タグ : まとめ
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2015/08/31 Mon

ヒキガエルの世話まとめ8月(2才4ヶ月)

カエルのサイズ
ヒキガエル成長記録に記載、グラフあり。
エサやり
3日に1回コオロギ4匹ずつ。他にスイミー、オンブバッタ、ガ、クモ、ミミズなど。
シェルター
小シェルター撤去。
月初一週間ほど入らなかったが、その後は基本シェルター内から顔だけ出して過ごす。
お風呂
前半は毎日数回給水。後半は1〜2日に1回、長時間。
脱皮
週一程度、特に残りなし。
フン
8/2床大。
置き場所・温度管理
居間壁際の床。31℃を超えたら保冷ボックスまたはエアコン使用。月末は窓辺に戻す。
晴れ続きの猛暑が一転、最後の週は天気がぐずついて寒いくらいに涼しくなりました。

きみちゃんひとりになりました。元気がないわけではないのですが割とおとなしく過ごしています。
床に移動している間は飼い主の席から離れたうえにテレビも見づらい位置で、動くものが見えなくて退屈そうでした。窓辺に戻すと、揺れるカーテンをよく眺めています。
後半急激に太ってきましたが、フンが溜まってきただけかも……。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2015/07/31 Fri

ヒキガエルの世話まとめ7月(7才2ヶ月・2才3ヶ月)

カエルのサイズ
ヒキガエル成長記録に記載、グラフあり。
エサやり
P練り餌に薬、毎日1回、7/26以降は毎日2回、大豆〜小豆粒大。
K週に1〜2回コオロギ4匹ずつ。他に練り餌、スイミー、青虫、ワラジムシなど。
シェルター
P小シェルター、月末は大シェルター奥。
K時々小シェルターをひっくり返す。
お風呂
P毎日1〜2回0.5%塩浴。
K毎日数回給水。
脱皮
P4〜7日に1回。薄皮が張り付くときも。
K週一程度、特に残りなし。
フン
P7/2床小、7/9床中、7/13少量下痢、7/19床固形、7/23水中ガス+軟便。7/17ガスのみ。
K7/2床大ゆるめ、7/9屋根大。
置き場所・温度管理
居間の窓辺、梅雨明け後は居間壁際の床に移動。31℃を超えたら保冷ボックスまたはエアコン使用。
初めは梅雨寒が続き、一転して真夏並の暑さ、台風で大雨、梅雨明け後は猛暑、と大荒れの一ヶ月。
飼い主は偏頭痛とめまいでふらふらの毎日でした。

ぴょんちゃん、7/14から胃薬追加、げっぷは治まりましたが鼻水は悪化しました。
おなかの張りもますますひどくなり、鳴いて掻きむしるように。
便が続けて出て体重は減りましたが、その後もおなかが異様に膨れてきました。
7/26から抗生剤追加。塩浴回数を増やしても効果なし。尿の出も悪くなりました。
7/29に嘔吐を繰り返し、7/30の朝亡くなりました。

きみちゃんはいつも通りです。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2015/06/30 Tue

ヒキガエルの世話まとめ6月(7才1ヶ月・2才2ヶ月)

カエルのサイズ
ヒキガエル成長記録に記載、グラフあり。
エサやり
P練り餌に薬、毎日1回、大豆〜小豆粒大。
K週に1〜2回コオロギ4匹ずつ。他に練り餌、スイミー、ミミズ、ワラジムシなど。
シェルター
P小シェルターに入ることが多い。
お風呂
Pほぼ毎日1回0.5%塩浴。
K毎日数回給水。
脱皮
P週一程度。時々残り多め、皮が薄いときも。
K週一程度、特に残りなし。
フン
P6/3塩浴中ガス+固形2個、6/15床大ゆるめ。6/27ガスのみ。
Kなし。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。晴れた日は窓を開ける。
梅雨らしい梅雨でジメジメ蒸し蒸し、たまの晴れ間は暑くてぐったりでした。

ぴょんちゃん、フンが出る数日前から苦しそうで、出た後もすっきりしません。
後半は妙におなかが膨らみガスも溜まり、げっぷや鼻水が出て気分が悪そうです。
唇の腫れた部分は大分小さく目立たなくなってきました。

きみちゃん、相変わらず食欲旺盛で、ぴょんちゃんが動くと食いつくことも。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2015/05/31 Sun

ヒキガエルの世話まとめ5月(7才0ヶ月・2才1ヶ月)

カエルのサイズ
ヒキガエル成長記録に記載、グラフあり。
エサやり
P練り餌、毎日1回、大豆〜小豆粒大。
K週に2回コオロギ4匹ずつ。他に練り餌、スイミー、ナメクジなど。
シェルター
P小シェルターに入ることが多く、時々引きずって移動。
お風呂
Pほぼ毎日1回0.5%塩浴。
K毎日数回給水。
脱皮
P週一程度。時々残り多め。
K週一程度、特に残りなし。
フン
P5/17床小。
K5/31水中どろどろ。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓を開ける。
季節外れの台風が来たほかは、晴れて暑い日が多かったです。
仕事は一段落、新しいMacのセットアップは楽しいけれど大変でした。

ぴょんちゃん、体がむくんで動きがぎこちないですが、そこそこ活発で調子良さそうです。

きみちゃん、食欲旺盛で動くものに敏感です。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2015/04/30 Thu

ヒキガエルの世話まとめ4月(6才11ヶ月・2才0ヶ月)

カエルのサイズ
ヒキガエル成長記録に記載、グラフあり。
エサやり
P練り餌に薬、毎日1回たまにサボる、大豆〜小豆粒大。
K週に1〜2回コオロギ4-5匹ずつ。他に練り餌。
シェルター
一緒に大シェルター、または大K・小P。
お風呂
P毎日〜2日に1回0.5%塩浴。
K1日1〜2回給水。
脱皮
P週一程度。多少残りあり。
K週一程度、特に残りなし。
フン
P4/12床小、4/23床大。
K4/3タオル下小、4/6屋根。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。ほぼ加温なし。
仕事が長引いた上に、マウスが壊れ、UPSがバッテリー切れ、更にPC本体が不安定になり買い換える羽目に。いろいろとしんどかったです。

ぴょんちゃん、胸の水が増えて体全体がむくみ、体重が増えてきました。
フンが出る前日からおなかが苦しそうでもぞもぞ落ち着かず、出た後もあまりすっきりしません。
皮膚はきれいで動きは活発です。

きみちゃん、相変わらず元気で割と落ち着いて過ごしています。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2015/03/31 Tue

ヒキガエルの世話まとめ3月(6才10ヶ月・1才11ヶ月)

カエルのサイズ
ヒキガエル成長記録に記載、グラフあり。
エサやり
P練り餌に薬、前半は毎日2回、小豆大ずつ。後半は毎日1回、大豆大。
K週に1〜2回コオロギ4匹ずつ。他に練り餌。
シェルター
一緒に大シェルター、または大K・小P。
お風呂
P毎日〜2日に1回0.5%塩浴。
K1日1回程度給水。
脱皮
P週一程度。残り多めの時もあるが、次回きれいになる。
K週一程度、特に残りなし。
フン
P3/5水中固め。
K3/10床、3/22水中。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。ピタ適プラス2号+サーモ21℃設定で保温。
年度末でやたらと忙しかったです。

ぴょんちゃん、また少し胸の水が溜まり気味です。
おなかや口周りの皮膚が荒れることもありますが、脱皮できれいになります。
胃薬は終了です。

きみちゃん、前半は割とおとなしくしていましたが、後半はまた暴れ回っています。
食欲旺盛で、飼い主が側を通るだけでそわそわして餌を待っています。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2015/02/28 Sat

ヒキガエルの世話まとめ2月(6才9ヶ月・1才10ヶ月)

カエルのサイズ
ヒキガエル成長記録に記載、グラフあり。
エサやり
P練り餌に薬(腎臓・胃)、毎日2回、小豆大ずつ。
K週に1〜2回コオロギ4匹ずつ。他にスイミー5-8粒、練り餌。
シェルター
大シェルターに一緒に入っていることが多い。P手前、K入り口付近。
お風呂
P毎日〜2日に1回0.5%塩浴。塩浴後に水に入れるとしばらく入ったままのことが多い。
K1日1回程度給水。
脱皮
P週一程度。多少残りあるが、水に入ると剥がれる。
K週一程度、特に残りなし。
フン
Pなし。
K2/23屋根巨大。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。ピタ適プラス2号+サーモ21℃設定で保温。エアコン21℃設定、室温21℃以下の間は点けっぱなし。
ぴょんちゃん、胃薬が効いているようで、吐き気と下痢が治まりました。むしろ便秘気味。
上唇の腫れは赤くぷくっと大きくなって痛々しいですが、肌全体はきれいで胸の水も少なくて体調良さそうです。

きみちゃん、大分おなかが重そうでしたが、後半すっきりすると毎日どたばた大暴れです。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2015/01/31 Sat

ヒキガエルの世話まとめ(7年目&2年目の1月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録にグラフあり)
ぴょんちゃん約13.8cm 234g(1/14)、約13.7cm 234g(1/31)。
きみちゃん約13.9cm 240g(1/14)、約13.9cm 238g(1/31)。
エサやり
P練り餌に薬を混ぜて、前半は毎日1回、大豆大。後半は毎日2回、小豆大ずつ。
K週に1〜2回コオロギ4-5匹。他にスイミー5-8粒、練り餌。
飼育ケース
床は乾いたタオル。
シェルター
大小別に入っていることが多い。ふたりともちょくちょく登る。
お風呂
P2〜3日入らなかったり、半日以上入りっぱなしだったり。後半毎日1回0.5%塩浴。
K1日1〜2回給水。
脱皮
P4〜6日に1回。月半ばは体調不良で2〜3日に1回、薄く破れやすく残り多め。
K週一程度、特に残りなし。
フン
P1/3床固、8床、10床、15水中、16朝下痢、20朝下痢、21夜軟便、23朝軟便。毎回量は少なめ。
K1/3水中大、27床大。
掃除
ほぼ毎日タオル交換、シェルター天日干し。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、窓とプラケの間にフリースを1枚丸めて置く。棚にアルミ保温シート。ピタ適プラス2号+サーモ21℃設定で保温、プラケ底に2つ折りフリースを敷き、プラケ足の隙間を塞ぐ。エアコン21℃設定、前半は明け方や特に寒い日のみ、後半は室温21℃以下の間は点けっぱなし。ケース内前半18-28℃、後半21-30℃。
ぴょんちゃん、おなかが少し緩くなり月半ばに嘔吐。胃腸炎との診断で胃薬を処方されました。
投薬の他に塩浴を再開し、室温高めをキープ。
一時は肌色も悪く、かなり気分悪そうでしたが、次第に落ち着きました。

きみちゃん、温度は低くないのに半冬眠のようでよく寝ています。
食欲はありますが失敗が増えました。ピンセットで与えると人の手や床の影に舌を伸ばすことも。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2014/12/31 Wed

ヒキガエルの世話まとめ(7年目&2年目の12月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録にグラフあり)
ぴょんちゃん約14.2cm 232g(12/2)、約13.8cm 226g(12/18)、約13.8cm 230g(12/31)。
きみちゃん約13.6cm 230g(12/2)、約13.6cm 265g(12/18)、約13.8cm 249g(12/31)。
エサやり
P練り餌に薬を混ぜて毎日1回、大豆〜ビー玉大。
K週に1〜3回コオロギ4-6匹。他にスイミー6-8粒、練り餌。
飼育ケース
床は乾いたタオル。
シェルター
一日に数回交換して乾かす。
お風呂
P2〜3日入らなかったり、半日以上入りっぱなしだったり。塩浴はさぼりがち。
K頻繁に給水。
脱皮
P6〜10日に1回。ステロイド使用時は薄皮が剥がれにくい。
K週一程度、多少残りあり。
フン
Pなし。
Kなし。
掃除
ほぼ毎日タオル交換、シェルター天日干し。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、窓とプラケの間にフリースを1枚丸めて置く。棚にアルミ保温シート。ピタ適プラス2号+サーモ21℃設定で保温、プラケ底に2つ折りフリースを敷き、プラケ足の隙間を塞ぐ。特に寒い日はエアコン21℃設定。ケース内15-29℃。
ぴょんちゃん、月末頃から胸の水がかなり減ってきました。
体重が増えすぎないよう餌の量を少しずつ減らしています。
本当は活性炭の薬も飲ませなければならないのですが忙しくてほぼさぼってます。
口の腫れた部分にステロイド入り軟膏を塗ってみましたが特に効果はなく、皮膚が茶色く荒れる副作用が出たため中断。

きみちゃん元気です。
コオロギは増えましたが、飼い主の都合で餌の間隔が空き気味です。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2014/11/30 Sun

ヒキガエルの世話まとめ(7年目&2年目の11月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録にグラフあり)
ぴょんちゃん約13.5cm 232g(11/15)。
きみちゃん約13.7cm 240g(11/15)。
エサやり
P練り餌に薬を混ぜて毎日2回、ビー玉半分程度ずつ。
K1〜2日おきコオロギ1-4匹またはスイミー7-12粒または練り餌。
飼育ケース
床は乾いたタオル。
シェルター
一日に数回交換して乾かす。
お風呂
P1〜2日入らなかったり、半日以上入りっぱなしだったり。毎日1回0.6%塩浴。
K頻繁に給水。
脱皮
P4〜6日に1回。多少残りあるが、水に入ると剥がれる。
K週一程度、特に残りなし。
フン
P11/25水中。しっかり形がある。
K11/24水中、多め。
掃除
ほぼ毎日タオル交換、シェルター天日干し。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、棚にアルミ保温シート。日中は窓を開ける。ケース内20-30℃。
ぴょんちゃん、足の傷は後半からじくじくした感じがなくなって、赤みも減りました。
上唇の内側がぷっくり腫れて飛び出しています。
胸の水は以前より減り、あまり目立たない日もあります。

きみちゃん、先月に引き続きコオロギ控えめ、スイミーや練り餌で補っています。
皮膚の状態もよく、体調は問題ありません。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2014/10/31 Fri

ヒキガエルの世話まとめ(7年目&2年目の10月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録にグラフあり)
ぴょんちゃん約13.7cm 197g(10/1)、約12.8cm 220g(10/18)、約12.9cm 224g(10/31)。
きみちゃん約13.3cm 212g(10/1)、約13.1cm 232g(10/18)、約13.6cm 237g(10/31)。
エサやり
P練り餌に薬を混ぜて毎日2回、ビー玉半分程度。
K1〜2日おきコオロギ2-6匹またはスイミー6-12粒。他に練り餌、カマドウマ、クモなど。
飼育ケース
床のタオルを乾いた状態に戻す。
シェルター
内側が湿ってかびないように頻繁に交換、しばらく外しておくことも。
お風呂
P自力でのろのろと水に入るように。毎日1回0.6%塩浴。
K頻繁に給水、ぴょんちゃんと一緒に入ることも多い。
脱皮
P4〜6日に1回。最初は薄皮が残ったが、その後しっかりした皮で自力できれいに剥けるように。
K3〜5日に1回、前半は残りがひどくガサガサ状態。後半はほぼきれい。
フン
P10/4塩浴中、10/30塩浴中。出るまで暴れて鳴く。
Kなし。
掃除
ほぼ毎日タオル交換、シェルターは数時間おきに交換して天日干し。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、棚にアルミ保温シート。日中は窓を開ける。ケース内20-32℃。
ぴょんちゃん、抗生剤飲み薬を終了。塗り薬は皮膚再生を促すクリーム剤に変更。
苦しそうな症状が減り、下腹部の荒れが治まってきました。足の傷は乾いたりじくじくしたりを繰り返し、わずかに小さくなってきたような。強制給餌のせいか、口周りは傷ができて痛々しいです。
給水前後で体重が大きく変動するようになり、給水前は多少浮腫が減っています。

きみちゃん、コオロギの数が減ってきたので、スイミーや練り餌で補うように。
他の餌は室内に出た虫を処理する程度で食べる量は減っていますが、出てないのでおなかは丸いです。
一時期は皮残りがひどかったのですが、タオルを乾いた状態に戻してから改善しました。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2014/09/30 Tue

ヒキガエルの世話まとめ(7年目&2年目の9月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録にグラフあり)
ぴょんちゃん約12.6cm 189g(9/17)。
きみちゃん約13.1cm 234g(9/17)。
エサやり
P前半は1日おき整腸剤入り練り餌ビー玉大、後半は腎臓の薬などを混ぜて毎日2回に分ける。
Kほぼ1日おきコオロギ6匹。他に青虫など。
飼育ケース
床のタオルを湿らせる。
シェルター
床の水分でかびやすいので数時間毎に交換。濡れたままだと接着剤が剥がれてくるので時々補修。
お風呂
P後半は毎日1回0.5-0.6%塩浴、投薬後は強制的に水に入れる。
K特に変わりなし。
脱皮
P5〜8日に1回。古い皮が薄く張り付き、剥がれるのに数日掛かる。
K5日に1回程度、後半はおなか側が残るように。
フン
P9/4水中、9/11水中、9/15塩浴中、9/28塩浴中。後半は細く固く、出るのに苦しそう。
K9/24水中。少しゆるめ。
掃除
1日数回タオルを洗って交換、シェルターを洗って天日干し。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、棚にアルミ保温シート。エアコンはほとんど使わず窓を開ける。ケース内23-35℃。
日中は晴れて暑い日が多いけれど、夕方からは涼しくなってました。

ぴょんちゃん、体重は増えてきましたが体のふにゃっとした感じが強くなりました。まだ時々鳴いて掻きます。足の傷に手持ちの抗生剤軟膏を塗ってみましたが治る気配がなく潰瘍状態。口周りと下腹の皮膚が荒れてきました。
胸に水が溜まって動物病院へ。慢性腎不全と診断されました。
使っていた抗生剤軟膏は腎臓に負担が大きいとのことで害の少ない物に変えていただきました。
腎臓の薬、抗生剤と皮膚の薬ほか、毒素排出の活性炭と3種類の飲み薬が出ました。
強制給餌で飲み薬を1日2回、塩水浴と塗り薬1日1回。足への刺激を減らすため床のタオルを湿らせてみることに。
治療開始後も症状にあまり変化がありません。薬の副作用か足下のふらつきや便秘傾向が見られました。

きみちゃん、たっぷり食べている割に出ませんね。
後半、皮膚の状態が少々悪くなってきました。床が濡れているとあまり良くないのかも。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2014/08/31 Sun

ヒキガエルの世話まとめ(7年目&2年目の8月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録にグラフあり)
ぴょんちゃん約12.6cm 166g(8/2)、約12.2cm 179g(8/15)、約12.8cm 199g(8/31)。
きみちゃん約13.0cm 188g(8/2)、約12.3cm 181g(8/2)、約12.8cm 213g(8/31)。
エサやり
P月初は週1回コオロギ小1匹。中旬から強制給餌で整腸剤服用。最初の一週間はスイミー1〜4粒、その後は練り餌パチンコ玉大〜ビー玉大で次第に量を増やす。
K前半は1日おきコオロギ1〜3匹、後半は1日おきコオロギ6匹。他にモンシロチョウ青虫など。
飼育ケース
先月と同じ。
シェルター
大シェルター交換用に同じものをもう一つ用意。
お風呂
P時々自分で水に入るようになった。中旬は毎日1回0.3-0.5%塩浴。
K先月に比べて静かに入る。
脱皮
P上旬は6日に1回皮残り多め。中旬は古い皮が張り付いたまま脱げない。下旬は週1回皮が浮き、水に入れてピンセットで剥がす。
K3〜9日に1回、残りなし。
フン
P8/2床少量、8/5シェルター内下痢、8/16床少量軟便、8/21床軟便。
K8/3床、8/7屋根、8/15屋根、8/19水中。毎回大量柔らかめの固形。
掃除
ほぼ毎日タオル交換、シェルターを洗って天日干し。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、棚にアルミ保温シート。暑い日はエアコン28-29℃。ケース内24-35℃。
厳しい残暑から一転、月末には寒いくらいに涼しくなりました。

ぴょんちゃん、食事を控えめにして下痢は治まってきましたが、ひどくおなかを苦しがり鳴いて掻きます。よだれと涙、鼻水も出ます。体に力がなく、ふにゃふにゃとした感触です。
急激に痩せて骨が浮き出てきたので強制給餌に踏み切りました。
毎日スイミーを食べて何とか体重をキープ。更に練り餌に切り替えてからは体重も増え、肌の色つやも少し良くなってきました。
月末になると、掻き掻きで擦れた足が赤く腫れて皮が剥け、痛々しいです。

きみちゃん、先月から右の口先に黒い線が入っています。
体調は特に問題なし。ぴょんちゃんが食べられない分、多めにコオロギを食べてご機嫌です。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2014/07/30 Wed

ヒキガエルの世話まとめ(7年目&2年目の7月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録にグラフあり)
ぴょんちゃん約13.3cm 198g(7/16)。
きみちゃん約12.9cm 208g(7/16)。
エサやり
P前半は1〜2日おきコオロギ1〜2匹、他にスイミー、モンシロチョウ青虫。後半は週1回コオロギ1〜2匹。
K月初は1日おきにスイミー8〜15粒、その後は1〜2日おきコオロギ1〜6匹と青虫類(モンシロ・フタトガリ・ワタノメイガ・ルリタテハ幼虫)数匹。他にミミズ、コメツキムシなど。
飼育ケース
先月と同じ。
シェルター
P大小シェルターどちらかにこもって動かない。
K後半は上を歩き回りプラケ窓にジャンプ。
お風呂
P自分で入らない日は掃除のついでに強制的に水に入れる。
K後半は慌ただしく出入りを繰り返し水をこぼす。
脱皮
P5〜6日に1回。皮残り多め。
K週1回程度、残りなし。
フン
P7/5水中ガス多め小、7/9床軟便、7/15床下痢、7/20床軟便、7/24床軟便、7/28床下痢、7/29床下痢少量。
K7/9タオルの中軟便、7/19水中、7/27屋根軟便大量。
掃除
下痢や軟便で汚すことが多く、ほぼ毎日タオル交換とシェルターを洗って天日干し。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、棚にアルミ保温シート。暑い日はエアコン28-29℃。ケース内27-34℃。
ぴょんちゃん、月半ばからおなかゆるめで痛そうにしています。ちょくちょくよだれ・鼻水も出ます。
普段はシェルターに引っ込み、週1回程度出てきてコオロギに飛びつきます。食べると下痢気味に。

きみちゃん、前半は食欲旺盛で何でもパクパク。
後半は脱走しようと大暴れ。食欲は落ち着いてきました。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2014/06/30 Mon

ヒキガエルの世話まとめ(7年目&2年目の6月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録にグラフあり)
ぴょんちゃん約13.2cm 192g(6/14)、約13.5cm 203g(6/30)。
きみちゃん約12.1cm 172g(6/14)、約13.0cm 240g(6/30)。
エサやり
P週1〜3回コオロギ1〜3匹orスイミー6〜8粒。他に青虫、ミミズ、コガネムシ幼虫など。
Kほぼ毎日青虫1〜2匹、2〜3日おきにコオロギ1〜5匹orスイミー10〜20粒。
飼育ケース
先月と同じ。
シェルター
P大小シェルターどちらかにこもって動かない。
K前半は上に登ってばかり、後半は中で寝るように。
お風呂
P数日おきにのたのたと出てきて水に入る。
K前半は縁に足を掛けて壁登り、後半はのんびり水に浸かることが多い。
脱皮
P5〜6日に1回。おなかなど多少の皮残り。
K週1回程度? 相変わらずいつの間にか済ませていることが多い。
フン
P6/12床、少量固め。6/25水中、普通。
K6/6床、少量ゆるめ。6/26、水中大量。
掃除
タオルが変色しやすく、マメに交換。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、棚にアルミ保温シート。晴れた日は窓を開ける。ケース内22-33℃。
梅雨に入り、局地的な大雨で東京などでは雹が降った日もありますが、うちの辺りでは晴れの日が多めでした。

ヒーターは先月から電源抜いて使っていなかったのですが、月末にメーカーから自主回収のお知らせが届き、被せてあった段ボールを外すと熱で変形していたことが判明。春先に見つけたプラケ底のヒビは加熱が原因だったと今頃気付きました。きちんとチェックしていなかったことを反省。大事にならずに済んでよかったです。

ぴょんちゃん、たまにヨダレや鼻水を垂らして気分悪そうにも見えますが、食欲は結構あります。
きみちゃん、先月に引き続きどたばた大暴れでしたが、月の後半ようやく落ち着いてきました。
6月に入ってからは食欲旺盛、特に後半は底なしです。ガンガン食べて、急に体重が増えました。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2014/05/31 Sat

ヒキガエルの世話まとめ(7年目&2年目の5月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録にグラフあり)
ぴょんちゃん約13.2cm 207g(5/15)、約12.7cm 193g(5/31)。
きみちゃん約11.5cm 175g(5/15)、約11.3cm 168g(5/31)。
エサやり
P週1回程度ミミズ2〜3匹orコオロギ1匹。他ワラジ数匹。
K2〜3日おきコオロギ1〜4匹。他に気が向けばミミズ、スズメガ芋虫、コガネムシ幼虫など。
2匹ともピンセットを嫌がり、スイミーはほとんど食べなくなる。
飼育ケース
先月と同じ。
シェルター
P大小シェルターどちらかで寝ていることがほとんど。あまり外に出ない。
K上に登ってプラケ窓にジャンプ、暴れた後は外で寝ていることが多い。
お風呂
P脱皮の後以外、あまり入らなくなった。
K暴れてうろうろ、水をまき散らす。
脱皮
P5〜7日に1回。腕やおなかに多少の皮残り。
K7〜8日に1回? 残りなし、いつの間にか済ませていることが多い。
フン
P5/2床、5/11水中、5/21床、5/11水中。少量ずつ、床にした時は少しゆるめ。
K5/14屋根の上。大量。
掃除
きみちゃんが水をこぼすので、タオル交換が頻繁。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、棚にアルミ保温シート。晴れた日は窓を開ける。ケース内20-33℃。
晴れて暖かい日が多く、月末は真夏の暑さに。

ぴょんちゃん、特に不調というわけではなさそうだが、大人しく過ごしてます。
自分で風呂に行かないと脱水が心配なので、掃除の時に水に入れるようにしています。

きみちゃん、壁を登ったり窓にジャンプしたり、どたばた大暴れしては疲れて静かになるの繰り返し。
コオロギ以外の餌には反応が鈍く、あまり食べません。体が一回り縮んでスマートになりました。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2014/04/30 Wed

ヒキガエルの世話まとめ(6年目&1年目の4月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録3にグラフあり)
ぴょんちゃん約14.0cm 212g(4/4)、約14.0cm 233g(4/15)、約13.6cm 215g(4/30)。
きみちゃん約13.0cm 204g(4/4)、約13.0cm 203g(4/15)、約12.4cm 176g(4/30)。
エサやり
P週1回程度ミミズ・ワラジ・コガネ幼虫。他にスイミー1〜7粒orコオロギ1匹、週の前半にまとめて食べることが多い。
K20日頃までは毎日〜1日おきスイミー4〜15粒、時々コオロギ1〜3匹追加。月末は2〜3日おきスイミー1〜2粒orコオロギ1〜2匹。
飼育ケース
窓を必ず閉めるように。
シェルター
大シェルターに一緒に入ったり、別々に分かれたり、それぞれ好きな場所で寝る。
きみちゃん頻繁に登る。次第にスムーズに上り下りできるように。
お風呂
一緒に入ることが増えてきた。
脱皮
P6〜8日に1回。後半は皮残り多め。
K6〜8日に1回? いつの間にか済ませていることが多い。
フン
P4/2床、4/14水中、4/25水中。1回目は細く小さい、他は大量。
K4/16水中、4/25屋根の上。どちらも大量。
掃除
先月と同じ。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、棚にアルミ保温シート。晴れた日は窓を開ける。ケース内16-33℃。
ヒートウェーブネオM+サーモ21℃設定で保温。
ぴょんちゃん、まとめて食べて数日休むというペース。よく食べてよく出します。

きみちゃん、背が高くなってついに窓から脱走に成功。その後は毎日大暴れ。
月末はほとんど食べず、少し体が縮みました。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:カエル・かえる・蛙 - ジャンル:ペット
2014/04/21 Mon

8〜12ヶ月目の変化

131201kimi_size1.jpg12/01
131214kimi_size1.jpg12/14
131231kimi_size1.jpg12/31
140114kimi_size1.jpg01/14
140131kimi_size1.jpg01/31
140214kimi_size1.jpg02/14
140228kimi_size1.jpg02/28
140314kimi_size1.jpg03/14
140404kimi_size1.jpg04/04
140415kimi_size1.jpg04/15
昨年11月以降のきみちゃんは、大人コオロギもミミズもスイミーも何でも良く食べるようになり、年末にはかなりの太っちょさんになりました。

その後は、便秘解消でおなかがへこんだり、またあまりの成長ぶりに若干餌の量を控えめにしたこともあり、2月頃まで体重はむしろ減少。体長の伸びも停滞気味で、6〜7ヶ月目のような大きな変化はありません。

3月に入るとまた少し大きくなりました。まだ1歳にもならないのに4月には体長13cmとすっかり大人サイズ、体重は200g超え。

ぴょんちゃんやぼんちゃんがこのサイズになったのは2歳直前、つまり丸一年の差があります。きみちゃんの成長の早さには目を見張るものがありますね。

やはり食べ物のせいなのでしょう。ぴょんちゃん・ぼんちゃんの時は1歳半頃までコオロギを飼育せず、餌は野外で取れた虫中心、それを2匹で分け合っていました。人工飼料としては小粒のレプトミンをふやかしてちまちま、時間が掛かる割に量は食べられませんでした。それでも野生に比べればひもじい思いはしていないはずですし、冬眠していない分、早く大きくなっています。

きみちゃんには小さな頃から余るほどたっぷりコオロギを与えてきました。最初の1,2ヶ月ろくに食べず、とにかく食べさせようと必死で、気付いたら食べ過ぎ状態に。

野生のヒキガエルは成熟するまで、オスは2-3年、メスは3-4年掛かるそうです。こんな急に体が大きくなって、何年分も早く大人になってしまったら、その分、寿命が縮んでるんじゃないかと心配です。今更どうすることもできないのですが……。

もう充分成長しました。今後は太りすぎないよう調整しなくては。すごい勢いでぴょんちゃんの分まで横取りするので、なかなか難しいんですけどね。

見た目があまり変わらなくなり面白くないので、この形式での比較はこれで終わり。ちょうど上陸から1年で区切りもいいですし。身体測定はこのまま続けていきます。Facebookページに載せている成長記録の表とグラフ、PC専用のページで携帯やスマホでは閲覧できなくてすみません。そのうち何とかしようと思っています。

※成長記録をブログ記事に移行しました。
>>ヒキガエル成長記録3

※2014年3月以降のきみちゃんの記事は、
>>きみ&ぴょん2014カテゴリへ。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2014/03/31 Mon

ヒキガエルの世話まとめ(6年目&1年目の3月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録3にグラフあり)
ぴょんちゃん約14.3cm 210g(3/14)。
きみちゃん約12.3cm 178g(3/14)。
エサやり
P毎日〜1日おきスイミー1〜7粒orコオロギ1匹。月2回ミミズ・ワラジを追加。
K毎日〜1日おきスイミー3〜11粒orコオロギ1〜4匹。月2回ミミズ・ワラジ・芋虫を追加。
飼育ケース
スーパー特大プラケで同居。底面に小さなヒビ、そのまま使用。
シェルター
最初はそれぞれ今までのシェルターに。月半ばから大シェルターに一緒に入るように。
お風呂
朝晩、交代に入ることが多い。
脱皮
PK5〜8日に1回。特に問題なし。
フン
P3/17床、しっかりした形。
K3/14水中、3/29床。どちらも大量。
掃除
水入れは入る度に洗う。タオルは数日おきに水洗い。
シェルターの黒ずみが目立ったら漂白してクエン酸で中和、よく陽に当てる。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、棚にアルミ保温シート。寒い日はエアコン使用、暑い日は窓を開ける。ケース内14-32℃。
PヒートウェーブネオM+サーモ21℃設定で保温。
同居開始後しばらくは完全に分かれて暮らしていましたが、一度ケンカ?してからは一緒に過ごすようになりました。

ぴょんちゃん、おなかの調子もよくなって食欲あり。特にミミズはよく食べます。

きみちゃん、脱皮もすんなり、食欲も増し、また一回り大きくなりました。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。
テーマ:両生類 - ジャンル:ペット
2014/02/28 Fri

ヒキガエルの世話まとめ(6年目&1年目の2月)

カエルのサイズ(ヒキガエル成長記録3にグラフあり)
ぴょんちゃん約13.8cm 187g(2/14)、約13.4cm 184g(2/28)。
きみちゃん約12.0cm 153g(2/14)、約11.8cm 156g(2/28)。
エサやり
P月初は毎日スイミー1〜3粒。月半ばから毎日〜1日おきにコオロギ1匹。一週間絶食後、月末は毎日スイミー3〜5粒。
K毎日〜1日おきスイミー2〜8粒。週1〜2回コオロギ1〜2匹追加。
飼育ケース
PK月末から、ぴょんちゃんのところで同居。
シェルター
PK同居後もそれぞれ今までのシェルターを使用。
お風呂
PK同居後は一緒に入ることも。
脱皮
P5〜7日に1回。皮残りはあるが、水中できれいに剥がれる。
K5〜6日に1回。べったり皮が残り、ぽろぽろと少しずつ剥がれる。
フン
P2/3、2/26。水中でしっかりした形。
K2/12水中、2/22床。どちらも大量。
掃除
PK先月と同じ。
置き場所・温度管理
居間の窓辺。窓の下半分に目隠し兼保温シート、窓とプラケの間にフリースを2枚。棚にアルミ保温シート。寒い日はエアコン使用。ケース内13-32℃。
PヒートウェーブネオM+サーモ21℃設定で保温。
K明け方のみピタリ適温プラス2号で保温。出来るだけ消すようにする。
ぽかぽか陽気が続いたと思ったら、急に寒くなり記録的大雪が2回。寒暖の差が激しいです。
カエルたちは毎日大人しくしています。
月末には2匹とも調子よさそうなので同居開始しました。

ぴょんちゃん、軟便が治まって食欲もまあまあ。
しばらく食べない日もありましたが、便が出るとまた食欲でてきました。

きみちゃん、傷は治ったものの脱皮が不調。皮が残って痒がるので、洗面所で洗い流しました。月末にはようやくすっきり剥けるようになりました。
そこそこ食べていますが出る量も多く、先月よりは痩せ気味。体長の伸びも止まっています。

※これは我が家の飼育記録です。正しい飼い方とは限りません。