This Tag : 病気

さよなら、ぴょんちゃん

PhotoFunia-1438232597.jpg2015年7月30日の朝、ぴょんちゃんは永眠いたしました。7才2ヶ月の生涯でした。

クリーム色の体と金色の眼がとてもきれいで、こここっと高い声が可愛らしいヒキガエルでした。控えめで泣き虫で、野生では生きていけなかったのでは、と常々思っていました。
150727toads4.jpg2011年の秋に体調を崩して以来、数ヶ月単位で悪化と寛解を繰り返してきました。一生のうち半分が闘病生活だったのです。

オタマの頃から一緒だったパートナー、ぼんちゃんを先に失った痛手から何とか立ち直り、少し落ち着いた頃にきみちゃんがやってきました。天真爛漫な彼女の存在はぴょんちゃんの支えになっていたと思います。

昨年夏からは自力で食事が摂れなくなり、腎不全と診断されました。それでもずっと頑張って精一杯生き続けてきました。
PhotoFunia-6c5635_2015.jpg庭のぼんちゃんと同じ場所に埋葬しました。3年近くも待たされて、ぼんちゃんびっくりしていたかもね。

ぴょんちゃん、長い間本当にお疲れ様でした。ぼんちゃんと一緒にゆっくりお休みなさい。



この続きはかなり生々しい話になるのでご注意ください。
...more
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気 トラブル 連絡  / Trackback:0  / comment:9 

嘔吐と消化不良

抗生剤が届く少し前から、ぴょんちゃんのおなかの膨らみが激しくなりました。手触りはふにゃふにゃ、とても柔らかくて中身はガスなのか水なのかわかりません。

届いたお薬には抗生剤の他に去痰剤や炎症止めも混ざっています。おなかの方はあまり変わりませんが、鼻水はだんだん治まってきました。ぽたぽた垂れるくらいだったのが、わずかに鼻の周りが濡れる程度に。自分で水に入る様子も見られ、少しは良くなってきているように見えました。

病気で風船のように膨らんだカエル150727toads1.jpg
150727toads2.jpg150727toads3.jpg
ところが昨日、薬を飲ませようと覗いたところ、「うううっ!」と聞いたことのない呻き声を上げてぴょんちゃんが嘔吐しました。黄色っぽい液体を2回吐き、とても苦しそう。体をどかしてみると、おしりの下も少量の下痢で汚れていました。

嘔吐するヒキガエル1嘔吐するヒキガエル2
薬を飲むカエル慌てて体を洗い塩浴だけして様子を見ることに。すると2時間ほどして、激しいしゃっくりのような音と共に固形物を吐き出しました。昨夜与えた薬入り練り餌が未消化でそのまま出てきたようです。

練り餌も受け付けない状態だったとはショックです。お医者様に相談したところ、抗生剤はまだ続けた方がよいとのことで、薬だけスポイトで投薬することにしました。

150729pyon3.jpgカエルケースに戻してみると隅っこでうずくまり、そこへきみちゃんがやってきて容赦なく踏んづけるので、取り出して塩浴の容器に隔離することにしました。水は入っていません。シェルター奥に引っ込まれると様子がわかりづらいですし、嘔吐してもこれならすぐに対応できますから。

透明なところだと落ち着かないでしょうから毛布を被せました。見た目は暑苦しいですが、彼自身が熱を発するわけではありませんし、エアコンで27℃くらいに調整しているので暑くはないと思います。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:5 

風邪ヒキガエル

150716pyon1.jpg150724pyon-face1.jpg
150725toads1.jpg先日の記事で書いたように、今月初めからぴょんちゃんの調子がよくありません。時々よだれと鼻水で顔がぐしょっとなったり、おなかが張って苦しそうです。

今月半ばから胃薬を飲み始めて、げっぷとよだれは治まってきましたが、鼻水はひどくなりました。餌やりの時に持ち上げて、おなかを見ようとひっくり返すと、鼻ちょうちんがぶわっと出ます。

よだれが鼻に回っているのかと思っていたのですが、そういうわけでもなさそうです。塩浴して洗い流してやればしばらく治まりますが、またいつの間にか鼻ぐずぐずしています。
150725pyon1.jpgおなかの張りもすっきりしません。おなか痛いらしくてちょくちょく鳴いては掻きむしるのがかわいそう。下痢ではないんだけど便の回数が多めで、そのせいかここ一週間で体重が減ってきたのも心配です。

お医者様に状況を報告すると、風邪かもしれないとのこと。カエルも風邪引くの!?とびっくりしましたが、つまりは呼吸器感染症で、それで腸内にガスが溜まることもあるそうです。
抗生剤を送ってもらうことにしました。お薬効いてくれるといいな。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:0 

おなかが張ります

おなかが膨らんだヒキガエル150627pyon2.jpg
150627gas1.jpg6月半ば過ぎから、妙にぴょんちゃんのおなかが膨らんで気になっていました。ガスが溜まって苦しそうにもぞもぞ。塩浴中にぷぷぷぷぷ…と大量のおならが出ると、いったんは落ち着くのですがどうもすっきりしません。

もともと、練り餌はコオロギなどの生き餌に比べてガスが溜まりやすいようですから、餌の量を減らしたり、外で運動させたりして様子を見ていました。


動画の中でかすかに聞こえる「トッ…トッ…トッ…」と何かを叩くような音は、ぴょんちゃんが喉を鳴らして(?)います。体調が悪いとき、よくこういう音を出すようです。もっと調子が悪くなると、「ぷぅ…んっ…」と壊れた玩具のラッパのような甲高い悲鳴になりますね。

その後、7月に入ると状態が悪化してきました。嘔吐はしないもののげっぷしたり、鼻水やよだれで顔がぐしゃぐしゃになっていたり……。便の回数は増えたのにおなかの張りがひどくなりました。おなかが痛いらしく掻きむしって鳴くようになってしまいました。

150707pyon1.jpg150707pyon2.jpg
1月頃の胃腸炎が再発したようです。慌てて動物病院に連絡して胃薬を送ってもらいました。薬を飲み始めて約一週間、一時は下痢気味だったのが、今朝は固めの便が出ました。少しは薬が効いているのだろうと思います。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 鳴き声 動画 病気  / Trackback:0  / comment:2 

心配なんです

150620toads1.jpg150620toads2.jpg
150620toads3.jpgぴょんちゃんがうずくまっていると、きみちゃんがやってきて様子をうかがいます。最近は時々気分悪そうにしているから、心配なんですよね。

皮膚の状態もおなかの具合もすごく悪いというわけではないけど、何かすっきりしない日々が続いています。飼い主が触ると余計にダメージ与えちゃうし、カエルの看病って難しい。きみちゃんの見守りが効果あるといいな。
150627toads2.jpg150627toads3.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:0 

ヒキガエルのおしっこ

15051pyon-urine1.jpgカエルの尿は人間と同様に腎臓で作られます。両生類の腎臓には塩分を濃縮する仕組みがないので、哺乳類に比べて薄い尿です。ぴょんちゃんは病気で腎機能が低下しており、尿は更に薄くなっています。むくんだ体の水分と老廃物は、大量の尿として排出する必要があります。

お風呂でたっぷり水を吸ったぴょんちゃんを持ち上げると、じょじょじょ〜とおしっこされることがよくあります。出口は総排出孔、フンも尿も卵・精子も全部同じおしりの穴です。

尿の見た目はほぼ透明かうっすら茶色がかっていて、特に臭いはありません。量は大体10-20g程度。結構たっぷりに見えますが、一回おしっこしただけではあまりおなかがしぼんだ感じはしません。ちなみに、むくみが少ないときの体重は200g程度なのに、多いときは250g超あります。それだけ余分な水分が溜まっているということです。



カエルはおなかで水を飲むと言われます。下腹部の皮膚にアクアポリンという水の通り道があるのです。カエルのアクアポリンは腹側皮膚・腎臓・膀胱にあり、抗利尿ホルモンの働きで体内の水分量を調整しているそうです。乾燥に弱い両生類が陸上生活に適応するための仕組みです。

動物病院のお医者様によると、カエルの塩水浴は老廃物の排出を促して人工透析のような効果があるそうです。おなかで水を吸っては、じゃんじゃん尿として出すわけですね。

確かに塩浴中はよくおしっこしています。どの程度の量かはわかりませんが、おなかを動かして力んだときにぴゅーと噴き出しているのがかすかに見えます。余分なものはどんどん出してすっきりしてね。



参考文献:日本生化学会「生化学」誌 86巻1号(2014)
アクアポリンの構造,機能,およびその多様性―脊椎動物を中心として
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 雑学 動画 病気  / Trackback:0  / comment:3 

元気そうなのに

150407toads1.jpg暖かくなって最近は動きも活発になり、素人目には結構元気そうなぴょんちゃんなのですが……。

むくみと体重増加、便通の悪さがあって、腎臓疾患ではよくないこと、とお医者様に指摘されています。

1月2月は調子よく、胸の水もほぼ引いていたのが、3月以降はまた水が溜まるように。胸だけでなく、腕もたぷたぷして、体全体が何だか水っぽい。体重が250g前後と多めなのもむくみなんでしょう。
150302toads1.jpg腕に水が溜まったカエル
150305toads1.jpg便秘気味で一ヶ月以上出ない割に便の量が少なく、出るまで鳴いて苦しそう。出た後もおなかがすっきりしない様子です。

ただそれ以外は本当に元気そうに見えるんですよね。

皮膚の色つやはよく、きれいに脱皮できています。そこそこ動き回るし、外に出せば走ったりカエルジャンプしたり。きみちゃんに踏まれた時の声も大きく、よく響きます。
150306pyon1.jpg150306pyon2.jpg
練り餌は消化が良すぎるから、お通じのためにはコオロギとかも食べさせた方がいいのかなあ。とりあえず、ここしばらくサボっていた塩浴を再開して、様子を見ようと思います。

150402toads2.jpg150421pyon1.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 病気  / Trackback:0  / comment:0 

水の量

腎臓病で胸に水が溜まっているぴょんちゃんですが、次第に水の量が減ってきてはいます。9月半ばから毎日写真で記録しているので変化がよくわかります。お医者様への報告のためにネット上にアップしている写真、見たい方はこちらからどうぞ。

>>おなかの写真
>>顔の写真

150206pyon2.jpg元々はマッチョでたくましかった胸や腕が妙にたるんで、筋肉が落ちてきたのをはっきり感じたのは去年の夏頃から。胸の水に気付いたのは9月の初め頃でした。

最初のうちは膨らんだ皮膚の下に溜まった水が透けて見えて水風船のよう。それが10月末頃からちょくちょくお風呂に入らない日があり、その日は少ししぼんで、給水するとまた水でぱんぱんに膨らむのを繰り返すようになりました。

だんだん水の溜まり方が少なくなってきて、年が明けると更にぐっと減りました。最近は水が引いて皮膚が若干たるんでいるだけに見えることも。
150212toads1.jpg150214pyon1.jpg
先月の胃腸の不調はすっかり落ち着いて、しばらく便は出ていません。相変わらず食欲はありませんが、口に入れた練り餌は吐き出さずにすんなり飲み込みます。皮膚の色つやもよく、表情も明るいです。

それでも……治ったわけではないんですよ。お医者様のお話では、腎臓疾患は悪化することはあっても今よりも良くなることはない、一生薬を止めることはできないのだそうですから。

今でもたま〜に胸が膨らんでいることはありますし、見える部分に水が溜まっていなくても、ふにゃっとした手触りで全体に浮腫んでいるのはわかります。症状としてはそれくらいで、特に苦痛を感じている様子はないのが幸いです。

治らないのは残念ですが別にいいんです、今のように調子良く過ごせるのなら。残りの蛙生をヒキガエルらしくのんびり過ごしてくれることを祈ります。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:2 

そういえば

今回ぴょんちゃんが嘔吐したのは1/16昼〜1/17未明に掛けての数回のみですが、その他にも何度か怪しい動きはあります。

150125pyon1.jpg150125toads1.jpg
150125pyon2.jpg150125pyon3.jpg
1/23夜と1/25夕方の2回、「ぎゅるぎゅるぎゅる……」とおなかが下ったかのような音がして覗くと、少し上を向いて口をパクパクしていました。どちらの時も昼間は比較的調子よさそうに動き回っていたのですけどね。

150105pyon1.jpg更にはもっと前、1/5深夜にシェルターの中で「んべっ」と舌を出していたのを思い出しました。一応動画も撮ってあります。

その時はそれで治まったのでそれきり忘れていましたが、既に胃腸の調子が悪かったのでしょうね。そう言えば、何回も少しずつフンが出るようになったのもこの頃からでした。下痢じゃないから大丈夫かと思っていましたが。
毎晩与えている腎臓病の薬入りの練り餌、今年に入ってからは若干控えめにしていたのです。ところが先日、量の調整に失敗していつもより大きめに……。そう言えば、嘔吐するちょっと前でした。

胃腸の具合がよくないのに気付かず、食べさせすぎたのが、今回の不調の切っ掛けだったのでしょう。物言わぬカエルしかも病気持ちなのだから、飼い主がもっとしっかり状態を把握しなければいけませんね。反省です。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:動画 病気  / Trackback:0  / comment:0 

今週のぴょんちゃん

1/19 朝はきみちゃんと一緒にお風呂。その後も夜までずっと水に浸かったままで、出てきた時には体重が約60gも増加していました。水吸い過ぎ。
150119toads1.jpg150119pyon4.jpg
1/20 朝、少量の下痢。お風呂の近くにいても水に入ろうとはせず、一日中うずくまっていました。
150120toads1.jpg150120toads2.jpg

150121dappi2.jpg1/21 とても寒くて一日中エアコン点けっぱなし。室温は22℃程度をキープしているはずですが、何となく底冷えがします。ずっとシェルター内にこもっていたようです。

夜、脱皮しましたが皮が薄くて残り多め。いつのまにか軟便をしており、後ろ肢にべったり。洗うついでに残った皮も剥いてやりました。
150121dappi3.jpg150121toads1.jpg

150122pyon1.jpg1/22 前日に引き続き寒い日です。朝しばらくうろうろした後、目をつぶって丸くなりました。

その後は一日中うつむいてほとんど動かず、このまま目を覚まさないのではと心配になるくらいでした。夜に塩浴するとようやく顔を上げるように。
150122pyon3.jpg150122pyon4.jpg

150123pyon1.jpg1/23 朝は軟便を踏んづけて、自分でお風呂へ。汚れた水を換えてやると午前中いっぱい水に浸かっていました。

日中は暖かかったせいか、昨日より気分良さそうなお顔。ところが夕方以降は壁に寄りかかるようになり、少しだるそう。おなかをぐにぐにしながら上を向いて時々口を開け、また吐き気でしょうか? しばらくすると治まりました。
150123pyon2.jpg150123pyon4.jpg
150124pyon1.jpg1/24 予想外に寒い一日。朝からずっと小シェルター内で寄りかかって上を向いた状態でした。

お尻の赤くなっていた部分は茶色くカサブタっぽくなりました。写真ではわかりにくいのですが、妙に赤みを帯びていた肌色も少しマシになってきました。まだまだ油断できませんが少しほっとしています。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:0 

胃腸炎

150117pyon1.jpg前回の記事を書いた時まではしっかりした便だったぴょんちゃんですが、その翌日、少量ですが下痢をしました。そして更に次の日……。

お風呂と壁の隙間で体を押しつけるように斜めになって、朝からずっとだるそうな様子。昼過ぎにゲップのような音が聞こえて覗いてみると、黄色っぽい液体を嘔吐していました。
病気で吐いたカエル1病気で吐いたカエル2
その後も夜に掛けて、時々おえっと気持ち悪そう。数時間おきに何度か数滴口からこぼれました。胃液なのでしょうか。汚れたところを拭き取り、少しお風呂をずらして隙間を広げておくと、ぴょんちゃんはずっとその場を動きませんでした。

深夜日付が変わる頃、ぴょんちゃんの肌色が赤茶けて濁ってきました。それからしばらくすると多めに吐いておなかまでべっちょり。洗ってやらなくちゃ、と持ち上げたところ、皮がずるりと剥けました。2日前に脱皮したばかりなのに……。

150118pyon1.jpg150118pyon3.jpg
150119pyon1.jpg軽く洗ってカエルケースに戻すと、その後は丸一日シェルターの奥にこもっていました。餌(と薬)を2日間中断し、吐き気は一応治まっている様子でした。
150119pyon3.jpg
150119pyon-body2.jpgシェルターをどけてみると、残った皮が茶色く張り付いた状態。水で洗うと簡単に浮いてほぼきれいに剥けたけれど、おなかの下の方が赤くなり、肌の色がやっぱりおかしいです。

動物病院に連絡すると、腎疾患の進行による胃腸炎だろうとのこと。胃薬を送ってもらいました。

嘔吐は治まっていますが、その後も下痢や軟便を繰り返しています。昨夜また脱皮した後もくすんだ肌色が続いています。

サボっていた塩浴を再開。数日エアコン点けっぱなしで部屋を暖かくして様子を見ています。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:2 

出るのも一緒

150103toads1.jpgお正月、きみちゃんもぴょんちゃんも真ん丸でした。一ヶ月以上出てなかったからですね。冬場は餌の量を控えめにしているので出にくいんでしょう。

年明け早々ちょっと出かけて夜に帰ってきたら、部屋に入った途端何か臭い……。きみちゃんがどろどろお風呂に浸かっていました。どうしてわざわざ人がいない時にするかなー。
下痢でおしりの皮膚がかぶれたカエルぴょんちゃんはずっとシェルターの中。私が片付けている間、きみちゃんはぴょんちゃんのところへ行って上に乗っかっていました。時々ぴょんちゃんの鳴き声が聞こえます。

汚れた水を捨てて床を拭いてもまだ臭います。タオルも替えなきゃ、とシェルターをどけたら……べちょ。え?中が汚れてる??

ぴょんちゃんもちょびっとしてたんですね。きみちゃんは足下が汚いからぴょんちゃんの上にいたのか。近づかなければいいのに……。

汚れたところにずっと座り込んでいたぴょんちゃんはお尻の方が真っ赤になっていました。よく洗って数日で治ったからいいけど。

150104toads1.jpg150108pyon1.jpg
その後、ぴょんちゃんは2,3日おきにちびちびと繰り返し排便。しっかり形はあったので、消化不良ではないと思います。ただ、一遍に出てこないというのは腹筋が弱くなってるんでしょうか。

おなかの中身が出てみると、やっぱりぴょんちゃん痩せてますね。少しは肉付き良くなったかと思っていたのに残念。体重は日によってはかなり増えますがほとんど水分なんでしょう。ぷるぷるおなかが柔らかくて、カエルと言うよりスライムみたいな手触りです。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 病気  / Trackback:0  / comment:0 

年末のご挨拶2014

141228kimi3.jpg皆様いつもありがとうございます。いろいろありましたが、おかげさまで無事に年を越せそうです。

きみちゃんの性別判定を保留にしていましたが、やっぱり女の子で間違いないでしょう。お口の黒い線、大分薄れて目立たなくなってよかったね。

去年の今頃はお肌の調子が悪く傷だらけでしたが、今はつやつやきれいで問題なし。食欲もおなかの調子もいい感じです。
141228kimi1.jpg141228kimi2.jpg
141224pyon1.jpgぴょんちゃんの腎臓病もお薬が効いているようで小康状態。心配だった足の傷もほぼふさがりました。多少の浮腫はありますが、どこも痛がったり苦しがったりせず、落ち着いて過ごしています。

最近は毎日お風呂に入っているので水分たっぷりでむちむち。本体も多少太ってきたような。浮腫があると心臓に負担が掛かるのであまり体重増やすのもよくないそうで、練り餌の量に気を付けなくては。

病気が発覚したときはどうなることかと思いましたが、慢性的なものですので焦っても仕方ないですね。このまま良い状態が続いてくれることを祈ります。
141228pyon1.jpg141230pyon1.jpg
141230toads2-3.jpg月末のまとめ記事、しばらくさぼってます。そのうち書けたらこそっと追加しておこうっと。お医者様へ報告するための経過写真もまた溜まってきたので整理しなくちゃ……。

それでは、来年もきみちゃんとぴょんちゃんとヒキガエル生活をどうぞよろしくお願いいたします。皆さん、良いお年を!

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:日常 外傷 病気  / Trackback:0  / comment:2 

お薬変更

141012pyon1.jpg141010toads1.jpg
ぴょんちゃんの治療を開始してそろそろ一ヶ月、特に大きな変化はありません。

腎臓に関しては進行性の慢性疾患ですから、現状維持で上出来なのでしょう。相変わらずむくんで水が溜まっていますが、苦しがる様子もなくだらだらと過ごしています。

カエルの皮膚にも使える薬ただ、足の傷に関しては感染も心配なので早く治って欲しいものです。これまでは抗生剤の飲み薬と軟膏を使っていました。一時期に比べれば傷が若干浅くなったものの、乾いてきたりじくじくしてきたりをずっと繰り返している状態です。

効果が今イチなので、塗り薬を変更することになりました。今回送っていただいたのは皮膚を再生して傷を治すお薬。カエルは傷口を舐めたりしませんが、人間用より動物用の方が何となく安心ですね。

飲み薬は抗生剤を終了。腎臓の薬と毒素排出の活性炭の2つは継続です。

新しい塗り薬はクリーム状で、水に濡れると落ちてしまいますので、床のタオルは乾いた状態に戻しました。飲み薬の投薬回数も減り、大分楽になりますね。これでまたしばらく様子を見ます。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気 外傷  / Trackback:0  / comment:2 

闘病生活

140918med1.jpgぴょんちゃんの容態、今のところ特に変化はありません。足の傷はまだ治らず、唇は少し腫れ、おなかの下は茶色く肌荒れ、胸の水は溜まったままで、体はぐにゃぐにゃと柔らかく、体重の割に重量感がありません。

毎日頑張っているんだけどなあ……。

飲み薬は3つ。それぞれ回数が違ったり混ぜてはいけなかったりするので、一日3回に分けて餌に混ぜて飲ませています。

140916pyon1.jpg更にビタミンAとカルシウムを多めに、ただしビタミンDが過剰にならないように、ということでアミビットと炭酸カルシウム粉末を合わせています。餌の量は体重が現状維持出来る程度に調整。薬と違って規定量があるわけではないので試行錯誤です。

投薬の度にお医者様に報告するための写真を数ヶ所撮影。おなかを見るためひっくり返すと、暴れて涙と鼻水で顔がぐしょぐしょです。嫌だよね、ごめんね。
140919pyon1.jpg140919pyon2.jpg
140919pyon4.jpg床に敷いたタオルが乾いていると足の傷の刺激になるのでは、ということで今はタオルを湿らせています。数時間で雑菌が繁殖して変色してしまうので、投薬のタイミングに合わせて交換。殺菌のためにクエン酸水で洗った後、酸が残らないようよくゆすいでから日光消毒しています。

下が湿っていると木のシェルターは黒カビが発生したり接着剤が剥がれてきたりするので、こちらも頻繁に交換して洗って干します。同じものを2つずつ用意しておいてよかった。できれば、しばらくシェルターなしで我慢してくれるといいんだけど。
140922bath1.jpgその他、毎日1回0.6%塩水浴したり、足の傷に軟膏を塗ったり。いろいろやることが多くて、ゆっくり休ませてやりたいのに落ち着きません。

ネットで調べても、カエルの腎臓病なんて全然情報ありません。高齢の猫は多くが腎臓を悪くするようで、老猫介護のサイトはたくさん見つかりました。猫ちゃんの介護に比べれば、カエルのお世話なんて大したことないと思うけど……。

せめて足の傷さえ治れば、薬も減らせるし、床も乾いた状態に戻せて、ずいぶん楽になるんですけどねえ。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 飼育環境 病気 外傷  / Trackback:0  / comment:4 

慢性腎不全

病院に行くカエル日曜日、ぴょんちゃんを連れて動物病院へ行ってきました。家族に車で送ってもらい2時間弱。彼はぺちゃっと座って大人しくしていました。

診察室に入り、ぴょんちゃんの様子を見た先生が「今までの経過を考えると、おそらく腎臓が……」と話し始めたところで、ぴょんちゃんがおしっこ。すぐさま尿検査を行いました。検査は出来ないだろうと思っていたのに偉いぞ、ぴょんちゃん。

その結果、比重が極めて低いことが確認されました。両生類の尿は哺乳類よりも薄いのですが、それにしても薄すぎるとのこと。これで腎臓病確定です。この夏のヨダレ・下痢などの消化器症状、体重減少、皮膚や粘膜の赤み、足の傷の治りの悪さ、体に溜まった水など、全てが腎機能の低下によるものと考えれば辻褄が合います。

足に塗った抗生剤軟膏の副作用ならば、薬を止めれば回復するのでは……と期待したのですが、そうではなく、年齢と共に少しずつ弱ってきた「慢性」の腎不全だろうとのこと。一度失った腎機能は二度と回復しないのだそうです。今後は病気の進行を出来るだけ遅らせて、少しでも長生きできるように「介護」していくことになります。

まずは点滴代わりの塩水浴で老廃物の排出を促すこと。通常は0.5%のところを0.6%に上げて、ただし時間はきちんと5-10分で切り上げるように。他にも、薬による治療、食餌内容や与え方、足の傷のケアなど、事細かな指示をいただきました。腎臓病の薬としては、この夏に発売されたばかりの新薬(猫用ですが)を使うことに。カエル用の療法食は存在しませんから、練り餌とサプリを組み合わせて対応していくことになります。

腎臓病のカエルしばらくぴょんちゃんの顔を眺めていた先生がふと仰いました。
「この子、本当の体重は150g程度でしょ」

手足の筋肉や顔立ちからして、現在180g前後の体重は違和感があるとのこと。確かに、この夏に150g台まで体重が減り、その後に練り餌を食べて体はふっくらしてきたものの、細くなった手足が戻らないことは気になっていました。

太ったように見えたのは「むくみ」、胸や他の部分に溜め込んだ水分が20-30gあるだろう、ということです。針を刺して水を抜くような処置はしませんでした。薬が効いて塩浴で代謝が高まれば、浮腫は治まってくるはずです。

痩せた後、無理やりたくさん食べさせたのが負担になり、浮腫の原因になったのでは……と後悔する私に対して、先生は「そのままでは亡くなっていたはず、今生きているのは今までのケアがあったからこそ」と仰ってくださいました。

この病気の原因は「老化」だそうです。ぴょんちゃんは満6歳、ヒキガエルは野生でも10年くらい生きる個体があることを考えて、まだまだ若いと思っていたのですが……。

診断結果にショックを受けながらも、とにかく毎日やることが山積み。何とか無理なく介護を続けていけるよう、いろいろと考えなくてはいけませんね。

140914pyon2.jpg140913toads1.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 病気 外傷  / Trackback:0  / comment:6 

水が溜まる

ぴょんちゃんに異変が。

2日前、餌を食べさせようとぴょんちゃんを持ち上げたところ、ぷよぷよした妙な感触に気付きました。ひっくり返してみると、腕の付け根・胸の辺りに水が溜まっているのです。むくんでいるというより、水腫というのでしょうか。皮膚の下に液体があり、体を傾けるとそちらに流れていくのがわかります。

病気で浮腫んだカエル1病気で浮腫んだカエル2
140913pyon2.jpg慌てて動物病院に連絡すると、重症と言われ、明日伺うことになりました。

足の傷に塗っていた抗生剤の軟膏は、腎臓に負担を掛けてしまうとのこと。傷はなかなか治らず、薬は先週で中断したところでしたが、今になって副作用が出てきたのかもしれません。
140913pyon3.jpg食べないと痩せてしまうため、普段よりかなり多めに、高タンパクな練り餌を与えていましたが、それも体の負担になっていたのでしょうか。

カエルの体は元々水分たっぷりですし、座っている姿が多少ぷよんとしていても全然気付きませんでした。

とにかく明日行ってきます。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気 外傷  / Trackback:0  / comment:6 

練り餌を食べて

7月後半から8月頭に掛けて下痢気味で痩せてしまったぴょんちゃん。おなかが少し落ち着いた8月10日頃から強制給餌を始めて、最初の10日間はスイミーを与えました。毎日食べると少しずつ体重が増えましたが、少し多めに与えると軟便が出て逆戻り。体重は160g前後をうろうろ、ガリガリに骨が浮き出てしまいました。

140819pyon1.jpg140826pyon1.jpg
スイミーは鯉の餌ですから植物質も多く、肉食のカエルにはやはり栄養が不充分。そこで、カエル用の練り餌を購入しました。以前使ったパックマンフードではなく、今回はアクアシステムの「つのがえるのえさ」というものを試してみることに。

100g入りの少量パックで計量カップが付いています。こぼれやすいのでスプーンの方がよかったかな。パックマンフードに比べるとまとまりがよく、扱いやすいと思います。魚臭さも多少マシな気がします。

最初はパチンコ玉大にしていましたが、体重が増えないので思い切ってビー玉大程度に。ぴょんちゃんが飲み込むのはちょっと苦しそうでしたが……、

140819nerie1.jpg140829nerie1.jpg
140830toads1.jpg1日1回食べさせていたら、ぐんぐん体重が増えました。ちょうど急に涼しくなった時期に重なったせいもあってか、毎日7gずつ増えていき、8月末には199gに。

肌の色つやも良くなり、体型も大分ふっくらしてきました。おなか痛そうな様子も一時期よりは減ってきました。

9月に入ってからは、飼い主の体調不良もあり、強制給餌は1日おきに。体重は180-190gを行ったり来たりでした。

練り餌にしてからずっと出なかったのですが、昨日2週間ぶりに排便。しっかりと形のあるフンで一安心です。たっぷり出たので体重は164gに減ってしまいましたが、食べればまた戻ってくると思います。

140904toads1.jpg140904toads2.jpg
今一番心配なのは、掻いて擦れた足の裏が赤く腫れて、更に皮が剥けてしまったこと。豆が潰れたようになっていてとても痛そうです。化膿止めに抗生剤の軟膏を塗って様子を見ていますが、ここが治らないということは、まだおなか掻き掻きが完全に治まっていないのでしょうね……。


アクアシステム つのがえるのえさ 100g


スドー フロッグステープルフード 150g


いつもペット用品は楽天でまとめ買いするのですが、今回はこれだけなので送料が掛からないAmazonで購入しました。

私が買った時はちょうど品切れだったのですが、もっと安いスドーのフロッグステープルフードという練り餌もあるようです。

※後日こちらも使ってみました。
>>練り餌ぱっくん
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 排泄 病気 外傷  / Trackback:0  / comment:0 

塩水浴

140815bath1.jpg最近ぴょんちゃんはうまく脱皮出来ず、体が赤茶けてきました。代謝の促進を期待して、毎日食後に塩水浴もしていましたが……。

金魚の病気の時、食塩を入れるのはよく知られていますね。カエルの塩浴も、体液の循環・代謝を高め、老廃物等の排泄を促す効果があるそうです。以前お医者様に伺ったやり方は、食塩4~6gに対して水1リットル、一日一回、一回5~10分です。やり過ぎは脱水の危険性があるとのこと。

140815bath2.jpg淡水魚飼育における塩水浴の科学的な根拠はこちらに書いてありました。
>>キョーリン山崎研究所:豆知識「塩水浴について」

カエルと魚では体内の塩分濃度が違いますが(カエル0.65%、魚0.9%)、塩水浴はどちらも大体0.5%にするというのは、殺菌効果のためなんでしょうね。

ぴょんちゃんは胸まで水に浸かっていると大人しくなります。食後の塩浴はおなかを落ち着かせるという目的もあって、ただ長時間は出来ないのでいつも塩水の後に真水に切り替えていました。でも今のところ特に塩浴の効果はなさそうなので、いったんお休みして、次からは真水だけにしようと思います。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気 ノウハウ  / Trackback:0  / comment:0 

強制給餌の方法

ぴょんちゃん、先週末はおなかの痛みがひどかったようで、激しく鳴いて苦しそう。しかも急に痩せてきて体に力がなく、持ち上げるとふにゃふにゃした感触でした。下痢は治まっているので強制給餌でしっかり食べさせて、体力の回復を図ることに。

餌はコオロギよりは消化が良いスイミーで。水を一滴垂らして少し置いてしっとりさせ、サプリ少々、整腸剤をたっぷりまぶします。整腸剤は去年の秋、動物病院でいただいたもの。粉薬を冷蔵庫で保管していたのでまだ使えるかと。たとえ効果が薄れていても、もともと気休め程度でしょうしね。

強制給餌の様子、家族に頼んで写真を撮ってもらいました。以前の記事に大まかな手順は書いてありますが、やり方のコツを忘れないように更に詳しく記録しておきます。

カエルの強制給餌法1ぴょんちゃんを片手で保定します。手であまり触らないようにタッパーに入れ、首の辺りを軽く押さえます。脇や背中に強く触ると、リリースコールで体をガクガクさせてしまうので気を付けて。

ちなみに私は左利きなので右手で押さえて左手で食べさせてますが、右利きの人は逆の方がやりやすいと思います。
カエルの強制給餌法2薄い磁気カードの角を、口の端の方に押し当てます。口を傷つけないように注意しながら少しずつ滑り込ませます。

この時、ぴょんちゃんの手が前に出るとカードを押しのけてしまうので、上手く指でガードしておきます。
カエルの強制給餌法3カードの端が口に入ったら、カードをひねって口をこじ開けます。ここまでは優しくゆっくりと。

口を開けたら、押さえていた方の手の指先を突っ込んで、口を閉じないように押さえておきます。

カードを持っていた方の手で、素早く餌を口に押し込みます。ピンセットを使ってもOK。
カエルの強制給餌法4カエルの強制給餌法5
カエルの強制給餌法6餌を口に入れたら、口を閉めて手を放して飲み込むのを待ちます。ちゃんと口に入っていれば、吐き出したりせず自力で飲み込んでくれます。

ヒキガエルくらいのサイズなら大体この方法で出来ると思います。アマガエルのように小さいと口に指を突っ込むのは無理ですね。カードでこじ開けるのと餌を口に入れるのを同時にするのかな。小さいカエルの場合のやり方は、どこか他にもっと詳しい方がいると思うのですが……。

最初は1日にスイミー1粒でしたが、体重が減り続けたので3-4粒に増やしてみました。強制給餌を始めて5日目、一時は150gまで落ちたのが今日は177gまで戻り、少しほっとしています。

まだ鳴いたりおなかを掻いたりはありますが、一番ひどい時期に比べればかなりマシです。ぐったりうずくまっていたのが、時々自分でお風呂に給水に行くようにもなりました。このまましばらく様子を見ていこうと思います。

※栄養を考えると、カエル用練り餌+サプリを大きめに丸めたものがおすすめです。(2017.4追記)
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 病気 ノウハウ  / Trackback:0  / comment:7 

動きたくない

140801pyon1.jpg140803pyon1.jpg
ぴょんちゃんのおなかの不調、続いています。ここ数日は特にひどく、手足でおなかを擦って苦しそうな鳴き声を上げるようになってしまいました。

痩せて体が縮んだので、小さいシェルターにすっぽり収まるようになりました。狭いところが落ち着くのか、先月末からはそこでずっと寝ている日が多いです。

出てこないと脱水が心配で、タオルを交換する度に無理やりお風呂に入れています。余程動くのがしんどいのか、先日は下痢をしたのにそのまま動かずにいて、おなかが真っ赤になってしまいました。

140803pyon2.jpg一応食欲はあるようで、週に一度くらいはコオロギに反応して出てきます。自力で食べてくれるのはいいのですが、小さめコオロギでも食べると下痢気味。今は前回より更に小さなコオロギで様子を見ていますが……。

下痢自体はそれほどひどくないものの、大分痩せてきているのが不安です。そろそろ去年の秋のように、整腸剤+スイミーを強制給餌に切り替えようかと思っています。


テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄  病気  / Trackback:0  / comment:0 

小さすぎ

140718kimi1.jpg家の中に虫が迷い込んできた時、カエルたちに処理をお願いすることがあります。

今回は初齢コオロギサイズの羽アリ。ヒキガエルは割と小さめの餌を好みますが、さすがにこれは小さすぎたようです。動いているのは気になるけれど結局食べてくれませんでした。

まあアリンコよりも、コオロギがいっぱいいるんでそっちを食べて欲しいです。ちょっと増やし過ぎちゃって持て余してるんですよね〜。

ぴょんちゃんはおなか壊してしまって、しばらくまた絶食の予定です。本ガマが食べたいって言うから一週間ぶりに食べさせてみたんですけど、やめておけばよかったなあ。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 病気  / Trackback:0  / comment:2 

だるだる

ぴょんちゃん、どうもすっきりしません。ちょくちょくヨダレを垂らしていたり、喉をたるませてぼーっとしたり。だるそうで気分悪そうです。

フンの前は多少おなかが痛そうな素振りもしますが、それ以外は大人しくしています。食欲はそこそこあって、コオロギや青虫など時々食べてます。便が多少緩めなので、食べる量は控えめにしています。

140708pyon1.jpg140716toads1.jpg
140719pyon1.jpg140721pyon1.jpg
140724toads1.jpg最近暑いし夏バテでしょうかねえ。きみちゃんも一緒になって寝てる日もありますね。

エアコン点けて少し涼しくして様子を見ています。元気になってくれるといいな。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:2 

休ませて

140708toads1.jpg140708toads2.jpg
140715toads1.jpgぴょんちゃんの上で脱皮するきみちゃん。わざわざ狭いところで二段にならなくてもいいのに。

最近ぴょんちゃんが出てこないと思ったら、どうもまたおなかの具合がよくないようです。時々足で掻いたり手でさすったり。餌への反応はあるので、それほどひどい状態ではないと思います。

まあ、しばらく休んでください。と言いたいのだけど、踏まれてたらおちおち休めないよね。

きみちゃん、もう少し病カエルをいたわってあげてね〜。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:0 

食べてほしいな

少し食べるとおなかが緩くなるのを繰り返していたぴょんちゃんですが、2月初めにしっかりしたフンが出て、少し落ち着いた様子。

それまで2,3日に一回しか餌に反応しなかったのが、毎日1,2粒ずつ、ピンセットからスイミーを食べるようになりました。彼の体のサイズからしてこんな量じゃ足りないかもしれませんが、少しずつでも自分から舌を伸ばしてくれるのには、ほっとしました。

それが一週間ほど続くと、ピンセットは目で追うもののなかなか食べてくれない。食欲がないのかとも思いましたが、本当に食べたくない時は完全無視かはっきり顔を背けるので、一応食べる気はあるみたい。

試しにコオロギを入れてみたら、しばらく眺めた後にぱくり! どうやらスイミーに飽きていたようですね。その後はコオロギじゃなきゃイヤという日が数日続きました。

140216pyon2.jpg140216pyon1.jpg
スイミーもコオロギも、ぴょんちゃんに食べさせるのは結構大変なんです。スイミーはちょうどいい高さで興味を惹くように口元まで持っていき、舌を伸ばしてきたらタイミング良く渡してやる。コオロギは元気すぎても弱りすぎてもダメ。彼の目の前をノコノコとゆっくり歩き回ってくれないと。

食べようとして失敗するとかなり落ち込むらしく、その後、数時間は再チャレンジしてくれません。うまく食べられてもおなかが落ち着くまで次の餌には反応しませんから、スイミーなら一日2,3粒、コオロギなら一日1匹が限度です。元気な頃はその数倍は食べていたんですけどねえ。

そんな感じで先週までは少しずつ食べていました。ところが脱皮前後の食欲不振を切っ掛けに、この数日は拒食中。ピンセットを近づけると嫌そうな顔。遠くを歩いているコオロギはぼんやり眺めても、近寄ってくると無視です。

時々もぞもぞしたりおなかが苦しそうな仕草をしたり……。また具合が悪いのかと心配です。ここしばらく食べた分が溜まって、そろそろ出したいだけならいいのですけどね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 排泄 病気  / Trackback:0  / comment:0 

寒中お見舞い

140101pyon1.jpgご挨拶がすっかり遅くなってしまいました。皆様今年もどうぞよろしくお願いいたします。

何だかすっきりしないお正月なんです。僕は食べるとおなかが緩くなるのでクリスマスもお正月もごちそうナシでした。あんまり食欲ないからいいけどさ。

隣の子は目の上の傷が治らなくてお薬塗ってるし、飼い主は枕を変えたら首を痛めたそうだし……。
140106pyon1.jpg140107pyon1.jpg

131227pyon1.jpg年末から体がぺたっとした感じで、ちょっと気持ち悪いです。でも別にどっか痛いわけじゃあないんだよ。脱皮はきれいに剥けてます。

僕、最近背が伸びたよ。体重はあまり変わらないけど。あの子はすごいね。追いつかれそうだ。

一番調子悪そうなのは飼い主なので、僕たちは面倒を掛けないように大人しくしています。寒くなってきたので皆様もご自愛ください。
131228pyon1.jpg131230pyon1.jpg
131231pyon12.jpg131231kimi1.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 成長 病気  / Trackback:0  / comment:3 

ねむねむ

131118tpyon1.jpg11月にしては、ぽかぽか陽気が続いています。最近のぴょんちゃんは一日中寝てばかり。痛いとか苦しいとかがなくなったのでよく眠れるのでしょう。先日、久し振りにまともな便が出て、ようやくおなかの不調も落ち着いたようです。

食欲もまあまあ。庭のミミズ・コガネ幼虫・ワラジムシなど、少しずつですが食べてます。コオロギは動きが速すぎるのか、あまり反応しません。生き餌よりむしろ、ピンセットでスイミーを目の前に持っていった方が、食べやすいようです。
131121pyon1.jpg131121pyon2.jpg
131123pyon1.jpg131123pyon2.jpg
131126pyon1.jpg前回の脱皮は大分皮が残っていましたが、水に入るとふわふわ浮きました。ピンセットで引っ張ったら間違って皮膚をつまんじゃって、ごめんね〜。大声で叫んだけどその場を動かず。皮はきれいに剥けました。

その後も気が向けばちょこっと食べて、また眠ります。ヒキガエルらしいのんびりした毎日です。

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 脱皮 排泄 病気  / Trackback:0  / comment:0 

食べました!

先日おなかが緩かったぴょんちゃん。その後、一週間絶食して様子を見ました。

その間に行った脱皮は特に問題なく、きれいにするりと自分で脱ぎました。時々おなかが気になるようでひとしきり掻くものの、便が出る前に比べれば多少マシな感じ。それ以上悪化する様子はなく、そろそろ食餌を再開しようと思っていました。

131112pyon1.jpg131112pyon2.jpg
庭で見つけたミミズをきみちゃんにあげたのに、相変わらず食べ方が分からずに眺めるだけなので、取り上げてぴょんちゃんのところへ。あまり期待していなかったのですが、意外にもしっかり反応。ミミズの動きに合わせて体の向きを変えて、身を乗り出してじっと見つめます。

131112toad1.jpg131112pyon3.jpg
ミミズを追い続けて20分。ようやく食いつきました。二ヶ月ぶりに自力で捕食です。

いつもに比べて、飲み込むのにも時間が掛かりましたが、食べた後も特に苦しがる様子はなく落ち着いていました。この調子でコオロギも食べられるようになるといいね。

131112pyon4.jpg131112pyon5.jpg
131112pyon6.jpg131112pyon7.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 病気  / Trackback:0  / comment:2 

131106pyon1.jpg131106pyon2.jpg
ぴょんちゃん、相変わらずすっきりしない毎日です。

強制給餌でスイミーを食べている間、下痢は治まっていて体重も大分戻りました。でも、時々急に悲鳴を上げておなかを掻きます。次第にまたおなかが張ってきて、便が出なくて苦しいように見えました。

試しにコオロギを食べさせてみると、数日後に軟便。コオロギのかけらはまだほとんど見当たりませんが、やっぱり消化不良気味。またしばらく絶食です。

131030pyon1.jpg話は変わって……。

辛そうに外をうろうろされるよりも、シェルターの中で大人しくしていてくれる方がいいですが、姿が見えなくなるとちょっと心配。ちらっとでも顔が見えるとほっとします。

このシェルター、入口の他に窓も付いててなかなか便利でしょ。
131029pyon1.jpg131103pyon1.jpg
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:0 

整腸剤

131018med1.jpg体育の日以降、ぴょんちゃんの下痢は治まっています。まだ食欲がなくて自力で食べられそうにないのですが、大分体重も減り、体力低下が心配なので強制給餌に踏み切ることに。

餌と一緒に飲ませようと、動物病院でカエル用の整腸剤を出していただきました。見た目はビオフェルミン風の白っぽい粉で、ちょっと薬臭いです。結構な分量ですがうまく服用できるでしょうか。

131021pyon1.jpg
コオロギなどの虫は消化が悪そうなので、しばらくはスイミーを与えます。ほんのわずかだけ湿らせて、たっぷり薬をまぶします。

ぴょんちゃんを押さえながら、カードで口をこじ開けて薬付きの餌を押し込みます。後はしっかり飲み込むのを待つだけ。

そんなにまずそうな顔もせずに飲めてます。一度にたくさんは口に入らないので、1日2粒ずつ。もう少し増やしたいところですが、食欲が出てくるまでは難しそうです。体重は190g前後まで戻りました。

131018pyon1.jpg131021pyon2.jpg
下痢が治まってからも、一日おきくらいにおなかを掻いたり鳴いたりしていますが、だんだん症状は軽くなってきているようです。顔つきも穏やかで落ち着いている時間が増えました。

131019pyon1.jpg131022pyon1.jpg
131024pyon1.jpg131024pyon2.jpg
131024pyon3.jpg脱皮前はだるそうなのでいったんお薬はお休み。今回の脱皮、背中側はひとりできれいに剥けました。おなか側と足の皮はずるずる引きずっていましたが、水に入るとほぼ取れていい感じ。

その後、小さなメイガの幼虫を見せてみたら目で追いました。何度か舌も伸ばしましたが、口には入らず。コオロギに切り替えてみると、やはりちらっと見るけれど食べるまではいきません。

自分で生き餌を食べられるようになるのはもう少し先のようですね。しばらくはこのまま様子を見ていきます。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:4 

ぽんぽんぺいん2

ぴょんちゃんの不調は続いています。便が出る前後、脱皮の後など、数時間にわたって泣き叫び、おなかを掻いたり擦ったりします。おなかが張って膨れているので痩せたようには見えませんが、ここ2週間で体重が40g減りました。何も食べさせていないので当たり前とは言え、あまり痩せて体力が落ちるのも心配です。
131008pyon2.jpg131008pyon3.jpg
131012gas1.jpg大量のガスの後にポトポトと少量の下痢が出ます。間隔は2,3日空いたり毎日続いたりとまちまち。

10/10頃までは黒っぽいコオロギのカス?が混じっていましたが、その後はどろっとした粘液だけです。そろそろおなかの中身を出し切ったのでしょうか。

便が出ればすっきり、とはいかないようで、出た後もしばらく苦しがって暴れ回ります。数時間経つとようやく静かに寝床に引っ込みます。

131008pyon1.jpg131014pyon1.jpg
脱皮の前は2日程ぐったりと動かなくなります。気分悪そうですが、その間はつらそうな症状が出なくてちょっとほっとします。

131015pyon1.jpg131015pyon2.jpg
131015pyon3.jpg脱皮は5,6日間隔。普段より少し皮が薄く、破けてうまく口に入りませんが、食べない方がいいのかも。

べったり張り付いているわけではなく、しっかりと浮き上がった皮で、水に入ればすぐに剥がれます。ただ、水を掛けて洗ってやると、かなり嫌がって逃げようとします。体に触れると痛いのでしょうか。

昨日も脱皮しました。古い皮膚はほぼ取れて、見た目はとてもきれいです。おなかの下の方だけは擦れて少し赤くなっています。

今週はまだ便が出ていません。このまま治まってくれればいいのですが、脱皮の後は苦しそうだったので、まだダメかもしれませんね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:2 

ぽんぽんぺいん

下痢しちゃった先日、ぴょんちゃんに無理やり食べさせたらおなかの具合が悪化してしまいました。水のような下痢です。

落ち着いている時は顔が見えないようにシェルターの奥に引っ込んで寝ています。

そろそろ脱水が心配になる頃に自分で出てきてお風呂に入ります。水の中でしばらくもぞもぞしていると、ぶくぶくと大量のガスと水っぽい便が出ます。便の量はだんだん減ってきていますが、おなかが張ってかなり苦しいようです。
静かに寝てますおなかパンパン
おなかを押しつけてます鳴きながらおなかを掻きむしったり、床や壁にぎゅっと押しつけたり。そのせいでおなかが赤くなってしまっています。かわいそうに。

赤くて痛そう
カエルに整腸剤飲ませるのは難しいですし、注射などしてもらいに病院まで連れて行くのも大変そう。おなかが落ち着くまで絶食しかないかな。早く治まってくれるといいね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:排泄 病気  / Trackback:0  / comment:4 

気分悪い

ぴょんちゃんの調子、よくありません。

先週は鳴いておなかを掻きむしる症状が続きました。ただ、去年のように一日中ということはなく、長くても半日でいったん落ち着いていました。

週末にはじっと動かなくなり、週明けには脱皮。一見きれいに剥けたように見えていましたが、実際はほとんど皮が取れないまま薄く張り付いていたようです、水に入るとふわふわと浮いてきます。

脱皮の後も食欲がなく一日中寝ていました。

火曜日、おなかを掻いた後に鳴きながら下痢をしました。便が出ておなかが落ち着いたかな、と思ったのですがそれからしばらくすると、急にけぷけぷとしゃっくりのような動きをして、透明の唾液?をこぼすように吐きました。

おえっぐったり

ちょうどこの時、シェルターを紙箱から100均で買った木箱に変えてみていました。何度か洗って乾かしていたものの、木の匂いは多少残っています。吐き気とは関係ないかもしれませんが、心配なのでまたその後は紙箱に戻しました。

吐いたのは1回だけですが、その後も軟便が2回出ました。食欲は全くなく、コオロギの動きはちらっと見るだけ、ピンセットを近づけると嫌そうに顔を背けます。

先週ミミズを食べてから、もう10日も経っています。こんなに長い間何も食べないで過ごすことは、これまでありませんでした。カエルってどのくらい餌なしで平気なんでしょう? おなかが緩いので無理に食べない方がいいのでしょうけど……。特に痩せたようには見えませんが、体重は10g減りました。

固めの皮ですそうこうしているうちに、がたがたと音がして今週二回目の脱皮。今回も皮が大分残っています。ただ、前回と違って割としっかりした皮で、水中で引っ張るとするすると剥けました。

脱皮の後は、またおなかを掻くようになってしまいました。水に入っている間は落ち着いていますが、出るとダメみたいです。

先週はステロイドを1回しか使いませんでしたが、辛そうなので再開することに。少しは効いてくれるといいのですが。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 排泄 飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:2 

シェルター変更

17日午後から辛そうな状態のぴょんちゃん。ただ一日中ずっと泣き叫んでいるわけではありません。19日は塩水浴で多少気が紛れたようで、夕方からは壁にもたれてずっと静かに寝ていました。

壁に寄りかかって休憩夜中には熟睡
涙目になって苦しそう昨日今日は朝目を覚ましてから昼過ぎまではダメですが、症状の激しさは若干治まった様子。午後からは大人しくしているのでほっとします。

昨日、クール便で動物病院からの薬が届きました。でも食欲がないのか飲み薬が飲めていません。食欲増進を期待して、ステロイドの滴下薬を使ってみます。

昨年はステロイドの効果がほとんど見られず、皮膚の副作用が強く出てしまいましたから、今年は症状を抑えられなくても短期間の使用に留めるつもりです。

シンプルな白い箱です病気との関連はわかりませんが、少し環境を変えてみようかと思いました。最近ウレタンマットのシェルターがぼろぼろになってきたところ。カケラが口に入ると困るので取り外すことに。

試しに代わりにボール紙の空き箱を入れてみました。急な変化にびっくりするかと思っていたら、意外にも全然平気。当たり前のように登り、中に入っていきました。
ここが苦しいの顔は見えるので安心
気に入ってくれたのはいいのですが、紙の箱なので長持はしません。粗相して汚れてしまったら終わりですね。これはとりあえずの間に合わせ。濡れても大丈夫な材質の別の箱を探してみようと思います。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:0 

持病再発

きれいに脱皮しました夏バテでしばらく不調だったぴょんちゃん。8月末からはおなかの調子もよくなり、ほっと一息。脱皮もきれいに済ませているようで、夜中にふと見たら色白になっていました。

台風の翌日、さわやかな秋晴れです。昼頃、庭に出たらミミズがたくさん捕れました。早速何匹かぴょんちゃんに与えると、目で追うもののなかなか食べません。脱皮の後でちょっと疲れているのかしら。

一番大きいミミズがぴょんちゃんのおなかの下に潜り込むと、気持ちが悪いのかおなかを掻き掻き。でも、ちゃんと食べることができました。

ミミズをぱくりここまではよかったのですが…
一匹食べたら満腹になったのか、他のミミズは無視するので庭に逃がしました。もっと食べればいいのに、と思いながらぴょんちゃんを眺めていると……。

急に「ひっ、ひっ」と鳴き出して、またおなかを掻き始めました。それがだんだんと激しくなり、鳴き方も「ひいっ!」と叫ぶような悲鳴に変わってきました。

ミミズを食べたせい? でも食べる前も掻いていたよね。これは……2年前からの病気が再発してしまったようです。2011年の11月から翌年3月頃、2012年8月末から11月半ばまで、おなかの奥が苦しそうに掻きむしったり床に押しつけたりという症状がありました。はっきりとはわかりませんが、秋になると何かのバランスが崩れてしまうのでしょう。

うろうろ落ち着きませんその後も夕方まで激しく掻き続けました。夜はしばらくじっとうずくまっていましたが、遅くなると立ち上がったり屋根に登ったりと落ち着かず、また鳴きながら掻くように。

辛そうです
今朝は落ち着いていましたが、午後になってまた症状が出てきました。動物病院の先生にはメールでお薬を送ってくださるようお願いしました。

カエルの病気に飼い主が出来ることと言えば、金魚と同様に0.5%食塩浴くらい。脱水が心配なのでちょっとの間ですが、塩浴中は場所が変わって気が紛れるのか大人しくしていました。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:鳴き声 病気  / Trackback:0  / comment:0 

食べ残し

動きたくない〜夏バテぴょんちゃん。先週ずっと食欲なくてだるそうでした。お掃除するからちょっとどいてね、と隅っこに移動させたら、一日中そのまま動きませんでした。

餌の虫も食べずにほったらかし。大人コオロギは消化が悪いので羽が生える前のを入れたはずなのに、気付いたら脱皮して大人になっていました。

モンシロチョウの青虫たちはプラケを登って大脱走。最初の1匹は床を這っているのを発見、もう少しで踏んづけるところでした。危ない危ない。

もう1匹はコオロギを入れるのに使うバケツにくっついて小さな蛹になっていました〜!
この蛹は順調に成長してもうじきチョウチョになりそうです。ハチとかに寄生されてなくてよかった。

一日中この格好ぼけっとしてコオロギに乗られてます
コオロギ脱皮しちゃったよ最後に葉っぱを充分食べてないので、1cmちょっとのミニ蛹です
すっきりしたね週末に脱皮。今回は皮残りもなく全身きれいに剥けて、久し振りにぴかぴかカエルになりました。

終わった後はしばらくお疲れでへろへろしていましたが、だんだん気分がすっきりしてきたようです。

やっと食欲が出てきて少しずつ餌に反応するようになりました。昨日はコオロギとスイミーをぱくぱく。今のところおなかを痛がる様子もありません。これで一安心かな。
壁にもたれ掛かって休んでいます食べようかな
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:0 

不調続き

猛暑がパワーアップして戻ってきました。人間もカエルたちも朝からエアコンが欠かせません。普段は洗面所にいるきみちゃんも部屋の中へ。野生のヒキガエルたちはきっと夏眠に入っているでしょうね。

しばらく絶好調だったぴょんちゃんですが、割と涼しかった7月下旬からずっと調子が良くありません。いつもは月に1〜2回の排便が少量ずつ週に1〜2回と増え、食欲も落ちてきました。

そして脱皮不全。脱皮のペースはほぼいつも通りですが、べったりと皮が残ります。先日は鳴きながら水中で擦り落とそうとしていたので引っ張ってやると、幸いしっかりした皮で割ときれいに取れました。

古い皮も残っているので食べない方がいいですねどよーん
フンの後はやっぱり屋根に登ります壁にもたれてだるだる
何か食べたいな食べるとおなかが……
気分悪そうにうずくまる日が続きますが、数日経つと表情が明るくなってきます。そんな日は食欲もあり、コオロギに飛びつきます。

ところが、きみちゃんの食べ残した小さなコオロギなら大丈夫でも、大人コオロギを食べるとおなかの具合が悪くなるようです。食べた後しばらくすると水に入ってうんうん苦しそう。直前に食べたものが出るわけではないのですが、大分ゆるめで消化不良気味です。やっぱり夏バテかなあ。

しばらくはおなかを刺激しないように餌は控えめにします。ちょうど、ブロッコリーに付いたモンシロチョウ幼虫が食べやすいサイズになってきたところで、コオロギよりは消化が良さそうですけど、たくさんは与えない方がいいですね。動物病院のお世話になることは避けたいです。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 脱皮 排泄 病気  / Trackback:0  / comment:2 

絶好調

ぴかぴかうぅ、そんなところで…
飛び降りるのかと思ったら、途中で止まって手を着いて降りました最近のぴょんちゃんはとても調子が良くて、嬉しい限りです。

週一の脱皮はするすると短時間で終わり、きれいに全部繋がって剥けるので痕跡も残りません。うっかり見逃すといつ済ませたのかわからないくらい。

フンの状態も問題なし。おなかがすっきりすると、屋根を登ったり降りたり自主的に運動します。
コオロギ発見はみ出てます
ぷはー"コオロギの動きには敏感に反応。待ち伏せするだけでなく、追いかけて飛びつくことも。

ここ数年は飛び出すこともなかったので、プラケースの窓を開けっ放しにしていることが多かったのですが、こんなに動きが活発だと危険かも。きちんと閉めておくことにしましょう。

まるで昔に戻ったかのような食欲ですが、ちょっと違うのはフタトガリの青虫がダメなこと。子どもの頃は自分より大きなヤツにも果敢に挑んでいたのにねえ。どうも尺取虫的な動きが怖いみたいです。

離れたところにいるうちは気になって眺めていますが、届きそうな距離に来ると引いてしまいます。更に近寄ってくると悲鳴を上げて逃げ出します。
何かいるげげっ
きみちゃんが食べられないサイズに育ったのが結構いるんだけどなあ。こんな時、ぼんちゃんが全部きれいに片付けてくれたのを懐かしく思い出します。

昨日も青虫を入れてみたら、困った顔で「何とかして!」と目で訴えてきたので、仕方なく取り除きました。そのあとも何か言いたげにじーっと見つめてくるので、試しにスイミーを見せたら大喜びでぱくり。おなかは空いていたのね〜。物足りなそうにしているのでコオロギも追加。

結局、この日はコオロギ(フタホシLLサイズ)3匹、スイミー6粒食べました。前日にもコオロギ3匹食べたばかり。それまでは一日当たりコオロギ1匹分程度だったのに、そんなに一気に食べて大丈夫?

病気のせいで一時期ずいぶん減った体重も順調に増えてます。この調子なら2年前ピーク時の水準に戻れるかな。関東甲信はもう梅雨明けとのことでいきなり真夏の暑さ。このまま夏バテせずに頑張れ〜。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 脱皮 排泄 病気  / Trackback:0  / comment:0 

久々のミミズ

何かすっきりしない最近大人しく過ごしていますが、完全に掻き掻きが治まったわけではありません。お風呂とかフンが出たとか、何かきっかけがあるとその後はしばらく落ち着かないようです。

足の擦りむけもまだ治らず、痛そうです。

足の出っ張りと爪先が赤いです
ほぼ毎日しっかり食べていますし、久し振りにミミズに挑戦。コオロギの時とは違って、早速自分から近づいていきますが……。

お皿の上でぐるぐる回るミミズになかなか手が出ません。ミミズが自分の方に這い寄ってくると、ずりずり後ずさり。君はカエルのくせに怖いのか〜?

向きを変えたミミズが遠ざかっていくと、急に強気になって前に出ます。首を伸ばして……ぱくり!

この日は3匹用意しましたが、散々悩んで結局一番大きい1匹だけを食べました。食べた後はぐったり疲れ切った様子。たかがミミズに神経使いすぎですねえ。掻き掻きする気力もなかったようで、まあそれは良かったかも。

お食事の用意が出来ましたどれどれ
腰が引けてますミミズが逃げようとすると急に強気に
ぱっくり!ごちそうさま
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 病気 外傷  / Trackback:0  / comment:0 

のたのた

ぷっくり相変わらず動きが少ないぴょんちゃんです。この喉を膨らませた姿勢って何なんでしょうねえ。

二日に一回くらい、のたのたと出てきてお風呂に入ります。もともと機敏なカエルではありませんが、錆付いたように何ともぎこちない歩き方。つまずいて転びそうで、見ていてはらはらします。しばらく吸水すると、またゆっくり屋根の下に戻ります。
おはようよっこいしょ
見てるだけコオロギがあらわれた!かいしんのいちげき!
ぐだぐだコオロギを入れると目で追いますが、その場を動こうとはしません。そのうちにコオロギの方から近づいてきたところをいただきます。この瞬間だけは素早い!

食べた後はまた喉を膨らませてじっとしてます。触ると刺激になってまた掻き掻きが始まるのでここ数日は体重測定をしていませんが、毎日食っちゃ寝なので少しは太ったかな。
早く元気になって、ヒキガエルらしく堂々と歩く姿を見せて欲しいものです。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 病気  / Trackback:0  / comment:2 

とっても静か

表情は元気そうだけど日曜の朝からぴょんちゃんがほとんど動きません。ずっとシェルターの中で喉を膨らませています。別にぐったりしているわけではなく、いつもの掻き掻きもなく落ち着いています。これは良い状態??

ピンセットのスイミーは完全無視。小さめコオロギを入れてやっても見向きもしません。食欲がないのかと心配になりましたが、試しに大きめコオロギを入れるとぱくり!

小さいのいらない飼い主は無視

そこそこ食べたので大丈夫かとは思いますが、とにかく動かないのが気になります。餌が目の前を通っても、身を乗り出すこともなく、確実に届く範囲でしか舌を伸ばしません。

丸二日過ぎても動く気配がなかったので、今朝は無理やりお風呂に入れてみました。水を跳ね散らかすこともなく、しばらく静かに座っていて、いつの間にかそーっとまた屋根の下に戻っていました。

辛い症状が出なくなったのにはほっとしていますが、元気になったとも言えず……。しばらく様子を見るしかないですね。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 病気  / Trackback:0  / comment:2 

痛々しい

おなかを押しつけてぺたんこになってます擦りむいて出血したカエルの足

ぴょんちゃんのおなか、痛いのか痒いのか気持ち悪いのかよくわかりませんが相変わらずです。調子悪い時はひーひー泣いておなかを床に押しつけます。苦しそうな叫び声は隣の部屋まで聞こえるくらいです。

カエルの後ろ足は5本指。四六のガマと言われるように、ヒキガエルの後ろ足には内側に6番目の指みたいな突起があります。ばりばり掻くのでその部分がいつも真っ赤に擦りむけています。外側の指先(写真手前)もよく傷ついてます。時々出血してタオルに点々と血がにじんでいて、ぎょっとします。

冷やすとおなかの赤みは薄れます掻いた後はおなかも真っ赤。水で冷やしてやろうとお風呂に入れると沁みるのか、悲鳴を上げて飛び出してしまうこともしばしば。

それほどひどくない時は、しばらく水中で暴れた後に大人しくなります。そのまま半日動かないことも。

落ち着いているとほっとしますが、水中だと餌やりが困りますね。コオロギたくさん食べて欲しいのにな。

動画はあんまり楽しいものではないので限定公開にします。
>>2012年10月1日
ちなみに去年の様子はこちら。
>>2011年12月19日

去年も辛そうだと思っていましたが、最近の方が動きも声も激しいです。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:鳴き声 病気 外傷  / Trackback:0  / comment:3 

怖くないよ

食欲が落ち気味のぴょんちゃんですが、その後少しずつ食べるようになってきました。

出されたものは残さず食べていたぼんちゃんと違って、ぴょんちゃんはいろいろ注文がうるさいです。弱ってひっくり返ったコオロギは好きじゃない。ピンセットから食べるのは人工飼料のみ。つまんだ虫は生きていても死んでいてもNG。生き餌を与える時は生きのいいものを選んで、でも動きが速すぎるとダメなので微妙に動きを鈍らせる……と、まあ結構面倒くさい。

最近は、いつものように処理したコオロギを見せると後ずさり。カエルのくせに虫が怖いって困ったもんです。だからと言ってもっと弱らせて動かないと無視するし。なかなか食べてくれませんでした。

そこへたまたま半分足が取れたSSサイズのコオロギを入れてみたら、ちょっと首をかしげてぱくり。普段は見向きもしない大きさですが。これなら怖くないのね。小さいからちょろっと動いても移動距離が短く、見失わずに済んだようです。

1cm弱のSサイズコオロギ。これならいけそうぱくん!
2cm弱の小さめ大人コオロギ。ひっくり返ってるのはやだなあ起き上がって歩き出したので…
ごっくん!最初は朝晩1匹ずつ。次第に続けて数匹食べられるようになりました。そこで、1匹目はSS、次はS、M、MLと少しずつサイズアップしていくことに。

だんだん目が慣れるのか、大きめコオロギでも怖がらず食べられました!

まだまだ遠くの餌を食べに行く元気はありませんが、ある程度の量が食べられるようになり一安心です。
タオルでおしり拭き拭きただ、食べると出ちゃうのよね。おかげでなかなか体重は戻りません。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 排泄 病気  / Trackback:0  / comment:0 

ステロイドをやめて

薬が触れていた背中はがびがびになっていました8月末から1ヶ月ステロイドを使用しましたが、残念ながらあまり効果がなく、苦しそうな症状は治まりません。試しに増量してみてもむしろ状態が悪くなるようでしたので、中止することにしました。

心配していたリバウンドもなく、やめて数日は非常に落ち着いていました。ステロイド使用中は皮膚が茶色く変色し、普通に脱皮できずにぼろぼろともろく剥がれる状態でした。それがやめた途端、久し振りに自力で脱皮。

脱ぎ脱ぎずいぶん半端だけどこれで終わり?

ただ、よい状態は長くは続かず、その後またおなかを掻いたり押しつけたりするようになってきました。それでも、水に入ると落ち着いてきたりと、一番ひどい時期に比べれば多少はマシです。

問題は食欲の低下。コオロギを見ると後ずさり、ミミズが目の前を通り過ぎてもぼんやり見送るだけ。身を乗り出して餌を食べようという気が感じられません。ピンセットでスイミーを根気よく動かすと、何とか食べてくれることもありますが……。

いざとなったらまた強制給餌かなあ。体力も消耗しますし、できれば自力で食べてもらいたいものです。

おなかが苦しくてうろうろ水に入ると少し落ち着きます

ねむねむ今日は朝からくたっと寝たままです。そろそろ次の脱皮の時期だからとは思いますが、動かないとこれはこれで心配ですね。

昨日は水に潜ったまま熟睡していたようで、触っても反応がなくてかなり焦りました。慌てて水を捨てたら目を覚まして不機嫌そう。ごめんよ〜。だって、カエルでも溺れることがありますからね。念のため今は水を少なくしてあります。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮  病気  / Trackback:0  / comment:2 

強制給餌

9月に入ってから、ぴょんちゃんが痩せてきました。4月から8月の間は体重が200gを切ることはなかったのですが……。特にぼんちゃんが亡くなった辺りでがくんと減ってしまい、今は170g前後をうろうろしている状態です。

先週末からはステロイドの効果もなく、症状はひどくなり食欲も落ちてきました。少し前までは掻き掻きしながらも目の前にコオロギが来ればしっかり食べていたのに、反応が鈍っています。ピンセットの餌は目で追うものの、舌を伸ばしても失敗することが増えました。全く食べない日はまだ少ないのですが、食餌量がずいぶん減っています。食べていても痩せてきたというのにこのままでは危険です。

昨日は大好きなミミズを入れても、見もしない状態。そこで、体力が落ちてしまう前に早めに強制給餌をすることに。

カエルの強制給餌について検索してみると、ツノガエルは口元に餌を押しつければ怒って噛みつこうとするので比較的簡単なようですね。他のカエルの場合はまず口をこじ開ける必要があります。うーん。小さなアマガエルなどでやっている人もいますし、ヒキガエルなら何とかなりそう。自分で飲み込む力がない時は流動食をチューブで流し込むようですが、今ならまだコオロギが食べられるはず。

実際やってみたのはこんな感じです。

1)手袋をはめて片手でぴょんちゃんを上から握って抑えます。
2)テレカのような薄いカードを口の奥の方から滑り込ませます。
3)口を開けたら閉じないように、抑えている手の人差し指の先を口に突っ込みます。
4)ピンセットでコオロギを口の中に押し込みます。
5)口を閉じたら手を放して飲み込むのを確認します。

おえっとなるかと思ったら、意外とすんなり飲み込んでくれました。食べた後は特に普段と変わりない様子。無理やりでショックを受けているのでは、と心配したんですけど……。

疲れた〜じーっ

しばらくうろうろした後、寝床で大人しくなりました。あまりに静かだったので夜になってお風呂に入れてみると、じーっとこちらを見つめます。試しにピンセットでスイミーを与えたら1粒食べてくれました!

自力で食べられるならその方がいいですね。今後は様子を見てまた検討します。ステロイドは増量しても効果がないようだったので、止める方向で。今日は割と落ち着いていますが、また症状が強くなるようなら別の薬を処方してもらおうかと思っています。



>>ぴょんちゃんの強制給餌の写真と詳しいやり方はこちらへ。(2014年8月 追記)

あわしまマリンパークのカエル通販ブログにも記事がありましたので貼っておきます。ヒキガエルではありませんが、口を開けさせる時の写真がわかりやすいです。
>>カエル通販feverブログ 2014.1.10記事 強制給餌~☆



ブログの見た目が急に変わってびっくりした方もいらっしゃると思います。これまで使ってきたテンプレートは作者の方が公開終了したために使えなくなりました。急遽別のものに差し替えて調整しているところです。一時は設定ミスのためお見苦しいところがあり、申し訳ございませんでした。しばらくはいろいろと変更するつもりですのでどうぞご了承ください。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag: 病気 ノウハウ  / Trackback:0  / comment:7 

カエルのおうち2012

ゆったりできます広々カエルケース

ぴょんちゃんがひとりになって模様替え。寝床を外して床にタオルを敷いてみました。普通のフェイスタオルを乾いたまま畳んで使っています。シンプルで掃除も楽ですし、餌のコオロギなどが隠れにくく食べやすくなりました。

ここしばらくはぼんちゃんの粘液や栄養剤で汚れがひどく、一日に何度も掃除して大変でした。寝床のタオルやウールは、カエルたちが寝たまま半日も過ぎると雑菌で変な色に染まって臭くなるので、洗って干したり、捨てて新しい物に交換したり。床に敷いていたウレタンマットもボロボロになりました。

そのうち、ぴょんちゃんが寝床に入らない日が続きました。いろいろ外してすっきりしたかったのですが、やってみるとぼんちゃんが落ち着かないため、出来るだけ環境を変えないようにしていました。

今は栄養剤を止めているのでタオルはあまり汚れません。ただ、掻きむしった時には皮が剥けたり足から血がにじんだりで、一日一回くらいは交換して洗っています。

寝床がないと足掛かりが少なくて屋根に登る時には不便ですが、今のところ上に行きたがる様子はありません。ひとりなら、わざわざ立体的に空間利用する必要もないですしね。元気になって動きが活発になれば、また登りたくなるのかな。

寒くなってヒーターを使うようになったら、床が熱くなりすぎないかが心配。その頃には、寝床を戻すかどうかまた検討してみます。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:飼育環境 病気  / Trackback:0  / comment:4 

お薬服用中

うろうろステロイドが効いてきたと思ったぴょんちゃんですが、そうすんなりとはいきません。一日のうち数時間はかなり辛そうにしています。

飲み薬の効果でしょうか、肌の色つやは悪くありません。ただ、ステロイドを滴下している背中の部分だけが少し茶色くかさついてきて、吸収されにくいようです。背中に載せた薬が半日経っても残ったままだったりします。少しでも染み込みやすいように、背中を湿らせてから投与するようにしています。
食べたいんだけど……苦しいよー

昨日は塩浴させてみると、また全身の皮が薄く剥けました。前回古い皮を剥いてから3日なので脱皮間隔としてはかなり短いです。

背中もきれいになったので、多少は薬が効きやすかったのかな。ちょうど苦しそうな時に投与したら、次第に治まってくるのが目に見えてわかりました。だからと言って、どんどん追加するわけにもいきませんが……。

掻き掻きおなか撫で撫で

飲み薬は肝臓と免疫のお薬。以前はコオロギに塗って与えていましたが、すぐに食べないと薬が落ちてしまい、なかなか充分な量を口に入れるのが難しかったです。今はピンセットで薬餌を食べてくれるのでその点は楽。今のところ毎日きちんと飲めています。

薬が触れたところは丸く茶色に変色薬付きのスイミー

テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:脱皮 病気  / Trackback:0  / comment:0 

頑張れぴょんちゃん

床におなかを押しつけていますここしばらく、ぴょんちゃんの症状はかなり辛そうなものでした。一日の大半は鳴き叫んでおなかを掻きむしり……。

変色した皮膚で茶色くなった水

一応、食餌は摂れていましたが、おなかが痛くなるようでたくさんは食べられません。かわいそうに。

ステロイドを使い始めてから2週間。今後は過剰投与のリスクを冒して増量するか、効果の高い注射に切り替えるかなどと検討していました。

気味が悪いほど静かでしたぼんちゃんが亡くなった日、午前中は苦しそうにしながらもコオロギを食べていました。そして、午後になるとぴたっと動きが止まりました。

やっと薬が効いてきたのかとほっとしたのも束の間、夜になるとどうも様子が変です。目が虚ろになってきて、何だかぐったりしています。ぼんちゃんがいないことに気付いたのでしょうか。

ぴょんちゃんはつかむといつも大暴れするのに、試しに持ち上げてみると、座った姿勢のまま固まっています。水に入れても、出して床に降ろしても、ほとんど動きません。冷蔵庫から出したばかりの冷たい栄養剤を背中に垂らしても無反応。いつもだったら嫌がってすぐに蹴り飛ばすのに……。

体がしぼんだような気がして、体重を量ってみると数日前より大分減っていました。ぼんちゃんほどひどい痩せ方ではないものの、春夏で増えてきた体重が、具合の悪かった冬の時期と同じくらいに戻ってしまっています。

その晩は、ぴょんちゃんもぼんちゃんの後を追っていなくなってしまうのではないかと、本当に心配でした。

しゃっきりしてきました翌朝、ぴょんちゃんは水の中にいました。最初はぼんやりしていましたが、次第に顔をしっかり上げ、目に力が戻ってきました。

ちょうどそこにお薬の追加分が宅配便で届き、飲み薬をスイミーに染み込ませてピンセットで目の前に差し出すと、ちゃんと食べてくれました!

ちょび髭みたいその後は順調にコオロギも食べました。夕方になると少し鳴いておなかを掻き始めましたが、これまでのような激しさはなく、しばらくすると治まりました。

塩浴させながら古い皮を剥いてやると、元気に怒って大暴れ。ほとんど全身きれいになりました。鼻の上など一部残った分も、後から自分でタオルになすり付けて落としました。

食べようかな今日も薬を飲み、コオロギも食べました。午前中に少し鳴いて掻きましたが、それ以外は穏やかに過ごしています。

活発に動くわけではなく、体重もまだ少なめです。ステロイドで症状が抑えられても、病気が治ったわけではありません。これからが本格的な闘病生活の始まりです。

これまで全然効果が感じられなかったお薬が急に効いてきたのは、もしかしたらぼんちゃんが守ってくれたのかな。早く元気になろうね、ぴょんちゃん。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:0 

おやすみ、ぼんちゃん

在りし日のぼんちゃん、ふっくらして可愛かったねコメント欄などでお知らせした通り、9/12の朝、ぼんちゃんは永眠いたしました。今は庭の片隅で眠っています。

まさか彼女の方が先に逝ってしまうなんて……。でもこの3ヶ月間頑張っていたんだよね。おそらくホルモンの異常による粘液の排出。もう体力の限界まで来てしまったのでしょう。ずっとだるそうにしていたけれど、痛いとか辛いとかいう様子は一切見せませんでした。

もっと早い段階でホルモン治療に踏み切っていれば……という後悔はあります。でも、彼女自身は苦痛を伴う治療を望んでいなかったような気もします。結局通院は間に合いませんでしたが、ほんの数日前まで食餌は摂れていたのですから、ここで強制給餌をしても負担を掛けるばかりだったのかもしれません。夕方ラッシュ時の小田急線に乗せるのも不安でしたし……。

いつもの場所で亡くなる前日、まともに動けない状態でもケースの中をぐるっと一周したがり、お気に入りの屋根の上ではしっかり顔を上げて座りました。その様子はまるでお別れを言っているかのように見えました。

そして最後はぴょんちゃんの側へ。一緒にいたかったんだよね。

ヒキガエルとしては、幸せな一生だったのかどうかわかりません。不自然な環境だったことは事実ですし、ホルモン異常はそのせいかもしれません。

ただ、飼い主はあなたがいてくれてとても幸せでしたよ。そして多分ぴょんちゃんもね。本当にありがとう。ゆっくりおやすみなさい、ぼんちゃん。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気 トラブル 連絡  / Trackback:0  / comment:12 

急変

ぼんちゃんが急に具合悪くなりました。ほんの数日の間にいきなり痩せてしまい、体に力が入らなくなってしまったのです。

この土日、私は学校行事で忙しくほとんど不在でした。薬の時間には家に戻って来ましたが、カエルたちは二匹とも水に入ったまま大人しくしていたので異変に気付きませんでした。夜も疲れて早く休んでしまいましたし……。

先日セミを食べて、その翌日もコオロギをたくさん食べていましたから、脱皮前に3日程食べなくても問題ないと思っていました。それなのに、昨日の朝、水から上がったぼんちゃんはげっそりと痩せていてびっくりしました。

一応脱皮はしたらしいのですが、体中薄い皮が残り、皮膚はべっとりと湿った状態です。動きもよたよたしており、寝床に入れたらそのまま動かなくなりました。

皮膚がべたべたです背骨が浮き出て手足が細くなっています

今日もそのままじっとしていましたが、寝床の中でまた粘液を排出。掃除して体も洗って戻してやると、今度は落ち着きません。移動したいのに手足に力が入らず、ころんとおなかを上にしてひっくり返ってしまいました。

その後は顔を向けて行きたがる方へ運んでやりました。床に降りて、屋根に登って。ぐるっと一周したら、転がり落ちてまた寝床の中へ。そのままそこで休むのかと思ったら、ぴょんちゃんが水に入るのを見て、ふらふらと立ち上がり、自分も一緒に入っていきました。今はそのまま大人しくしています。

起き上がれません一緒にお風呂

明日、動物病院へ行ってきます。おそらく強制給餌も必要になるでしょう。粘液排出による体力低下がこんなに急激に進むとは……。
テーマ : カエル・かえる・蛙
ジャンル : ペット

UserTag:病気  / Trackback:0  / comment:12 

最新コメント

openclose

カテゴリ
月別アーカイブ

カエルの記事は2008年から。

ブログ内人気記事

気に入った記事には拍手してね♪

検索フォーム
リンク

当ブログへのリンクはご自由に♪

プロフィール

あねもね Author:あねもね
神奈川県在住。
小さな生き物が好き。
大人になってから飼ったことあるのは、
金魚、カタツムリ、カブトムシ、カマキリ、ヤゴなど。
コメント以外でのご連絡はこちらへ。
Twitterでも。

gamabonzさん製作
blogram投票ボタン


みどころ分析は
こちら!


アンケート