This Tag : 飼育環境

暖冬?

160110kimi2.jpg新年のご挨拶もしないまま、もう一月も後半になってしまいました。今更ですが、皆様今年もよろしくお願いいたします。

年の初めは真冬とは思えないほどのぽかぽか陽気。その後も寒いと言えば寒いけれど、例年に比べればまだまだ暖かい気がします。先日の雪もすぐ雨に変わってその日のうちに全部溶けてしまいましたし。

この週末、日本列島に数十年ぶりのすごい大寒波が来ているそうなんですが、この辺りは雪も降らず穏やかに晴れています。外の風は冷たくても、きみちゃんのいる窓辺は平常通り暖かです。

晴れた日に直射日光が当たると、カエルケースの中が30℃近くまで上がることも。カーテンを引いたり窓を少し開けたりしてこまめに調整しています。去年まではぴょんちゃんのために20℃を切らないようにしていましたが、きみちゃんにはそれほど気を遣ってません。明け方の冷え込みも日が昇ればすぐ暖かくなるので、ほとんどエアコンなしで放置しています。

底に敷いたピタリ適温はサーモで21℃設定……のはずが、最近まで設定を間違えていてことが判明。しばらく点けっぱなしになっていたから変だなーとは思っていたんですけどね。きみちゃんは自分でヒーターのない場所に時々移動していたので、火傷もせず無事です。よかった〜。

160116kimi1.jpg160117kimi1.jpg
160123kimi1.jpg160123kimi2.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

おいでおいで

150810kimi1.jpgふと視線を感じたと思ったら、きみちゃんがじーっとこちらを見つめていました。すみません、気づくのが遅くて。

いつもは窓際の棚の上にカエルケースがあり、椅子に座った飼い主が振り向けば目の前にいたのですが、今はあまりの暑さに日が当たらないよう、部屋の反対側の床の上に移動してあります。ドアの近くなので、飼い主や他の家族が通り過ぎる足が目の前に見えます。
150814kimi2.jpg落ち着かないかな、と思いましたが、きみちゃんは特に気にする様子もなく、普段はそっぽ向いてます。おなかがすいたときだけ、身を乗り出して飼い主が通りかかるのを待ちます。

ただ、きみちゃん割と気が短くて、すぐに行かないと諦めてシェルターの中に引っ込んでしまいます。そんな時は手招きです。手を振って呼び寄せれば、ちゃ〜んと出てきてくれるんですね。
150811kimi1.jpg150811kimi3.jpg
150812kimi1.jpgそして、飼い主の顔を見つめながら、時折くいっとプラケの窓がある上の方を顎で示します。
「ほらほら、ごはんまだぁ?」

野生のヒキガエルは鳥に襲われるので本能的に上から近づいてくるものを恐れると聞いたことあるのですが……。あなたにとって上からやってくるのは『おいしいもの』なんですね。

小さい頃は結構警戒心が強くて怖がりだったのに、もうすっかり危機感のないおうちガマです。
150812kimi2.jpg上ばっかり気にしているので、コオロギなどを近くに落としてやっても気づかないこともしばしば。ピンセットで餌やりしても、ピンセットの先端よりもその上にある飼い主の手を見ていたりします。『ごはん=上』という思い込みが強すぎるようですね。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  日常  / Trackback:0  / comment:0 

平常営業中

150806kimi1.jpg150807kimi1-2.jpg
先日の記事に書いたように、全然シェルターに入らなかったきみちゃんが、一週間ぶりに中にいました。

150807kimi2.jpg150807kimi3-2.jpg
目を合わせたらすぐに出てきて、コオロギを食べたらまた戻っていきました。どんどん奥の方へ引っ込んでいき、このままヒキコモリガエルになっちゃうかと思いましたが、そういうわけではないようです。

その後は自由に出たり入ったり。あちこち移動しますが、シェルターの入り口で顔だけ出すのが一番のお気に入り。すっかりいつも通りのきみちゃんです。

150808kimi1.jpg150808kimi2.jpg
150808kimi3.jpg150809kimi2-3.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 日常  / Trackback:0  / comment:5 

小シェルター撤去

150730kimi1.jpgぴょんちゃんが亡くなった日、珍しくきみちゃんが小さい方のシェルターに入っていました。ここ数ヶ月、こちらはほぼぴょんちゃん専用になっていたのですが……。

元々はきみちゃんが小さい頃に使っていて、ぴょんちゃんと同居するときに持ってきたものです。ふたりが一緒にいたいときも別々になりたいときも対応できるようにと、大小二つのシェルターにしたのです。
150730kimi2.jpg150730kimi3.jpg
結局、きみちゃんには狭すぎたのかすぐにひっくり返してしまいました。これは邪魔ですね。そうか、ひとりならもうシェルターは一つだけでいいのか……。

150801kimi1.jpg小シェルターを撤去した後、丸二日間、きみちゃんは床にうずくまって動きませんでした。ずっとぼんやりしていて、どこか具合が悪いのかと、とても心配しましたよ。

その後、きれいに脱皮して、立派なフンをして、身が軽くなったらいつものように大暴れ。ああ、元気で良かった。
150802kimi1.jpg150803kimi1.jpg
150804kimi1-2.jpgでもなぜか寝るときはいつも床の上。大きいシェルターの中に入ろうとしないんです。見えるところにいてくれるのは安心なのですが。

広い場所が空いて、ゆったりできるのがいいのでしょうか。もしかして、飼い主が寂しくないように気を遣って、姿を見せてくれているんだったりして、ね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 日常  / Trackback:0  / comment:0 

手作り冷房装置

150720toads1.jpg今日は雨で温度が下がってますが、梅雨が明けて一気に猛暑がやってきました。30℃を超えても元気にどだばたしていたきみちゃんも、32℃近くなるとさすがにかったるそう。

アズマヒキガエルは日本のカエルですからある程度の暑さ寒さには耐えられます。とは言え、逃げ場のないプラケースの中ですから、できるだけ20〜30℃の範囲内に収めておきたいところです。

最近の夏の暑さではエアコン必須ですよね。ただ、今の時期ってまだあんまりムシムシしてなくて、窓を開ければいい風が入ってくることも。閉め切ってエアコン点けっぱなしにするよりも、自然の風を通した方が快適だったりします。

でも風が涼しいのはあくまでも体感温度。プラケに風を当てても周囲の気温と同じ温度になるだけです。人が涼しいからと油断していたら、カエルたちには危険な状態になってしまうかもしれません。

そこで、最近話題の100均のクーラーボックスと保冷剤で作る簡易冷却装置を試してみました。先週くらいからTwitterで広まっていますが、多分オリジナルはこちらのブログだと思います。
>>対牛猫用非電動冷却装置 : うしねこ日記

150720cooler2.jpg作り方は簡単、発泡スチロールの保冷ボックスの蓋と側面に穴を開けて、中に保冷剤を詰め込むだけ。側面の穴から冷気が噴き出してきます。オリジナルは丸い穴でしたが、箱が小さくて高さがないのでスリット状にしてみました。

犬猫なら吹き出し口からの冷気に直接当たることができますが、カエルの場合はプラケ越し。横から冷やすのは効率がよくありません。この装置は蓋の上に載せることに。

150721cooler1.jpg最初のうちは勢いよく冷風が吹き出ます。斜めに遮って冷気を下側に流し込むと、プラケ内は周囲に比べて3-4℃も下がりました。でも、中身が溶けかかってくると急に勢いが弱まります。手をかざせばまだまだ冷たいけれど、プラケの中まで冷気が届かず、だんだん温度が上がってきました。

結露で溜まった水を捨てて保冷剤を入れ替えれば復活するものの、保冷剤の数にも限りが。溶けた保冷剤を冷凍庫に戻して再凍結させても、1-2時間では芯まで冷えません。最初に比べて冷気の勢いも弱いし、すぐにまた溶けてしまいます。

150720cooler1.jpgそこで、箱を倒して冷気の出口を下に向けてみました。こうすると冷気が直接下に降りていくので、溶けかかった保冷剤でも結構冷えます。冷たい水滴がぽたぽた垂れますが、カエルなら多少濡れても大丈夫なはず……って、これだと保冷剤直置きとあまり変わりないかも。

エアコン代わりに丸一日使うのではなく、短時間・補助的な利用がオススメ。エアコン使用をちょっぴり抑えるのには充分役立ちそうです。

※8/7 追記

最近ちょっと冷えが悪いです。何度も使って箱にヒビが入ったせいかも。

最初に下向きにして、プラケ内の温度をある程度下げてからキープさせるようにしています。ずっと下向きだと冷えすぎるので起こして、冷えが悪くなったらまた下に向けて。時々保冷剤を入れ替えながらそれを繰り返します。面倒なときはさっさとエアコン使用しちゃいます。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 ノウハウ  / Trackback:0  / comment:3 

うとうと

すっかりご無沙汰してしまいました。ご心配をお掛けしてすみません。カエルたちは特に変わりなく過ごしております。

ただ飼い主の方がイマイチで……。特別忙しいとか具合が悪いとかじゃないんですが、なーんか何をするにもやる気が出なくて。新聞を開く気力もなく、一ヶ月分溜め込んでしまったのには自分でもびっくり。一応家のことや仕事は最低限やりつつ、だらだらぐだぐだとしています。

気が付くともう師走。カエルたちのいる窓辺は暖かく、これまでヒーターなしでしたが、急に冷え込んで明け方は18℃を切るようになったので、先日からピタ適を点けるようになりました。サーモを20℃にセット、ヒーターが点いている時間はまだほんのわずかです。

日差しのある日中はぽっかぽかで、きみちゃんもぴょんちゃんも気持ち良さそうにうとうと。室温が高くてもやはり冬の空気を感じるのか、動きは少なめです。

141205kimi1.jpg141205pyon1.jpg
時々お医者様にぴょんちゃんの病状を報告しなければならないのに、それもすっかりサボってます。ああ、早く写真整理しなくっちゃ。写真さえ何とかなればブログも更新できるはず!
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常 飼育環境  / Trackback:0  / comment:9 

闘病生活

140918med1.jpgぴょんちゃんの容態、今のところ特に変化はありません。足の傷はまだ治らず、唇は少し腫れ、おなかの下は茶色く肌荒れ、胸の水は溜まったままで、体はぐにゃぐにゃと柔らかく、体重の割に重量感がありません。

毎日頑張っているんだけどなあ……。

飲み薬は3つ。それぞれ回数が違ったり混ぜてはいけなかったりするので、一日3回に分けて餌に混ぜて飲ませています。

140916pyon1.jpg更にビタミンAとカルシウムを多めに、ただしビタミンDが過剰にならないように、ということでアミビットと炭酸カルシウム粉末を合わせています。餌の量は体重が現状維持出来る程度に調整。薬と違って規定量があるわけではないので試行錯誤です。

投薬の度にお医者様に報告するための写真を数ヶ所撮影。おなかを見るためひっくり返すと、暴れて涙と鼻水で顔がぐしょぐしょです。嫌だよね、ごめんね。
140919pyon1.jpg140919pyon2.jpg
140919pyon4.jpg床に敷いたタオルが乾いていると足の傷の刺激になるのでは、ということで今はタオルを湿らせています。数時間で雑菌が繁殖して変色してしまうので、投薬のタイミングに合わせて交換。殺菌のためにクエン酸水で洗った後、酸が残らないようよくゆすいでから日光消毒しています。

下が湿っていると木のシェルターは黒カビが発生したり接着剤が剥がれてきたりするので、こちらも頻繁に交換して洗って干します。同じものを2つずつ用意しておいてよかった。できれば、しばらくシェルターなしで我慢してくれるといいんだけど。
140922bath1.jpgその他、毎日1回0.6%塩水浴したり、足の傷に軟膏を塗ったり。いろいろやることが多くて、ゆっくり休ませてやりたいのに落ち着きません。

ネットで調べても、カエルの腎臓病なんて全然情報ありません。高齢の猫は多くが腎臓を悪くするようで、老猫介護のサイトはたくさん見つかりました。猫ちゃんの介護に比べれば、カエルのお世話なんて大したことないと思うけど……。

せめて足の傷さえ治れば、薬も減らせるし、床も乾いた状態に戻せて、ずいぶん楽になるんですけどねえ。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 飼育環境 病気 外傷  / Trackback:0  / comment:4 

タオルと木箱

掃除の後の話を書こうとしていたら、前の記事のコメントでタオル飼育の話題が出たので、ついでにその辺りも書いておきますね。

以前は黒土を寝床にしていましたが、ぴょんちゃんが2年半前に体調を崩してからは土を入れるのを止めました。最初は皮膚の状態が見えなくなるからという理由で、そのうち症状が治まったら元に戻すつもりでした。でも実際に土がない状態で一冬過ごしてみると、泥んこにならないわプラケースに傷が付きにくいわ、飼い主としては非常に楽なことに気付きました。

それでも土に潜れないのはかわいそうに思って、調子が良くなってきた頃にお医者様に相談しました。すると、カエルは新陳代謝が激しくて土がかなり汚れる、入れるなら毎日取り替えるくらいでないと……と言われてしまいました。以前読んだ本「珍獣の医学」にも、爬虫類の水槽に砂を敷いておくと餌と一緒に少しずつ飲み込んで腸閉塞を引き起こすとあり、獣医さんとしては土や砂はトラブルの元と思われるのかもしれません。

毎日交換はちょっと大げさでは?と思っていましたが、白いタオルにしてみると確かに汚れるんですね〜。ぴょんちゃんが動きたくない間はそっとしておくので、タオル交換は大抵2,3日おきですが、ただ上に座っているだけでも茶色っぽくなります。特に脱皮の後は汚れがべったりです。

それから、タオルだとおしっこの臭いがわかりやすいです。土は消臭効果があって排泄物があっても大して臭いません。フンも下の方に埋もれてしまうとしばらく気付かないことがあります。きちんとまめに掃除する人は臭わない方がありがたいでしょうけど、ズボラな私はついついさぼっちゃいますから、見た目や臭いですぐわかる方が安心です。

なお、タオルは乾いたままです。最初のうちは湿らせてましたが、暖かい時期になると雑菌が繁殖して、1日も経たずにスゴイ色に変色してしまいました。ちょっとおなかが乾くかもしれませんが、カエルたちは自分で水に入るので大人ならまあ大丈夫でしょう。

普通に土で飼育している人は大勢いますし、ヒキガエルとしては土に埋もれて過ごす方がストレスが少ないかもしれません。ただ、ぴょんちゃんの病気は原因もはっきりせず、またいつ再発するかわかりません。清潔第一かなと思っています。

シェルターは元々ウレタンのパズルマットを使っていました。こちらは当たりも柔らかく洗えて便利でしたが、だんだんボロボロと細かい屑が出るようになってきました。しかも餌に入れたコオロギやワラジムシがウレタンを囓る危険性もあり、体に悪そうなので木箱に変えました。固いプラスチックや金属も検討しましたが、ちょうどいいサイズがなかったのと入口を作るのが大変そうだったので。

大きい方のシェルターは割り箸みたいに柔らかい木です。これもカエルたちに触れている部分は汚れやすく、すぐに黒ずんでしまいます。だんだん汚れが取れにくくなってきたので、今度同じものをいくつか用意して、交代で使うようにするつもりでいます。段ボールで使い捨てにすれば清潔ですが、ゴミが増えて面倒ですしね。百均のこの箱が、プラケにジャストサイズで助かりました。

先日、大きいシェルターを洗って日干しにしていた時のことです。

落ち着きのないきみちゃんがぴょんちゃんのところへ……。脇腹をぎゅうぎゅう押すのはやめなさい。かわいそうに、ぴょんちゃん涙目でおえっとなりました。その後ぴょんちゃんは、残してあった小さい方のシェルターにそそくさと避難。

140512toads1.jpg140512toads2.jpg
日が暮れて干してあったシェルターを戻してみると、きみちゃん、お尻だけぴょんちゃんのいるところに突っ込んでました。一緒に入っているつもりらしいです。奥に追いやられたぴょんちゃんは迷惑そう。
140512toads3.jpg140512toads4.jpg
140512toads5.jpgせっかくきれいにした大シェルター、ふたりともなかなか使ってくれません。ぴょんちゃんは脱皮が近いので動きたくないそうです。きみちゃんはぴょんちゃんの側がいいらしく、小シェルターの周りをどたばたうろうろ。

3日ほど経って、ようやく脱皮を終えてすっきりしたぴょんちゃんは大シェルターに移動。するときみちゃんも後について入っていきました。

きみちゃん、ぴょんちゃんにくっつくのはいいけど、あなたは動きががさつなのでもう少しおしとやかにね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 トラブル ノウハウ  / Trackback:0  / comment:2 

上を目指して

きみちゃんは4月半ばに脱走に成功して以来、再チャレンジに余念がありません。あんなに食いしん坊だった子がほとんど食べずに毎日壁登りの練習。かなり身軽になりました。

時々バターン!とすごい物音を立てて、屋根に飛びつきます。下からのカエルジャンプではなく、壁に沿って勢いよく伸び上がるというやり方のようです。

140426kimi2.jpg140426kimi3.jpg
140426kimi4.jpg140426kimi5.jpg
140426kimi7.jpgただ背伸びするだけでもかなりの高さまで手が届くようになりました。プラケの隅で手足を突っ張ると、ちょっとの間、張り付いて宙に浮いていることも。

温度計やサーモのコードにぶら下がっていることもあり、慌てて高い位置に付け直しました。危ないったらありゃしない。

そう言えば、ぴょんちゃんとぼんちゃんもちょうど一年過ぎた頃、急にドタバタ暴れ出してあまり食べなくなって、それまで増えていた体重がぐっと減りました。そういう時期なんですね。
140429kimi2.jpg140429kimi5.jpg
140429kimi4.jpg140501kimi1.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:成長 飼育環境  / Trackback:0  / comment:2 

脱走!

きみちゃんは跳ばないカエルです。ちびっ子の頃はともかく、居間に引っ越してきてからはジャンプで移動することはありませんでした。餌に向かってぱっと飛びつくことはあっても、ぴょ〜んとカエルジャンプするところを見たことがありません。

ぴょんちゃんやぼんちゃんはこのくらいの頃、シェルターの上り下りにも勢いつけてジャンプしてました。当時は今より一回り小さいプラケで、シェルターの上で立ち上がるとプラケの窓に手が届く高さ。ジャンプで外に飛び出してしまったことも。

その年の秋、今のプラケに変えると数センチの差でしたがもう届かないと諦めたようで。ぴょんちゃんもぼんちゃんも窓に向かってジャンプすることはなくなりました。

更にぴょんちゃんが独りになってからは若い頃のような活発さもなく、すっかり油断して窓を開けっ放しにすることが多くなりました。このプラケースはスライド窓を取り外して全開しないとお風呂の出し入れができないので、いちいち閉めるのが面倒だったのです。

140416kimi1.jpg一昨日のきみちゃんは餌もほとんど食べずに落ち着かない様子でした。それが昨日の昼頃たっぷりフンが出たら、身軽になって気分もすっきり。シェルターの上に登ってのんびり外を眺めます。

この後、私は2時間ほど席を外していて、戻ってきてみると……。
140416kimi2.jpgあれ? きみちゃんが見当たりません。
慌てて周囲を探すと、プラケの向こう側、窓枠のところにきみちゃんが!
網戸に手を掛けて、窓の外を眺めていました。

網戸閉まっててよかった〜。棚の隙間や手前側に落っこちてても怪我したかもしれません。本当に無事でよかったです。
140416kimi3.jpg140416kimi4.jpgおうちに戻った後もきみちゃんは興奮冷めやらぬ様子で盛んに立ち上がっていました。どうやらジャンプではなく、手を伸ばしてよじ登ったようですね。

高いから届かないかと思っていましたが……。ヒキガエルの身体能力を甘く見ていました。今後は絶対に窓を閉めるようにします。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 トラブル  / Trackback:0  / comment:2 

がたがた

140317kimi1.jpg入口からひょこっと顔を出すきみちゃん、かわいいですね。ぴょんちゃんは奥にいるようです。

少しして、ぴょんちゃんの大声が聞こえました。
「きゅ〜!!」

あらあら、きみちゃんに踏まれちゃったかしら、と覗いてみると、きみちゃんは珍しく小さい方のシェルターにいます。
140317toads1.jpg140317pyon1.jpg
ぴょんちゃん、奥でもぞもぞしながら何度か鋭く鳴いたかと思うと、のそのそと出てきてお風呂に行きました。何だったのかなと見てみたら、後には立派なフンが……。きみちゃんは避難していたのね。

そういえば、2日程前からおなかをさすってましたっけ。また具合が悪いのかと心配してましたが、単なる便秘でしたか。しっかりした便の状態を見る限り、問題なさそうです。

140317toads2.jpg140317toads3.jpg
140317toads4.jpg140317toads5.jpg
大きいシェルターが汚れたので洗って乾かしている間、小さいシェルターにぴょんちゃんが入りました。横幅はいいんだけどちょっと奥行きが足りないかな。中で動くたびにシェルターが持ち上がって傾いてしまいます。あまり居心地良くなさそうですね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 飼育環境 鳴き声  / Trackback:0  / comment:4 

風呂トイレ共同

同居初日、ふたりとも自分の部屋に引っ込んだらずっと出てきませんでした。翌日も夜までそのまま。いつもなら一日一回くらいはお風呂に入るのに、ずいぶん体が乾いたのではないでしょうか。

ちょうど月末だったので無理やり引っ張り出して身体測定。給水していないので案の定ふたりとも体重少なめでした。

プラケースに戻すと、きみちゃんようやくお風呂へ。ぴょんちゃんはしばらく迷っていましたが、強引に潜り込みました。きみちゃんはまだ慣れないせいか、どうも落ち着きません。やがて、きみちゃんはぴょんちゃんの背中を踏んづけて出て行きました。一緒に入るのは今イチだったようですね。

140228bath1.jpg140228bath3.jpg
140228bath4.jpg140228bath5.jpg
140301bath1.jpgその後はひとりずつ交代で入ることになったようです。きみちゃんが夜、ぴょんちゃんが朝という具合。

まあ、お風呂はトイレも兼ねてるんだし、一緒じゃない方がいいのかも。ひとり入った後は水が黄ばんでいますから、その都度きれいに入れ替えないとね。

ところできみちゃん、この熱湯風呂のような入り方はぴょんちゃんに教わったんですか? 楽しいのかな?
140301bath2.jpg140301bath3.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 日常  / Trackback:0  / comment:2 

同居開始

140227pyon3.jpg屋根の上でくつろぐぴょんちゃん。そこにきみちゃんがシェルター持参でお引っ越ししてきましたよ。

ぴょんちゃんはそのまま無反応。きみちゃんも目の前のぴょんちゃんを無視、くるりと後ろを向きました。
「下に降りたいの〜」

降ろしてあげると大はしゃぎ。レンガの椅子に座ってみたり、あちこち歩き回ったり。
140227toads1.jpg140227toads2.jpg
140227kimi1.jpg140227kimi2.jpg
140227toads3.jpgぴょんちゃんは屋根の上からじっと様子を見ていました。きみちゃんが自分のシェルターに引っ込むと、ぴょんちゃんもようやく屋根から降りて、自分の部屋に入っていきました。

お互い相手のことが気になるようで、ちらちらと様子を伺います。今のところ、どちらも妙に遠慮して距離を保っています。ヒキガエル同士ってもっと平気でベタベタくっつくのかと思ってましたが、意外です。
140227toads4.jpg140227toads5.jpg
140227toads6.jpgまあ、無理せずだんだん仲良くなってくださいな。

きみちゃん、ぴょんちゃん先輩の言うことをよく聞くんですよ。
「んーわかった〜♪」
テーマ : 両生類
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 日常  / Trackback:0  / comment:3 

まずはお試し

140225toads1.jpg先日、ぴょんちゃんのシェルターを日干しするためしばらく外していました。するとぴょんちゃん、隣にいるきみちゃんの方をじーっと覗くんです。

そんなに気になるなら、ときみちゃんを連れてきました。お互いに目の前の相手が動くとびくっとしますが、その後は何も見なかったかのようにスルーです。

どちらも緊張してますが、やたらとベタベタしたりケンカしたりはないので、危ないことはなさそうです。
140225toads2.jpg140225toads3.jpg
140225toads4.jpgきみちゃんは次第に落ち着いてきて、ぴょんちゃんが食べ残したコオロギを食べたり、あちこち探険したりとやりたい放題。

ぴょんちゃんは緊張しすぎたせいか、「おなか痛いんだけど……」と言い出したので、この日はここまで。

その後、ぴょんちゃんのおなかがすっきりして調子よさそうだったので、2/27より同居を開始しました。
※同居前の記事は、それぞれ以下のカテゴリをご覧ください。
 きみちゃん >>ガマ(1年目)、ぴょんちゃん >>ガマ(6年目)
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:2 

おなかぱんぱん

131231kimi2.jpg夏頃まではなかなか食べない、大きくならないと心配していたのが、嘘のように巨大化したきみちゃん。見事なおなかでしょ。

ぼんちゃんやぴょんちゃんと違って皮膚のぽつぽつ部分に色が付いてるんですね。地の色も薄茶がかっていて、うにょ柄が少ない割にあまり白くないおなかです。

太ったせいで、細長いお風呂で足がはみ出すようになりました。このお風呂は入れ子の弁当箱。以前は内箱だったのを、年明けから外箱に換えて若干大きくしましたが焼け石に水です。もう少し幅広の入れ物を探さなくては。プラケの窓を通るサイズで深さも欲しいので、なかなかちょうどいいのが見つかりません。
131227kimi1.jpg140101kimi1.jpg

140107kimi2.jpg140107kimi3.jpg
140107kimi4.jpg先日、お風呂の中でばちゃばちゃと暴れて水を跳ね散らかしていました。しばらく経つとどろんどろん。2ヶ月ほど溜め込んでいましたからね。

トイレの後に屋根の上へ行くのは、ぴょんちゃんと同じです。少しはおなかがすっきりしたかな。またすぐに戻っちゃうけどね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:容姿 排泄 飼育環境  / Trackback:0  / comment:2 

ヒートウェーブネオ

2014年6月末、製品の仕様以上に温度が上昇する恐れがあるとのことで、メーカーより自主回収のお知らせが届きました。この商品は既に販売を終了しているとのことです。使用感は特に問題ないと思っていましたが、今回被せてあった段ボールを外してみると、熱で変形したらしく波打った状態になっていました。使い方に問題があったのでしょうが、返送したところ丁寧な対応をしていただけました。とにかく火事にならなくてよかったです。

急に寒くなり、きみちゃんのためにヒーターを1枚追加で購入することにしました。

いつものピタリ適温プラスを買おうと思ったら、需要が高まるこの時期は以前買った時より大分値段が上がっています。迷っていると、似たような製品でGEXのヒートウェーブネオというのが目に付きました。

値段はピタ適よりも若干高いのですが、リバーシブルで使え、表面温度がピタ適42℃に対して最高45℃という違いがあるようです。ピタ適は真冬にはちょっとパワー不足なのが気になっていたので、こちらを試してみることにしました。

通販サイトをいくつか見てみると、店によってMサイズが15wだったり16wだったり。何が違うのだろうかとメーカーに問い合わせてみると、15wは旧製品で16wは新製品、製造工程の変更によって仕様変更したそうです。内部の構造・使用している部品は同じなのでワット数以外の違いはないとのこと。

だったら、消費電力が少ない方がいいかな、と15wと表示しているお店で購入したのですが、結局届いたのは16wのものでした〜。まあ、いっかあ。きみちゃん用には今使っているピタ適プラスを回して、ぴょんちゃんのところにサーモとセットで使うつもりなので、ずっと点けっぱなしにはならないでしょうから、電気代はあまり気にしません。フル稼働でも一ヶ月300円以下ですしね。

131114heater1.jpg131114heater3.jpg
131114heater23.jpg周りが透明のピタ適2号と比べるとずいぶん大きく見えますが、ピタ適22×25cmに対してヒートウェーブ22.3×27.3cm、それほど差はありませんね。全体が黒くて実際の発熱部分のサイズはわかりません。

下敷きのようなピタ適より更に薄く、ヒートウェーブはクリアファイル並みにぺらぺら。水平に持ち上げるとへなっと曲がります。ただし、コード接続部分はかなり分厚く、最大1.3cmくらいあります。プラケ下に置く時は、この部分を外に出すか、底上げしてスペースを確保する必要があります。

リバーシブルということで、形は裏表同じですが、裏はプリントなしの真っ黒け。別に外に見せるものじゃないからいいんですけど、ちょっと寂しいな。

131116heater1.jpg131116heater2.jpg
保温のため棚にアルミシートを敷き、プラケ底をくるむためのフリースと発泡シートを重ねた上にコルクマットを置いて、その上にヒーターを載せています。四隅にゴム足を噛ませてプラケを持ち上げているので、コード部分も下に収まります。ヒーターの上はかなり熱くなるので、念のためプラケとの間に段ボールを2枚入れましたが、温度が充分上がらないようなら抜くつもりです。

うちは比較的温暖な地域ですし、カエルたちがいる窓辺は家の中で一番暖かい場所なので、この時期でもヒーターはほとんど不要です。ただ古い木造家屋ですきま風がひどく、冷え込みが厳しくなるとどんどん熱が逃げていくのが悲しいところ。

2010年1月に購入したピタ適プラス2号は定格消費電力6w(現行機種は8w?)とかなり省エネなのですが、寒い時期はプラケ内が15℃切ってしまいます。今回購入したヒートウェーブネオのパワーに期待したいです。


GEX PTCパネルヒーター HeatWave Neo M 15W 爬虫類 両生類 パネルヒーター 保温 関東当日便


ピタリ適温プラス 2号 爬虫類 両生類 パネルヒーター 保温 関東当日便



テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

カエルのおうち・きみちゃん2013秋

131105kimi2.jpg131110kimi2.jpg
131110case2.jpg先日、きみちゃんのシェルターを新しくしました。100均の木製スタッキングラックを逆さにしたもの。足の部分を外して、表面にヤスリを掛けました。大分余裕があっていいサイズです。

前のシェルターはもうきつかったきみちゃん。新しいのを入れた途端、大喜びで入っていきました。前のも一応隣に置いといたら、屋根に登るのに使っているようです。

ただ最近はシェルターの中にいるより、外に出てテレビを眺めていることが多いです。テレビが点いていなくても、画面に何か反射するのが気になるみたい。やっぱりカエルは動くものを見るのが好きですね。

131105kimi1.jpg131110case1.jpg
今はまだ室温が20℃切らないので、カエルたちにはヒーターを入れていません。これから寒くなったらどうしようか考え中。できればぴょんちゃんのところで一緒に過ごせるといいのですが……。

きみちゃんの方は、最近ぴょんちゃんの姿を見ても特に怖がらなくなってきたので、ぴょんちゃんの体調次第なのです。念のためにもう一枚ヒーターを用意しとこうかなあ。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

131106pyon1.jpg131106pyon2.jpg
ぴょんちゃん、相変わらずすっきりしない毎日です。

強制給餌でスイミーを食べている間、下痢は治まっていて体重も大分戻りました。でも、時々急に悲鳴を上げておなかを掻きます。次第にまたおなかが張ってきて、便が出なくて苦しいように見えました。

試しにコオロギを食べさせてみると、数日後に軟便。コオロギのかけらはまだほとんど見当たりませんが、やっぱり消化不良気味。またしばらく絶食です。

131030pyon1.jpg話は変わって……。

辛そうに外をうろうろされるよりも、シェルターの中で大人しくしていてくれる方がいいですが、姿が見えなくなるとちょっと心配。ちらっとでも顔が見えるとほっとします。

このシェルター、入口の他に窓も付いててなかなか便利でしょ。
131029pyon1.jpg131103pyon1.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:0 

敵発見!

131025kimi2.jpg131024kimi3.jpg
居間に引っ越してきたきみちゃん。水替えの時にこぼさないようお風呂は少し大きいものに変えました。TVで何か動いたり、家族が覗き込むことが増えたり、いろいろと刺激的な生活にも大分慣れてきた様子です。ところがある日……。

おなかをぷくっと膨らませて、手足を突っ張って体を高くしてゆらゆら。これは例の対ヘビ防衛動作ではありませんか!

131024kimi1.jpg131024kimi2.jpg
131024toad1.jpgお相手はヘビではなく、ぴょんちゃんでした。

脱皮中のぴょんちゃんを発見して敵認識。初めて見る他のカエルに、ものすごーく警戒してます。

ぴょんちゃんの方は脱皮に忙しく、後ろにいるきみちゃんには全く気付きませんでした。もしも気付いても、ぴょんちゃんの方が大きいから平気かな?
それに、ぼんちゃんと暮らした経験があるから、自分以外のカエルの存在に慣れているかも。

131021toad1.jpgそう言えばこの動作、人間に対しては行いません。まあ、サイズが違いすぎるので、ちょっとくらい体を大きく見せても無駄だからでしょうね。人間相手の時は、頭を低くして伏せの体勢を取ります。

数日前にもぴょんちゃんのシェルターを外してみたのですが、その時はぴょんちゃんが全く動かないまま。きみちゃんはぴょんちゃんのお尻を眺めていたけど、隣にいるのが動物だとはまるで気付かなかったようですね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常 飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

お隣さん

131020kimi1.jpg131020kimi2.jpg
急に涼しくなりました。まだヒーターを入れるほどではありませんが、北側の洗面所はカエル飼育にはちょっと寒すぎます。

コオロギを狙ったきみちゃん、体が思うように動かずこけちゃいました。変温動物ですからねえ。

131020toad1.jpg131020toad2.jpg
寒さで体調を崩しては大変と、きみちゃんを暖かい部屋に連れてきました。ぴょんちゃんのすぐ横です。写真を撮るためにぴょんちゃんのシェルターを外しましたが、お互いまだ気付いていないようですね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:2 

カエルのおうち・きみちゃんNewバージョン

プラケ大サイズを使用今のところ余裕です
体半分出てますきみちゃんぐんぐん大きくなってます。大分きつくなったので、先日おうちをバージョンアップ。

ぴょんちゃん達の時は2匹でしたから、夏にはもうこのプラケを使っていました。当時はいろいろ入れてましたが、きみちゃんのおうちはスカスカです。

お風呂はゆったり広くなりました。プラスチック箱のシェルターは引き続き入れましたが、もう完全にはみ出していて、ほとんど役に立ちません。

覗かないで!もう一つ別の箱も入れました。こちらはぴょんちゃん達も使っていたもの。奥行きがあってちょうどいいサイズです。

屋根の下、植物の陰など、日によってお気に入りの場所は違うようです。何にもない部屋のど真ん中に堂々と陣取っていることも。

もう怖がりじゃなくなったのかな、と思って見ていると、いきなりカエルジャンプで逃げようとしたり、目を逸らしてうつむいたり。まだまだ慣れきってはいないようです。
ちょっとこれを動かしてこの隅っこがいい感じ

ワイドビューBLACK(大)(380×230×250mm) プラケース 飼育容器 昆虫 カブトムシ クワガタ 関東当日便

←同じタイプの色違い。ちょうどこのサイズです。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 成長  / Trackback:0  / comment:2 

気分悪い

ぴょんちゃんの調子、よくありません。

先週は鳴いておなかを掻きむしる症状が続きました。ただ、去年のように一日中ということはなく、長くても半日でいったん落ち着いていました。

週末にはじっと動かなくなり、週明けには脱皮。一見きれいに剥けたように見えていましたが、実際はほとんど皮が取れないまま薄く張り付いていたようです、水に入るとふわふわと浮いてきます。

脱皮の後も食欲がなく一日中寝ていました。

火曜日、おなかを掻いた後に鳴きながら下痢をしました。便が出ておなかが落ち着いたかな、と思ったのですがそれからしばらくすると、急にけぷけぷとしゃっくりのような動きをして、透明の唾液?をこぼすように吐きました。

おえっぐったり

ちょうどこの時、シェルターを紙箱から100均で買った木箱に変えてみていました。何度か洗って乾かしていたものの、木の匂いは多少残っています。吐き気とは関係ないかもしれませんが、心配なのでまたその後は紙箱に戻しました。

吐いたのは1回だけですが、その後も軟便が2回出ました。食欲は全くなく、コオロギの動きはちらっと見るだけ、ピンセットを近づけると嫌そうに顔を背けます。

先週ミミズを食べてから、もう10日も経っています。こんなに長い間何も食べないで過ごすことは、これまでありませんでした。カエルってどのくらい餌なしで平気なんでしょう? おなかが緩いので無理に食べない方がいいのでしょうけど……。特に痩せたようには見えませんが、体重は10g減りました。

固めの皮ですそうこうしているうちに、がたがたと音がして今週二回目の脱皮。今回も皮が大分残っています。ただ、前回と違って割としっかりした皮で、水中で引っ張るとするすると剥けました。

脱皮の後は、またおなかを掻くようになってしまいました。水に入っている間は落ち着いていますが、出るとダメみたいです。

先週はステロイドを1回しか使いませんでしたが、辛そうなので再開することに。少しは効いてくれるといいのですが。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 排泄 飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:2 

シェルター変更

17日午後から辛そうな状態のぴょんちゃん。ただ一日中ずっと泣き叫んでいるわけではありません。19日は塩水浴で多少気が紛れたようで、夕方からは壁にもたれてずっと静かに寝ていました。

壁に寄りかかって休憩夜中には熟睡
涙目になって苦しそう昨日今日は朝目を覚ましてから昼過ぎまではダメですが、症状の激しさは若干治まった様子。午後からは大人しくしているのでほっとします。

昨日、クール便で動物病院からの薬が届きました。でも食欲がないのか飲み薬が飲めていません。食欲増進を期待して、ステロイドの滴下薬を使ってみます。

昨年はステロイドの効果がほとんど見られず、皮膚の副作用が強く出てしまいましたから、今年は症状を抑えられなくても短期間の使用に留めるつもりです。

シンプルな白い箱です病気との関連はわかりませんが、少し環境を変えてみようかと思いました。最近ウレタンマットのシェルターがぼろぼろになってきたところ。カケラが口に入ると困るので取り外すことに。

試しに代わりにボール紙の空き箱を入れてみました。急な変化にびっくりするかと思っていたら、意外にも全然平気。当たり前のように登り、中に入っていきました。
ここが苦しいの顔は見えるので安心
気に入ってくれたのはいいのですが、紙の箱なので長持はしません。粗相して汚れてしまったら終わりですね。これはとりあえずの間に合わせ。濡れても大丈夫な材質の別の箱を探してみようと思います。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:0 

床掃除

そこまでしなくても下に敷いたタオルを取り替えようとしたら、ぴょんちゃんがレンガの上に。

「掃除するんでしょ。早く済ませてね」

お掃除しやすいように避けてくれたのね。お気遣い感謝します。
僕に構わないでくださいでも床を拭く手が近づく度に「ひっ……ひぃっ……」と怯えた声が……。

触ってもいないのにそんなに泣かないでよ〜。

ばてばて
お掃除終わってきれいになったけど、何だかどよーん。

一時期ほどの猛暑ではないもののじめじめしているせいか、あんまり調子よくないですね。食欲も落ち気味です。クーラー点けてあげるから頑張って〜。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 鳴き声  / Trackback:0  / comment:0 

カエルのおうち・きみちゃんVer.2.5

上から見た図、右側の黒い点々はコオロギです斜め上から見るとこんな感じ
狭い隙間に潜り込みます毎日めちゃくちゃ暑いですね。お皿に入れていた土がカラカラに乾いて、ワラジベビーが全滅しちゃった。まあどうせ食べなかったしねー。

それを機に模様替え。お風呂は今まで通りですがちょっと狭いかな。そろそろ中の石を小さいものに変えましょうか。植物は邪魔になるのでお風呂とは別の水入れに挿すことにしました。

お皿を取り除くときみちゃんの隠れる場所がなくなってしまうため、代わりにプラスチックの箱を置きました。これ、はるか昔に私が小学校で使っていた算数セットのケースなんです。

深さが足りないので横向きに入りますが、なかなか気に入ってくれた様子。大体いつもこの中で過ごしています。きっちり四角くて屋根が平らになるのもいいですね。最近のプラスチック製品ってこういうシンプルな形が少ないので貴重です。

さっそく屋根の下へ横向きに入るとちょうどいい
寝てますね屋根の上を走ります
昨日はあまりに暑かったので、きみちゃんをぴょんちゃんの隣に移動して、人間が不在の間もカエルたちのためにエアコン点けっぱなしにしました。ちょっと贅沢だけど動物だって熱中症は怖いもんね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

隠れます

お皿をどけてみたら隙間に隠れていました全然隠れていないけど目を逸らして隠れたつもり
ちょっと前までは水苔のわずかな隙間に潜り込んでいたきみちゃんですが、最近は体が大きくなって奥まで入れなくなりました。大抵はお皿の陰で丸くなっています。

水中で石の陰に隠れようとしています何かでびっくりした時は、水の中に飛び込むことも。覗かれると、どんどん頭を低くして何とか姿を隠そうとします。

しばらく様子を伺って誰もいないことを確認したら、もぞもぞ出てきます。ちょうどそこに通りかかってしまうとぎくっとして、また潜ろうか、別の場所に隠れようかと迷っている様子がありあり。何だか申し訳なくなってしまいます。どうぞお気になさらず〜。
早くどっか行ってよやっと出てきました
涼しげな目元一日おきの計測の時には別プラケに移します。ここには隠れる場所がないので大慌て。ずっと動き回っていて写真を撮るのも難しいのですが、間近で顔を見られるチャンスです。

大分ヒキガエルらしい姿になったとは言え、まだまだ幼い表情ですね。
ガマらしい背中やっぱり可愛いね
今日は庭でフタトガリコヤガの青虫を発見。細いけれどきみちゃんの体長とほぼ同じくらい。ちょっと無理かなあと思いながらも、試しに1匹入れておきました。

少し経ってから覗いてみると、きみちゃんはさっきと同じ姿勢で半分お尻を水苔に突っ込んでいます。やっぱり大きすぎたかと青虫を取り出そうとしたら、見当たりません。

あれ?と思って、水苔をどけてみると……。そのおなかは!!

すごいなー、食べたんですね。おなかがぱんぱんで身動きできなくなっていました。今、敵に見つかったら大変だ。こういう時こそちゃんと隠れていないと危ないですね。元通り水苔を被せておきました。
フヨウに付いた青虫おなかまん丸

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境   / Trackback:0  / comment:4 

カエルのおうち・きみちゃんVer.2.2

現在のレイアウト、ワラジ入りの土を入れましたいつもこの辺りにいます
ぷっくりきみちゃん。脇のラインの上がオレンジ色ですまたまた模様替えしました。大抵きみちゃんはピンクの水入れの陰に隠れています。きみちゃんが見えるよう、最近はカエルケースをひっくり返して、水入れを手前にして置くことが多いです。

緑のお皿に入っているのは、ワラジベビーがうじゃうじゃしている庭の土。以前は水苔に直接ワラジムシをばらまいていたのですが、水苔が汚れるし床に敷いたシートを囓られたくないので、容器に入れることに。

ただ、きみちゃんは体が汚れるのが嫌なのか、なかなか土の上に行きません。せっかく大量に集めたワラジムシ、あまり数が減っていないようです。

一方でコオロギはとてもよく食べます。一日に40-50匹を数回に分けて入れていますが、翌朝には大部分が消えています。多少大きく育ったものでも食べられるので、キープが楽になりました。

青虫を食べきって、餌の種類が減ってしまったところです。偏食しないで少しはワラジも食べてね〜。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境   / Trackback:0  / comment:2 

カエルのおうち・きみちゃんVer.2.1

現在のレイアウトいつもこの辺りで餌を待ち伏せ
マイナーバージョンアップしました。(*^_^*)

プラケの底から下の水槽が透けて見えると落ち着かないようだったので、発泡シートを敷きました。これは窓ガラスの保温シートの残りで、裏を水に濡らして押しつけるとぴたっとくっつくというもの。プラケの床は完全に平らではないので多少隙間はできますが、紙に比べれば餌の虫が下に入り込みにくいです。

これまで水入れか水苔の上にいたきみちゃんですが、床に降りることが多くなりました。表面に模様があってざらざらしているので、むき出しの床よりも歩きやすいようです。

でも相変わらず右半分には行きません。アイビーの葉っぱの陰に座っていて、コオロギや青虫が近づいてくるのをじっと待っています。たまに右側にフンが落ちていることがあるので、私が見ていない時にはこっそり歩き回っているんでしょうかね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:5 

カエルのおうち・きみちゃんVer.2.0

きみちゃんは水入れの中、葉っぱの上にいます現在のレイアウト
きみちゃんのおうち、5月後半からは写真のように変更しました。

最初のレイアウトで使っていたゴム板や餌皿は、コオロギなどが下に潜り込んでしまうので外しました。特に餌皿は透明だと「見えるのに食べられない!」という事態になってしまうので。

床に直接敷いた水苔は、きみちゃんの寝床兼ワラジムシの隠れ場所です。ワラジムシは水苔を食べると思ったのですが、生の葉っぱの方がいいらしくて、アブラムシの付いた草を入れるとそちらに集まってきます。

右側の広い部分に餌の虫をばらまいていたのですが、きみちゃんなかなかそっちに行きません。余計なものがなければ虫を見つけやすくていいかと思ったのですが……。もう少し工夫が必要なようです。

よじよじ水入れの中には石を入れて、根の生えたアイビーを一枝挿してあります。石は斜めになっているので、時々端の方に行っては水に浸かっています。

植物があるとやはり落ち着くようです。葉っぱに登ったり、葉陰に隠れてみたり。殺風景な右半分にも何か植物を配置した方がいいかもしれませんね。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:3 

カエルのおうち・きみちゃんVer.1.0

ちびっ子カエルケースケースレイアウト

ちびガマきみちゃんの飼育ケースです。ぴょんちゃん達の時に使っていた小サイズのプラケースを引っ張り出してきました。横に少しヒビが入っていますが、水を入れるわけではないのでセロテープで塞いで使っています。

餌の虫が外に出てこないよう、上にパンストの腰部分を被せています。片足は縛り、片足は切ったままプラケ窓に挟んで、広げると手が入れられるようにしてあります。ただ、これでも細かいアブラムシは編み目をすり抜けて出てきてしまいます。

中央の黒いのは滑り止めのゴム板です。うねうねがちょうど1cm幅なので、きみちゃんが上に乗れば大きさの目安にもなります。日によっては既に1cm近くあるような……。

右端に寝床用に湿らせた水苔を入れてあります。特に決まった場所はまだないらしく、アブラムシが付いた葉っぱの下、左隅の緑のカプセルの中など、日によって違うところに隠れています。

カプセルハウス、引きこもりは困りますこれはガチャガチャのカプセルに入口を付けたもの。見た目がカエルっぽくてかわいいかと入れただけで、正直あんまり使わないかなーと思ってました。床のカーブで傾いて下に隙間が出来ていたら、挟まるように潜りこんでいたので、入口を横に向けて置き直したところ、自分で中に入っていきました。

その日はずっと入ったまま餌も食べなかったようで、掃除の時に外に出したらその後は入っていません。
10cmくらいすいすい登りますきみちゃん、カエルらしくぴょこぴょこ跳ねるだけでなく、やたらと登ります。ツリーフロッグじゃないけれど、何か植物を入れてあげた方がいいかもしれません。そういえば昔、ぼんちゃんはよくアイビーの葉っぱの上で休んでいました。

最初のうちは上からすっぽり紙袋を被せて目隠しにしていました。次第に慣れてきたようですし、頻繁に付け外すと振動でかえって落ち着かないので、深夜以外は外したままにしています。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:4 

いよいよ上陸

4/25 朝、まだオタマに手足が生えた状態
4/25 昼、体にくびれが出来てきました
4/26 朝、尻尾が少し短くなりました
4/26 昼、鼻先が尖ってカエルの顔立ちになってきました
4/26 午後、すっかりカエル体型に
4/27 深夜、尻尾がぐっと短くなりました
4/27 朝、ほぼカエル状態、少し壁も登ります
オタマちゃん、順調に変態が進みました。全体に丸いオタマジャクシから、頭が小さくておなかが丸いカエルの体つきに変わり、鼻先が尖って目が飛び出してカエルの顔に。尻尾も昨日から短くなってきました。

今朝はもう、ほぼカエル状態です。栄養不足を心配していましたが、予想外にしっかりしていて、体長7mmとむしろぴょんちゃん達の時より大きめかも。これなら食べるものにも不自由せずに済みそうです。
※上陸前、尻尾を除いて約7mmでした。上陸時点は尻尾込みで8-9mm。

先日、手足が生えたところで上陸の準備を始めました。水を1cm程度に減らして石(コンクリート片)を入れました。その後、尻尾が短くなってきたら、更に水を減らして5mm程度にしました。

水を減らし、平たい石で陸地を作りました
今朝は家族が見た時には壁にぺたっとしていたそうですが、その後は水中に戻ってしまいました。入れた石は気に入らなかったのかな。顔を上げれば水面に出るので、焦って登らなくても溺れることはありません。

尻尾が消えたら新しいおうちに移してあげましょう。エサとして、微細な土壌動物や生まれたてのアブラムシも確保してあります。準備は万端、あとは本蛙の生命力が頼りです。ぜひ頑張って、ぴょんちゃんのような立派なガマに成長して欲しいものです。

この続きは>>君の名は
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:成長 飼育環境  / Trackback:0  / comment:3 

反転

シェルターの入口をこちらに向けました向こう側に隠れてしまうぴょんちゃんの姿が見えるよう、鏡を置いたりいろいろやってみましたが、どうもうまくいきません。

結局、シェルターの向きを変えることにしました。元々の配置とは左右が反転した形になります。

余計なことするなー
「僕はあのままでよかったんだけど」
すみませんねえ、わがままな飼い主で。

今のところシェルターをずらすこともなく、普通に中に入って寝ています。私の席からよく見えて安心ですが、本ガマのストレスにならないよう気を付けようと思います。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

逆転の発想その後

飼い主なんて無視!先日、カエルケースの向きを逆にして手前側に来たぴょんちゃん。ごはんを用意してあげたのですが、食べようとしません。その晩遅くなると、どよ〜んとした様子でその場にうずくまってしまいました。

もしかして脱皮? こんな狭いところで大丈夫??

こちらの心配をよそに、さっさと脱いで全身きれいになりました。終わった後はお疲れのご様子ですね。
脱ぎ脱ぎ近いのでよく見えます
脱皮完了〜ぐったり
そして、翌朝になってみると……。シェルターが斜めに曲がっています。そう来たか〜!

これでは横から覗くこともできません。中でぺちっと音がして、入れてあったコオロギを食べたみたいですが、見えないので確認のしようもありません。飼い主としては心配です。

完全に隠れていますこっち見んな!
その後、シェルターの向きだけはまっすぐに戻させていただきましたが、ぴょんちゃんは中に入ったままで、手前の隙間には来なくなってしまいました。脱皮中にじろじろ見られて、嫌だったのでしょうか。

う〜ん、元に戻した方がいいかも。いいアイデアだと思ったんだけどなあ。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 脱皮  / Trackback:0  / comment:2 

逆転の発想

これまでの置き方180度回転しました
シェルターの向こうに隠れてしまうぴょんちゃんの姿をもっと見たい!ということで考えました。

『こっちから見えるように、反対向きにしたらいいんじゃない?』

早速、彼がお風呂に入っている間にカエルケースを持ち上げて、ぐるっとひっくり返してみました。

ぴょんちゃんがいないよーさあ、これでばっちりのはず……あれれ?

手前の隙間ではなく、シェルターの中に入っていってしまいました。そ、そんな〜。

横から覗けば、体の一部は見えますが……。隙間にいた時なら上からも見えたのに、屋根に隠れてそれも無理。思いっきり裏目に出てますね。><
そこにいましたか覗かないでよ
ぷいっその日はずっと奥に引っ込んだまま。真夜中過ぎてやっとお風呂に出てきました。

お風呂が手前側に置いてあるので、私の席に近くてうれしい。じっくり観察させてもらいます。何だか目を逸らされているような気もしますけど。

そして翌朝。やったあ!いつもの隙間にいるじゃないですか。これを期待していたのよ。写真はちょっと撮りにくいけど間近で姿を見られるようになりました。
いつものように隙間に入ってますじと〜っ
大喜びする私に、冷ややかな目線を投げかけるぴょんちゃん。
「僕がそう思い通りになると思わないでよね」
……この話の続きはまた後日。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

お風呂大好き

お手々がかわいいお肌しっとり
しゃきーん!(`・ω・´)一休み意外と足長いね
脱皮前など動きたくない日は別として、ほぼ毎日数時間は水に浸かります。比較的乾燥に強いとはいえ、やはり両生類。タオルの上で暮らしてると水分補給は欠かせませんね。

背筋を伸ばして周りを見たり、縁にあごを乗っけてのんびりしたり。お風呂の中でもいろんな表情を見せてくれます。

う〜んたっぷり…
先日は一日中ずーっと水の中。夜になってかすかな声を上げながら踏ん張りました。40日振りですっきりしたね〜。

お風呂の中でしてくれると片付けが楽で助かります。飼育されているヒキガエルは水中でする子が多いようですが、他の種類のカエルもそうなのかな?
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 排泄  / Trackback:0  / comment:2 

新しいおうち&サーモ

ケロサンタメリーケロスマス☆

クリスマスプレゼントではないですが、サーモスタットと、ついでに新しいプラケースを購入しました。新しいと言っても今までと同じものなので特に代わり映えしません。大分傷だらけで写真が撮りづらくなったので交換したのです。このプラケについての詳細は過去記事へ。

プラケ蓋は爪が固くて一部を折っていたので、古いものをそのまま使用することに。レイアウトも今まで通りです。新しいおうちは中がよく見えて、デジカメのピントも合わせやすくなりました。家族に「新車の臭いをかいでるような顔」と言われたぴょんちゃんです。

周りにクッションが入って巨大な段ボールで届きます何か変わった?
もっと以前から買い換えようと思っていましたが、カエルたちの具合が悪い時はそれどころではなく、タイミングを逃していました。カエルたちにとっては別にメリットないですしね。

今にして思えば、ぼんちゃんが亡くなる前に買っておけばよかったなあ。もっといい写真をいっぱい撮ってあげたかったです。

上の吸盤は温度計、下がサーモサーモはニッソーのシーパレックス300。観賞魚水槽用ですが、ドライ環境でも特に問題なく動作するようです。以前は80W未満のヒーターに使えなかったのが、最近仕様変更して1W〜300W対応に。消費電力が6Wしかないピタ適プラス2号もばっちりです。

サーモとピタ適を接続し、サーモのセンサーをプラケ底近くにセット。コードが太い割に吸盤が小さくてすぐ外れてしまうのは今イチです。設定できる温度は20〜30℃。熱帯性の爬虫類には物足りないでしょうが、国産カエルならこの範囲でも充分かな。

20℃にしてみると、日中の陽が当たっている時はほとんどoffで、無駄な加温がなくなりました。ただ、寒い日の夜はほぼ点けっぱなしです。ピタ適は温度調節の機能がなくon/offの切替だけなので、点いている時の真上は結構熱くなってしまいます。サーモがあってもなくてもそこは変わらないですね。もう少しヒーターを離せば温度は下がるけど、加温が不十分では意味がなく、迷うところです。


《お一人様5点限り》飼育容器 スーパー特大 黒(500×360×300mm)●【関東当日便】




シーパレックス 300【関東当日便】【RCP】




ピタリ適温プラス 2号【関東当日便】【RCP】




テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

温度管理

フリース膝掛け、発泡シート、コルクマットの上にゴム足とピタ適をセット底の部分だけくるんで保温
カエルケースの床が熱くなりすぎるので、少しヒーターを離そうとゴム足を置いてみました。プラケの足とゴムで合わせて2cm以上隙間が出来るはず。暖かい空気が逃げないよう足と足の間には詰め物を入れて、プラケース下部を発泡シートとフリースで包みました。

どれどれ何度くらいかな?
タオルがない部分だと33℃早速ぴょんちゃんが様子を見にやってきました。床に置いた温度計を覗き込むと……。

33℃って結構熱いですね。周りの気温により上下しますが、ヒーター点けると常時30℃以上あるようです。

カエルの場合、何度くらいで低温火傷になるんでしょう? ハンドリングすると人の手の温度でダメージを受けると聞きますから、30℃でもずっと動かないでいると危なそうな気がします。

熱いところにはあんまり行かないようにするよカエルケースのある窓辺は家の中で一番暖かい場所。今のところは保温に注意して、明け方の冷え込み以外は出来るだけヒーターを切るようにしています。

ピタリ適温はスイッチがないので、offにするにはいちいち電源を抜く必要があり、ちょっと面倒です。ピタ適のサーモ機能も一応効いているようですが、別売りのサーモスタットでもっと低温に設定した方が良さそうですね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:2 

スチームクリーナー

デザインはともかく、使い忘れないようにぱっと目に付く黄色を選択先日TVCMを見て衝動買いしたスチームクリーナー。「全然使えない」というウワサも聞きますが、我が家ではほぼ毎日大活躍しています。

使い方にコツがあるんですよね。CMみたいにこれだけで汚れを取るのは無理。蒸気で汚れが浮き上がっているうちに、素早く拭いたり擦ったり洗い流したりしないと。柔らかい汚れなら簡単に落ちるけど、それはそれで周りに飛び散るのでやっぱり拭き取る必要があります。

付属のブラシや布カバーはすぐ汚れるので、使い捨てのボロ布と古歯ブラシの方が便利。洗剤や重曹を併用するとより効果的です。

ドライスチームと言っても空気に触れた途端に冷えて湯気(水)になり、この時期は思ったほど高温にはなりません。夏場に使った方が汚れ落ちは良さそうです。暑くて大変そうですが。

年に一度の大掃除に、と思うと、ちょっと期待ハズレかも。普段の拭き掃除が楽になる、ちょこちょこ使っていると除菌効果で汚れにくくなり、頑固な汚れも少しずつ落ちる、という感じのアイテムです。

コンパクトでロングホースの先に手元スイッチが付いているもの(5000円弱)を選んで大正解。ハンディタイプなら3000円以下でしたが、片手で操作するのはかなり大変そう。安全設計のため、スイッチをしっかり握っていないと蒸気が出ないし、見た目の割に結構重いのです。これなら本体は椅子の上などに置いたまま、片手で蒸気を吹きつけながら、反対の手で拭き取れます。

高価な外国製に比べればパワー不足かもしれませんが、塗装が傷むほど強力ではないのでかえって安心です。容量が小さくてすぐ空になるけれど、軽くシュッとやって拭き取るの繰り返しなら、一回の掃除には充分。小さい分、温まるのも冷めるのも早くて、準備や片付けが楽なのもいいです。

家中あちこち使えて、特に水回りに役立っています。水垢にはあまり効きませんが、ぬめりや石鹸カスがよく落ちます。臭いも取れるしカビが生えにくくなります。蛇口の継ぎ目などブラシが入らない部分から、汚れが飛び出してきてびっくりでした。

排水孔の掃除のついでにぴょんちゃんのお風呂も洗剤なしでも除菌が出来るということで、ペット用品にも使ってみたらこれがなかなか。カエルの水入れ、擦ってもなかなか落ちにくいぬるぬるがすっきり。熱湯消毒よりお手軽なのがいいです。

プラケース蓋のスリットに溜まったホコリも簡単に飛ばせます。水洗いしてても意外と残ってるんですよね〜。カエルケースの蓋は外れにくいので、今度ぴょんちゃんにどいてもらってやってみようっと。
水中の金魚さんには蒸気が直接当たる心配もないので、そのままで水槽の縁が掃除できます。油断するとすぐカビが生えてしまうところなので、除菌できるのは助かりますね。

STM-304W【税込】 アイリスオーヤマ スチームクリーナー(ホワイト) IRIS [STM304W]【返品種別A】【2sp_121122_yellow】【送料無料】


テーマ : 両生類
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

寒いんだもん

岩盤浴!以前、ヒーターの上に座っていたのを火傷が心配で注意しました。その後しばらくは本ガマも気を付けて、温まったレンガで間接的に暖を取っていた様子。

でも寒さが厳しくなってくると、そんな言いつけ守ってられません。わざわざ敷いてあるタオルをめくって、直に暖まるように。

仕方ないなあ。あんまり長時間はダメだからね。
「わかってるってば〜」
全然動こうとしないので、強制退去させました。

やっぱり直接触るとあったかい〜もっとめくっちゃお
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:5 

反論

9月の模様替えで寝床の容器を取り外した後、屋根の上に行かなくなったとブログに書いたら、その翌日から登るようになって、「あれれ?」と思ったことがありました。その後、10月半ば頃からはほとんど一日中奥に引っ込んでいて、また登らなくなりました。

で、11月には一度も屋根の上にいるのを見かけなかったので、先日のまとめ記事には「上には登らない」と書いたんですよ。そうしたらその日の夕方……。

僕、登る時もあるもん。嘘書かないでよね眠いけどまだ降りない、降りられないわけじゃないよ
登ってるじゃないですか!
ぴょんちゃん、このブログ読んだでしょ? 君が文字の読めるカエルだったとは知りませんでしたよ。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

ほかほか

ここが定位置急に真冬並みの冷え込みで、カエル ケースにヒーター入れました。特大プラケに対して小さめのピタリ適温プラス2号を使っています。いつもぴょんちゃんが寝ている奥の方を避けて、プラケの下にピタ適を置きました。

日中は陽が差してまあまあ暖かくなりましたが、夜になると窓辺はじわじわと冷え込みます。寝る前に覗いたら、珍しくぴょんちゃんが出てきていました。
おなかをあっためようっとぬくぬく
そろそろ動かなくちゃ「ここ、あったかいんだよ」
そりゃヒーターの真上ですからね。

プラケには足があるのでヒーターに密着しているわけではありませんが、あまり長時間いるとカエルの皮膚にはよくないでしょう。低温火傷が心配だから、体が温まったら移動してね。
「うん、わかった」

ちゃんと言うことを聞いてくれました。ぐるっと歩き回ってからお風呂へ。いい子ですね〜。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:4 

カエルのおうち2012プラス1

誰が登らないって?脚が長いね

先日の記事で屋根の上に行きたがらないと書いたら、翌日から急に登るように。足を伸ばして横からよじよじ。降りる時はどうするんだろう。以前はいったん寝床に入ってたんです。見ていたら、最初はいきなりカエルジャンプでお風呂に飛び込んでびっくり。2回目からはゆっくり手を伸ばして床に着いて降りるようになりました。

上り下りは問題なさそうですが、手前の方に来るとバランスを崩して屋根ごとひっくり返ってしまいました。慌てて支えの壁を1枚追加。中の様子が見にくくなってちょっと心配。でも本ガマは隠れることが出来て落ち着くようですね。

ちょっとだけ変わりました後ずさりで入っていきます
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

カエルのおうち2012

ゆったりできます広々カエルケース

ぴょんちゃんがひとりになって模様替え。寝床を外して床にタオルを敷いてみました。普通のフェイスタオルを乾いたまま畳んで使っています。シンプルで掃除も楽ですし、餌のコオロギなどが隠れにくく食べやすくなりました。

ここしばらくはぼんちゃんの粘液や栄養剤で汚れがひどく、一日に何度も掃除して大変でした。寝床のタオルやウールは、カエルたちが寝たまま半日も過ぎると雑菌で変な色に染まって臭くなるので、洗って干したり、捨てて新しい物に交換したり。床に敷いていたウレタンマットもボロボロになりました。

そのうち、ぴょんちゃんが寝床に入らない日が続きました。いろいろ外してすっきりしたかったのですが、やってみるとぼんちゃんが落ち着かないため、出来るだけ環境を変えないようにしていました。

今は栄養剤を止めているのでタオルはあまり汚れません。ただ、掻きむしった時には皮が剥けたり足から血がにじんだりで、一日一回くらいは交換して洗っています。

寝床がないと足掛かりが少なくて屋根に登る時には不便ですが、今のところ上に行きたがる様子はありません。ひとりなら、わざわざ立体的に空間利用する必要もないですしね。元気になって動きが活発になれば、また登りたくなるのかな。

寒くなってヒーターを使うようになったら、床が熱くなりすぎないかが心配。その頃には、寝床を戻すかどうかまた検討してみます。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:4 

お留守番

家族旅行に1泊行ってきました。目的地は沼津の水族館、あわしまマリンパーク! ここのカエル館は種類・飼育数とも日本一だそうです。他の家族は特に生き物に興味ないのですが、テンションあがりまくりの私に「まあ別にいいけどぉ」と付き合ってくれました。

問題はうちのヒキガエルたち。夏場に出かける時は大抵廊下に出して扇風機を当てておくのですが、この暑さでは心配です。クーラー点けっぱなしにしようかとも考えましたが、今回は義母にお願いして風通しの良い玄関に置かせてもらうことに。我が家は2世帯住宅で、陽の当たる2階に比べて義母の住む1階は大分涼しいのです。

カエルたちがちびっ子の頃は毎日玄関でプラケを掃除していましたが、大きくなってから下に降ろしたのは初めてです。いつもは寝床に引っ込んでいるぴょんちゃんも周りが気になるのか屋根の上へ。それを見て義母は「あら、2匹もいるの、ずいぶん大きいのねえ」とどん引きでしたが、そのまま押しつけて出てきました。

マリンパークの記事はまた後日まとめます。カエル館、最高♪

ドクターフィッシュ風呂の案内2日目は毎年行っている箱根のユネッサンへ。今回は平日だったので多少空いていましたがそれでもドクターフィッシュ体験は長蛇の列。5分程度の短い時間で無料です。くすぐったいというか、ぴりぴりと弱い電気が走るような感触でした。
入口に展示してある水槽

旅行から戻って家に入ると、義母は外出中で玄関にカエルたちがいません。びっくりして探すと、トイレに移動して上に保冷剤が載せてありました。床に大きなうんちが転がって踏んづけた跡があります。これは臭かったかも。月に1回しかしないくせに、寄りによってこんな時にしますか〜。

飼い主がいない時の方が涼しくて快適だったわよ帰ってきた義母に聞くと、午後は西日が当たって温度が上がるので移動したとのこと。臭いは側にいなかったので気にならなかったそう。ああ良かった。「ずっと2匹で重なってるのよ。何考えて生きてるのかしら」って……(^_^;)

きちんと管理してくれて25〜30℃の適温で過ごせました。お義母さんありがとうございます!!
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 排泄 おでかけ  / Trackback:0  / comment:2 

バリアフリー

最近体重が増えてきたぼんちゃん、屋根の上り下りに若干苦労するようになってきました。登ろうとしてずるずる滑り落ちたり、降りるのが怖そうだったり。

先日の健診で肘の関節が弱いとのこと。腕に体重が掛かるのを避けるために、段差を減らすバリアフリー化を検討しました。

座り心地は悪くないわね寝床に入りやすくなったわ
お風呂が深く感じるんだけど現在のレイアウト

もともと煉瓦で踏み台を作っていたのですが、あまり使われていませんでした。余っていたウレタンマットを2段重ねにして煉瓦と同じくらいの高さ(3cm弱)まで床を底上げしてみました。いかがでしょうか。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:3 

冷え冷え

ぺちゃっぺたっ

先日の雪の日、外出して午後に帰ってきたら……。カエルたちが、別々の場所にいるのに似たようなポーズでぺったんこになって寝てました。ケースの温度計を見たら13.8℃、ピタ適があるので床付近はもう少し暖かいかと思いますが。やっぱりエアコン消すと寒いです~。

それ以来、ほとんどエアコン付けっぱなしで20℃前後をキープするようにしています。本当はもう少し高い方が快適ですが、電気代が怖いので。ま、国産のカエルなら充分活動できる温度でしょうし、人間は何か食べて動けば暖かくなりますからね。

ぼんちゃんの頭が踏み台に昨夜、東京では大分雪が降ったようですが、この辺りでは時々みぞれ程度。それでもかなりの冷え込みでした。室温はキープしてても何となく寒いんですよね。

いつもは外で寝ているぼんちゃんも寝床でおやすみ。塩浴のためにいったん外に出したぴょんちゃんも、急いで寝床に戻ります。ふたりで横に並ぶとちょっと狭いかな。今朝になったら縦並びに変わっていました。

本当は潜りたいんだよね。治ったら土を入れようね。

もうちょっと詰めて欲しいな追い出されたのかな
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境  / Trackback:0  / comment:0 

タオルシーツ

何か居心地悪いわね穴掘ってみました

寝床の中身をウールにしてから、ぴょんちゃんはずぶずぶと潜ってあまり動かなくなりました。気持ちよく寝ているのならいいのですが、もしかしたら手足に繊維が絡まって動けない?

ぼんちゃんもちょこっと入ってみましたが、必ずぴょんちゃんの上に載った状態。動く度に足にウールがまとわりついてうっとうしいようで、2回ほど入った後はもう寝床に寄りつかなくなりました。

そのうち、ぴょんちゃんはウールを少し寄せて容器の隅に隙間を作ってそこに入り込むように。

手足を伸ばしておなかを擦りつけていますそれならばとウールをタオルでくるんでみました。ふかふかお布団にシーツを掛けるようなイメージです。

動きやすくなったせいか、ぴょんちゃんはまた激しく掻くようになってしまいました。でも、食欲も出てきて鳴き声も力強くなってきたので、少しは良くなっているのかな。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:0 

ふわふわウール

おっとっと、落ちる~タオルを抱えたり、おなかを擦りつけたり

寝床には土の代わりにハーフサイズのタオルを2枚濡らして入れていました。あまり厚みがなくて足が届かず入りにくそうです。いったん入ってしまえば出てこないので、それなりに気に入っているようでしたが……。

コーナンのウールツノガエルに使っているようなウールマットはどうだろう、とホームセンターへ。大きな袋で柔らかそうなものを選んで買ってみました。

開けてみると手芸用?と思うようなふわふわの綿。よく見ると『ウール』だけど『マット』じゃないのね。

ぴょんちゃんの掻く動きが気になるぼんちゃん

タオルを一枚敷いた上に、濡らして軽く絞ったウールを敷き詰めました。ぴょんちゃんは最初入ろうとせず、屋根に登っておなかを掻いていました。

ふんわりお布団その後、気が付いたら寝床の奥に潜り込んでいました。タオルと違って体を埋めることができるので落ち着くようです。

土の時と違い、ぼんちゃんは寝床に全然入ろうとしません。痒そうなぴょんちゃんがいるからなのか、土以外のものが入っているのが嫌なのかはわかりません。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:0 

再び専門病院へ

脱皮も水中でぴょんちゃんの状態は良くありません。以前はバケツの中で掻かなかったのに、最近は更に水に浸かってないと掻きむしります。

いったん治まったかに見えた赤みもまた出たり引っ込んだりの繰り返し。ずっと水浸しのせいか手足の指が白っぽいピンク色に。食欲も少々落ちてきました。

独りはつまんないDr.の指示で、プラケに水を張るなどいろんな状態を試しました。周りが見えない狭い容器で水に浸けると掻かないみたい。だけど、暴れたり鳴いたりとあまり嬉しくなさそう。

殺風景になったプラケに残されたぼんちゃんもぺちゃっとして元気がありません。こちらは餌を見るとシャキーンとなるので、体調が悪いわけではなさそうですが……。

ちょうどフンが出たので検査もあって、また病院へ行ってきました。前回は家族に車で送ってもらいましたが、今回はバスと電車。念のためペットボトルに水を用意しましたが、移動の間は水なしでも掻きませんでした。乗り物から降りて歩くと、揺れが怖いのか小さな声で鳴き続けていました。

Dr.とはメールで何度もやり取りしているので話が早いです。診察室でこれまでの状況を整理しました。なぜ掻くかではなく、なぜ掻かないか、を考えると、『強いストレスを感じている時は掻かない』のでは、という結論になりました。

これまで、掻くから赤みがひどくなる・余計に痒くなると思って、出来るだけ掻かない状況を作ってきました。でも、掻かなくても赤みが消えたわけではありません。これでは解決にならなかったのです。無理矢理、普段と違う環境にしてかえって負担を掛けてしまっていたようなのです。

赤みがあるということは、何らかの炎症が起きているのは確かです。その原因は今のところわかりません。大きい動物に比べ、いろいろ検査すると負担が掛かりすぎるのです。便の検査では寄生虫などの異常は特にありませんでした。雑菌の感染ならそろそろ薬浴で治まるはず、カビの場合はもう少し時間が掛かるかもしれないが、感染症にしてはただれが少なくその割に痒みがひどい、通常の皮膚病ではなく皮膚だけの問題ではない可能性も、とのことでした。

お薬いろいろ追加の薬として、背中に垂らして吸収させるタイプの抗生剤と抗真菌薬、肝臓の薬やビタミンなどを混ぜた飲み薬をいただきました。足の皮剥けも繰り返してますが、薬浴や抗生剤が効くので塗り薬はなし。

便検査もして薬もたくさん出されたのに治療費は良心的、4000円台でした。

久し振りに戻りました家に帰ってから、ストレスを減らすため出来るだけ以前のレイアウトに戻しました。ただ土は皮膚の状態が見えなくなってしまうので、代わりに濡らしたキッチンペーパーを、その後ほじくってボロボロになり、濡れタオルに交換しました。

ぴょんちゃんは5時間以上鳴いて掻き続けました。見ているのもつらかったですが、その間に薬を背中に垂らしました。それから少しずつ落ち着いてきて、飲み薬を染みこませた鯉の餌を何度も失敗しながらようやく食べてくれました。

夜になると嘘のように静かになり、丸めたタオルを抱えるようにして寝そべりました。目は開いてても眠っているようです。このまま良くなってくれるのでしょうか。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:6 

生理食塩水

※注意!
お医者様より食塩水で脱水を起こす可能性があると指摘されました。塩浴は食塩4~6gに対して水1リットルを混ぜ、一日一回、一回5~10分だそうです。なお、塩浴には体液の循環・代謝を高め、老廃物等の排泄を促す効果があるそうです。


痒くて痒くてどうしたらいいのやら!日曜日、土のない状態で丸一日過ごしたところ、ずっと落ち着かず掻き続けていました。おなかはお尻側を中心に赤みが差し、手足も擦って赤く腫れてしまいました。このままでは皮が剥けてしまいます。

水に浸かっている間はほとんど掻かないので、バケツで強制的に水中で過ごさせることに。ただ、地上棲のヒキガエルがずっと水中にいると、水分を吸収しすぎてバランスが崩れるのでは?と心配です。

そこで、バケツの水は生理食塩水にしました。カエルの場合は0.65%、水1リットル弱に食塩6.5gです。濃いと脱水してしまうので若干薄めに作りました。お尻が浸かる程度の水量なので溺れることはないと思います。

数時間毎に様子を見ましたが、外に出すとまたすぐに掻きむしります。その都度水を作り直し、結局食事の時以外ほぼ入れっぱなしになりました。

塩水浴半日後、おなかと手足が痛々しい出してよ~

一日経ったところで見た目にあまり変化はありませんが、今朝は水を捨ててもすぐに掻かずに大人しくしています。塩分が残らないように真水でさっと流してから水分を拭き取った状態です。まだ本当に痒みが治まったかどうかはわかりません。ケースには戻さず、バケツ(水なし)のまま少し様子を見ます。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:0 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート