっていました。どうやら脱皮を阻害するような殺虫剤が使われていたようです。これまで何度か市販の野菜で青虫を育てましたが、こんな風に死んでしまったのは初めてです。

脱皮ホルモン関係か、キチン質の形成に関わるものか。いずれにせよ、哺乳類には無関係の部分なので、人体には影響がない薬剤なのでしょう。

……と、理屈ではわかっていても、目の前で青虫がばたばた死ぬのを見ちゃうとねえ。この白菜、食べる気になれませんでした。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2017/05/10 Wed

しましま

170502snake01.jpg先日里山に行ったとき、田んぼのあぜ道でしましまの尻尾を発見。大きなトカゲかと思ったけどなんか違うみたい。

シマヘビさんですね。がさがさと草をかき分けたら、田んぼの中に逃げ込みました。太さはせいぜい2cmですが、結構長くて伸ばしたら1m近くありそう。
170502snake02.jpg170502snake03.jpg
170502snake04.jpgアオダイショウは家の周りでもたまに見かけますが、野生のシマヘビを見たのは初めてです。赤い眼がちょっと怖い。触ってみたかったけど、割と気性の荒い蛇だと聞いたことあるので遠慮しておきました。

田んぼでは、姿は見えないけどシュレーゲルアオガエルの声がよく聞こえるのでそれを食べに来てるのでしょうね。

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2017/03/18 Sat

カエルの卵が見つからない

3/6に一日雨が降り、もうガマ合戦は終わった頃かなと、里山に出かけたのが先週の3/10。ヒキガエルもアカガエルも卵が見つからずうろうろしていたら、ちょうど見回りしていたボランティアの方に声を掛けられました。その方によると、最近はカエルの卵がめっきり減ってしまい、特にここ数年は業者による盗掘があるようだ、とのこと。以前見守っていた卵を早朝ごっそり盗っていかれたらしいのです。

教材として学校とかに売りつけるんだとおっしゃってましたけど、そうかなあ……? 今どき卵やオタマを使った授業をしてくれる先生なんてほとんどいないような気が。まあ、オークションやペットショップで売るために乱獲する人はいそうです。

その日はがっかりして帰りましたが、思い起こしてみると複数の産卵場所でどこにも卵の痕跡も残っていなかったんです。アカガエル卵塊ならともかく、ヒキガエルの卵ひもはあちこちに絡みつくので、全てをきれいに取り尽くすのは無理でしょう。見つからないのは盗られたせいというより、今年は全く産んでない、ということなんだと思います。

まさか去年までいたヒキもアカも、急に絶滅したってことはないよね。単に今年は時期がずれててまだこれからなんだよね、そうであって欲しい!!

しばらくはこまめに通って様子を見ることに。今週は水曜から4日間続けて行ってきましたが、まだ卵はありません。夜や夕方にちょこちょこ雨降ってるし、昼間は結構温度も上がってるんだけどなあ。

カエルはいなくても、里山ではいろんな生き物が見られるから歩いていて退屈はしませんね。藪の中でがさがさ音がしたり、頭上を鳥の影がかすめたりするたびにわくわくします。ああ、でもやっぱりヒキガエルに会いたいなあ。

170316hana01.jpg170316tateha01.jpg
170317hato01.jpg170317hana01.jpg
170318hana01.jpg170318aoji01-2.jpg
テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2016/05/15 Sun

ガビチョウ

160425gabi1.jpg160425gabi2.jpg
160425gabi3.jpgここ一ヶ月ほど、家の近所で派手にさえずる鳥がいます。「チュチュピー、ピューイピューイ、キュルルル」と、多彩に長々と歌い上げ、非常に美しい鳴き声ではあるのですが……。

声量がものすごくて、まるで耳元で叫ばれているかのよう。いったいどんな鳥なのかと気になっていて、先日ようやく姿を見ることができました。

ヒヨドリよりちょっと小さいくらいで、茶色くて目の周りに白い模様。ガビチョウという鳥ですね。ペットとして輸入されたものが捨てられて野生化、特定外来生物で日本の侵略的外来種ワースト100にも選定されているとのこと。うるさいのは確かですが、生態系に悪影響及ぼすほど繁殖力強いのかなあ?

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ
2016/05/08 Sun

ヒメアリ女王

160506ant1.jpg160506ant2.jpg
台所のタイルに小さな動くものが点々と。ヒメアリだ〜!

いつものようにアリメツを塗りたくり、しばらくすると順調に集まってきていました。よしよし、これはしばらく放っておこう。すっかり安心して、よく見ないで写真だけ数枚撮ってそのままに。

そう言えば、さっきカメラを向けたとき、ちょっと大きい黒いものが動いたような……。写真を確認してみると、明らかに他の蟻より巨大な、でも姿はそっくりなヒメアリが写っていました。こ、これはもしかして女王蟻ではありませんか??

えーっ!! 女王って普通に働き蟻と一緒に歩いているもの? 子どもの頃、クロヤマアリを飼っていたけど女王は手に入らなかったんだよねえ。女王蟻ってやっぱ格好いいなあ。

初めて見る女王に大興奮して写真を眺めていましたが、ふと我に返りました。あれ?女王がうちの台所にいたと言うことは、ここに巣を作っちゃったというわけで。ヒメアリを退治していたんだから殺さなきゃダメじゃん!! 私、バカじゃないの!!!

慌てて見に行っても後の祭り。女王蟻はどっかの隙間に隠れてしまったようです。アリメツを食べていてくれればいいけど、普通の蟻より丈夫そうだから、そう簡単には死なないんだろうな……。

その後、ヒメアリの行列はまだ続いているのですが、アリメツには飽きてしまったのかほとんど寄ってこなくなってしまいました。場所を変えるとか別の餌を混ぜるとか、いろいろやってみるしかないですね。どうやらしばらくヒメアリとの同居が続きそうです。

※以前ヒメアリが出た時の記事はこちら。
>>アリメツ >>アリメツ2
テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2016/03/06 Sun

まだでした

160304hana1.jpg160304hana2.jpg
160304bf1.jpg県内のあちこちで、半月ほど前からヒキガエルたちが産卵しているようですね。何度か里山に様子を見に行きましたが、カエルの卵はまだ影も形もありません。

それでも日に日に春めいてきて、景色に緑と花が増えてきました。先日はタテハチョウの仲間が何匹も飛んでいました。

何かが鳴いている声が聞こえてどきっとしたけれど、残念ながらカエルではなくリスでした。なーんだ。

160304risu1.jpg160304risu2.jpg
今日明日は雨が降りそうなので、その後かなあ。見に行く暇があるといいけど。きみちゃんの時もこの里山は周りより一ヶ月くらい遅かったので、もうしばらく掛かるかもしれません。
テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2015/12/30 Wed

冬の青虫

プランターのブロッコリーの葉っぱに点々と丸い穴が空いているのに気付いたのは12月の初め頃。この時期でもよくいるオンブバッタの虫喰い痕とは違います。葉っぱをかき分けて探してみると、細っこい青虫を見つけました。こんな寒い時期に何の虫?と思いましたが、よく見慣れたその姿はどうやらモンシロチョウの幼虫のようです。

151221caterpi1.jpg151221caterpi2.jpg
12/21には、一番大きな青虫が約3cm、多分もう終齢ですね。もう一匹が2cmくらいで4齢かな。

151227caterpi1.jpg151227caterpi2.jpg
12/27には更にもう一匹、一回り小さいのを発見。上の2匹は前回より若干大きくなりましたが、齢数は変わらないようです。夏場なら2,3日毎に脱皮するのに……。

食べる量も慎ましいものです。ブロッコリーは下葉が枯れてしまい、上の方に少ししか葉っぱが残っていないので、あまり食べられても困りますけどね。

151228caterpi1.jpg151229caterpi1.jpg
12/28は3匹とも変わりなし。ところが、12/29には小さい2匹が見当たりませんでした。単にどこかに隠れているだけかもしれませんが、もしかしたら鳥にやられちゃったのかなあ。

この残った終齢幼虫、いつさなぎになるんでしょうか? モンシロチョウはさなぎで越冬するんだと思っていました。さなぎになって蝶になるまで観察できたらいいな。
テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2015/10/12 Mon

雨の朝

151011tobi1.jpg151011tobi2.jpg
151011karasu1.jpg昨日の朝、雨戸を開けたら「ぴーひょろ〜」と大きな声。すぐ前の電信柱のところにトンビが留まっていました。雨がざーざー降っているのに、何でそんな濡れる場所にいるんだろう?

しばらくの間、そこで鳴きまくっていましたが、カメラに気付いて飛び立ちました。そして数軒先の屋根のTVアンテナへ移動。

風にあおられてトンビの重みでアンテナが揺れます。曲がらなければいいけど……。

時々びしょ濡れの羽根を動かして、しずくを払う仕草をします。今度は少し離れているのでカメラを向けても動じません。いつまでそこにいるのかと思っていたら、カラスが一羽現れました。

カラスがアンテナの端に留まると、トンビは逃げて行きました。トンビの方が大きいのに、怖いのかな。

その後、カラスはトンビがいたアンテナのてっぺんへ移動しました。高いところだと偉いんでしょうか。雨も風も凌げる場所は他にいくらでもあるでしょうに、君たち、なんでそこがいいのさ。
テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2015/09/24 Thu

カネタタキ

家の中で虫の声。一瞬コオロギが逃げ出したのかと思いましたが、鳴き方が違います。「ちっちっちっち」と短い声。カネタタキですね。薄茶色で1cm程度のコオロギの仲間です。庭にたくさんいるようで、なぜかこの虫、よく家に入ってくるのです。

フタホシの「り〜!り〜!り〜!」に比べればまだマシとは言え、結構なボリュームの金属音。外で鳴いているのは風情があっても、家の中だと結構耳障りです。出来れば出て行ってもらいたい。

小さくて素早くて、探してもなかなか見つかりません。以前に一度捕まえた時は、プラケースに放り込んだらするするっと登って、あっという間に飛び出してしまいました。フタホシはちびでも登れないのに。

たまたま翌日になって廊下のドアの影にいるところを発見。ゼリーのカップを被せて捕獲しました。体はほっそり、羽がちょん切れたように短くて、この姿でよくあんな大声が出せるものだと思います。

150923kanetataki1.jpg150923kanetataki2.jpg
きみちゃんのところに入れてもどうせ食べられないので、そのまま庭に逃がすことにしました。動画の前半は雑音が多いですがボリューム上げると、庭で他のカネタタキが鳴いている声が聞こえます。


テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ
2015/08/06 Thu

アリメツ3

先日、居間の窓枠に沿って小さなアリが列を作っているのに気が付きました。2mm弱と小さくてちょこまか動き、全身真っ黒で艶があって、顔が少し細長い。昔出たルリアリですね。

何か小さなかけらを持って、せっせと外へと運んでいる様子。どこから?と辿ってみると、コオロギのケースの中!
コオロギの餌にしていたスイミーにたかっていました。肉食系のアリなので、コオロギの羽や脚の切れ端も狙っていたかもしれません。コオロギには被害を出さずにアリだけをやっつけなければ。

そこで早速アリメツをセット。最初は素通りされるのでお皿の周りに少しこぼすように垂らして、少しずつ位置をずらしていくと、ようやく1匹のアリが立ち寄りました。そこそこ集まってきたな、と思ったら、急に数が減ってきて2時間ほどですっかり姿を消しました。ずいぶん早くない?
150723ant1.jpg150723ant2.jpg
結局その後は全然見かけていません。こんなに素早く退治できるとはさすがアリメツです。

120709ant1.jpg以前2回目のアリメツの記事を書いた後も、アリメツには何度もお世話になっています。特に毎年侵入してくるのはトビイロケアリ。ルリアリより一回り大きくて、若干茶色っぽくて、とにかくやたらと数が多い。集まってくるときに目印のつもりなのか、外から砂粒を運んでくるので周りは汚れるし迷惑な奴です。

こいつにもアリメツはよく効きます。ただし少し経つと生き残りがまた現れます。なかなか根絶には至らないようですが、しばらくは姿を見せなくなるのでこれで充分です。

※8/7 アリメツの使い方のコツなど追記

我が家では大変役立っていますが、アリメツも万能ではありません。アリメツが効くのは、アリが『行列を作って』家に侵入してきたときです。どこから来てるかわからないけどたまにアリがうろうろしてる、というときには向きません。

侵入口を見つけてそのすぐ近くに置くことが重要です。遅効性の毒を食べた蟻が巣に持ち帰って仲間に分け与えて効果を発揮するので、たっぷり食べて無事に巣まで辿り着いてもらわないといけません。

容器はアリが登れるものなら付属のペラペラのお皿でも瓶の蓋でも何でもいいです。置いてすぐは警戒して中まで入らないので、縁の辺りにもアリメツを塗っておきます。タイルや金属など染みこまない場所ならば、直接垂らしてしまった方が集まりやすいです。

アリメツと入り口の間を行ったり来たりするアリには手を出さないようにします。ある程度集まっていたら、アリメツを無視して部屋の奥へ進もうとするアリだけは潰して死骸を転がしておきます。これ以上進むと危険、という警告です。部屋の奥にいたアリが巣に戻ってほとんどいなくなったら、アリメツより先には行列ができないよう拭き掃除してニオイを消しておきます。

アリメツは長く出しておくと水分が飛んでねばねばになってそのうち固まります。固まっても効果はありますが食べにくいですし、粘つくと足を取られてその場で死んでしまうので、少量ずつこまめに継ぎ足した方がいいです。固まったものにも水を足せば元に戻りますが薄めすぎると効かないので、容器を洗って入れ直した方が確実です。

根絶するには外の蟻の巣付近に置いた方がいいのでしょうが、アリメツが雨で薄まったり日に当たって固まりやすいので、家の中の方が扱いやすいです。また、本当にそこの巣が発生源か見極めないと。無関係な巣を潰しても家の中のアリは減りません。

アリメツの毒はホウ酸なので他の生き物にも効きます。ペットや子どもには十分注意して。うちの子は小学生の時、置いてあるアリメツを見て「これなあに?」と指ですくって舐めようとしました〜。<お馬鹿

>>アリメツの最初の記事はこちら
テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2014/09/29 Mon

小川にて

9月は行事がいろいろ。カメラを持ったまま、ついでに買い物に行こうといつものスーパーへ。途中の小川は泥が溜まって見た目は悪いけれど、初夏にはガマの穂、今の季節はジュズダマが繁り、結構いろんな生き物がいます。普段から見かけるのはカルガモたち。たまにカワセミに会えるとテンション上がります。数年前にはホタルもいましたが、今はどうなんだろう。

140928tonbo1.jpg140928tonbo2.jpg
昨日は、水面に張り出した笹の先に赤トンボがいっぱい止まっていました。秋ですね〜。夏にいる黄色っぽいトンボはびゅんびゅん飛んでて全然止まらないけど、この時期の赤トンボは伸ばした指先にもやって来るので簡単に捕まえられるんですよね。

140910aosagi1.jpg140910aosagi2.jpg
140910moth1.jpg先日は灰色の大きな鳥、アオサギさんがいました。まだ若い個体でしょうか。こちらに気付いたようでススキの影に隠れようとするので、ちょっと追い越して反対側から覗いたら、さっき私がいた方をちらちら見てます。後ろガラ空き(^^ )。

スーパーの外壁に大きな蛾が止まっているのを発見。速そうで格好いい。でも、こっちに飛んで来ないでね。
昆虫 鳥 動物 飼育
テーマ:庭の昆虫 - ジャンル:趣味・実用
2014/07/16 Wed

薄翅蜉蝣

140714usuba1.jpg裏のブロック塀に細長い虫が止まっているのを発見。最初はイトトンボ?と思いましたが、トンボと違って羽が大きくて触角が長めで目が小さいです。

クサカゲロウに似ているなあと思って、調べてみたらやっぱりウスバカゲロウ。蟻地獄の親です。

全然動かないので捕まえてカエルの餌にしようかとも考えたのですが、腹の足しにもならなそうなのでそのまま放置。本来のカゲロウとは違って、肉食で噛む虫だそうですしね。

ウスバカゲロウと言えば、思い出すのはどくとるマンボウ昆虫記。『薄馬鹿下郎』という呼び名はひどいよねー。(笑)
テーマ:庭の昆虫 - ジャンル:趣味・実用
2014/06/26 Thu

モンシロチョウと寄生蜂(閲覧注意)

130324broccoli1.jpg2年前、小さなプランターにブロッコリーの種を蒔きました。夏は青虫に囓られ、冬は小鳥に葉をむしられて、ほんの数株しか残りませんでしたが、去年の春にはきれいな花を咲かせました。

その後枯れてしまうのかと思っていたら元気に葉を茂らせて、夏にはモンシロチョウの青虫がたくさん付きました。小さいのはちびガエルだったきみちゃんに、大きいのはぴょんちゃんに。ぴょんちゃんが食べ残した青虫が逃走して室内で蛹になり、無事に羽化したのは去年ブログに書いた通りです。

130815sanagi2.jpg
外に残した青虫も一部は蛹になりましたが、鳥に見つかったのかむしり取られたようになくなっていました。無事に蝶になるのはなかなか難しいようですね。

ブロッコリーは秋になると葉を落とし、ごつごつした茎だけになって2度目の冬を越しました。今年の春は花芽が出てたくさんの花を咲かせましたが、葉っぱはほとんど出てきません。そこにまたモンシロチョウが卵を産み付けて、わずかな葉っぱが青虫に囓られていきました。

このままでは青虫が大きくなる前に丸坊主です。そこで青虫は家で飼うことに。育ちが悪いのはヒキガエルのおやつに、残りはチョウチョになればいいな、と思って。

140606monshiro1.jpg140609monshiro1.jpg
140610monshiro2.jpg10匹のうち、一番小さかったものは間もなく死んでしまいました。1匹は肩のところに傷があり、不安だったので早めにカエルの餌に。残りの8匹は特に見た目に問題なく、すくすくと育っていきました。

青虫たちは約3cmになると餌を食べなくなり、プラケの壁を登り始めました。蛹になるのね、と思いましたが、ちょっと違和感が。

モンシロ青虫の飼育は今回初めてですが、アゲハ幼虫を何度か蝶にしたことがあります。幼虫は終齢になるとそれまでとは段違いに大量の葉っぱを消費しました。ところが今回の青虫たちは最後の方、あまり食べていないような気がするのです。

140610monshiro1.jpg上に登ってきた青虫は、以前きみちゃんが住んでいた大プラケに移しました。しばらくうろうろしてからプラケ壁の途中で動かなくなりますが、翌日になっても幼虫の姿のままで糸を掛ける様子がありません。

見た目は本当に普通なんです。色もきれいな黄緑色。透かしてみても影など特に見えません。

ところが、しばらくしてふと見ると……!
140611komayu1.jpg140611komayu2.jpg
140611komayu3.jpgうあああ〜!!
小さな幼虫がうじゃうじゃ出てきてるじゃないですか。アオムシコマユバチに寄生されていたのですね。全然わからなかった〜。

同じ頃に壁に登った他の青虫をよく見ると、皮膚の表面が少し凸凹に変化しています。ハチの幼虫がうごめいているようです。慌ててこちらはカエルに食べさせました。
140612komayu1.jpg140612komayu2.jpg
その後も続々と青虫が壁を登りました。蛹になったのは1匹だけ、残りは全て寄生されていたようです。

寄生された青虫を見分けるポイントとして、今回観察してわかったのは、
  • 終齢になって間もなくほとんど餌を食べずに壁を登り始める
  • 蛹化せずいつまでも幼虫のままでいる
の2点です。更に、蜂の子が出てくる直前には表面がかなりいびつになります。

なお、青虫の背中に2つの黒い影が見えたものもありましたが、調べてみるとこれはオスの精巣で寄生蜂とは無関係のようです。見た目だけでは、ぎりぎりまで区別が付きませんでした。

ちなみに、蜂の子が出た後も青虫はまだ生きてるんです! 蜂の子を取り除いた青虫をカエルたちの目の前に置くとのろのろと歩き出し、きみちゃんが食べてくれました。栄養分はほとんどハチに取られてしまっているのでしょうけどね。

無事に蛹になれた1匹の青虫は、3cm過ぎても食欲が衰えず、他の幼虫より若干大きめに育ちました。夕方に壁に登ると翌朝には糸を掛けてずんぐりした前蛹の姿に。午後には蛹になっていました。

140611monshiro1.jpg140611monshiro2.jpg
140613monshiro1.jpg140618monshiro1.jpg
140618monshiro2.jpg蛹はその後、周りの色に合わせたのか茶色っぽく変化。一週間後、深夜に羽の模様がくっきりと現れ、翌朝気付いた時にはもう羽化していました。

去年はたまたま逃げ出した1匹が寄生もされてなくて、羽化の様子も見られて……。これって今にして思えばすごくラッキーだったのですね。
140618monshiro4.jpg140618monshiro5.jpg
この日は雨降りだったのでしばらく様子を見て、夕方に雨が上がってから蝶を外に逃がしました。
140621monshiro1.jpgプランターを見ると、発芽したばかりのブロッコリーに5mm未満のモンシロ青虫たちが付いていました。そして、その近くには約3mmの小さなハチが……!

これがアオムシコマユバチの成虫。青虫がこんな小さなうちから狙っているんですね。

今回はどうしようかな。放っておいたらブロッコリーは食べ尽くされそうですが、ほぼ確実に寄生されている青虫を育てるのも何か嫌だなあ。

140621komayu1.jpg140621komayu2.jpg
テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2014/04/22 Tue

コゲラ

140411kogera1.jpg140411kogera2.jpg
最近、庭から「ぎー、ぎー」ときしんだような音が聞こえます。生き物の鳴き声らしいのですが、虫?カエル?鳥?とまるで見当が付きませんでした。

先日ようやく正体が判明。藤の木に留まっていたシマシマの小鳥が鳴いていたのです。うーん、どこかで見たような……。

以前、近所の街路樹に穴を開けていたのを思い出しました。キツツキの仲間、コゲラですね。餌を探していたのかな。しばらく藤の枝の上をうろちょろしてから、飛んで行ってしまいました。巣作りに来たわけではなさそうです。残念。

庭の樫の木が大きくなり過ぎて持て余しているので、穴開けてくれちゃってもいいんだけどなー。
テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2014/04/05 Sat

ちびアマガエル

140404ama1.jpg
庭で虫取りしていたら、黄緑色の小さなものがぴょんぴょーん。アマガエルです!

実は私、屋外でアマガエルを見たのは小学生の時以来なんです。びっくりするやら嬉しいやら。手で捕まえてプラケースに入れてじっくり観察することに。

140404ama2.jpg
体長は2.5cmくらい。まだ子どもなのでしょうか。ガチャガチャのフィギュア(約3cm)と比べると一回り小さいですね。それにしてもそっくりです。

鳴き声は出さずに喉を膨らませる仕草が見られました。雄なのかな?

一生懸命壁に張り付いて登りますが、プラケが傷だらけのせいか、少しするとぽとっと落っこちます。吸盤があってもヤモリのような壁チョロはできないのね。
140404ama3.jpg140404ama4.jpg
140404ama5.jpg餌はあるし、このまま飼っちゃおうかな、とも思ったのですが……。ヒキガエルとは全然違うジャンプ力に気後れしてしまい、今回はさよならすることに。

庭でプラケの蓋を開けると、ぱっと飛び出して敷石の上へ。そのまましばらくじっとしていましたが、やがてぴょこぴょこと植え込みに隠れていきました。

どうぞお元気で〜♪ 大きくなってまた姿を見せてくれるといいな。
テーマ:庭の昆虫 - ジャンル:趣味・実用
2013/09/02 Mon

モンシロチョウ羽化

カエルケースから逃げ出したモンシロチョウ、先日無事に羽化しました。

バケツに付いた蛹を発見したのが8/15、多分蛹になったのはその前日です。日に日に蝶の姿に変化していき、8/20の昼間には黄色かった羽が、夜には白地に黒紋付きに。その晩11時半頃に羽化しました。

130816monshiro1.jpg130819monshiro1.jpg
130820monshiro1.jpg130820monshiro2.jpg
130820monshiro3.jpg130820monshiro4.jpg
130820monshiro5.jpg130820monshiro6.jpg
130820monshiro7.jpg130820monshiro8.jpg
蛹から出て5分ほどで羽が伸びてきれいなチョウチョに。室内で夜中に飛び回られると困るので小さなプラケースに移し、翌朝外に放しました。

今回20匹ほどいた青虫は、半分をカエルの餌に、残りはそのままブロッコリーの葉の上に残しておきましたが、多分スズメの仕業で全滅しました。蝶になれたのはこの1匹だけです。

終齢幼虫になってすぐにカエルケースに入れたので、最後はほとんど餌がなく、小さなままで蛹になってしまいました。モンシロチョウとしてはちょっと小振り、でも元気に飛んでいってほっとしました。
テーマ:庭の昆虫 - ジャンル:趣味・実用
2013/08/21 Wed

アオスジアゲハ

玄関先のプランターにいつの間にか木が1本。何の木だろうと義母に聞いてみたら、「勝手に生えてきたから知らない」とのこと。つやつやの新芽に虫喰いの跡があったので毛虫でもいるのかとよく見たら、ずんぐりした奇妙な形の芋虫を発見しました。

アオスジアゲハの幼虫のようです。多分この木はクスノキでしょう。近くに街路樹があるので、鳥が種を運んできたのだと思います。幸いなことに義母は特に虫嫌いではありません。蝶になるならいいねと、そのままにしておくことになりました。

130726aosuji1.jpg130726aosuji2.jpg
130730aosuji1.jpg明るい緑の体に黒い小さな角が3対。数日後には黄色いラインが入り、一番大きな角は目玉みたいに、他の角は目立たなくなりました。これが終齢幼虫かな?

昼間はじっと動きませんが、夕方になるとシャリシャリと音を立てて葉っぱを囓ります。幼虫たちが大きくなるにつれ、すごい勢いで葉っぱが減っていきました。この木が丸坊主になるのは構わないけど、葉っぱのカケラやフンが散らばり、掃除が大変でした。
130731aosuji1.jpg130731aosuji2.jpg
最初は4匹いましたが、鳥にでも襲われたのか1匹ずつ姿を消していき、最終的に残ったのは1匹だけ。

葉の裏に縦になって糸を掛け、その翌日には蛹になりました。そんな不安定な場所でいいの? 葉っぱが枯れて落ちたら困るんじゃないかなあ。

130807aosuji1.jpg130808aosuji1.jpg
蛹になって10日程経つと、色が少し黒っぽくなってきました。せっかくここまで育ったのに、蝶になった途端に鳥に見つかったら……と心配で、最後は家に入れることに。羽の模様がくっきり見えてきたところで、葉っぱごと取ってきて、プラケースに立てたボール紙に両面テープで固定。

夜中には全体が黒くなり、はじけそうに膨らんできました。今か今かと待ち構えていましたが、なかなか出てきません。

130817aosuji1.jpg130818aosuji2.jpg
130818aosuji12.jpg130819aosuji12.jpg
諦めて床に入り、朝になって見に行くともう羽化していました。出てきて間もないようで、最初は蛹のすぐ上、プラケ蓋の裏側にぶら下がっていました。蛹の殻の中には透明な液体が溜まっており、ボール紙に濡れた跡がありました。

130819aosuji2.jpg130819aosuji3.jpg
130819aosuji52.jpg130819aosuji6.jpg
プラケの中でぱたぱたと羽ばたき始めたので、玄関の外で蓋を開けました。アオスジアゲハはよろよろと飛び出して、クスノキの隣にあったアサガオの支柱を結んでいる縄にぶら下がりました。

義母に知らせると、「あんなの(芋虫)がこんなに可愛くなるなんてねえ」と喜んでくれました。

アオスジアゲハはそのまま数時間じっとしていましたが、昼前には姿を消しました。飛び立つところを見られなかったのは残念。無事に仲間に出会えることを祈ります。
テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2013/03/22 Fri

アカガエルのオタマジャクシ

水がなくなり泥だらけに残ったわずかな水の中にオタマがぎっしり
130321akagaeru-ta2-1.jpg5日振りに里山へ行ってみると、最初にアカガエル卵塊を見つけた池が大変なことに!
水がほとんど干上がって、残った水たまりにオタマたちがひしめき合っていました。

ここは湿地帯の窪みに水が貯まっただけなので、雨が降らないと簡単に水がなくなってしまうようです。日曜は雨の予報ですがそれまで持ってくれるでしょうか……。

130321akagaeru-ta2-2.jpg幸いアカガエルたちは他の場所でも繁殖しています。陽当たりの良い田んぼの水路ではオタマが大分大きく育っていましたし、新しく産まれた卵もありました。あちこちで生き残って、無事にカエルになってくれることを祈ります。
3/2 水路に沈んだ卵塊こちらは池と同じ日に水路で見つけた卵塊です。明るい場所で観察しやすく、卵が胚になりだんだん姿を変えて成長する様子がよく見えました。

水面に近い卵にはアメンボが何匹もたかっていました。動けないうちはこうやって他の生き物の餌になってしまうのですね。
13/6 卵が水面に浮いてきました3/9 尻尾が伸び始めました
3/10 大分尻尾が伸びて盛んに動いていました3/11 胚が孵化して卵の外へ
3/16 卵塊から離れて固まっています3/21 バラバラに泳ぎ回っています

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用
2013/03/09 Sat

早咲き桜

ピンクの蕾がきれい五分咲きくらい?

もう5月並? 暑いくらいの陽気です。カエルも金魚たちも活発に過ごしています。でも予報では明日以降また気温が下がるようで、この不安定さが春らしいですね。

外出先で街路樹の桜がきれいに咲いていました。ソメイヨシノではなく、早咲きの品種のようです。