This Category : カマキリ

カマタマ

昨年秋のハラビロカマキリの卵上の方がぼさぼさに

昨年の10月末、玄関の壁の高い位置にハラビロカマキリの卵を発見。それが五日後には上半分がぼさぼさの傷物に。鳥がつついたか動物が囓ったのだと思いますが……。屋根があるところで垂直の壁に留まれる生き物ってなんだろう。この場所でヤモリは時々見かけるけど動かない卵を食べるかなあ?

孵化した痕跡結局犯人は分からずじまい。卵はそのまま年を越し、八ヶ月が過ぎました。7月に入っても変化がなく、やっぱり駄目になってしまったのかな、と思っていました。

先日ふと見てみると、もじゃもじゃした抜け殻がくっついていました。少しは生き残って無事に産まれたんですね。捨てちゃわなくてよかった〜。

ちびコカマこちらは庭にいたカマキリの赤ちゃん。コカマキリのようですね。まだ1cmちょっとですが、結構しっかりしてきています。

あの卵から生まれたハラビロカマキリ達も元気でいるといいな。玄関付近でそのうちひょっこり会えるかもしれませんね。
テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
ジャンル : ペット

Trackback:0  / comment:2 

ハラビロさん5

寝たきりハラビロカマキリ12月半ば、ハラビロさんは寝たきりカマキリになりました。よじ登る力がなくなり、止まり木の下の方で常に腹を床に付けた状態です。

それでもこの頃は目の前に来た餌を自力で捕らえることができました。

ひっくり返ってます何とか木につかまります

数日経つと完全にひっくり返ってしまいました。カメラを向けると慌ててカマを伸ばし、木につかまって体を起こしますがやはり腹は床に付いたままです。中肢と後ろ肢はまともに動かず、ほとんど腕の力だけで木に留まっています。

ふと見ると、左の中肢が途中からちぎれています。あれ?最初は全部揃っていたはずなのに、と思って見ていたら……。

餌用に入れたコオロギが、カマキリの右の中肢の先をかじっていました! 犯人はこいつか~!!
振り払う力もなくかじられてしまったようです。かわいそうなことをしました。

自分で持って食べます止まり木からカマを放すと体を支えられないため、もう自力で虫を捕まえることはできません。ピンセットで餌を与えることにしました。

口元に虫を近づけるともぐもぐ食べ始めます。食いついたところでカマを振り上げたら、ピンセットを放して虫を手渡してやります。1-2日おきにSサイズコオロギを2-3匹ずつ与えました。

食後の休憩もぐもぐ

食欲はありますが、次第にカマの動きが鈍くなりうまくつかめなくなりました。最後の方は手放しで食べるので、食べやすいよう小さなコオロギを選んでやりました。

ご臨終です介護状態になって10日目の昨日、いつものように木につかまっているものの様子がおかしいのに気付きました。体の色が全体に黒ずんでツヤがないのです。かすかに動いていますが生気がありません。

その後しばらくして見ると、縮こまってもう動かなくなっていました。先端のなくなった中肢はいつの間にか更に短くなって、茶色く変色していました。

今日、ハラビロさんは庭に埋葬しました。もう少しで年を越せたと思うと残念ですが、うちに来た時点で既にぼろぼろだったので、本来ならそろそろ寿命だったのでしょう。それなりに長生きできてよかったです。

心配していたハリガネムシは、亡くなってからも出てくる様子がなかったので寄生されていなかったのでしょうね。見られなくて半分残念、半分ほっとしました。
テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
ジャンル : ペット

Trackback:0  / comment:0 

ハラビロさん4

コオロギをキャッチしたハラビロカマキリコオロギをむしゃむしゃ

一時期ほとんど動かなかったハラビロさん、その後また餌を食べるようになりました。

足場になる木が倒れ気味で、ほとんど床に寝そべるような無理な体勢でも、しっかりコオロギを捕らえてます。

あちこちボロボロ体のあちこち黒く傷になっていて痛々しい。こんなにボロボロでも意外と元気です。

もしもハリガネムシがいた場合、水に近づけると出てくるようですね。でもその後は弱って死んでしまうとのこと。気になるけれど少しでも長生きして欲しいのでこのままで……。

テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
ジャンル : ペット

Trackback:0  / comment:0 

ハラビロさん3

羽の色が抜けて透けてますハラビロさん、何だか日に日にボロボロになっていくんですけど……。

枯れ葉のようになってきました

落っこちてじたばた、ようやくここまで登りました

どうもね、今まで飼ったことのあるカマキリとは違うんですよ。元気がないというか。動きもぎこちなくて、時々ぽとっと落ちるし。

もしかして、おなかの膨らみは卵じゃなくて寄生したハリガネムシ……?!

それはそれで貴重な体験なんですが、あまり見たくないです~。
テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
ジャンル : ペット

Trackback:0  / comment:2 

ハラビロさん2

何してるの?ハラビロカマキリさんが体を曲げて変な格好をしていました。お尻の先にカマを引っかけているように見えます。お尻が痒いのかな?

写真を撮っていたらこちらに気付いてやめてしまいました。何だったんでしょう??
カマでお尻を触ってます睨まれちゃった
おなかがふっくらしてきましたうちに来た時はおなかがあまり大きくなくて、もう産卵終わったのかと思っていましたが、だんだんふっくらしてきました。卵産んでくれるといいなあ。

テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
ジャンル : ペット

Trackback:0  / comment:0 

ハラビロさん

ハラビロカマキリさん先日、買い物から帰ってきたら、玄関先の牛乳瓶にハラビロカマキリが入っていました。

おばあちゃんがガマの餌に、と捕まえておいてくれたのですがこのサイズはちょっとねえ。それにカマキリは好きな虫だから餌にしたくないなあ。

せっかくいただいたんだし、しばらく面倒みようかと小振りのコオロギを入れてやると食べる食べる。カエルたちの分が減るのも困るんだけど~。

コオロギ食べてます羽がぼろっちい

昔飼っていた時に産み立ての卵がすごくきれいな色で、当時はまともな写真が撮れなかったのが心残り。ぜひまた見てみたいのです。ただ、このカマキリはもう産卵終わっちゃってるかもしれませんね。
テーマ : 虫(カブト・クワガタそのほかの昆虫、クモなど)
ジャンル : ペット

Trackback:0  / comment:2 

ハラビロカマキリの孵化

060627kama.jpg060627kama2.jpg

Trackback:0  / comment:0 

コカマキリの孵化

060616kama2.jpg060616kama.jpg

Trackback:0  / comment:0 

カマキリの赤ちゃん

去年飼っていたカマキリ(1匹目)の卵が、やっと孵化しました。

茶色いコカマキリでしたが、赤ちゃんたちは黒っぽくて大きさもアリくらい、でも親と同じ姿で鎌の部分の白い模様もちゃんと見えます。ケースの蓋を開けて外に出すと、ぴょんぴょん跳ねるように逃げていきました。こんなに小さくても、他の虫を捕まえて食べるんですよね。無事に大きく育ってくれることを祈ります。

Trackback:0  / comment:0 

カマキリその3

実は、我が家のカマキリ(2匹目:ハラビロカマキリ)は年越ししたのです。

この辺りは暖かいので12月半ば頃までは外でカマキリやバッタを見かけます。通常ならその辺りで一生を終えるはずだと思います。

たっぷりと餌を与え、暖かい室内に置いていたのが良かったのでしょう。12月の頭に卵を産んだ後もずっと元気でした。

バッタがいなくなった後は、小さなクモとかたまに見かけるツマグロヨコバイとかを与えていました。年末に数匹のクモを入れたところ、すぐに半数を捕らえて食べましたが、その後はじっと動かなくなりました。お正月は寒くて天気のすっきりしない日が続いたので、餌の追加は出来ませんでしたが、残ったクモはまだ生きていました。

昨日、また少し卵を産んだのを見つけてびっくりしました。

今朝になると、ついに飼育箱の底に固くなってひっくり返っていました。

本当に長生きでしたね。ここまで生きれば満足でしょう。

Trackback:0  / comment:0 

ハラビロカマキリの産卵

051205kama.jpg産卵後しばらくはきれいな青色でした。

Trackback:0  / comment:0 

カマキリその2

公園で幼稚園の子がカマキリを見せてくれました。

大きいね。

「オオカマキリだよ、ゴキブリも食べるんだよ」

ふーん、そうなの?

「ほら、ここにいるでしょ。もう食べられて死んでるから怖くないよ」

……あんまり見たくなかったです。

あの子はゴキブリを生け捕りにしたんだろうか。よく捕まえられたものです。

この辺りでは山の中でゴキブリが冬越しできるそうで、ハイキングコースにゴキブリの巣があると聞いたことがあります。きっと野生のカマキリ達は普段からゴキブリも食べているのでしょうね。

Trackback:0  / comment:0 

カマキリ

今年はカマキリ大発生らしい。

公園に行くと、幼稚園児~小学校低学年の男の子たちが、手に手にカマキリの入った飼育ケースを持って、餌にする虫を探し回ってます。

昆虫採集って夏休みのイメージがあるけれど、夏に採れるセミやチョウは高いところにいて小さい子にはなかなか捕まらないしすぐ死んでしまうのに対して、秋は草むらでバッタやカマキリが捕れ、餌をきちんと与えればしばらく飼育観察できます。

特にカマキリはスタイルがかっこいいし、昼間に活動するし、卵を産むのも見られるところが、子どもたちに大人気の理由のようです。

我が家にもカマキリがいて、餌探しの毎日です。先日、卵を産みましたが、まだ元気です。卵が孵るまでに何ヶ月もかかるので、翌年そのまま忘れて室内に放置して家中カマキリの赤ちゃんだらけになったという話も聞くので、気を付けないと。

Trackback:0  / comment:0 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート