タグ : 成長
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2017/07/01 Sat

モヤモヤの変化

170625kimi01.jpgまたまた更新できずに一ヶ月経ってしまいました。きみちゃんは元気です。食欲も旺盛で、昨日は目の前に手を出したら指先にぱっくり食いつかれました。ヒキガエルは歯がないから平気だけどびっくりした〜。

4月末から始まったモヤモヤの排出ですが、大分落ち着いてきました。コメント欄などで他のカエル飼育者の皆さんが教えてくださった通り、女の子の生理的な現象でこれ自体は異常ではないのでしょう。

5月から6月上旬にかけては茶色がかったぐずぐずのカスで、時には結構な量が出ていました。6月半ばからは白くふわふわした綿状のものに代わり、量も減りました。もうそろそろ治まってくれるかな。

ぼんちゃんの時はどろどろの膿状になり悪臭もあり、今思えば明らかに様子がおかしかったんです。何が正常で何が異常なのか、素人が判断するのは難しい。ただ、専門家である医師に判断材料をうまく伝えられなかったのが心残りです。まあ、異常がわかっても治療できたかどうかはわかりませんけどね……。

170607moya01-2.jpg170620moya01.jpg
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2017/06/04 Sun

量り直し

170602kimi01.jpgふと気付いたらもう6月です。体重測定したかったのに、きみちゃんはずっとお風呂の中。ようやく出てきたところで秤に乗せたら、明らかに重たいです。388gって……。たっぷり給水していたもんねえ。

床に降ろしても動かないと思っていたら、じょわじょわ〜と大きな水たまりができました。相変わらず尿の中にもやもやしたカスが混じっています。なかなか治まらないなあ。

170602kimi02.jpg170602kimi04.jpg
170602kimi05.jpg水分出たから軽くなったかな、と量り直し。346gですか。ずいぶん減りましたね。

身軽になって少しお散歩したきみちゃんをカエルケースに戻すと、またお風呂に入りました。え?まだ給水するの??

しばらくしたら水中で足を蹴り蹴り、じたばたと暴れ出して……。今度は大きい方ですね、また大量に〜。

170602kimi06.jpg170602kimi07.jpg
170602kimi08.jpg結局327gで、さっきとの差は約20g。出た量の割には少ないような、また水分吸ったからでしょうか。

こんな感じで一日のうちにもこれだけ変動します。体重はもちろん、体長だって姿勢によって結構伸び縮みしますからかなりいい加減ではありますが、大体毎月2回ずつの身体測定は続けています。

最近の表&グラフは >>ヒキガエル成長記録4へ。たまにこっそりと更新してます。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2017/05/12 Fri

毒液

170510kimi01.jpg170510kimi02.jpg
170510kimi03-2.jpg夜にお風呂の水を替えたとき、側にいたきみちゃんの右耳の後ろにぽつんと水滴が付いているのに気付きました。お水跳ねちゃったかな、と思いましたが、他は全然濡れてないし、よく見ると色が付いている??

薄ら茶色がかった白濁で、膨らんだ耳腺のちょうど真ん中辺りから出ているようです。こ、これは……ガマの油ことブフォトキシンですよね!

ヒキガエルが毒を出すのは命に危険が迫った(とカエル自身が感じた)時だけという認識だったので、普通に飼育していて毒を見る機会があるとは思ってもいませんでした。こんな風に出るんだ。面白ーい。

でも、何で出したのでしょう? この日はきびきびとよく動いて元気いっぱい。いつもなら取り逃がすハエトリグモも一発で仕留め、おやつのスイミーをぱくぱく。特にストレスもなさそうで、死にそうな怖い目に遭ったりなんかしていません。

170505moya01.jpg先日の紐状のもやもやと同様に、体内で余分に作られてしまったものが出てきたのかもしれませんね。

なお紐状の塊はあの日だけでしたが、その後も数日おきに残りカスのようなもやもやが出ています。今のところ量はたいしたことありませんが、完全に治まるまでは心配です。

170511kimi01.jpg翌朝になると、液が流れた後がてらてらと光り、白い沈殿物がこびりついていました。昼過ぎにはほぼ乾いた状態でしたが、触ってみるとぺたぺたした感触。

耳腺の辺りを指で突いてみても毒液は出てきません。でも、体をつかんで持ち上げて、暴れても離さずにいたら、同じ場所から透明の液体がわずかに染み出てきました。白い成分はもう品切れかな。液体はかなり粘着質で、指先で糸を引くくらい。さすがに毒性を自分の体で試す勇気はなく、すぐに手を洗いました。

170511kimi02.jpg170511kimi04.jpg
170511kimi05.jpg普段は最低限しか触らない飼い主がしつこかったのでびっくりしたのでしょう。きみちゃんは、じたばたともがいて大量のおしっこを漏らしました。タオルの上でよかった。いじめてごめんね。

無理に毒を出させても何もいいことはないので、もうやめておきます。ガマ毒については、いろいろと調べた上でいずれ改めて記事を書こうと思います。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2017/04/25 Tue

ひも

170425kimi01.jpgお昼にコオロギを食べた後、夕方まできみちゃんは静かにお風呂に入っていました。きみちゃんが出た後の水は黄色っぽくて、おしっこいっぱい出たねと水を替えようとしたところ、水中に見慣れないものが……。

3-4cm程度の白い紐状のもやっとした塊です。つまみ上げてみると柔らかくてぷるぷるしていました。これは多分卵ひもです。

170425moya01.jpgぼんちゃんも、今のきみちゃんと同じ4歳になる年に白いもやもやを排出していましたが、こんな風にしっかり形のあるものではありませんでした。

ぼんちゃんのもやもやは、最初は透明の寒天状で、その後どろっとした膿のようになり、量が増えて3ヶ月ほど出し続けて衰弱して亡くなりました。おそらくホルモン異常で中途半端に出来た卵がおなかの中で腐ってしまったのだと思います。

170425kimi02.jpgきみちゃんにも同じことが起こる可能性がありますので、しばらく注意して見ていきます。そうなってしまったら、どうすることもできないんですけどね。

もうじき4/27はきみちゃんの上陸記念日で4歳のお誕生日です。まあ大人になったということで、ひとまずはおめでとう。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2015/09/05 Sat

新記録だけど

150901kimi1.jpg150901kimi2.jpg
150901weight1.jpg最近きみちゃん、ちょっと太ったと思っていました。コオロギの育ちがいいので多めに食べさせていましたしね。病気で胸や腕に水が溜まっていたぴょんちゃんと違って、体全体に張りがあり、ずっしり重みを感じます。

ついに300g超え!
我が家のヒキガエルたちでは初めてです。

今年に入ってからずっと体重250g前後、体長14cm程度だったのが、ここに来て急成長でしょうか。でも、体長はあまり変わらないし、見た目それほど大きくなった感じはしません。うーん、一ヶ月くらいフンが出てないからかなあ……。

3日後の朝、体重を量ってみたら270gに減少。フンはまだですが、お風呂の水が黄色くなっていたので尿はたっぷり出たようです。そしてまた2時間ほど吸水した後に量ったら、305gと更に増えてます!

こんな短時間で体重の一割以上の水分を出し入れするんですね。カエルの体ってすごいなー。

150904weight1.jpg150904weight2.jpg
この場合、本当の体重は270g? いや、フンが出ればもっと減るはずだし……。

とは言うものの、全部出し切るのを待っていたらいつになるやら。定期的に体重測定していますが、糞尿の重さが1-2割含まれてるかもしれないということになります。体長だって姿勢次第で結構な誤差が出ますし、うちの成長記録ってかなりおおざっぱなんです。

>>ヒキガエル成長記録 グラフ&表はこちら
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2015/05/07 Thu

誕生日過ぎました

150421toads2.jpg
150421toads3.jpg
GWも終わりましたね。4月後半から初夏の陽気が続いています。コオロギはどんどん育つし、カエルたちにとっても過ごしやすい温度です。

ぴょんちゃんはむくみのせいで身体が重く、動きが少々ぎくしゃくしてますが、特につらそうな様子はありません。きみちゃんは最近あばれることも少なく、お風呂に入ったり外を眺めたり、おしとやかに過ごしています。

きみちゃんは4/27で2歳、ぴょんちゃんは5/3で7歳を迎えました。

人間で言えば、きみちゃんは身体は大きいけれどまだ成熟前で思春期の少女、ぴょんちゃんは持病を抱えた中高年男性というところでしょうか。そんな組み合わせでも仲良くやっていけるのは、さすがヒキガエルですね。

来年の誕生日もふたりで過ごせますように。
150502pyon1.jpg150504toads1.jpg
150504pyon1.jpg150507toads1.jpg
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2014/07/03 Thu

大増量

140610pyon1.jpg140623toads1.jpg
140623kimi1.jpg6月はガンガン食べて、ふたりとも大分むっちりしてきましたね。ガマガマしい体型です。

月末の体重測定前に大量に出てしまったので、大して増えていないのかもと思っていましたが……。

きみちゃん、何と240g!
つい半月前の測定時の4割増しですよ〜。

むちむちヒキガエルは可愛いけれど、こんなに急増したら体に悪そうですね。飼い主も食われそうな勢いで睨まれるものでついつい餌を追加してました。少しセーブしなくては。
140626kimi1.jpg140626kimi2.jpg
140630kimi1.jpg140630toads1.jpg
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2014/05/04 Sun

上を目指して

きみちゃんは4月半ばに脱走に成功して以来、再チャレンジに余念がありません。あんなに食いしん坊だった子がほとんど食べずに毎日壁登りの練習。かなり身軽になりました。

時々バターン!とすごい物音を立てて、屋根に飛びつきます。下からのカエルジャンプではなく、壁に沿って勢いよく伸び上がるというやり方のようです。

140426kimi2.jpg140426kimi3.jpg
140426kimi4.jpg140426kimi5.jpg
140426kimi7.jpgただ背伸びするだけでもかなりの高さまで手が届くようになりました。プラケの隅で手足を突っ張ると、ちょっとの間、張り付いて宙に浮いていることも。

温度計やサーモのコードにぶら下がっていることもあり、慌てて高い位置に付け直しました。危ないったらありゃしない。

そう言えば、ぴょんちゃんとぼんちゃんもちょうど一年過ぎた頃、急にドタバタ暴れ出してあまり食べなくなって、それまで増えていた体重がぐっと減りました。そういう時期なんですね。
140429kimi2.jpg140429kimi5.jpg
140429kimi4.jpg140501kimi1.jpg
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2014/04/21 Mon

8〜12ヶ月目の変化

131201kimi_size1.jpg12/01
131214kimi_size1.jpg12/14
131231kimi_size1.jpg12/31
140114kimi_size1.jpg01/14
140131kimi_size1.jpg01/31
140214kimi_size1.jpg02/14
140228kimi_size1.jpg02/28
140314kimi_size1.jpg03/14
140404kimi_size1.jpg04/04
140415kimi_size1.jpg04/15
昨年11月以降のきみちゃんは、大人コオロギもミミズもスイミーも何でも良く食べるようになり、年末にはかなりの太っちょさんになりました。

その後は、便秘解消でおなかがへこんだり、またあまりの成長ぶりに若干餌の量を控えめにしたこともあり、2月頃まで体重はむしろ減少。体長の伸びも停滞気味で、6〜7ヶ月目のような大きな変化はありません。

3月に入るとまた少し大きくなりました。まだ1歳にもならないのに4月には体長13cmとすっかり大人サイズ、体重は200g超え。

ぴょんちゃんやぼんちゃんがこのサイズになったのは2歳直前、つまり丸一年の差があります。きみちゃんの成長の早さには目を見張るものがありますね。

やはり食べ物のせいなのでしょう。ぴょんちゃん・ぼんちゃんの時は1歳半頃までコオロギを飼育せず、餌は野外で取れた虫中心、それを2匹で分け合っていました。人工飼料としては小粒のレプトミンをふやかしてちまちま、時間が掛かる割に量は食べられませんでした。それでも野生に比べればひもじい思いはしていないはずですし、冬眠していない分、早く大きくなっています。

きみちゃんには小さな頃から余るほどたっぷりコオロギを与えてきました。最初の1,2ヶ月ろくに食べず、とにかく食べさせようと必死で、気付いたら食べ過ぎ状態に。

野生のヒキガエルは成熟するまで、オスは2-3年、メスは3-4年掛かるそうです。こんな急に体が大きくなって、何年分も早く大人になってしまったら、その分、寿命が縮んでるんじゃないかと心配です。今更どうすることもできないのですが……。

もう充分成長しました。今後は太りすぎないよう調整しなくては。すごい勢いでぴょんちゃんの分まで横取りするので、なかなか難しいんですけどね。

見た目があまり変わらなくなり面白くないので、この形式での比較はこれで終わり。ちょうど上陸から1年で区切りもいいですし。身体測定はこのまま続けていきます。Facebookページに載せている成長記録の表とグラフ、PC専用のページで携帯やスマホでは閲覧できなくてすみません。そのうち何とかしようと思っています。

※成長記録をブログ記事に移行しました。
>>ヒキガエル成長記録3

※2014年3月以降のきみちゃんの記事は、
>>きみ&ぴょん2014カテゴリへ。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2014/02/11 Tue

縮んだ!

140201pyon1.jpg140201pyon2.jpg
「どうしたの? 小さくなってるよ」
お風呂に入っているぴょんちゃんを見て、家族がびっくりしてました。最近はおなかの膨らみが減って、ずいぶん細身に見えます。そして、先日の身体測定では少し背が縮んでいました。

カエルの体って、成長して大きくなるだけじゃなくて、小さくなることもあるんですね〜。

体調はまあまあ。今のところ体重はそれほど変わりありません。食欲も一応あるのですが、コオロギを食べるとおなかが緩くなるようなので、スイミーを控えめに与えています。様子を見ながらもう少し餌を増やしていきたいところです。

140203toads1.jpgそろそろきみちゃんと大きさ逆転?と思って、並べてみました。うーん、よくわかりませんね。

一時的にきみちゃんをぴょんちゃんのおうちに入れて、比べてみました。まだわずかにぴょんちゃんの方が大きいかな。でも横幅は完全に負けてますね。

体重はぴょんちゃんの方がまだ大分上です。カエルも男性の方が筋肉質だったり骨太だったりで、女の子より重いということでしょうか。
140203toads2.jpg140203toads3.jpg
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2014/01/08 Wed

寒中お見舞い

140101pyon1.jpgご挨拶がすっかり遅くなってしまいました。皆様今年もどうぞよろしくお願いいたします。

何だかすっきりしないお正月なんです。僕は食べるとおなかが緩くなるのでクリスマスもお正月もごちそうナシでした。あんまり食欲ないからいいけどさ。

隣の子は目の上の傷が治らなくてお薬塗ってるし、飼い主は枕を変えたら首を痛めたそうだし……。
140106pyon1.jpg140107pyon1.jpg

131227pyon1.jpg年末から体がぺたっとした感じで、ちょっと気持ち悪いです。でも別にどっか痛いわけじゃあないんだよ。脱皮はきれいに剥けてます。

僕、最近背が伸びたよ。体重はあまり変わらないけど。あの子はすごいね。追いつかれそうだ。

一番調子悪そうなのは飼い主なので、僕たちは面倒を掛けないように大人しくしています。寒くなってきたので皆様もご自愛ください。
131228pyon1.jpg131230pyon1.jpg
131231pyon12.jpg131231kimi1.jpg
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2013/11/24 Sun

6〜7ヶ月目の変化

130930kimi_size2.jpg09/30
131014kimi_size1.jpg10/14
131030kimi_size2.jpg10/30
131114kimi_size2.jpg11/14
前の記事では写真の横幅が6cmで収まっていたのが、今回は12cm。二ヶ月前に比べ、体長ほぼ2倍ということです。

写真で見ても分かる通り、9月から10月に掛けては急成長。特に10月前半の伸びは目覚ましいものでした。

底なしの食欲で、毎日フタホシコオロギM(イエコだったら大人サイズ)なら7-8匹をぺろり。更に10月半ばには人工飼料(スイミー)を数粒ずつ追加していました。その後急に涼しくなったので消化不要が心配で、コオロギと人工飼料を交互に与えることにして量を半分程度に控えるようにしました。

最初のうちはふやかしたスイミーを小さく割って、針金に挿したりスプーンで食べさせていました。丸ごと食べられるようになると、ピンセットで乾いたままの方が食べやすいようです。こちらとしても手間が省けて助かります。

10月後半には置き場所を暖かい窓辺に移動。食欲は落ちる気配はなく、11月になると羽が生えた大人フタホシも飲み込めるようになりました。かなりのボリュームなのでやはり食べ過ぎには気を付けています。

オタマ&ちびガエルの頃、全然餌を食べずに苦労したのが嘘のようですね。


テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2013/10/19 Sat

まるまる

131016kimi1.jpg131016kimi2.jpg
131017kimi1.jpg131019kimi22.jpg
どんどん丸くなるきみちゃん。ヒキガエルってこんな丸かったっけ?

この丸顔はやっぱり女の子っぽいですね。今のところ鳴く気配もないし、来年春までに抱きタコが出来なければほぼ確実でしょう。

白い箱のシェルターがもうきつきつです。以前は頭から入って、奥でくるっと向きを変えていたのですが、今はもう無理。頭を入れたら身動きできず、いったん外に出ておしりから入り直すことに。

新しいおうちに変えたばかりの頃と比べると、大きくなったのが一目瞭然ですね。あれからまだ一月も経っていないのに! この時期は急成長すると分かっていましたが、それでもびっくりです。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2013/10/02 Wed

量らせて

絶対出ないからね!きみちゃん、体重量るから出てきてよ。
「いや〜」
すぐ終わるからさあ。
「やだやだやだーっ」

箱の中で手足を突っ張ってなかなか出てきてくれません。おかげで少々手荒く扱うことに。逆さにして振り振り。ごめんね〜。
「ひどいよ、ぷんすか!」
やだってばようやく測定
ぼてっ体重は25g、前回の測定が11gですから2週間で倍以上ですね。それまでは数グラムずつしか増えてなかったのに今回は一気に重くなりました。

怒って膨れているせいもあるかもしれませんが、丸いです。ころころです。あのガリガリのちびガエルがここまで育ったんですねえ。

食欲の秋、いっぱい食べてまだまだ成長しそう。年内に50g超えるかなあ。

これならもうぴょんちゃんに食べられる心配はないと思うので、寒くなる頃には一緒にしたいんですけどね。ぴょんちゃん、早くよくなって……!
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2013/09/29 Sun

カエルのおうち・きみちゃんNewバージョン

プラケ大サイズを使用今のところ余裕です
体半分出てますきみちゃんぐんぐん大きくなってます。大分きつくなったので、先日おうちをバージョンアップ。

ぴょんちゃん達の時は2匹でしたから、夏にはもうこのプラケを使っていました。当時はいろいろ入れてましたが、きみちゃんのおうちはスカスカです。

お風呂はゆったり広くなりました。プラスチック箱のシェルターは引き続き入れましたが、もう完全にはみ出していて、ほとんど役に立ちません。

覗かないで!もう一つ別の箱も入れました。こちらはぴょんちゃん達も使っていたもの。奥行きがあってちょうどいいサイズです。

屋根の下、植物の陰など、日によってお気に入りの場所は違うようです。何にもない部屋のど真ん中に堂々と陣取っていることも。

もう怖がりじゃなくなったのかな、と思って見ていると、いきなりカエルジャンプで逃げようとしたり、目を逸らしてうつむいたり。まだまだ慣れきってはいないようです。
ちょっとこれを動かしてこの隅っこがいい感じ

←同じタイプの色違い。ちょうどこのサイズです。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2013/09/16 Mon

4〜5ヶ月目の変化

130731kimi_size12.jpg7/31
130815kimi_size1.jpg8/15
130831kimi_size1.jpg8/31
130916kimi_size1.jpg9/16
8月からは月2回の測定。排便前後でおなかの大きさはかなり変化します。特に最近は出る量が増えたので……。

8月半ばまではコオロギとモンシロ青虫をたっぷり食べて、順調に成長。その後は、きみちゃんにちょうどいいサイズのコオロギが少なく、成長が鈍り気味。でもまあ、どっしりガマ体型なので安心でした。

エサが足りないかとワラジムシを追加。食べるところは確認していませんが、数が減っているから少しは食べたのかな。

8月末にはコオロギが1.2cm程度に成長して、ようやく餌不足解消。更に、プランターのブロッコリーにはシンクイムシ(ハイマダラノメイガの幼虫)が発生。1cmちょっとの小さな芋虫で、ちょうどいいおやつでした。

9月に入って体が大きくなったきみちゃんは、いろんな虫を怖がらずに食べられるようになりました。庭でたくさん捕れるウリハムシやフタトガリコヤガの幼虫など、どうせならコオロギ不足の時に食べて欲しかったんですけどね〜。

9月半ばには、1.5cm超のコオロギを続けて4,5匹飲み込むようになりました。体長は5cmを超え、体重も10gの大台を超えました。見た目の割に軽いような気もしますが。

大分ヒキガエルらしい貫禄が出てきましたね。ぴょんちゃん達はちょうどこの時期に急成長しましたので、今後の変化が楽しみです。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2013/08/27 Tue

気付いたら

登ろうかなきみちゃん順調に成長しています。以前のように細かく測定していないのでよくわからなかったけど。いつの間にかじわじわと大きくなってきていました。

朝になって気付いたので少し干からびてますが、出た直後はもっと大きいです
はっきりと違いが分かるのはフンのサイズ。これまでは毎日or一日おきにころんとしたのをしていたのですが、8月半ばを過ぎると2,3日おきに長細い形のものが出るようになりました。

伏せろ〜大丈夫かな、きょろきょろ
もう窮屈ですねシェルターの箱は相変わらずお気に入りですが、だんだんきつくなってきました。横向きでおなかがはみ出すようになったら、そろそろお引っ越しを考えた方がよさそうです。

水入れの中に踏み台として入れてあった石も、狭くなってきたので外しました。こちらの記事にある一ヶ月ほど前の写真と比較すると、大きくなったのがよくわかりますね。

気が付けばコオロギが不足気味。ぴょんちゃん達が子どもの頃に比べると食べる量は少ないけれど、きみちゃんは体の割に小振りの餌を好むので数が必要なんです。コオロギもせっせと育てなくっちゃね。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2013/07/30 Tue

三ヶ月目の変化

130628kimi_size1.jpg6/28
130630kimi_size1.jpg6/30
130702kimi_size1.jpg7/02
130704kimi_size1.jpg7/04
130706kimi_size1.jpg7/06
130708kimi_size1.jpg7/08
130710kimi_size1.jpg7/10
130712kimi_size1.jpg7/12
130714kimi_size1.jpg7/14
130716kimi_size1.jpg7/16
130718kimi_size1.jpg7/18
130720kimi_size1.jpg7/20
130722kimi_size2.jpg7/22
130724kimi_size1.jpg7/24
130726kimi_size1.jpg7/26

二ヶ月目に引き続き1日おきに測定しました。

3mon.png

だんだん大きくなっていますが、先月に比べると若干伸びが緩やかになってます。体が大きくなっても大きめの餌は苦手、食べ残しているからおなかが空いていないのかと餌の追加を控えていたら、足りない日もあったようです。

きみちゃんは怖がりがひどくなりました。以前は、まず竹串に虫をくっつけたものを見せて慣らそうとしていたのですが、近づけるとパニクって大暴れするので、最近はもう諦めて餌をばらまくだけにしています。それでも、蓋を開けた途端、水に飛び込んで硬直状態ですから、すぐには食べてくれません。

コオロギの場合は半日経つと大部分いなくなっているので、毎日2回ずつ与えています。他は青虫類をいろいろ。食べる現場は確認できませんが、小さめのものは多分口に入っているのでしょう。ちょっと大きめのフタトガリ幼虫などは、結局食べられずに水入れの中で溺れ死んでいたりします。

ワラジムシはずっと土と一緒に皿に入れて置いておいたのですが、全く食べる気配がなく、干からびて全滅してしまったのを機に撤去しました。その後、何度か試してもやはり近寄ろうともしません。本来ヒキガエルが好きな虫のはずなのに、何が気に入らないのでしょうね。

上陸から3ヶ月経って3.5cmとアマガエル並みのサイズに成長。この後、秋にかけて更に大きくなるかと思いますが、一日おきの細かい測定はこれで終わりにします。

頻繁に接触しても、馴れてくれるどころかむしろ人間嫌いになっているようですし、とにかくじっとしていないので写真を撮るのも大変で。

毎回数十枚ずつ撮影しては、できるだけマス目の方向に向いているものを選んで、サイズを合わせて編集、……そろそろ限界〜。こうやって比較すると分かりやすいんですけどね。今後も月に2回は体重測定するつもりなので、写真の方もそのペースでやっていこうと思います。

きみちゃん、できるだけそっとしておいてあげるから、飼い主のことあんまり嫌わないでね。

3ヶ月過ぎたのでちびガエルはもうおしまい。この後のきみちゃんの記事はカテゴリ【ガマ(1年目)】にて。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2013/07/20 Sat

停滞中

よいしょこらしょ頑張ってます
屋根登ろうかなきみちゃんは元気に過ごしていますが、最近あまり大きくなってないような。約3cmでここしばらく足踏み状態です。

餌が足りなかったかしら。毎日それなりの量は入れているはずなのですが。

相変わらず顔を見ると逃げてしまい、私の目の前では食べてくれません。壁を登れないフタトガリの幼虫は入れっぱなしにできて便利ですが、大きめサイズは食べ残しています。初めて食べた時、無理してちょっと苦しかったのかもしれません。

ガマらしいポーズ。ずっと水に浸かって過ごす日もコオロギはよく食べているようです。ただ、動きが素早いのでなかなか捕まらないことも。これまで小粒のを大量にばらまいていましたが、ちょっと効率が悪いですね。そろそろもっと大きなコオロギに切り替えて、後ろ足を外して与えるようにしましょうか。

この夏、私は大きな仕事が入ってしまい、かなり忙しくなります。あまりカエルたちと遊べないかも。いつものお世話だけは忘れないよう気を付けます!
濡れた水苔が気持ちいい人が見ている時は食べません
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2013/06/26 Wed

二ヶ月目の変化

130527kimi_size1.jpg5/27
130529kimi_size1.jpg5/29
130531kimi_size1.jpg5/31
130602kimi_size1.jpg6/02
130604kimi_size1.jpg6/04
130606kimi_size14.jpg6/06
130608kimi_size1.jpg6/08
130610kimi_size1.jpg6/10
130612kimi_size12.jpg6/12
130614kimi_size1.jpg6/14
130616kimi_size1.jpg6/16
130618kimi_size1.jpg6/18
130620kimi_size1.jpg6/20
130622kimi_size2.jpg6/22
130624kimi_size1.jpg6/24
130626kimi_size12.jpg6/26


最初の一ヶ月と同様に5mm方眼紙の上で写真を撮りました。今回は大きさの変化が分かりやすいようにきちんと1日おきです。

最初の時は写真が大体同じ縮尺になるように、縦のラインを目安に合わせて、横を5マス分(2.5cm)にしていました。今回は大きくなったので6マス分(3cm)でやってみましたが、最後の方はもうはみ出しちゃった〜。

毎日見ていても大きくなってるなーとは思っていたものの、こうやって比較するとすごいですね。最初のうちは先月に引き続き約1cmのまま停滞していましたが、途中からは2日で1mmのペースで成長しています。

ヒキガエル成長グラフ

5/29まではほとんど食べず。その後次第に食欲が出てきました。メインの餌は、5/30〜6/2はアブラムシ、6/2〜現在はコオロギ、6/6〜6/12はコオロギ+コナガ青虫でした。ワラジムシは常時入れてあり、更に小バエや小さなハムシを時々追加しています。

コオロギとワラジムシがいると、コオロギの方がおいしいのかワラジには見向きもしません。たまにコオロギを控えて様子をみていると、翌日フンが出てなかったりおなかが細めだったり。明らかに食べる量が少ないです。

増えすぎコオロギを食べてくれると助かるとはいえ、栄養面で出来れば単食は避けたいもの。せっかく庭でワラジベビーがたくさん生まれた今の時期、もっと食べてくれればいいのに。

以前は平気で目立つ場所にいたのが、ちょうど2ヶ月目に入った辺りから警戒心が強くなってきました。私の姿を見ると慌てて逃げて隠れようとします。カエルとしては正しい行動ですがちょっと寂しい。

コオロギを与える時、毎回濡らした竹串の先にくっつけてきみちゃんに見せていますが、まだ一度もそこから食べてくれません。嫌そうにうつむいて後ずさり。食欲はあるはずなのに。仕方なくその後は床にばらまくと、目の前にきたコオロギをばくばく食べていきます。

ちびヒキガエルを育てている皆さんの話を聞くと、かなり小さなうちからピンセットやスプーンで餌を食べさせている方が多いようです。私のやり方がへたなのでしょうか。

ちびの頃は恐がりであまり食べなかったぼんちゃんが大人になったら大きな餌も平気でぺろり、逆に何でも食べていたぴょんちゃんがいろいろ好みにうるさくなるなど、カエルになってからも性格は変わるみたいです。きみちゃんもそのうち図太くなるかなあ。期待してます。