This Category : ヒキガエル

量り直し

170602kimi01.jpgふと気付いたらもう6月です。体重測定したかったのに、きみちゃんはずっとお風呂の中。ようやく出てきたところで秤に乗せたら、明らかに重たいです。388gって……。たっぷり給水していたもんねえ。

床に降ろしても動かないと思っていたら、じょわじょわ〜と大きな水たまりができました。相変わらず尿の中にもやもやしたカスが混じっています。なかなか治まらないなあ。

170602kimi02.jpg170602kimi04.jpg
170602kimi05.jpg水分出たから軽くなったかな、と量り直し。346gですか。ずいぶん減りましたね。

身軽になって少しお散歩したきみちゃんをカエルケースに戻すと、またお風呂に入りました。え?まだ給水するの??

しばらくしたら水中で足を蹴り蹴り、じたばたと暴れ出して……。今度は大きい方ですね、また大量に〜。

170602kimi06.jpg170602kimi07.jpg
170602kimi08.jpg結局327gで、さっきとの差は約20g。出た量の割には少ないような、また水分吸ったからでしょうか。

こんな感じで一日のうちにもこれだけ変動します。体重はもちろん、体長だって姿勢によって結構伸び縮みしますからかなりいい加減ではありますが、大体毎月2回ずつの身体測定は続けています。

最近の表&グラフは >>ヒキガエル成長記録4へ。たまにこっそりと更新してます。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 成長 トラブル  / Trackback:0  / comment:4 

練り餌もおいしい

きみちゃんは今も数日おきにもやもやを排出していますが、至って元気です。お風呂で踏ん張っている時も特に苦しそうな様子はありません。

昨夜は何だかばしゃばしゃやってると思ったら、水中に手袋のような皮が。ヒキガエルにはよくあることですが、きみちゃんではこんなに形が残っているのは珍しいです。最近はきれいに脱皮できていて、お肌の調子も良好です。

170526kimi01.jpg170526skin01.jpg
170526kimi02.jpg食欲も旺盛で、週2回食べさせているのに全然物足りない様子。きみちゃんの棚の下段にいるコオロギのお世話をしていると、そわそわ期待しちゃいます。餌が入ってくるはずの天井をチラ見しては、「まだなの!?」と催促。

前回の食事で大人コオロギを食べ切っちゃったから、次のが育つまではまた練り餌で我慢してね。以前は反応イマイチだった練り餌ですが、最近はすごい勢いで飛びついてきます。

どうやらごはんは上から来るものと思い込んでいるので、正面に差し出すよりも上に見せた方が食べやすいみたい。首が痛くならないのかな。

きみちゃんは外でお散歩させても、のしのし歩くだけでほとんどジャンプしない子だったのに、ピンセットめがけて真上に飛び上がってきたときはびっくりしました。そんなに食べたかったの〜。

170526kimi03.jpg170526kimi04.jpg
久しぶりに動画を作成。編集ソフトのバージョンアップでいろいろと戸惑ったけど、何とかYouTubeにアップできました。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 動画 脱皮  / Trackback:0  / comment:0 

毒液

170510kimi01.jpg170510kimi02.jpg
170510kimi03-2.jpg夜にお風呂の水を替えたとき、側にいたきみちゃんの右耳の後ろにぽつんと水滴が付いているのに気付きました。お水跳ねちゃったかな、と思いましたが、他は全然濡れてないし、よく見ると色が付いている??

薄ら茶色がかった白濁で、膨らんだ耳腺のちょうど真ん中辺りから出ているようです。こ、これは……ガマの油ことブフォトキシンですよね!

ヒキガエルが毒を出すのは命に危険が迫った(とカエル自身が感じた)時だけという認識だったので、普通に飼育していて毒を見る機会があるとは思ってもいませんでした。こんな風に出るんだ。面白ーい。

でも、何で出したのでしょう? この日はきびきびとよく動いて元気いっぱい。いつもなら取り逃がすハエトリグモも一発で仕留め、おやつのスイミーをぱくぱく。特にストレスもなさそうで、死にそうな怖い目に遭ったりなんかしていません。

170505moya01.jpg先日の紐状のもやもやと同様に、体内で余分に作られてしまったものが出てきたのかもしれませんね。

なお紐状の塊はあの日だけでしたが、その後も数日おきに残りカスのようなもやもやが出ています。今のところ量はたいしたことありませんが、完全に治まるまでは心配です。

170511kimi01.jpg翌朝になると、液が流れた後がてらてらと光り、白い沈殿物がこびりついていました。昼過ぎにはほぼ乾いた状態でしたが、触ってみるとぺたぺたした感触。

耳腺の辺りを指で突いてみても毒液は出てきません。でも、体をつかんで持ち上げて、暴れても離さずにいたら、同じ場所から透明の液体がわずかに染み出てきました。白い成分はもう品切れかな。液体はかなり粘着質で、指先で糸を引くくらい。さすがに毒性を自分の体で試す勇気はなく、すぐに手を洗いました。

170511kimi02.jpg170511kimi04.jpg
170511kimi05.jpg普段は最低限しか触らない飼い主がしつこかったのでびっくりしたのでしょう。きみちゃんは、じたばたともがいて大量のおしっこを漏らしました。タオルの上でよかった。いじめてごめんね。

無理に毒を出させても何もいいことはないので、もうやめておきます。ガマ毒については、いろいろと調べた上でいずれ改めて記事を書こうと思います。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 成長 トラブル  / Trackback:0  / comment:0 

とある施設のヒキガエル

170429gama01.jpg170429gama02.jpg
先日出かけた某所にアズマヒキガエルの展示水槽がありました。想定外の場所でカエルに会えるとテンション上がりますね♪

水族館の協力で作成されたというビバリウムはなかなかの見応え。ゆったりした水槽の端っこに1歳程度のちびっ子が3匹いました。きみちゃんの1/3くらいのサイズ、可愛かった〜!!
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:0 

いがいが

170420kimi01.jpg170420kimi03.jpg
170420kimi04.jpg170420kimi05.jpg
170420kimi06.jpgサプリの粉をたっぷりまぶしたコオロギを食べたきみちゃん。喉がいがらっぽいのか、何度もぎゅっと目をつぶっては唾(?)を飲みました。涙目になっちゃって、眼から泡が出てますよ。

最後にひとつ、大あくびです。血色良くて健康そうですね。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:0 

ひも

170425kimi01.jpgお昼にコオロギを食べた後、夕方まできみちゃんは静かにお風呂に入っていました。きみちゃんが出た後の水は黄色っぽくて、おしっこいっぱい出たねと水を替えようとしたところ、水中に見慣れないものが……。

3-4cm程度の白い紐状のもやっとした塊です。つまみ上げてみると柔らかくてぷるぷるしていました。これは多分卵ひもです。

170425moya01.jpgぼんちゃんも、今のきみちゃんと同じ4歳になる年に白いもやもやを排出していましたが、こんな風にしっかり形のあるものではありませんでした。

ぼんちゃんのもやもやは、最初は透明の寒天状で、その後どろっとした膿のようになり、量が増えて3ヶ月ほど出し続けて衰弱して亡くなりました。おそらくホルモン異常で中途半端に出来た卵がおなかの中で腐ってしまったのだと思います。

170425kimi02.jpgきみちゃんにも同じことが起こる可能性がありますので、しばらく注意して見ていきます。そうなってしまったら、どうすることもできないんですけどね。

もうじき4/27はきみちゃんの上陸記念日で4歳のお誕生日です。まあ大人になったということで、ひとまずはおめでとう。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 成長 トラブル  / Trackback:0  / comment:6 

どたばたきみちゃん

170415kimi01.jpg170415kimi02.jpg
170415kimi03.jpg普段、きみちゃんは人がいる方をじっと見ていることが多いです。さらにカメラを向けると、どんどん近づいて来ます。

でも、テンション上がって動き回っている日には全然目が合いません。お風呂の水を跳ね散らかし、屋根に登っては飛び降りて。元気なのはいいけれど、まあ落ち着きがないこと。コオロギを入れても見向きもしないので、いったん引き上げました。

ぼんちゃんは毎年梅雨時にこんな感じで暴れ回って、しばらく餌も食べず一時的に痩せるのを繰り返していました。きみちゃんも1歳過ぎの5月頃はそうでしたが、その後は暴れていてもすぐに食欲が戻るようになりました。今回も翌日にはしっかり食べてます。

170415kimi04.jpg170415kimi05.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常   / Trackback:0  / comment:0 

ぺったんこ

170411kimi01.jpg寒暖の差が激しい季節。先日はとても寒くて、きみちゃんは一日中、丸くぺったんこになってました。

前の週にお通じがあって中身が出たから、おなかがふにゃふにゃ柔らかくなってるんですよね。それでこんなに潰れちゃったのかー。
170411kimi02.jpg170411kimi03.jpg
170412kimi01.jpgその翌日は20℃越えのぽかぽか陽気。姿勢も表情も全然違います。ずいぶんスマートに見えますね。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:5 

ヒキガエル卵2017

3/28にカエル池でヒキ卵塊を1本発見、その後もちょくちょく出かけては様子を見てきました。

170330hiki01.jpg170330hiki02.jpg
3/29は変化なし、3/30には少し卵が増えていました。やったね!

170403hiki01.jpgその週末はみぞれ交じりの冷たい雨が降り、もう4月とは思えないほどの寒さでした。カエルは来なかっただろうなと思いつつ、週明けの4/3に見に行くと卵の位置が若干変わっていました。数は増えた、のかな?

端がちぎれて水面に出かかっている卵ひもがあったので、水中に入れようと棒で突いたら、くるっとひっくり返って裏側が見えました。まだ半分白いです。産んでから間もないのか低温で発生が止まっているのか。
170403hiki02.jpg170403hiki03.jpg
その後は暖かい日が続き、次に出かけたのは4/6。カエル池に近づくと何か大きな生き物が……。

170406kamo01.jpg170406kamo02.jpg
170406kamo03.jpgカルガモが一羽、水底にくちばしを突っ込んで餌を探していました。お願い、卵は食べないで〜。

手が届きそうなくらい近づいてもカモは平然とお食事続行。まあ野生動物に危害を加える気はないけど、馬鹿にされてる?

田んぼの方には水草も生えてるしタニシもいっぱいいるよー。あっちに行けばいいのになあ。

170406hiki01.jpg170406hiki02.jpg
170406hiki04.jpgカモがいったん岸に上がったところで池の中を確認。泥が引っかき回されて形は崩れていますが、卵は残っているようです。ぼこぼこに変形した卵ひももあるけれど、外に胚は見当たりません。

全部食べられちゃったのかと焦りましたが、試しに1本すくい上げてみるとまだ紐の中に胚がありました。神経胚期でしょう、いびつな丸に唇のような溝が見えました。孵化するまではまだ数日ありそうです。

カモから保護するために持ち帰ろうかと真剣に悩みましたが、結局卵は池に戻しました。そこそこ生き残っているようだし、家に入れたら絶対返したくなくなっちゃうもの。

170410hiki01.jpg170410hiki02.jpg
170410hiki03.jpgそして週末はまた雨。今回は暖かくて、Twitterなどで遅い時期の産卵報告を何件か見かけました。

少し晴れ間の出た昨日4/10、ここでは残念ながら新しい卵はありませんでした。卵ひもはだいぶ減り、水底にヒジキのような胚がばらばらに沈んでいました。

今日4/11は冷たい雨で真冬の寒さに逆戻り。胚はそのまま動かないでしょう。次に見に行く頃にはオタマジャクシになって泳いでいるかなあ。
テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:0 

日常会話

いつものようにPCに向かっていたら、帰宅した夫が「何してるの?」と声を掛けてきました。答えようとしたら、「どうして登ったの?」って……え?私じゃないの??

夫自身も驚いていましたが、なんかすっごくナチュラルにきみちゃんに話しかけてました〜。こういうとき、きみちゃんは相手の顔をじっと見返してお返事です。

170330kimi04.jpg170330kimi05.jpg
その後すぐ下に降りて、プラケの角(私の席に一番近いところ)にやってきて、丸くなってうとうと。あら、おねむですか。

「可愛いなあ」とカメラを向けると、ぱっと顔を上げて迷惑そう。すぐまた寝てしまいました。ごめんねえ。うっとうしくても無視せずきちんとリアクション返してくれるきみちゃんには、ついつい話しかけちゃうんです。

170330kimi06.jpg170330kimi07.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:0 

びろびろ

170330kimi01.jpgこのところ、背中側はきれいに脱皮できるんですが、おなかや手足の皮は毎回残ってしまっています。お風呂の中でもぞもぞしていると、びろびろと皮が浮いてきます。

ちなみに脱皮で要注意なときは、間隔が短くて皮がぺらぺらに薄くなったり、厚みがあっても脆くてちぎれやすかったり、皮膚が赤茶けていたり、脱いだ後ずっとべたっとしたまま乾かなかったりします。

今のきみちゃんは多少残りが多いだけで、お肌もきれいだし、脱げた皮もしっかりしています。指先にこびりついて固まったりするとやっかいですが、そうでなければ、特に問題はないと思います。

170330kimi02.jpg水中で浮いている皮をピンセットで引っ張ったら、ふーふー鼻息荒く怒ってにらまれちゃった。足にまとわりついて邪魔そうだったから、取ってあげようと思ったのになー。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮  / Trackback:0  / comment:0 

ようやく見つけた

170322aka02.jpgぽかぽか陽気の3連休は毎日里山に行ったのに、結局成果なし。先週3/21は一日雨で急に気温が下がりました。翌日3/22には晴れて、朝はまだちょっと肌寒かったものの、雨の後ということで期待してまた出かけてきました。

カエル池も田んぼも水が若干増えていたけれど卵は見当たらず。今年はもうダメかと思いましたが、最後に見た場所でアカガエル卵塊を2つ見つけました!

170322aka01.jpgまだちゃんとカエルたちが生息していることがわかって一安心。まあ、この池というか水たまりは割と簡単に干上がってしまうので、ここで無事に上陸まで過ごせるかどうかはわかりませんけどね。

アカガエルがこれだけ遅かったなら、ヒキガエルもまだこれからかな、ともうしばらく様子を見ることに。

その後、3/26から27朝に掛けては、真冬並みの冷たい雨が降りました。3/27午後には晴れてきて、更に今日3/28にはぐっと温度が上がり、これならば!と出かけました。

170328hiki02.jpgわくわくしながらカエル池に近づくと、予想に反して静まりかえっていました。ガマ合戦が見られるかと思ったのに〜。

しかし池を覗くと、細長いものを発見。1本だけのようですが、ようやくヒキガエルの卵に出会えました!

170328hiki01.jpg泥を被っているので卵の状態はよくわかりません。雌は一匹だけだったようですが、雄はたくさん来たのかな。ちゃんと受精しているのかな。

今年はこれで終わりなんでしょうかねえ。今後もちょくちょく見に行きたいですね。

アカガエル卵の方は無事に発生が進んでいるようで、少し形が崩れてきていました。ただ、卵の上の辺りには草や木の枝が被さっていて、よく見えなくなっています。もしかしたら誰かが卵を守るために隠したのかもしれません。
170328aka01-2.jpg170328aka02.jpg

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:0 

非常食

170304kimi10.jpg忙しさにかまけて、コオロギの世話をおろそかにしていたら、育つ前にどんどん数が減っていって。とうとうきみちゃんの食べられるサイズがなくなってしまいました。こんな時は非常食、練り餌の出番です。
170304kimi08.jpg飼い主が練り餌の袋を持っただけで目を輝かせるきみちゃんですが、実際に目の前に持って行くとそれほど反応よくないのは、飼い主の動かし方が悪いせい?

ピンセットの先よりも飼い主の手の方がおいしそうに見えるようです。
170304kimi03.jpg170304kimi04.jpg
170304kimi02.jpg170304kimi09.jpg
170304kimi05.jpgちょっと大きすぎたかな。いったん口に入れたのに吐き出しちゃったり、食べ損ねて落としてしまったり。

栄養的には練り餌で充分なんでしょうけど、獲物を狙う緊張感が足りません。やっぱり生き餌を食べている姿が見たいな。生き残ったちびコオロギ、今度こそ無事に育てないとね。
170304kimi06.jpg170304kimi07.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:0 

残り気味

170309kimi01.jpg冬場は脱皮の皮残りが多めになります。気温が低くて代謝が落ちる上に、乾燥していますからね。今はもう春とは言ってもまだ寒く、ヒーターは常時ON。まだしばらくお肌に厳しい季節が続きます。
170131kimi01.jpg本ガマも保湿には気をつけているようで、こまめにお風呂に入ります。皮を水でふやかして、自分でちゃんとこすり落としています。なかなか取れないときは飼い主もお手伝いしますが、その必要はなさそうです。

脱皮の様子を見ても特に異常もありません。もっと暖かくなればすっきり脱げるようになるでしょう。
170225kimi01.jpg170225kimi02.jpg
170225kimi03.jpg170225kimi04.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮  / Trackback:0  / comment:0 

生存報告2

170226kimi1.jpgまたまた長いこと放置してしまいました。飼い主が面倒なお仕事をやらされる羽目になり、余裕がない毎日だったというだけで、きみちゃんは何も変わりなし。

コオロギが足りなくて食べさせる数を減らしたり、時々食事抜きになっちゃったりしてたのに、体重が減ることもありません。相変わらず300g超えの太めキープです。
多少脱皮の皮残りがありますが、よく水に入ってふやかしているので、ひどく固まるようなこともなく、そのままにしています。

飼い主の仕事は一応山を越えてほっとしたところ。これで少しはきみちゃんに構ってあげられるかな。そういえば里山のガマ合戦はもう終わっちゃったかしら。そろそろ様子を見に行きたいところです。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:0 

2016年末の様子

昨年12月末の写真、上げておきます。
161214kimi1.jpg161216kimi1.jpg
161221kimi1.jpg161223kimi1.jpg
161223kimi2.jpg161223kimi3.jpg
161224kimi1.jpgこの時点で結構太ってましたね。のたのたと動きが鈍いながらも、お風呂に入ったり、屋根に上ったり。

割と暖かい日が多かったように思います。急に寒くなった日は、一日中水に入って過ごしていました。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:3 

正月太り

170103kimi1.jpg新年のご挨拶もしないうちに、松の内とっくに過ぎてしまいました。皆様お久しぶりです。

きみちゃんは元気です。寒くなってきましたので若干動きが鈍いときもありますけど。一応、最近はお食事を控えめにしています。

それでもおなかはぱんぱんに膨らんでいますね。実は前回フンをしたのは9/14、四ヶ月近くも溜め込んじゃったのです。これは初記録。そんだけ溜めればおなかも丸くなるよねー。
170107kimi1.jpg170107kimi2.jpg
170109kimi1.jpg食欲もあり、ただの便秘なら特に心配ないでしょう。これまでの経験上、ヒキガエルは溜め込んだからといってカチカチに固まったりもしないようですし。以前は一ヶ月超えた辺りから、運動や塩浴などいろんな対策してましたが、今回は何もせず。出るときは出るさと、気長に構えておりました。

で、ついに出たのが1/11。外出から帰ってきたら、どろどろの水に浸かっている状態でした。

洗面所で綺麗に洗ってお部屋に戻しました。うーん、あんまり体型変わってないような。便秘のせいじゃなくて、単純に太っただけだったのかなあ。
170111kimi1.jpg170111kimi2.jpg
170111kimi3.jpg170111kimi4.jpg
先日体重量ってみたら358g、なかなかの重さです。食べ過ぎってことはないと思うのですが……。代謝が落ちていることですし、更に餌控えめにしてみましょうかねえ。

170117kimi1.jpg170117kimi2.jpg

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 容姿  / Trackback:0  / comment:2 

にらみつける

161103kimi3.jpg161103kimi22.jpg
161204kimi4.jpg最近のきみちゃんのごはんは週に二回。燃えるゴミの日にコオロギのケースを掃除するついでなので、曜日が決まっています。

今日はごはんの日じゃないから、と放置していたら、背後から鋭い視線を感じます。振り向くと、いつからなのか、静かにじっとこちらをにらみ続けるきみちゃんが。こ、怖いよお……。
161205kimi1.jpg161206kimi13.jpg
161112kimi05.jpgきみちゃんは雌で鳴きませんが、そもそもヒキガエルは犬猫みたいに声で何かを伝えるということはしませんね。金魚や池の鯉みたいに激しく餌をねだることもありません。

飼い主に何か言いたいことがあるときは、黙って目で訴えます。表情豊かなヒキガエルですからそれで充分。

あ、でもごはんの追加はないですよ。冬場は代謝も下がっているでしょうし、食べ過ぎはよくないんです。お願い、そんなに怒らないで〜!

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常   / Trackback:0  / comment:2 

魔法の杖

161112kimi2.jpg意図してやってるのかは知りませんが、バッタやコオロギって、カエルに睨まれるとぴたっと動きを止めるんですよね。動くものしか見えないきみちゃんは目の前にいる虫を見失ってしまいます。

踏んづけていても全く気付かないところがヒキガエルらしい。踏まれたバッタ、足の下でもぞもぞ動いてるんですけど感じないのかなあ?
161112kimi3.jpg161112kimi4.jpg
161112kimi5.jpgどうやら飼い主が奪い去ったと疑ってるようだけど、濡れ衣ですからね!

そこで取り出しましたるは魔法の杖……じゃなくて単なる竹ひご、これでバッタをちょんちょんと突くと、あ〜ら不思議。見えなかったバッタがちゃんと見えるように。無事に食べることができました。まあ、人間の目にはずっと見えてるんですけどね。
161112kimi6.jpg161112kimi7.jpg

161112kimi01.jpgコオロギの場合はバッタよりは動きやすいんで、放っておいてもそのうち気が付くんですが、時間が掛かりそうな時はやっぱり竹ひごを使います。

コオロギが竹ひごにしがみつこうとすると、びっくりしてのぞき込むきみちゃん。やっぱり今まで見えてなかったようです。おいしいものが急に現れるなんて、よかったね。
161112kimi02.jpg161112kimi03.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:2 

生存報告

161112kimi1.jpgブログを放置してますが、きみちゃんは相変わらず元気です。週に二回コオロギを5匹ずつ食べ、好きなときにお風呂に浸かり、いつの間にかきれいに脱皮し、人間達の様子を興味深げに眺めて過ごしています。

161105kimi1.jpg
しばらく便秘が続いて大分体がまーるくなっていますが、まあ心配はないでしょう。

先週からピタ適点けました。サーモもありますが念のため室温が20℃以上の日中は出来るだけ電源を切っています。窓辺で日当たりがいいので、油断するとすぐ高温になってしまうのです。

161027kimi1.jpg161113kimi1.jpg
飼い主の方は、特に忙しいわけでも体調が悪いわけでもありませんが、ちょっと気力が出なくてぐーたらしてます。気が向いたらまた更新しますね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:4 

宙ぶらりん

160908kimi3.jpgガリガリガリガリ、何かしつこく引っ掻くような音。カエルケースを覗いてみると、きみちゃんが中途半端な姿勢でもがいていました。

屋根から降りようとしたら、おなかが引っかかって前に進めなくなった模様です。手も足も指先がぎりぎり下に着いているだけで、半分宙に浮いた状態。体重はほとんどおなかで支えています。

ガリガリいうのは足の爪が屋根をかすめる音でした。空回りしながらも必死で脚を蹴り蹴りしていたら、ずりっと行っちゃって……ああっ!
160908kimi4.jpg160908kimi5.jpg
160908kimi7.jpg(;´∀`)…うわぁ…
案の定、顔から落ちました。ケガするような高さじゃないからよかったけどさ。

ヒキガエルって、ほんと鈍くさいわ〜。ま、そこが可愛い生き物なのよね。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:0 

運動と休息

160823kimi1.jpg160823kimi2.jpg
160824kimi1.jpgまだまだ暑い日が続いていますが、きみちゃんは相変わらず元気いっぱいです。高温の日中には割と大人しくしていますが、若干温度が下がればシェルターに登ってドッタンバッタン。散々暴れた後はぐでーっと休みます。

動くときは動く、休むときは休む。ONとOFFのメリハリのある生活ですね。なかなか健康的でいいんじゃないでしょうか。
160905kimi1.jpg160905kimi3.jpg
160905kimi5.jpg160906kimi1.jpg
先日は午後から夜に掛けてずいぶん長い間、登ったり降りたりを繰り返していました。よく動くなーと感心して見ていたら、深夜日付が変わる頃になってようやく静かになりました。疲れ切った様子でぺっちゃんこ。ヒキガエルって夜行性の動物だと思っていましたが、きみちゃんはよく夜中に寝てるよね。

160906kimi2.jpg160906kimi3.jpg
160906kimi4.jpg160906kimi5.jpg
160908kimi1.jpgそんでもって、朝になるとまた元気に動き出しました。午前中いっぱい運動したら、午後はお昼寝です。

ちなみに、きみちゃんが登っているときによく屋根の上が濡れています。これおしっこなんですよ〜。なぜか高い所でしたくなるようで。

水分出して身が軽くなると、いつもにも増して動きが激しくなります。バチャバチャ跳ね散らかすのは止めて欲しいんですけど。カエルの尿は薄いとは言え、しばらくすると臭うのよー。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常 排泄  / Trackback:0  / comment:0 

セミその6

160822semi1.jpg夜、仕事から帰ってきた夫が言いました。
「玄関開けたらセミが鳴いてたんだけど」
子ども部屋のドアにセミが止まっていたそうで。ずっと台所にいたから気付かなかったなー。

「カエルさんが食べそうなサイズだったよ」と言うので、「じゃあ取ってきて」とお願い。夫は面倒くさいと文句を言いつつも、虫取り網を持って行ってきてくれました。我が家にはいろんな虫が出没するので、居間に虫取り網が常備されているのです。

連れてきてもらったセミは、小ぶりで黒っぽくて羽に黒点が2つずつ。ツクツクボウシですね。以前ぼんちゃんも食べたことあるし、ちょうどいいかと思いましたが、予想以上に元気なセミでした。

カエルケースに放り込むとびびびっと飛び回り、きみちゃんはびっくりして固まってしまいました。セミの動きが速すぎて、目で追うことも出来ません。セミの羽をピンセットでつかんで目の前に持って行っても、暴れるセミの勢いにきみちゃん引きまくりです。

しばらく暴れ回った後、セミは隅っこに行って大人しくなりました。今度は全く動かないので、やっぱりきみちゃんの目には留まりません。指さして教えると一応指先を見てくれますが、セミの存在には気付かない様子。どうしても食べないなら逃がすしかないけど、羽を少し破って弱らせちゃったしなあ。

160822kimi1.jpg160822kimi2.jpg
160822kimi4.jpg試しに上から竹ひごでセミを突いてみました。ちょんと触るとセミは身じろぎして一歩歩いて……。その瞬間、きみちゃんがぱくり!

きみちゃんの口の中で「ジジジッ」とセミの叫び声。きみちゃんがおなかをぐにぐにした後は、静かになりました。
動物 飼育 昆虫
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:0 

独り占め

自転車に乗っていると時々虫と衝突することがあります。小さな羽虫が目や口に飛び込んでくるのは日常茶飯事ですが、大きな虫だとちょっとびびります。

7月には大きめの蜂がふらふらとこちらに向かって飛んでくるのに気付いて、慌ててハンドルを切りました。避けたつもりでしたが、しばらく走ってふと見たら、前かごのレジ袋の上に灰色の塊を抱えた黄色と黒の縞々がいました。最初はアシナガバチかと思ったのですが、よく見たらキイロスズメバチ。路地に入って自転車を停めると、蜂はこっちをぎろりと睨んだ後、飛び立っていきました。怖かった〜。

160818kogane1.jpg先日は買い物に行く途中、耳元にアブラゼミがぶつかってきて、うるさかったし痛かったです。

そしてその帰り道、道路を横切ってのそのそ歩く奴を発見。大きなコガネ幼虫です。これはきみちゃんへのお土産に、と思いましたが荷物がいっぱい。大急ぎで家に帰り、生鮮食品を冷蔵庫に突っ込んでから、ゼリーカップとスプーンを持って再び自転車でさっきの場所へ。まだもたもたしていた幼虫を無事にゲットして帰りました。

160818kimi1.jpg牙を折ってきみちゃんの目の前に落としたら、あっという間にぺろり。食べ終わった途端、「もっとないの?」と目で訴えてきました。おいしかったんだね。

コガネ幼虫はぴょんちゃんの大好物だったので、見つける度に彼に優先して与えていました。きみちゃんは滅多に食べられなかったんですよね。今は何でも独り占めできるけど……。
160818kimi2.jpg160818kimi3.jpg
160818kimi0.jpgこの日はその前にフタトガリ幼虫を2匹食べてます。芋虫毛虫類はぼんちゃんの好物で、ぴょんちゃんは若干苦手でした。きみちゃんはまあ普通に好きかな。同じヒキガエルでも結構好みに違いがあるのが面白いですね。

そう言えば、フタトガリコヤガの派手派手毛虫って、昆虫食愛好家の方々に言わせると結構おいしいんだそうで。でも私は遠慮しておきます。きみちゃん全部食べていいからね!
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:3 

今年は豊作

160624kimi1.jpg夏は青虫の季節。毎年数回、プランターのブロッコリーにモンシロチョウが卵が産み付けます。最初の頃は、そのまま大きくなった青虫を順番にカエルの餌にしていました。

ところが次第にブロッコリーの育ちが悪くなり、青虫の成長に葉っぱが追いつきません。そこで最近はブロッコリーが丸坊主になる前に青虫を集めて、家の中で大きく育てるようにしています。
160614caterpi1.jpg青虫にはその時家にあるアブラナ科の野菜を与えます。小松菜、白菜、青梗菜、ダイコン菜っ葉など。キャベツは農薬がきついイメージで念のため避けていますが、玉の内側ならむしろ安全かもしれません。農薬の影響を出来るだけ減らしたくて、野菜はしばらく冷蔵庫で保存したものか、水栽培して新しく生えてきた葉を使っています。栄養価は多少落ちているでしょうけどね。食べ残しの芯の部分を使うとゴミも減らせて一石二鳥です。

一番食いつきがいいのは、やはり元々食べていたブロッコリーです。人間が食べない葉っぱ部分を有効活用。スーパーに行った時に捨ててあるのを「ペット用に」ともらってくれば、タダで手に入ります。葉が分厚くて萎れにくいところも便利です。
160718sanagi1.jpg160721bf1.jpg
160718kimi1.jpg今年はこれまでに6月と7月にそれぞれ10数匹ずつ。ちょうど大人コオロギを切らしてしまったところなので、代わりの主食として重宝しました。きみちゃんには少々物足りなかったようですが。

2年前初めて青虫を飼育したときは、大部分が寄生蜂にやられていてあまり大きくなれませんでした。でも今年はみんな最後までしっかり葉っぱを食べて、立派な終齢幼虫になってくれました。

育ちきった青虫はプラケの壁を登り始めます。うろついているのは発見次第、きみちゃんのところへぽいっ。うっかり見逃して、糸を掛けてずんぐりとした前蛹になっているものは、もうほとんど動かないので諦めることに。結局6月に1匹、7月には4匹が蛹になってしまいました。

蛹から出てきた蝶をきみちゃんに食べさせてもいいんですけどね。そこまで育ってしまうと何だかもったいなくて、羽化したものは逃がすことにしています。今度、仲間を見つけて卵を産みに戻って来てくれるといいな。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:0 

大脱走

160617kimi2.jpg160617kimi3.jpg
160625kimi1.jpgずいぶんまたブログを放置してしまいましたが、きみちゃんは元気です。もう元気すぎるくらい……。

もう一ヶ月も前の話になってしまいますが、きみちゃん自分で窓開けて外に出ちゃったんです!

シェルターの上の窓は背伸びすれば手が届くので、開けっ放しにすることはないよう気を付けていました。でも、スライド扉なので下から押しても開くことはないと思い、ロックが掛かるまでぴったりとは閉めていなかったのです。
160625kimi2.jpg160625kimi25.jpg
160625kimi3.jpg160626kimi1.jpg
その日は朝からバタンバタンとにぎやかで、何度も窓に飛びついていたようです。私は朝食の準備で台所にいましたが、ダンッ!とそれまでとは違う大きな音にびっくりして、家族が様子を見に行きました。

「大変、こっち来て」と呼ばれて行くと、カエルケースの隣にある青いプラケの屋根の上でドヤ顔しているきみちゃんが。写真を撮るのも忘れて大急ぎでケースに戻しました。閉まっていたはずのスライド窓は半分以上開いていました。

何度も窓を叩いて少しずつ開けちゃったみたいですね。もちろん意図してやったわけではないんでしょうけど。ヒキガエルの潜在能力舐めていました。

160626kimi2.jpg160626kimi3.jpg
160711kimi1.jpgその後はしっかりロック掛かるように奥まで窓を閉めています。もう自力で開けることはできないはず……。

でも一度成功して味を占めたきみちゃんは、その日と翌日は何度もチャレンジ。さすがに疲れたようでずっとは続きませんが、その後も時々思い出したように暴れています。暑いのにほんと元気。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:4 

後ろ姿

160526kimi1.jpg160526kimi2.jpg
160602kimi1.jpg後ろから見たヒキガエルは、ぴょこぴょこ目玉が飛び出たシルエットがカエルらしくて可愛い。カメラに気付くときみちゃんはこちらを向いてしまうので、ぼーっとしているところをこっそり撮影します。

イボのある背中は苦手な人も多いでしょうが、さらっと乾いてひんやりしていてなかなかいい手触りです。きみちゃんにふーふー鼻息荒く怒られるので、必要以上に触りませんけどね。

160612kimi1.jpg最近、大人コオロギを切らして練り餌を食べさせているせいか、だんだん体重が増えてきました。きみちゃんの背中、まーるくて大きいです。ちょっと太りすぎかなあ。
160612kimi2.jpg160612kimi3.jpg
160525hara1.jpgヒキガエルのおなかも可愛いんですが、カエルが自然に仰向けになることはありませんから、背中に比べておなかの写真は少ないです。まあ、きみちゃんは壁にもたれて立ち上がることが多いので、結構おなかは見せてくれます。ぴょんちゃんが病気の時は毎日無理矢理ひっくり返して撮影していましたが、きみちゃんの場合はたまーに気が向いたときだけです。
カエル 動物 飼育
※先日メールくださった学生さんへ
写真送ったのですがご覧になられているでしょうか?
メール届いていないようでしたら、迷惑メールフォルダをご確認のうえ、再度ご連絡お願いします。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:容姿  / Trackback:0  / comment:0 

小悪魔系ヒキガエル

うちの家族は基本的に生き物に興味がありません。金魚やカエルたちは私のペットとしてそれなりに尊重してくれますが、直接世話をしたり関わったりすることは、これまでありませんでした。でも最近、夫がきみちゃんに話しかけるようになりました。ついに彼女の可愛さに目覚めたようです。

ヒキガエルは懐くわけではないけれど、割と人慣れする動物です。ぴょんちゃんもぼんちゃんも、人に見られても特に嫌がりもせず、逆に向こうから人間の様子を見ていることもよくありました。ただ、景色を眺めているのと同じように、動いているものをぼんやり見ている感じだったように思います。

ところがきみちゃんは、はっきりとこちらに注目します。しかも、ちゃんと人を見分けて反応してくれるところがすごい。

先日、TVの修理屋さんが来たときは、シェルターから顔だけ出して様子を伺うと、奥に引っ込んでずっと出てきませんでした。夫に対しても、近づくと最初のうちはびくっとして顔を背けていたのに、最近は上目遣いでじっと見つめて寄っていきます。これには胸キュンしちゃうでしょ。

160509kimi1.jpg160524kimi1.jpg
160407kimi1.jpg160515kimi1.jpg
ちなみに、飼い主が何か手に持っている時は、目を輝かせて手と顔を交互にちらちらと見ます。
「ねーねー、それ何?くれるの?」
更に、プラケの窓をくいっと見上げておねだり。ほんと、あざと可愛いんだから〜!!

テーマ : 両生類と爬虫類
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:0 

ぶわっ

水中で催してもぞもぞ。体をぶわっと膨らませて踏ん張ります。すごいお顔ですね〜。

これは今年の1月頃、まだ割と溜め込んでいた時期なので、結構大変だったみたい。暖かくなってからはもっとすんなり出るので、ここまで頑張らなくても大丈夫です。

160126kimi2.jpg160126kimi3.jpg
160126kimi4.jpg160126kimi1.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 動画  / Trackback:0  / comment:3 

白バック写真

160205kimi1.jpg160205kimi2.jpg
160205kimi3.jpg160216kimi3.jpg
k03-s.jpgしばらく前の話です。カエルの写真集とかで白バックのかっこいいのがありますよね。ああいうのが欲しくて、きみちゃんを白い紙の上に載せて撮影してみたんですが……。

照明がちゃんとしてないから影がきれいに出なくてダメだわ〜。それに、紙の上に収まるようにと斜め上から撮るからぺったんこなポーズばっかり。結局、普段の写真を切り抜くことに。

k05-s.jpgk006-s.jpg
bp001-s.jpg
bp04-s.jpg
ぴょんちゃんとぼんちゃんが一緒の写真も探してみました。こちらはなかなか全身がきれいに写っているのがありません。やっと見つけたのはかなり画面が暗くて色も変で……。

でも頑張って補正したので、それなりに見られるようになったと思います。やっぱりこの二匹は一緒にいるのがいいですね。

さあ、これでオリジナルヒキガエルグッズが作れるぞ〜。とりあえずスマホの待ち受けにしましたが、あとは何にしようかな♪
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:0 

黒々

160429kimi1.jpg「ただいま〜」
外出先から帰ってきて、きみちゃんに声を掛けながら部屋の電気を点けると、あら可愛い。

周りが暗いと瞳孔が開いて、ぬいぐるみのような真っ黒おめめになります。部屋が明るくなるとあっという間に普段の瞳に戻るので、この顔が見られるのはほんのわずかな間だけです。
160404kimi1.jpgこの日は体も黒っぽくなっていました。アマガエルのようにガラッと別の色になることはありませんが、ヒキガエルも多少は体色を変えられるんですよね。瞳ほど素早い変化ではなく、気が付いたらいつの間にか色が薄くなったり濃くなったりという感じ。

周りの色に合わせているようにも見えますが、昼間明るくても妙に黒い時もあるし。どういう条件で変化するのかよくわかりませんねえ。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:容姿  / Trackback:0  / comment:0 

見てます

160320kimi1.jpg160328kimi1.jpg
160410kimi1.jpg160419kimi1.jpg
160501kimi1.jpg気が付いたらもう5月。きみちゃんはずっと元気です。時々バシャバシャ水遊びしたり、屋根の上で立ち上がって転げ落ちたり。

大人しくしてるな、と思ったら、じっとこちらを見つめていることが増えました。目が合っても逸らすことなく、むしろぐいぐい迫ってきます。特に飼い主がおやつ食べてると、駆け寄ってガン見してきます。これはカエル用じゃないのよ、あげないからね。
「何か怒ってるんじゃないの」
家族に言われますが、ごはんはちゃんとあげてるし、特に怒られるようなことした覚えないんですけど。うーん、もしかして足りない?

そういえば、春になってお通じがよくなったら体重増えてないですね(更新サボってるけど体重測定は続けてます)。ここ半年ぐらいは週2回コオロギ4匹ずつのペースでやってきましたが、もう少し増やしてもいいのかも。練り餌も追加してみようかな。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常   / Trackback:0  / comment:0 

水遊び

160319kimi1.jpg160319kimi2.jpg
160319kimi3.jpg屋根に登って何か考え込んでいると思ったら、こんなところで……。

春になっておなかの調子も活発になったらしく、最近はあまり溜め込まずに月二回くらいのペースです。ヒキガエルとしては早い方かと。

身軽になってテンション上がりまくり。この日は一日中大暴れして辺り一面水浸しでした。楽しそうね。
160319kimi4.jpg160319kimi5.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 日常  / Trackback:0  / comment:5 

胚とオタマ

160325kaeruike1.jpg10日ぶりに里山へ。カエル池は相変わらず静かです。細長いヒキガエルの卵塊はなくなって、泥の上にひじきのような胚が沈んでいました。

ゼリーのカップですくって近くでよく見てみました。尾が伸びてきてエラが少し出っ張っています。眼や口の形ははっきりしません。たまに体をぐっと丸める以外はほとんど動かず、まだ泳げないようです。
160325hikihai1.jpg160325hikihai2.jpg
160325hikihai3.jpg田んぼの水路の方では、胚が抜け出した後のぼこぼこした卵紐がまだ残っていました。こちらの方が産まれたのが遅かったのでしょうか。

真っ黒なヒキガエルの胚の近くを、少し大きなオタマジャクシが泳ぎ回っています。前に見つけたアカガエルのオタマですね。前回より一回り大きくなって色も薄くなっています。ヒキオタマとの違いがはっきりしてきました。
160325otama1.jpg160325akaotama1.jpg
160325hikihai4.jpg別の場所でも孵化したヒキガエルの胚を確認しました。一ヶ所につき卵塊1,2本分です。

これからオタマになって泳ぎだして、カエルになって上陸するまで生き延びるのはこのうちのほんの一部。そして更に成熟して、繁殖のために戻ってこられるのは、何匹いるのでしょうか。
160325sakura1.jpg前回アカガエル卵塊を見つけた池に行ってみると、既に孵化してゼリー状の卵の外側が水面に浮いていました。まだ完全なオタマジャクシの姿ではありませんが、少し泳げるようになっていました。

三年前のアカガエル記事はこちら
>>アカガエル卵塊
>>アカガエルのオタマジャクシ動物 カエル

160325akahai1.jpg160325akahai2.jpg
テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:0 

遅かった

先週は忙しかったり雨が降ったりで、里山に行く時間が取れませんでした。やっと行けたのが昨日のお昼頃。カエル池を覗くと、紐状のヒキガエル卵塊が沈んでいました。ただしガマたちの姿はありません。残念ながら今年のカエル合戦はもう終わった後のようです。

160315hikiegg1.jpg160315hikiegg2.jpg
三年前に比べて、卵の本数がずいぶん少ないのが気になりました。産卵するカエルが減ってしまったのかと思いましたが、よく見ると、池の水が流れ出す小川の入り口に大量の卵が引っかかっているのを発見。前日の大雨で卵が流されてしまったようです。

160315hikiegg3.jpg小川は結構流れが速くて、ここでオタマジャクシになっても大丈夫かちょっと心配です。まあ200mほど先は田んぼの溜め池に流れ込むので、そこで暮らしていけるのかもしれません。

流されている卵を木の枝で持ち上げると、ゼリー状の紐が水を吸ってちぎれやすくなっていました。池に戻すのは無理みたいです。何とか1本すくい上げて観察。卵はまだ丸い形で、産卵から1-2日後といったところでしょうか。

160315ike1.jpg持ち帰って観察を続けたい気持ちもありましたが、絶対に返したくなくなっちゃうので我慢我慢。卵をカエル池に放り込み、里山の奥へと進みました。

きみちゃんが生まれた小さな池は三年前よりも更に小さくなっていました。水底の泥の上をタニシが一匹歩き回っているだけで、カエルの卵はありません。きみちゃんの後輩がいないのは残念ですが、この池の様子だと晴れた日が続けばすぐ干上がりそうですし、ここでの産卵は諦めて正解なんでしょうね。

160315hikiegg4.jpg160315hikiegg5.jpg
その後、田んぼの水路数カ所でヒキガエル卵を見かけました。溜め池から流れてきたのではなく、ここで産んだようです。産卵場所が複数あるのは安心です。
動物 カエル ヒキガエル
160315akaotama1.jpg160315akaotama2.jpg
卵の近くには小さなオタマジャクシもいました。ヒキガエルはまだ孵化していないので、これはアカガエルでしょう。黒っぽいですが、近くで見ると茶色のまだら模様です。mionさんのブログ記事によると、ヤマアカとニホンアカのオタマは背中の黒斑に違いがあるそうなので、もう少し大きくなればどちらか判別出来るかもしれません。今はヒキオタマ並みですが、オタマの期間が長くて、この後結構なサイズに成長するはずです。

更に別の池ではアカガエルの卵塊を発見。こちらは田んぼより日当たりが悪いので、まだ孵化していないんでしょうね。産んでから数日経っているらしく、卵塊の形が若干崩れていて、胚の発生も神経胚の段階?微妙に進んでいるようです。

160315akaegg1.jpg160315akaegg2.jpg
ここ2年間は公園整備のため里山に入れませんでした。工事の影響が心配でしたが、カエル池の周辺は特に変わった様子もなく、カエル合戦はちゃんと行われたようで何よりです。今回は大人ガマさんに会えなかったけれど、この後、時々は卵の様子を見に行けるといいな。
テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

UserTag:おでかけ  / Trackback:0  / comment:0 

鏡よ鏡

これは去年の秋に書きかけで放置していた記事です。仕上げる前にタイミング逃しちゃって。今更ですけどもったいないので上げておきます。他にもあるけどとりあえずこれだけ。


ガマの油売りの口上では、鏡張りの箱に入れられたヒキガエルが自分の醜さにたらーりと脂汗流すんですよね。では、可愛いきみちゃんに鏡を見せたらどうなるんでしょうか。

151019mirror1.jpg151019mirror2.jpg
ほら、見てごらん……って、無視して横すり抜けちゃいましたよ。

151019mirror3.jpg151019mirror4.jpg
もっとよく見てくださいな。今度こそ真っ正面から見つめていますよね。

151019mirror5.jpg151019mirror6.jpg
と思ったのですが、やっぱり無視して行ってしまいました。やっぱり、カエルには自己鏡像認知能力はなさそうですね。それでも生き物が映ってるんだから、もっと興味を示すかと思ったのになあ。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:0 

虹色ヒキガエル

160205rainbow1.jpgマレーシアのボルネオ島には虹色のヒキガエルがいるそうですが、そんな希少なカエルとはなんの関係もないお話。

ある日のお掃除の時、お風呂の水を入れ換えて、ちょっとの間プラケースの蓋の上に載せていました。窓からの光が半透明の水入れを通してきみちゃんの背中に降り注ぐと……。

光り輝く虹色のヒキガエルに大変身!
160205rainbow2.jpg160205rainbow3.jpg
160216kimi1.jpgもしもアズマヒキがこんなに派手派手なカエルだったら、もっと人気者になっちゃうかも。まあ普段のきみちゃんだって、よく見れば結構カラフルなんだけどね。

日によって体色は若干変化。特に色が薄い時は全体にほんのり桜色掛かって見えたりするし、脇腹や背中には朱色の斑点が目立ちます。虹色なんかじゃなくても充分きれいですよ。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:容姿 日常  / Trackback:0  / comment:4 

だっぴ ひと皮むけましてん

dappi_poster.jpg先日お知らせした通り、伊丹市昆虫館の企画展「だっぴ ひと皮むけましてん」にてぼんちゃんの脱皮動画が上映されています。

伊丹市昆虫館
http://www.itakon.com/
〒664-0015 兵庫県伊丹市昆陽池3-1 昆陽池公園内
Tel.072-785-3582 火曜休館
企画展「だっぴ ひと皮むけましてん」
2016年1月27日〜2016年4月18日
プレス資料は >>こちら(PDF)

こちらの昆虫館、虫好きの方々は既にご存じかもしれません。残念ながら私は行ったことないのですが、以前Twitterで話題になった「オリジナル昆虫Tシャツ(なんと145種類!)」が気になって注目していました。

dappi_0.jpg並々ならぬ熱意を感じさせるこの施設の企画なら、絶対面白いでしょ!
「ひと皮むけましてん」というタイトルも洒落が効いてますよね。学芸員の方から展示の様子の写真をいただきましたのでご紹介します。

この企画展の詳しい内容はプレス資料を見ていただくとわかります。「変態体験(字面がヒドい……)」と銘うった体験型展示など、いろいろと工夫を凝らした展示方法で、大人も子どもも楽しめそうです。

dappi_1.jpg今回お貸しした脱皮動画は、以前に面河山岳博物館で使われた映像で、早回しに編集されて見やすくなっています。昆虫以外の生き物の脱皮コーナー、縁起の良さそうな大蛇の皮のすぐ横に展示されています。

ヘビやカエルの脱皮は表面の皮を脱ぐだけなんですよね。カエルはオタマから変態するときには脱皮しません。昆虫は、皮を脱いで大きくなるだけでなく、蛹化や羽化の変態の時にも脱皮します。昆虫や甲殻類など外骨格の無脊椎動物と、内骨格の脊椎動物の脱皮の違い、とても興味深いです。

様々な生き物の脱皮についてまとめて学べるこの企画展にご協力できて光栄です。会期は4月まで、ぜひ多くの方に見ていただきたいですね。

dappi_2.jpgdappi_3.jpg
テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

UserTag:脱皮  / Trackback:1  / comment:2 

ヒキガエルの脱皮間隔

最近のきみちゃんの脱皮間隔は10日に1回程度です。お肌がきれいで脱いでも脱がなくてもあまり変わらないし、皮残りもほとんどないので、見逃している可能性もありますが。普段はほぼ週1です。

ぴょんちゃんやぼんちゃんもやはり週1回程度でした。具合が悪いときは3日に1回とか頻繁になっていたので、ある程度間隔が空いているのは調子がいいんだと思います。

脱皮って結構大変そうですよね。うちの子たち週1回って多くないかな?と以前から気になっていて調べていたら、こんな論文を見つけました。
>>アズマヒキガエルの脱皮の長期間観察

間隔についての部分をまとめてみると……
  • 気温が高いほど間隔は短い
  • 加齢とともに脱皮間隔は長くなる
  • 平均は4歳の時♂8.1日・♀7.7日、9歳の時♂9.9日・♀9.4日
  • 最短は4.6日
  • 1歳(別個体)では平均6.4±0.5 日、最短3.5日

つまり週1回というのはごく平均的なようで一安心。最近間隔が延びているのは気温が低いせいなんでしょう。今のところ体調は良さそうですが、あまり代謝が下がらないようにもう少し加温しようかな。

151103dappi1.jpg151103dappi2.jpg
151103dappi3.jpg151103dappi4.jpg
151215dappi1.jpg151215dappi2.jpg
151215dappi3.jpg151226dappi1.jpg
160105dappi1.jpg160116dappi1.jpg
160116dappi3.jpgこんなふうに頻繁で珍しくも何ともないことなのですが、脱皮って何度も見てもわくわくします。ついつい写真撮っちゃいますね〜。

で、そんな面白い脱皮についてですが、伊丹市昆虫館で1/27より企画展が行われています。もちろん昆虫の脱皮がメインですが、両生類や爬虫類の脱皮も紹介するということで、いつものぼんちゃんの脱皮動画も上映されることになっています。

詳細がわかったら、また後日別の記事でご紹介します。興味がおありの方はぜひ見に行ってくださいね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 雑学  / Trackback:0  / comment:5 

暖冬?

160110kimi2.jpg新年のご挨拶もしないまま、もう一月も後半になってしまいました。今更ですが、皆様今年もよろしくお願いいたします。

年の初めは真冬とは思えないほどのぽかぽか陽気。その後も寒いと言えば寒いけれど、例年に比べればまだまだ暖かい気がします。先日の雪もすぐ雨に変わってその日のうちに全部溶けてしまいましたし。

この週末、日本列島に数十年ぶりのすごい大寒波が来ているそうなんですが、この辺りは雪も降らず穏やかに晴れています。外の風は冷たくても、きみちゃんのいる窓辺は平常通り暖かです。

晴れた日に直射日光が当たると、カエルケースの中が30℃近くまで上がることも。カーテンを引いたり窓を少し開けたりしてこまめに調整しています。去年まではぴょんちゃんのために20℃を切らないようにしていましたが、きみちゃんにはそれほど気を遣ってません。明け方の冷え込みも日が昇ればすぐ暖かくなるので、ほとんどエアコンなしで放置しています。

底に敷いたピタリ適温はサーモで21℃設定……のはずが、最近まで設定を間違えていてことが判明。しばらく点けっぱなしになっていたから変だなーとは思っていたんですけどね。きみちゃんは自分でヒーターのない場所に時々移動していたので、火傷もせず無事です。よかった〜。

160116kimi1.jpg160117kimi1.jpg
160123kimi1.jpg160123kimi2.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

今日も元気

お風呂をのぞき込んだきみちゃんですが、入るのを止めて座り込み、飼い主に何か言いたそう。
ああ、今日まだお水替えてなかったですね。

151227kimi3.jpg151227kimi4.jpg
相変わらずやる気スイッチが行方不明の飼い主ですみません。慌てて水を入れ換えたのですが、きみちゃんはぷいっとそっぽを向いて、シェルターの中へ引っ込んでしまいました。そんな怒らないでよ−。

飼い主がこんなにぐーたらしていられるのは、きみちゃんの調子がいいからこそ。またしばらくフンが出てないけれど、おしっこはたっぷり。皮膚もきれい、食欲旺盛で元気いっぱいなので、健康面はまず心配なさそうですね。

151210kimi1.jpg151210weight1.jpg
151210kimi2.jpg151210weight2.jpg

151210kimi3.jpg151210kimi4.jpg
コオロギを入れれば追いかけてって食べます。カエルの中でも特にヒキガエルの餌獲りは待ち伏せ型のはずなんですけど、ずいぶん積極的なこと。そんなにおなか空いてた?

151215kimi1.jpg151215kimi2.jpg
よく動いているとは言ってもやっぱりヒキガエル。のんびり寝そべっている時の方が多いです。今日はお日様ぽかぽかいい気分。外は寒かったようだけど、おうちガマには関係ないですね。

151227kimi1.jpg151227kimi2.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常 排泄  / Trackback:0  / comment:0 

特に変わりなし

151211kimi1.jpgどうも気分が乗らず、しばらくブログを放置していましたが……。きみちゃんは元気です。

大分寒くなってきたけれど、日の当たる窓辺はそこそこ暖かくて、特に動きが鈍くなることもありません。毎日ゆったりお風呂に浸かり、週2回コオロギを食べて。たまにカエルケースから出して運動させると、その後は興奮冷めやらぬ様子でどたばたしますが、それ以外は静かです。
151205kimi1.jpg最近はシェルターの中に引っ込みっぱなしではなくて、よく手前の隅っこの方に出てきています。飼い主に近いこの場所で、じーっとこちらを見つめるきみちゃん。うん、かわいい。癒やされる。

多分もうちょっとしたらやる気も出ると思うからさ……。いつもありがとね、きみちゃん。
151213kimi1.jpg151213kimi2.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:3 

すっかりすっきり

151101kimi1.jpg先月、2ヶ月半ぶりのお通じがあっても、見た目あまり変わらなかったきみちゃん。体重もほとんど減ってないどころか、ますます増えて記録更新でした。

最近は週2回燃えるゴミの日にコオロギのケースを掃除、ついでにお食事の用意をしています。ところが先週は1回目が遅れてしまい、結局2日連続でコオロギ4匹ずつ食べさせることに。
151109kimi1.jpgまとめて食べたのが刺激になったようで、溜まっていたものがすっかり出ました。朝起きたらお風呂がどろんどろん。9月に食べたはずのアオドウガネの羽もばっちり出てきました。

きみちゃん、おなかが細くなったというよりも体全体が縮んだように見えます。姿勢もしゃっきり、見違えるようです。
151109kimi2.jpg151109kimi4.jpg
151109kimi5.jpg試しに体重を量ってみると、一週間前に比べて66g減。元の体重の21%がフンだったなんて……。

大分体が軽くなって、よく前に出てくるようになりました。そんなにじっと見つめられると何か食べさせたくなっちゃうけど、ほどほどにしないとね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄  / Trackback:0  / comment:2 

ヘビだぞ〜

先日のお散歩の時の話です。便秘解消のためにたくさん歩いて欲しかったのですが、おなかが重いせいか動きが鈍い! しかもすぐに疲れて動かなくなっちゃうし。



どうしたらもっと運動してくれるかと考えていたところ、捨てようとした古いベルトが目に留まりました。これを使って、カエルの天敵ヘビのまねして脅かしたら、びっくりしてカエルジャンプで飛び退いたりしないかしら?

151017belt1.jpgぼんやり座っているきみちゃんの脇腹をつんつん。
「ほーら、ヘビだぞ〜。怖いでしょ〜」

ベルトを目の前で動かすと、きみちゃんは身構えて……あれれ??

ヘビではなくて、ミミズに見えちゃったようです。追いかけてぺちぺち。思惑は外れましたが、動き回ってくれたからまあいいか。
151017belt2.jpg151017belt3.jpg


テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常 動画  / Trackback:0  / comment:2 

光る鼻

151017kimi1.jpgきみちゃんの鼻先に赤い丸。あれ、いつの間に?

前日と前々日の写真を見てみました。言われてみれば少し赤くなっていましたね。擦りむいたのかな。

傷がかさぶたになって目立つようになったのでしょう。治りかけているようなのでそのまま様子を見ることにしました。
151016kimi1.jpg151015kimi1.jpg
151018kimi1.jpg151018kimi2.jpg
151019kimi1.jpg翌日脱皮してかさぶたは取れました。出血はしてないようですね。よかった。

すっかりきれいになったかと思いましたが、更に翌日見てみると、かさぶたが取れた痕がテカっています。まだ完全に治ってなかったのかな。

目立つ場所なので痕が残らないといいなあ。女の子のお顔のど真ん中だもんね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:外傷  / Trackback:0  / comment:3 

やっと出た

151016kimi2.jpg151016kimi3.jpg
151017bath1.jpg便秘解消のため、最近はほぼ毎日きみちゃんをお散歩させていました。歩くことは歩くんですがよく途中で止まります。時間の割に大した運動になっていないような。1時間くらいすると疲れたのか、ぺちゃんこになって動かないので終了です。

運動の後は水浴です。最初は塩水浴にしていたのですが、それだと早めに切り上げないといけないので、普通の水にしました。様子を見て水槽から出たがったらおしまいにします。大体1-2時間程度ですね。

151018bath1.jpg日曜は朝脱皮してお疲れのようだったので散歩はお休み。夕方になってばちゃばちゃと水音が聞こえてきました。きみちゃんがお風呂の中で暴れていたのです。

さあ出るかと見守っていると、見られて気が散ったのか、ばちゃばちゃが次第に遠慮がちになり、諦めて出て行ってしまいました。ここだと狭くて飛び散るから、飼い主としては出なくて助かったかも。本ガマはすっきりせず浮かない顔です。

151019fun1.jpg翌日、またお散歩した後に水浴開始。水は室温程度、体が半分浸かる程の量です。最初におしっこして、少しすると後ろ脚を蹴り蹴りして暴れ出し……。

ようやく出ました!
ぼこぼこと浮いているのはコオロギの頭、白くて細かいのは多分オンブバッタの卵でしょう。消化の悪そうなものいっぱい食べているのに、2ヶ月半も溜め込んだのはやっぱり運動不足のせいですね。
飼い主に似て運動嫌いなカエルのようですが、健康のためたまには体を動かさないとね、きみちゃん。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄  / Trackback:0  / comment:0 

溜まってます

151001kimi1.jpgずっと大人しく過ごしているきみちゃん、便秘が続いています。そろそろ2ヶ月半出ていません。

ときどきお散歩もさせていますが、少々動きが鈍いですね。端まで歩いたら持ち上げてスタート地点に戻すのですが、下ろしたときにぺちゃっと潰れてます。重くてちゃんと支えられないのか、手の着き方がおかしいですよ。
151001kimi6.jpg151001kimi7.jpg
151009kimi1.jpg151012kimi1.jpg
普段から割と溜め込む方ですし、食欲はあるので特に心配ないとは思います。コメント欄などで皆さんのお話を伺うと、ヒキガエルの場合、2ヶ月3ヶ月出ないのもよくあることのようです。

ただこれ以上横に広がると、出入り口につっかえてしまうかもしれませんね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄  / Trackback:0  / comment:4 

筆で食べる

150924kame01.jpg玄関先で小さな虫を発見。クサギカメムシの幼虫かな。私はカメムシのニオイを嗅いだことないので、平気でよくカエルの餌にしています。

きみちゃんの目の前に落としてやりましたが、小さいうえに動かないと、餌と認識できません。

そういうときは筆の出番。きみちゃんが穂先に注目したところで、カメムシをちょんと突きます。のそのそ歩き出した途端にぱくり!
150924kimi1.jpg150924kimi2.jpg
別の日、網戸に留まっていたオンブバッタを入れました。飛び跳ねると見失うので後ろ脚を外しましたが、動きが鈍くてあまり食欲をそそりません。きみちゃん一度は食いついてはみたものの、どうも気に入らなくて吐き出してしまいました。

150929kimi1.jpg150929kimi2.jpg
唾液まみれのバッタは更に動きが鈍くなってまずそうです。でもここまで弱らせておいて捨ててしまうのもどうかと思いますね。何とか食べてもらいましょう。

そこでまたまた筆の出番です。バッタを壁に留まらせてプラケース越しに筆を押しつけます。この穂先の動きに誘われて、きみちゃんが舌を伸ばせばバッタが口の中へ。あれれ、なんだか予想外の味? まあ無事に飲み込んでくれたので問題なしです。

150929kimi4.jpg150929kimi5.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:  / Trackback:0  / comment:0 

コオロギとの勝負

150915kimi2.jpg150915kimi1.jpg
150915mov1.jpgきみちゃん対コオロギ。狭いプラケースの中でカエルに狙われたら、逃げ場のないコオロギは圧倒的に不利ですね。

それでも一度は華麗なステップで舌攻撃をかわしました。その次は、にじり寄るきみちゃんに気付いてしばらく動きを止めます。動画は途中カットしてありますが、双方動かないままにらみ合いが2分ほど続きました。

隙を見て飛び出したコオロギですが、滑る床に足を取られてしまいました。そこをきみちゃんが一息にぱくり。

この勝負、予想通りヒキガエルの勝ちでしたね。コオロギも後ろ脚1本ない状態で健闘しました。床にタオルが敷いてあったら逃げられたかもしれません。まあその場合、飼い主が捕まえて結局はきみちゃんに食べさせるんですけどね。飼育下ですから、公正な勝負なんてもともとありゃしませんって。


テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 動画  / Trackback:0  / comment:2 

もうカエル

150916kimi1.jpg150916kimi2.jpg
150916kimi3.jpgきみちゃん、少し運動しましょうか。このところ大分おなかが重そうですよ。
「え〜、めんどくさいな」 そんなこと言わずに。

あまり乗り気じゃなかったようで、ゆっくりゆっくり歩き出しました。しばらく歩くと立ち止まっては、飼い主の方をちらり。もう疲れちゃったのかな。

そして、床に置いたカエルケースを見つけると突進。中に入ろうとしています。
「おうちにカエル」 はいはい、わかりました。

結局おなかは重たいまま、すっきりしませんねえ。
150916kimi8.jpg150916kimi9.jpg
150916kimi4.jpg150916kimi5.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常  / Trackback:0  / comment:4 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート