タグ : トラブル
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2018/12/03 Mon

復活!

一晩中吸水した後はおなかパンパン、胸に水が溜まっています塩浴して排尿後は全体にすっきり、胸の水も減りました
しばらくすると胸の水が引いてしぼみますきみちゃん、長時間吸水した後は身体がむくんで胸に水が溜まるようになり、気になっていました。でも、腎臓病と言われたぴょんちゃんとは異なり、ずっと溜まったままではなくて排尿後は次第に水が引いていくことと、皮膚の状態が良好なことから、はっきり病気とも思えず様子を見ていました。

11/29に塩浴して排尿、体重はその後でも275gあったので強制給餌はお休み。後は自分でお風呂に入って給水しましたが、短時間で切り上げて外に出ていました。

いつもはそれから2,3日動かないのですが、11/30には24時間経たないうちにまた自分でお風呂に入りました。これはいい感じ。

きれいに脱皮水分不足で身体がしなしなしていますが、体重は255gと充分

12/1は一日中動かず、12/2の午前中が過ぎてそろそろ水分不足を心配していたら、昼過ぎに脱皮。このところは普段と同じ週一ペースで皮残りも全くありません。

夜になってから塩浴させてプラケースに戻すと、いつもはそこですぐにお風呂に入るのに、この日は違いました。飼い主が座っている方にずんずんと乗り出してきて、じっと見つめたと思ったら、立ち上がってどたばたと暴れ出しました。向こうから目を合わせてくるのも、こんなに動き回るのも久しぶりです。

ずんずんと寄ってきて何やら飼い主にアピール
立ち上がってびよ〜ん
足長いねお風呂に入って
やっぱり飼い主の方を見てますお風呂に入ってからも、飼い主の方に向き直って座り、じっと見てきます。これはもしかして……おなか空いたのかな?

この日はもう遅いし、お風呂から出てこないのでそのままお休み。

コオロギぱくりごっくん!
やったね12/3翌朝にはきみちゃんはシェルターの中に引っ込んでいました。そこにコオロギを入れてみると……。

ぱっと顔を上げて、シェルターから飛び出してきて食べました!!

自力で食べたのは10/17の練り餌から約1ヶ月半振り。9月末から食欲が落ちてほとんど食べていなかったので、もっと長期間だったような気がしていました。

これで一安心ですね。今後はむくみや便秘がどうなるか、塩浴や運動を続けながら様子を見ていきます。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2018/11/18 Sun

乱高下

11/11の夕方、塩水浴させようときみちゃんを持ち上げたら、ずっしりと重くてびっくり。305gありました。前日は265gしかなくて、体重測定後には練り餌を食べさせたけど、練り餌自体の重さはせいぜい2,3g。食べて太った?1日で??

塩浴後、足を蹴り蹴りもぞもぞし始めたので、しばらく洗面台に放置しておいたら……出ました!長さ10cmほどの立派なフンが。10月に一応出たものの、5ヶ月半溜め込んだ割には量が少ないと思っていました。これですっきりしましたね。今回は形もしっかりしていて、消化不良もなさそうです。

久々の300g超えきみちゃん、踏まないで〜
塩浴して排便したら43g減少すっきりしたね
タオルをくしゃっと抱きかかえておやすみ11/4〜10まではずっとうとうとして、寝ているというよりも意識レベルが低下しているような状態でした。身体を持ち上げた時は多少暴れますが、床に降ろすとその場から全然動きませんでした。

フンが出た後からは、少しは歩くようになり、寝るときも何というか普通に寝ているように見えます。まだまだ元気とは言えませんが、少しは良くなっているようで嬉しい。ただ、相変わらず尿が出にくいようなのが心配です。

塩浴の後しか排尿していないような…洗面台から脱出したがるように
自分でお風呂に入ります強制給餌の時、ちょっぴり抵抗

この週末はシェルターに引っ込んでまた調子悪そう??と思っていたら、脱皮だったようです。その後、塩浴させようと持ち上げたら、あれ?軽い!! 量ったら、221gしかありません。前日までは260g前後だったのに。脱皮で体力消耗したからでしょうか。

気分悪そうで心配していたら…脱皮後、体重が激減
触ると鼻息で怒ります脱皮残りもほとんどなくきれい
ブランケットの隙間から外を眺める余裕が出てきたのかなその後、練り餌を食べさせて塩浴したら20gほど増えましたが、本体部分はこんなに少ないのか〜。もうちょっと食べさせないとダメですね。

今週は体重が乱高下でしたが、体調の方はゆっくりと上向きになっているようなので、このままの調子で頑張ってほしいものです。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2018/11/11 Sun

寝てばかり

10月末に強制給餌を始めてもじわじわと痩せてきたきみちゃん。11/4,6と一日おきに食べさせてみました。

食後に食塩浴させていたら、尿と一緒にお尻から白い塊が飛び出しました。去年の4〜6月頃に出ていたモヤモヤと同じもののようです。量も少ないし、これ自体は生理的なものでしょうから大丈夫だと思いますが……。

身体が細くなっています小さな丸い塊が出ました

その後はやたらと眠そうで、毎日平べったくなって寝ていました。身体はふっくらしたまま、痩せるのは収まったようなので、しばらく様子を見ることに。

ぺったんこに広がっています目をつぶってぐっすり
水の中ではしっかり起きています脱水が怖いので時々お風呂に入れてやると、数時間給水して自分で水から上がり、またすぐにうとうとし始めます。

水は汚れず、尿が出ているかどうかも怪しい。やっぱりおかしいですね。

うつらうつら片目だけつぶって寝ています

11/10は塩浴した後、洗面所で背中に水を掛けてやると、おなかをぐにぐにして大量に排尿。色は濃いめで最後の方には白いモヤモヤも出ました。

塩浴の前後で体重は30g以上も違いました。見た目はそれほど痩せていないのですが、もしかしてむくんでいるだけなのでしょうか。尿が出にくいのは良くない状態ですね。少しこまめに塩水浴をしてやろうかと思います。

塩浴前、296g塩浴して排尿後、265g
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2018/11/04 Sun

あれから一週間

一日中じっとしていました27日の昼頃に強制給餌、給水した後、その日の夜中から28日はずっとはシェルターで過ごしました。表情はおだやかで、くたっとしていた前の週に比べて元気そうに見えました。

29日の朝になると、シェルターから身を乗り出して上を向きました。何だか様子がおかしいと思っていたら、先日食べさせた練り餌を少し吐いてしまいました。量が多すぎたようです。

出てきたと思ったら吐き戻してしまいました
吐いたものを調べてみると、練り餌がそのまま出てきたわけではありません。コオロギの翅や黒いつぶつぶが混ざっていて、かなり消化が進んでいる状態でした。

後片付けの間、10分ほど0.3%程度の薄い食塩浴をさせて口の周りの汚れを落としました。その後、洗面所で身体を洗っている時に出た尿は、久しぶりに薄く色が付いていました。

普段きみちゃんがお風呂でおしっこした後の水は薄い茶〜黄色で、特に餌を食べた翌日は色が濃くなっていました。それが体調を崩した10月の初め頃からお風呂の水が無色透明のまま、塩浴の後に出る尿も色はありませんでした。

10/13に食べたコオロギがまだ胃の中に残っていたわけですし、食べたものが吸収されなかったために、尿に色が付かなかったのだとしたら……。今回は一部吐いてしまったものの、多少は吸収されていたのでは、と思いました。

お風呂に入れると数時間後に自分で出ます2度目の強制給餌、今度は吐いたりしませんでした
その後は吐いて少しすっきりしたのか落ち着いた様子だったので、11/1に再び強制給餌。今度は注意してかなり量を少なめにしました。

脱皮の構えをしてから、なかなか始まりませんしっかりした皮でちぎれずに脱げました
終わってすっきりした表情11/3の朝には脱皮しました。普段の間隔は週一前後なのに、前回10/15から半月以上経っています。代謝が落ちていたということでしょうか。

いつもより時間が掛かりましたが、特に問題はなく、きれいに脱げました。

少し痩せてきたような…悪くなってはいないけれど、はっきり良くなっているとも言えない状態ですね。体力をあまり落とさないように、無理のない程度にまた食べさせてみようと思います。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2018/10/28 Sun

そろそろ限界

24日の朝から丸2日、シェルターから顔を出した姿勢のまま全く動かなかったきみちゃん。26日の朝には、いったんシェルター内に引っ込みましたが、すぐにまた元のように出入り口から顔を出して、更にもう1日じっとしていました。
シェルター内でぐるっと回って、また元の姿勢に戻りました外に出てぺったんこ状態
27日の朝はシェルター内から出ていましたが、相変わらず動きません。ぺちゃっとして身体が薄くなったように見えたので体重を量ってみると、先週まで300gを超えていた体重が270gしかありません。おなかもかさついた感触で、水分不足は明らかです。
体重が減っていますカードで口をこじ開けて練り餌を押し込みました
お風呂で給水普段なら2週間ほど食餌間隔が空いても問題ありませんが、その前から食欲が落ちてここ一ヶ月ろくに食べていません。見た目はそれほど痩せてなくても、そろそろ限界かと思い、練り餌を強制給餌。こじ開けたときに見えた口の中は、白っぽく血の気がない状態でした。

飲み込んで吐き出さないことを確認した後、お風呂の中に入れて給水させました。最初は口まで水に浸かっていましたが、次第にしっかりと顔を上げるように。

約3時間経ち自分で外に出たところで、再び体重測定。40g増えて310gになっていました。前回の給水から3日半、抜けてしまった水分がこれで戻ったのでしょうか。

プラケに戻すとその場でじっとしていましたが、深夜遅くなってから移動して、またシェルターから顔だけ出した状態に戻りました。表情は別に苦しそうでもないし、皮膚の状態も悪くないんですけどねえ。胃の中に入れたものをきちんと消化吸収してくれることを祈ります。

水を吸って身体に厚みが戻りました外観は普通なんですけどね
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2018/10/24 Wed

安静中

顎を出してくたっとした姿勢のまま半日が過ぎました。試しに身体を持ち上げてみると、手足を広げて軽くじたばた。慌てて下に降ろすと、きみちゃんはその場でゆっくりと手足を引っ込めてうずくまって、じっと動かなくなりました。

落ち着いて過ごせるようにと、プラケにブランケットを被せておきました。その後、きみちゃんはほとんど身動きしないまま、22日の昼頃から23日の深夜までの一日半が過ぎました。
少し暗くして人の目を遮って安静中生きているのか不安になるほど同じ姿勢のまま
このまま二度と動かないのでは……と心配していたところ、夜中の1時を過ぎた頃、ガタッという物音が。覗いてみると、きみちゃんがお風呂に入っていました。ああ、よかった。

溺れたりしないかと様子を見ていましたが、割としっかりと顔を上げていたので、大丈夫だと判断して飼い主は就寝。今朝になってみると、きみちゃんはシェルターに入って顔を出していました。
数日振りに自分でお風呂に入りました目に力が戻ってきたような気がします
まだ反応は鈍く、元気になったとは言えませんが、自分で給水できたことにほっとしました。もうしばらくこのまま安静にしておこうと思います。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2018/10/22 Mon

元気ない

きみちゃん、やはり元気がありません。それでも先週の前半までは、コオロギを追いかけたり練り餌を食べたりしていました。塩水浴の後は自分でお風呂に入り、好きなだけ吸水してからシェルターに戻っていました。

塩浴の後はうろうろこの後、お風呂に入ります
コオロギを狙ってごっくん
塩水浴中はおとなしい痩せてはいないと思います
ところが、先週後半からは、コオロギにはちらっと目を向けるだけ。塩浴の後も床にうずくまったりシェルターに引きこもったりで、水に入りません。昨日は脱皮していたので、脱皮前でだるかったのかな、と思ったのですが、終わった後もやっぱり調子悪そうです。

脱皮はきれいに出来ていますし、痩せたようには見えません。はっきり病気という感じではないのですが、どうしちゃったのでしょう。

朝からだるそうでこの後脱皮しばらく動き回った後、シェルターにも入らず変な寝方
食塩浴は負担になっているかもしれないので、しばらくお休みしようと思います。ただ、自分で給水しないのが気になるので、たまにはお風呂に入れてあげようかしら。そっとしておく方がいいのか、何かした方がいいのか、迷います。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2018/10/12 Fri

無理矢理

破裂しそうなおなかきみちゃんの便秘は10月に入ってからも続きました。おなかが重いせいか、ますます動かなくなり、食欲も落ちてきました。

コオロギを入れれば一応食べるものの、以前のように走って追いかけることはありません。ちょうど目の前に来たとき、おざなりに舌を伸ばします。逃げられてしまうことも多く、何度か失敗するとやる気をなくしていました。

放っておくと3日くらい引きこもったまま。ようやく出てきても動きがのたのたしています。ここ数日は床のタオルもお風呂の水もあまり汚れません。

一応食べますが動きが非常にぎこちないです
塩水浴しましょさすがに様子がおかしいので、無理矢理にでも排便を促すことに。普段は10分で切り上げる塩水浴を約20分間行いました。

その後は、いつもならさっと水洗いしてプラケに戻すところを、塩抜きの真水にしばらく浸からせました。

狭いところはもう飽きた塩浴の間は大人しくしていたきみちゃんですが、再び水に入れられたのは納得いかないらしく、しばらくすると自分で外に出ていきました。

その後も部屋に戻さず、洗面台の流しの中に放置。最初はじっと動かなかったのですが、そのうちぐるぐる回り始めて足をもぞもぞ。

お肌もきれいで健康そうなんだけど大人しくほとんど動きません
やっと出た!5ヶ月半ぶりにフンが出ました。ずっと溜め込んでいたけれど、カチカチに固まることはなくゆるゆる。臭いはあまりありませんでした。

これで元気になってくれるといいなあ。まだおなかが完全にすっきりした感じではないので、もう少し塩水浴は続けようと思います。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2018/03/25 Sun

飽きた

ミミズもワラジもダンゴも無視先日から食欲不振だったきみちゃん。3/20以降はとうとう練り餌に反応しなくなってしまいました。一瞬ちらっと見て、その後は完全無視。更にピンセットを近づけると、嫌そうに顔を背けます。

まだまだ肉付きは十分で痩せてはいませんが、急に食べなくなったのはやはり心配です。

生き餌なら……と、庭で捕まえたミミズなどを与えてみましたが見向きもしません。

こんなのいらない300gは切ったもののヒキガエルとしては重いよね

ガン見してますうーん、虫もダメなのか〜。それじゃあ無駄かもと思いながらも、念のためコオロギも試してみることに。今家にいるのは豆粒程度のミニサイズなので、遠くのペットショップまで出かけて、フタホシLを少しだけ買ってきました。

きみちゃんの目の前でコオロギをプラケに移すと、身を乗り出してきました。あれれ?

その後、コオロギを一匹入れてみたら……食べました! つまり、練り餌に飽きただけですか? ミミズやワラジはあんまり好きじゃないから食べなかったってこと?? コオロギやめて練り餌だけにしようかとも思っていたのに、すっかり当てが外れてしまいました。
食べたよんーおなかがぐにぐにする〜
もっとないの?こんなことならコオロギもっとたくさん買っておけばよかったなあ。少量で割高だったのよ。また買いに行くのも面倒だし、豆粒サイズが早く育ってくれるといいのですが。

ただ、以前のように飛びつくような食べ方ではなかったので、やっぱり食欲はイマイチなのかも。一匹では物足りなさそうな顔していますが、様子を見て少しずつ食べさせていきます。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2017/07/01 Sat

モヤモヤの変化

170625kimi01.jpgまたまた更新できずに一ヶ月経ってしまいました。きみちゃんは元気です。食欲も旺盛で、昨日は目の前に手を出したら指先にぱっくり食いつかれました。ヒキガエルは歯がないから平気だけどびっくりした〜。

4月末から始まったモヤモヤの排出ですが、大分落ち着いてきました。コメント欄などで他のカエル飼育者の皆さんが教えてくださった通り、女の子の生理的な現象でこれ自体は異常ではないのでしょう。

5月から6月上旬にかけては茶色がかったぐずぐずのカスで、時には結構な量が出ていました。6月半ばからは白くふわふわした綿状のものに代わり、量も減りました。もうそろそろ治まってくれるかな。

ぼんちゃんの時はどろどろの膿状になり悪臭もあり、今思えば明らかに様子がおかしかったんです。何が正常で何が異常なのか、素人が判断するのは難しい。ただ、専門家である医師に判断材料をうまく伝えられなかったのが心残りです。まあ、異常がわかっても治療できたかどうかはわかりませんけどね……。

170607moya01-2.jpg170620moya01.jpg
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2017/06/04 Sun

量り直し

170602kimi01.jpgふと気付いたらもう6月です。体重測定したかったのに、きみちゃんはずっとお風呂の中。ようやく出てきたところで秤に乗せたら、明らかに重たいです。388gって……。たっぷり給水していたもんねえ。

床に降ろしても動かないと思っていたら、じょわじょわ〜と大きな水たまりができました。相変わらず尿の中にもやもやしたカスが混じっています。なかなか治まらないなあ。

170602kimi02.jpg170602kimi04.jpg
170602kimi05.jpg水分出たから軽くなったかな、と量り直し。346gですか。ずいぶん減りましたね。

身軽になって少しお散歩したきみちゃんをカエルケースに戻すと、またお風呂に入りました。え?まだ給水するの??

しばらくしたら水中で足を蹴り蹴り、じたばたと暴れ出して……。今度は大きい方ですね、また大量に〜。

170602kimi06.jpg170602kimi07.jpg
170602kimi08.jpg結局327gで、さっきとの差は約20g。出た量の割には少ないような、また水分吸ったからでしょうか。

こんな感じで一日のうちにもこれだけ変動します。体重はもちろん、体長だって姿勢によって結構伸び縮みしますからかなりいい加減ではありますが、大体毎月2回ずつの身体測定は続けています。

最近の表&グラフは >>ヒキガエル成長記録4へ。たまにこっそりと更新してます。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2017/05/12 Fri

毒液

170510kimi01.jpg170510kimi02.jpg
170510kimi03-2.jpg夜にお風呂の水を替えたとき、側にいたきみちゃんの右耳の後ろにぽつんと水滴が付いているのに気付きました。お水跳ねちゃったかな、と思いましたが、他は全然濡れてないし、よく見ると色が付いている??

薄ら茶色がかった白濁で、膨らんだ耳腺のちょうど真ん中辺りから出ているようです。こ、これは……ガマの油ことブフォトキシンですよね!

ヒキガエルが毒を出すのは命に危険が迫った(とカエル自身が感じた)時だけという認識だったので、普通に飼育していて毒を見る機会があるとは思ってもいませんでした。こんな風に出るんだ。面白ーい。

でも、何で出したのでしょう? この日はきびきびとよく動いて元気いっぱい。いつもなら取り逃がすハエトリグモも一発で仕留め、おやつのスイミーをぱくぱく。特にストレスもなさそうで、死にそうな怖い目に遭ったりなんかしていません。

170505moya01.jpg先日の紐状のもやもやと同様に、体内で余分に作られてしまったものが出てきたのかもしれませんね。

なお紐状の塊はあの日だけでしたが、その後も数日おきに残りカスのようなもやもやが出ています。今のところ量はたいしたことありませんが、完全に治まるまでは心配です。

170511kimi01.jpg翌朝になると、液が流れた後がてらてらと光り、白い沈殿物がこびりついていました。昼過ぎにはほぼ乾いた状態でしたが、触ってみるとぺたぺたした感触。

耳腺の辺りを指で突いてみても毒液は出てきません。でも、体をつかんで持ち上げて、暴れても離さずにいたら、同じ場所から透明の液体がわずかに染み出てきました。白い成分はもう品切れかな。液体はかなり粘着質で、指先で糸を引くくらい。さすがに毒性を自分の体で試す勇気はなく、すぐに手を洗いました。

170511kimi02.jpg170511kimi04.jpg
170511kimi05.jpg普段は最低限しか触らない飼い主がしつこかったのでびっくりしたのでしょう。きみちゃんは、じたばたともがいて大量のおしっこを漏らしました。タオルの上でよかった。いじめてごめんね。

無理に毒を出させても何もいいことはないので、もうやめておきます。ガマ毒については、いろいろと調べた上でいずれ改めて記事を書こうと思います。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2017/04/25 Tue

ひも

170425kimi01.jpgお昼にコオロギを食べた後、夕方まできみちゃんは静かにお風呂に入っていました。きみちゃんが出た後の水は黄色っぽくて、おしっこいっぱい出たねと水を替えようとしたところ、水中に見慣れないものが……。

3-4cm程度の白い紐状のもやっとした塊です。つまみ上げてみると柔らかくてぷるぷるしていました。これは多分卵ひもです。

170425moya01.jpgぼんちゃんも、今のきみちゃんと同じ4歳になる年に白いもやもやを排出していましたが、こんな風にしっかり形のあるものではありませんでした。

ぼんちゃんのもやもやは、最初は透明の寒天状で、その後どろっとした膿のようになり、量が増えて3ヶ月ほど出し続けて衰弱して亡くなりました。おそらくホルモン異常で中途半端に出来た卵がおなかの中で腐ってしまったのだと思います。

170425kimi02.jpgきみちゃんにも同じことが起こる可能性がありますので、しばらく注意して見ていきます。そうなってしまったら、どうすることもできないんですけどね。

もうじき4/27はきみちゃんの上陸記念日で4歳のお誕生日です。まあ大人になったということで、ひとまずはおめでとう。

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2015/07/31 Fri

さよなら、ぴょんちゃん

PhotoFunia-1438232597.jpg2015年7月30日の朝、ぴょんちゃんは永眠いたしました。7才2ヶ月の生涯でした。

クリーム色の体と金色の眼がとてもきれいで、こここっと高い声が可愛らしいヒキガエルでした。控えめで泣き虫で、野生では生きていけなかったのでは、と常々思っていました。
150727toads4.jpg2011年の秋に体調を崩して以来、数ヶ月単位で悪化と寛解を繰り返してきました。一生のうち半分が闘病生活だったのです。

オタマの頃から一緒だったパートナー、ぼんちゃんを先に失った痛手から何とか立ち直り、少し落ち着いた頃にきみちゃんがやってきました。天真爛漫な彼女の存在はぴょんちゃんの支えになっていたと思います。

昨年夏からは自力で食事が摂れなくなり、腎不全と診断されました。それでもずっと頑張って精一杯生き続けてきました。
PhotoFunia-6c5635_2015.jpg庭のぼんちゃんと同じ場所に埋葬しました。3年近くも待たされて、ぼんちゃんびっくりしていたかもね。

ぴょんちゃん、長い間本当にお疲れ様でした。ぼんちゃんと一緒にゆっくりお休みなさい。



この続きはかなり生々しい話になるのでご注意ください。

続きを読む

テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2014/10/02 Thu

がびがび

140930kimi1.jpg
あれれ!? きみちゃん、脱皮ですか?

2日前に脱いだばかりでしょう。あなたも調子が悪いのでしょうか? いくら何でも間隔が短すぎです。それともポーズだけ?

140928kimi1.jpg
前回の脱皮、手足やおなか側にかなり残りがありましたね。終わった後は自分で水に入ってたのでそのままにしていたら、結局うまく剥がれず、がびがびのがさがさになっちゃっいました。
140928kimi2.jpg140928kimi3.jpg
似たような状況だった今年の2月の時と同様に洗面所で洗い流すことに。

持ち上げると怒る怒る。逃げだそうと大暴れ。ぐにゃっとしたぴょんちゃんと同じカエルとは思えないほど、弾力のあるおなかで、手足にも力がみなぎっています。元気な様子に一安心。

しばらくふやかして軽く擦ってみましたが、あまりきれいに取れませんでした。無理するとお肌を傷つけてしまうので、これ以上は止めておきます。次の脱皮はうまくいくといいなあ。

141001kimi1.jpg141001kimi2.jpg
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2014/08/29 Fri

ぺりぺり

140820pyon1.jpg140822pyon1.jpg
140824pyon1.jpg脱皮が滞って古い皮が残ったままだったぴょんちゃん。全体に赤茶けて、ますます調子悪そうに見えてしまいます。

先日、腕の皮がめくれているのに気付きました。ようやく脱皮したのですね。でもやっぱり今回もきちんと脱げなかったようです。このまま放っておいたら、がびがびに固まってしまいます。
140824pyon2.jpg140824pyon3.jpg
140824pyon4.jpg水に入れてふやかすと、全身の皮が浮いてきました。薄くてちぎれやすいですが、ピンセットで引っ張ってぺりぺりと少しずつ剥がしました。

背中や手足はほぼすっきり。顔周りなど一部残ってしまったのが汚く目立って残念です。それに、激しくおなかを掻きむしるので、下腹部は赤くなり、手の平・足の裏には血がにじんでます。早く体調が良くなって、ぴかぴかぴょんちゃんに戻って欲しいですね。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2014/06/04 Wed

ぐしょぐしょ

庭の土をほじくって、大きなコガネムシ幼虫とミミズを数匹見つけました。ぴょんちゃんの大好物のコガネ幼虫、危ない大顎の先をハサミで切って、お皿に載せてさあどうぞ。

ハサミを洗って戻ってきたら、食いついた形跡はあるもののまだ幼虫は残っていました。いつもだったらぺろっと食べちゃうのに。どうしたのかな、と思って見ていたら、ぴょんちゃんぶわっとヨダレと鼻水が出てきました。犬じゃあるまいし、カエルって餌見ても普通はヨダレ垂らさないよね?

140526pyon1.jpg140526pyon2.jpg
140526pyon3.jpg幼虫が動く度に追いかけますが、なかなか舌が伸びません。ぐしょぐしょになった顔を手で拭うのに忙しく、狙いが定まらないのです。

顎を切った時に幼虫が汁を吐き出したので、変な味だったとか? それでも食べたい気持ちはあるようです。気分が悪いわけではないのね。

そうこうしているうちに、きみちゃんがふらっとやって来て、幼虫をぱくっと食べちゃいました。あーあ。
140526pyon4.jpg140526pyon5.jpg
140526pyon6.jpg140526pyon7.jpg
140526pyon8.jpgきみちゃんはもうおなかいっぱいのようです。残りのミミズはぴょんちゃんいかがですか。

ミミズへの反応は問題なし。ヨダレの原因はよくわからなかったけど、治まったのでまあいいか。

ゆっくり時間を掛けてミミズ3匹平らげて満足そう。たっぷり食べたから、今週のお食事はもうこれでおしまいにしておきましょうね。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2014/05/20 Tue

タオルと木箱

掃除の後の話を書こうとしていたら、前の記事のコメントでタオル飼育の話題が出たので、ついでにその辺りも書いておきますね。

以前は黒土を寝床にしていましたが、ぴょんちゃんが2年半前に体調を崩してからは土を入れるのを止めました。最初は皮膚の状態が見えなくなるからという理由で、そのうち症状が治まったら元に戻すつもりでした。でも実際に土がない状態で一冬過ごしてみると、泥んこにならないわプラケースに傷が付きにくいわ、飼い主としては非常に楽なことに気付きました。

それでも土に潜れないのはかわいそうに思って、調子が良くなってきた頃にお医者様に相談しました。すると、カエルは新陳代謝が激しくて土がかなり汚れる、入れるなら毎日取り替えるくらいでないと……と言われてしまいました。以前読んだ本「珍獣の医学」にも、爬虫類の水槽に砂を敷いておくと餌と一緒に少しずつ飲み込んで腸閉塞を引き起こすとあり、獣医さんとしては土や砂はトラブルの元と思われるのかもしれません。

毎日交換はちょっと大げさでは?と思っていましたが、白いタオルにしてみると確かに汚れるんですね〜。ぴょんちゃんが動きたくない間はそっとしておくので、タオル交換は大抵2,3日おきですが、ただ上に座っているだけでも茶色っぽくなります。特に脱皮の後は汚れがべったりです。

それから、タオルだとおしっこの臭いがわかりやすいです。土は消臭効果があって排泄物があっても大して臭いません。フンも下の方に埋もれてしまうとしばらく気付かないことがあります。きちんとまめに掃除する人は臭わない方がありがたいでしょうけど、ズボラな私はついついさぼっちゃいますから、見た目や臭いですぐわかる方が安心です。

なお、タオルは乾いたままです。最初のうちは湿らせてましたが、暖かい時期になると雑菌が繁殖して、1日も経たずにスゴイ色に変色してしまいました。ちょっとおなかが乾くかもしれませんが、カエルたちは自分で水に入るので大人ならまあ大丈夫でしょう。

普通に土で飼育している人は大勢いますし、ヒキガエルとしては土に埋もれて過ごす方がストレスが少ないかもしれません。ただ、ぴょんちゃんの病気は原因もはっきりせず、またいつ再発するかわかりません。清潔第一かなと思っています。

シェルターは元々ウレタンのパズルマットを使っていました。こちらは当たりも柔らかく洗えて便利でしたが、だんだんボロボロと細かい屑が出るようになってきました。しかも餌に入れたコオロギやワラジムシがウレタンを囓る危険性もあり、体に悪そうなので木箱に変えました。固いプラスチックや金属も検討しましたが、ちょうどいいサイズがなかったのと入口を作るのが大変そうだったので。

大きい方のシェルターは割り箸みたいに柔らかい木です。これもカエルたちに触れている部分は汚れやすく、すぐに黒ずんでしまいます。だんだん汚れが取れにくくなってきたので、今度同じものをいくつか用意して、交代で使うようにするつもりでいます。段ボールで使い捨てにすれば清潔ですが、ゴミが増えて面倒ですしね。百均のこの箱が、プラケにジャストサイズで助かりました。

先日、大きいシェルターを洗って日干しにしていた時のことです。

落ち着きのないきみちゃんがぴょんちゃんのところへ……。脇腹をぎゅうぎゅう押すのはやめなさい。かわいそうに、ぴょんちゃん涙目でおえっとなりました。その後ぴょんちゃんは、残してあった小さい方のシェルターにそそくさと避難。

140512toads1.jpg140512toads2.jpg
日が暮れて干してあったシェルターを戻してみると、きみちゃん、お尻だけぴょんちゃんのいるところに突っ込んでました。一緒に入っているつもりらしいです。奥に追いやられたぴょんちゃんは迷惑そう。
140512toads3.jpg140512toads4.jpg
140512toads5.jpgせっかくきれいにした大シェルター、ふたりともなかなか使ってくれません。ぴょんちゃんは脱皮が近いので動きたくないそうです。きみちゃんはぴょんちゃんの側がいいらしく、小シェルターの周りをどたばたうろうろ。

3日ほど経って、ようやく脱皮を終えてすっきりしたぴょんちゃんは大シェルターに移動。するときみちゃんも後について入っていきました。

きみちゃん、ぴょんちゃんにくっつくのはいいけど、あなたは動きががさつなのでもう少しおしとやかにね。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2014/04/17 Thu

脱走!

きみちゃんは跳ばないカエルです。ちびっ子の頃はともかく、居間に引っ越してきてからはジャンプで移動することはありませんでした。餌に向かってぱっと飛びつくことはあっても、ぴょ〜んとカエルジャンプするところを見たことがありません。

ぴょんちゃんやぼんちゃんはこのくらいの頃、シェルターの上り下りにも勢いつけてジャンプしてました。当時は今より一回り小さいプラケで、シェルターの上で立ち上がるとプラケの窓に手が届く高さ。ジャンプで外に飛び出してしまったことも。

その年の秋、今のプラケに変えると数センチの差でしたがもう届かないと諦めたようで。ぴょんちゃんもぼんちゃんも窓に向かってジャンプすることはなくなりました。

更にぴょんちゃんが独りになってからは若い頃のような活発さもなく、すっかり油断して窓を開けっ放しにすることが多くなりました。このプラケースはスライド窓を取り外して全開しないとお風呂の出し入れができないので、いちいち閉めるのが面倒だったのです。

140416kimi1.jpg一昨日のきみちゃんは餌もほとんど食べずに落ち着かない様子でした。それが昨日の昼頃たっぷりフンが出たら、身軽になって気分もすっきり。シェルターの上に登ってのんびり外を眺めます。

この後、私は2時間ほど席を外していて、戻ってきてみると……。
140416kimi2.jpgあれ? きみちゃんが見当たりません。
慌てて周囲を探すと、プラケの向こう側、窓枠のところにきみちゃんが!
網戸に手を掛けて、窓の外を眺めていました。

網戸閉まっててよかった〜。棚の隙間や手前側に落っこちてても怪我したかもしれません。本当に無事でよかったです。
140416kimi3.jpg140416kimi4.jpgおうちに戻った後もきみちゃんは興奮冷めやらぬ様子で盛んに立ち上がっていました。どうやらジャンプではなく、手を伸ばしてよじ登ったようですね。

高いから届かないかと思っていましたが……。ヒキガエルの身体能力を甘く見ていました。今後は絶対に窓を閉めるようにします。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2014/02/24 Mon

取れちゃった

脱皮の皮が残ったままのきみちゃん。だんだん痒くなってきたらしく、手でおなかをばりばりと掻きむしるようになってしまいました。掻くたびに細かい皮が黒くポロポロとこぼれ落ちて汚らしい。

これはよくないと、洗面所に連れて行き、擦って洗い流してやることにしました。ぴょんちゃんと違って声は出ませんが、「ふしゅーふしゅー」とすごい鼻息で抗議。ちょっと我慢してね〜。

140217kimi1.jpg140217kimi2.jpg
140217kimi32.jpg完全には剥がれませんが、大分すっきりしました。おなかの方はどうかな?とひっくり返してみると……。

あれ? 以前はおなか全体にくっきり黒いポツポツがあったのに、かなり薄くなってます。今回の脱皮で、皮と一緒にとれちゃったみたいです。

ぴょんちゃんやぼんちゃんは、もっと前からおなかにポツポツが目立たなかったので、これはきみちゃんの特徴かと思っていたのですが、一時的なものだったのですね。
140222kimi1.jpg140222kimi2.jpg
次の脱皮でも多少の皮残りはありましたが、前回のようにべったりしたものではなく、水に入るとほぼ剥がれました。痒くなったりもしてないようです。

ただ、よく見ると右手の指が少し赤くなっています。ここは前回の皮がずっと残ったままだったので、古い皮が固くなって剥がれにくかったのかもしれません。

冬場はどうも脱皮がすっきりしませんね。明日から暖かくなるようなので、少しは改善するといいな。