This Category : トンボ

ヤゴたちの最期

結局、残り2匹のヤゴたちは羽化の途中で死んでしまいました。

6月28日、マルが棒に登り始めましたが途中で止まってしまい、そのまま動かなくなりました。棒をもう少し傾けてやればよかったのかもしれません。

ドリは水面から顔を出した状態が何日も続き、体がもう硬くなっていたようです。7月3日にようやく棒に登り、少し背中が割れたものの皮を脱ぐことが出来ずそのまま。

残念な結果でしたが、1匹だけでもトンボになるところを見られたので良しとしましょう。

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴその12

昨夜、ダイがとうとう羽化しました。

もしかしたら明るいのが駄目だったのかと思って、夕方容器の周りを段ボール箱で覆ってみたら、すぐに石の上に登り、次に見た時にはもう棒のてっぺんまで登っていました。つかまる位置が決まって動かなくなったら、すぐに背中が割れて頭が出て、上半身ぶら下がった状態になりました。そのまま20分程立つと、ひょいと体を起こして抜け殻につかまって下半身を抜きました。後は段々羽が伸びてきて、それから胴体が伸びてきてトンボらしい体型になり、最後に体が色づいてきました。そして最初から3時間ほど経ったところで、急にそれまで閉じていた羽を広げて飛び立ちました。すぐ近くのカーテンにつかまっていたので、指先に止まらせて窓の外に逃がしてやりました。しばらくは網戸に留まっていましたが、部屋の電気を消しておいたらいつの間にかいなくなっていました。

嬉しかったです。残りの2匹も無事にトンボになってほしいものです。

マルは、ピンセットで赤虫を水中に入れた瞬間に食いついてくるので、以前のように目の前で揺らす必要もなくなりました。数匹食べるとおなか一杯になるようですが、それでも一応食いついて、一口かじる食いしん坊です。

ドリも、食べる量が増えてきました。目の前に餌をひらひらと落とすようにすると食いつくのですが、たまに勢い余ってつんのめってます。でもこちらも数匹で満腹らしく、その次に餌を落とすと、すごい勢いで逃げていくところは相変わらず情けないです。

Trackback:0  / comment:0 

赤トンボの羽化

060620yago01.jpg060620yago02.jpg060620yago03.jpg060620yago04.jpg060620yago05.jpg060620yago06.jpg060620yago07.jpg060620yago08.jpg060620yago09.jpg060620yago10.jpg060620yago11.jpg060620yago12.jpg060620yago13.jpg060620yago14.jpg060620yago15.jpg060620yago16.jpg060620yago17.jpg060620yago18.jpg060620yago19.jpg060620yago20.jpg
多分、ノシメトンボです。

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴ写真2

060617yago.jpg

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴその11

一昨日の午後から、ダイが体半分水面から出して餌を食べなくなりました。顔つきも大分トンボに似てきて、羽の部分もずいぶん膨らんできました。今夜辺りでしょうか。

マルは食欲が復活、慌ててピンセットに飛びついてとまどったりしています。上から見ると、おなかが丸くてクモみたいです。ドリよりも大きく見えます。

ドリも朝一番など、おなかが空いている時には結構勢いよく餌に食いつくようになりました。でも、少し食べた後は、餌を入れただけで大慌てで逃げ出す、相変わらずの臆病者です。

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴ写真1

060614yago.jpg060614yago2.jpg

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴその10

ダイが水面に顔を出す時間が長くなってきました。いよいよ羽化?と思いましたが、水中に潜った時に試しに餌を与えると勢いよく食いついてくるので、まだなのでしょうね。

マルの体の色はくっきりと黒っぽくなりました。昨日脱皮した後は全く食べようとせず、今日は赤虫数匹食べましたが、まだいつものような食欲はなさそうです。

ドリだけは未だに直接ピンセットから食べてくれないので、目の前に赤虫を落とすようにしていますが、今日は食いつきがいい感じです。でも、続けて与えようとすると、やはりものすごい勢いで逃げ出します。今日は勢い余って一瞬水上に飛び出していました。そこまで怖がらなくてもいいのに。

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴその9

マルが脱皮しました。最初は薄い黄緑でしたが、段々黒い模様が出てきました。ここ2日程餌を食べる量が減ってきて、昨日の午後からは全然見向きもしなかったので、心配してましたが、脱皮が近かったせいだったのですね。

ダイは色が赤茶色っぽくなり、胴体が長くなってきました。羽の部分も伸びてきて、トンボに少しずつ近づいています。もともとじっとしていることが多かったのですが、ここ数日は特に動きが鈍くなってきました。時々水面に顔を出していることもありますが、どちらかというと下を向いて石の陰に隠れていることが多いです。たまに顔が見えた時に餌を目の前に落とすと、勢いよく食いつくのですが、食べる量は以前に比べると減ってきました。

ドリはたまにタイミング良く目の前に餌を落とすと食べてくれますが、ちょっと近すぎたり餌が大きめだったりすると、相変わらずひどく怖がって逃げ回ります。あまりに慌てるので、容器の中を一周して勢い余ってひっくり返ったりもします。大して食べてない割には、身体は大きくなってきて、ダイと同じように茶色っぽくなってきました。いつもは赤虫2・3匹がやっとですが、今日は珍しく続けて5匹食べました。

先週、トンボが飛んでいるのを見かけました。早くうちのも羽化して欲しいものです。

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴその8

朝、ダイが水面に顔を出していました。もしかして羽化が近いのかと思いましたが、その後水中に引っ込んでしまいました。掃除用のスポイトに食いつこうとする勢いだったので、餌をやってみたら結構食べました。羽化の直前は餌を食べなくなるそうなので、まだまだのようです。

マルもピンセットから直接赤虫をひったくって良く食べます。茶色っぽかった色が、緑に黒の模様がくっきりしてきました。他の2匹に比べて羽が短いので、きっともう1回脱皮するのでしょう。

ドリは相変わらず逃げ回っています。でも、今日は目の前に落とした赤虫を3匹食べました。

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴその7

ペットボトルを切ったものを作り、ヤゴ3匹をそれぞれ別にしました。

移してから半日くらいは3匹とも石の下に隠れたままでしたが、ダイとマルはそのうち石の横側に出てきて、赤虫を近くに落とすと続けてぱくぱく食べるようになりました。

ドリはやっぱり慣れずに驚いて逃げ回るばかり。一度だけ、目の前の赤虫に食いつきましたが、結局今日はその1匹しか食べてくれませんでした。

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴその6

朝起きて水槽を覗くと、チロの生首が~!

犯人はダイです。昨日はずっと同じ場所にいたのに、反対側のチロがいた辺りに移動していました。共食いしないようにとかなり頻繁に餌を与えていたのですが、やっぱり生きた獲物の方が良いのでしょう。自分と同じくらいの大きさのチロを頭を残して丸ごと平らげてしまいました。満腹なのか、今朝は赤虫には見向きもしません。

結局、残りの3匹は分けて買うことにしました。

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴその5

ダイは一人でもくもくと食べます。ドリは相変わらず逃げ回り、あまり食べません。マルもすぐに逃げますが、食べ始めると続けて赤虫を何匹も飲み込みます。チロは一度水中を揺れた赤虫を勝手に食べていましたが、ピンセットを見ると逃げてしまいます。

夜中に覗いたら、チロが脱皮していました。ずいぶん大きくなって白っぽくぷよんとしていて最初は死んでいるのかと思いました。2時間ほど経ってからまた見ると、ゆっくりと足を動かしていたので一応生きているようですが、やっぱりふやけたような状態です。

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴその4

ドリは少し茶色っぽくなってダイの色に近くなりましたが、性格は全然違うようでやっぱりかなり臆病です。なかなかピンセットから餌を食べません。何度も試しているうちにようやく目の前に落とした餌を食べてくれました。

ダイは相変わらずあまり動きませんが、餌はよく食べます。ピンセットに食いつこうとすることもあります。

マルも結構逃げ回りますが、うまくタイミングが合えば続けて餌を食べました。

チロは石の下に隠れていることが多いのですが、外に出てきた時にはよく食べます。

こんなヤゴたちにも性格の違いがあって、なかなか面白いです。

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴその3

餌を食べなかった二番目に大きいヤゴが脱皮しました。もともと緑がかった色でしたが、今は明るい緑色できれいなのでドリと呼ぶことにします。一番大きいヤゴに近い大きさになり、羽の元が目立つようになりました。これで終齢なのでしょうか。脱皮した後だからか、とても臆病でピンセットを見ると逃げ回ります。

一番大きいヤゴ(ダイ)は黒っぽい茶色で石の上からあまり動きません。ピンセットが近づいても動じず、そばに赤虫を落とすだけでどんどん食べます。

三番目に大きいヤゴ(マル)は赤っぽい茶色でよく動き回ります。昨日ほどではありませんがそれなりに食べてくれて、他のヤゴに比べておなかが丸い気がします。

一番小さいヤゴ(チロ)は薄茶色ですぐに石の下に隠れてしまいます。ピンセットが怖いようですが、それでも大きめの赤虫に何度か飛びつきました。

一杯食べて早くトンボになって欲しいものです。

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴその2

ペットショップに行って、ヤゴの餌、冷凍赤虫を買ってきました。これを冷凍庫に保管するのかと思うとちょっとぞっとしますが……。

割り箸で解凍した赤虫をつまんでヤゴの目の前に持っていきましたが、びっくりして逃げてしまいました。割り箸を止めて、ピンセットにしてみたら1匹を除いて何とか食べてくれるようになりました。結構勢いよく引っ張るので、ピンセットを開くのが遅れると、ヤゴが宙に浮きます。

ヤゴの飼い方が載っているサイトによると、一日に数匹与えれば良いそうですが、特に三番目に大きいヤゴが食欲旺盛で10匹くらい食べました。

Trackback:0  / comment:0 

ヤゴその1

学校のプールでヤゴ取りをしました。

ヤゴ4匹とオタマジャクシ1匹、ボウフラ数匹を持ち帰ってきましたが、数時間後にはボウフラはいなくなっていました。

共食いを防ぐために本当は別々の容器に入れた方が良いのですが適当なものがなかったので、大きめのプラケースに全部一緒に入れて、石を置いて隠れ場所を作りました。

ふと気が付くと、オタマジャクシの尻尾が食いちぎられて死んでいました。ヤゴよりもずいぶん大きかったのに……。明日は餌を買ってこなくては。

Trackback:0  / comment:0 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート